気軽に観られて感動して勉強にもなるおすすめの時代劇映画10本

映画マニアと呼ばないで

夏りょうこ

『サムライマラソン』(19)や『引っ越し大名』(2019年8月30日公開)など、今年に入って時代劇が次々と公開されている。

それもこれも重厚で本格的な時代劇というよりも、若者やカップルが気軽に観に行けるような、特に歴史の知識がなくてもわかりやすくて楽しめるストーリーなのが特徴だ。

笑って泣けるだけでなく、その時代について学ぶこともできる親しみやすい時代劇。

そこで今回は、気軽に観れて感動して勉強にもなる時代劇映画10本をご紹介しよう。

超高速!参勤交代』(2014)

やるしかない

超高速

元文元年(1736年)春、東北にある湯長谷藩の藩主が、江戸詰めを終えて帰国したところ、事情説明のためにわずか5日で再び参勤するように命じられる。

通常8日かかる参勤交代を5日でという無理難題は、弱小藩にとっては資金面でも死活問題。この明らかな陰謀にどう立ち向かうのか。領民を守るために理不尽な参勤を受け入れざるを得なかった藩主が、どのような知恵を絞って乗り切ったのかが見どころ。続編『超高速!参勤交代 リターンズ』(16)あり。

武士としての体面も保たなければならないのが、殿様の単身赴任=参勤交代。この映画ではお金のかかり具合いや苦労が具体的に描かれているので、参勤交代の内情をのぞいているような気分。アッと驚く奇抜な節約アイデアと親しみのある方言がよい。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

花戦さ』(2017)

花で戦うとは

花戦

戦国時代、京都の花僧である池坊専好は、織田信長のために花を生けることになるが、披お披露目の場で松が重みで折れてしまう。

信長の怒りを買わないかどうか全員ピリピリしている中で、1人だけ無邪気な専好。なんと、彼は信長のことをよく知らないのだという。そんな描き方をされている専好は、仏に花を供えることで世の平寧を祈る僧侶であり、実在した花僧。この松が折れるエピソードが、巡り巡ってのちに生かされる。

明るく楽天的で、あまり物覚えのよくない専好。家元という近寄りがたいイメージとはかけ離れた親しみのある人物像だ。そんな彼が、横暴な天下人豊臣秀吉を花で諫めるに至ったのは、あまりにも多くの悲劇を目にしてしまったから。佐藤浩市が、実父である三國連太郎も演じた千利休役を好演。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

殿、利息でござる!』(2016)

殿様に金を貸す

殿

江戸時代、財政難のため民衆に重税を課していた仙台藩の宿場町では、年貢の取り立てや労役で人々が苦しめられ、町は寂れていく一方であった。

その有様に胸を痛めた造り酒屋の主人が、なんとかこの町を立て直そうと知恵を絞る。それは、藩にお金を貸し付けて利子を取るという前代未聞の発想。その元金を集めるため、町人たちは必死で金策に奔走するのであった。

自分のためではない。ただ町を救いたい。そのために彼らは我が身を捨て、力を合わせ、辛抱強く時間をかけてやり遂げようとする。これが史実に基づく実話だというのだから同じ日本人として誇らしく、道を切り拓こうとする民の強さに胸を打たれる。フィギュアスケート選手の羽生結弦が、仙台藩主として特別出演。町民の前に立ちふさがる松田龍平の複雑な頑固さがよい。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

清州会議』(2013)

実に日本的な

清州

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS