マッツ・ミケルセン、YouTube出身監督に惚れ込み出演を決めた最新作「これまででもっとも過酷な撮影だった」【来日インタビュー】

世界のディズニーを翔る元映画サイト編集長

鴇田崇

ドラマシリーズ「ハンニバル」(13〜15)、『ドクター・ストレンジ』(16)、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(16)などで知られる“北欧の至宝”マッツ・ミケルセンの主演最新作は、飛行機が墜落して北極で窮地に立たされた男の、<生>への闘いを描く骨太なサバイバル映画『残された者-北の極地-』だ。

残された者

平均気温はマイナス30℃、刻々と変わりゆく天気の中で行われた撮影は、ミケルセンをして、「これまで経験した中でもっとも過酷な撮影だった」と言わしめるほどだったという。そして説明的な台詞、映像表現を一切排除したスタイルは、台詞で多く語らず自然の過酷さと生命の素晴らしさをキャリア史上最高の演技で魅せるミケルセンを送り出す。来日したミケルセンに、この迫真のサバイバル・ドラマについてインタビュー。現在の心境も聞いた。

残された者

――過酷な目に遭う主人公ですが、演じられた感想はいかがでしたか?

ミケルセン 興味深かったことは、キャラクターよりも人間そのものを描いている物語で、人間を描く人物像であり、作品だと思ったことだよ。だからこそこのキャラクターの過去や家族について、たとえば仕事は何をしていて、などの情報は明かしたくなかったね。古典的な映画の手法であれば、観客にいろいろな感情を喚起させるためによく使うが、今回はあえてそうせず、誰でもがなりうる話にしたかった。そうすれば、我々がこの作品のテーマだと思っているサバイバルと生きることとは、まったく違うものだと考えているので、その差をより感じてもらえると考えたよ。

残された者

――劇中のパイロットの女性は、彼にどういう影響を与えたと思いますか?

ミケルセン 本当に多くの意味で彼女が彼を救う、そういう存在だと思っている。最初はルーティンをこなしているだけで、そこには未来もなく夢もない。生存本能だけで、彼は存在している。だが、彼女の登場によって、すべての人間性が彼に立ち戻ってくるわけだ。彼女の存在なくしては、彼は何十年と同じ生活を繰り返しただろう。言ってみれな、救世主のような存在だね。

残された者

――ところで監督は当初、スカイプを使って15分でオファーしなければならなかったところ、3時間に延びたそうですね?

ミケルセン もともと脚本の段階でわくわくしていてね。僕にとってはサプライズがあった脚本だった。そういう作品はいままでにもあったけれど、ありがちな罠にけっこうはまっている傾向があって、たとえば記憶がフラッシュバックするものであったり、家族の写真が出てきたり、そういうものが一切ないクリーンな感じだった。物語でありながらいろんな感情が喚起され、そこがいいと思っていた。それで2時間、3時間の会話になったのさ。

残された者

――なんでも監督はYouTuber出身という、いまふうの経歴の持ち主ですが、今回のコラボはいかがでしたか?

ミケルセン 彼は確かに、初めての長編監督だったね。でも、初めてではあるけれど、ビジョンがまったくぶれなかった。自分が何を求めているかはっきりと見えていて、それが僕が見えていたものと合致していた。脚本を読み、オファーをもらい、2か月後にはアイスランドで撮影していたので、展開は早かったよ。ああ、それと(前述の話で)写真は1枚確かに出てくるけれど、すごく意味のあるものだ。それはアプローチとしてよかったと思う。

残された者

――さてマッツさんご自身、いまや大人気ですが、生活が変わったことを客観的にどうみていますか?

ミケルセン 道を歩いていて気づかれるなど、生活は一変したよ。実はそれまで、そういうことについて、考えたことがなかった。いまの若い世代は、自分が認識されることは大切なことかもしれないが、僕がキャリアをスタートした当時は、自分が大好きなアメリカ映画などの要素を取り込めないか、新しいデンマーク映画が作れないかと思っていただけだが、一晩で人生が変わった。だから、その対価がどういうものかまったく考えておらず、ひとたびそうなると戻ることはないからね。程度の差こそはあれ、認識されるようにはなった。それほど支障はないけれど、たとえば公園などで人間観察をしたいけれど、ほかの人が自分を見つけてしまうので、できなくなってしまった。だから、顔バレしないほかの国を見つけるしかないね(笑)。それも難しいけれど。でも変わったことは、そうそうないかな。

残された者

ミケルセン でも、有名だからといって、パラノイアになることはないかな。いつも、そういうこと考えてるわけでもない。記憶力はいいほうだけれど、自分が有名であるということの記憶はものすごく短期的なものだから、ドアを出る時は忘れていて、誰かにアプローチされて思い出すくらいの感じだよ。(取材・文・写真=鴇田崇)

映画『残された者-北の極地-』は、現在公開中。

残された者

出演:マッツ・ミケルセン、マリア・テルマ・サルマドッティ
監督:ジョー・ペナ
脚本:ジョー・ペナ、ライアン・モリソン
公式サイト:arctic-movie.jp
(C)2018 Arctic The Movie, LLC.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • yuusai
    4.4
    淑女に絶大な人気を誇る「北欧の至宝」Mads Mikkelsen。私は彼を生で見た事が有る。ジャパン・プレミアで来日したマッツ様。御夫婦で京都に入洛され、#MadsInJapanのハッシュタグを付けて配信。画像を見て「これは麺処むらじ!」と祇園白川に駆け付け、巽橋で運良くマッツ様と遭遇。驚いた事に自転車でお越しだった。彼は木屋町を通り抜けて、ザ・リッツ・カールトン京都へ。Instagramには鹿苑寺(金閣寺の正式名称)、奥様が庭を眺めた二条城など定番もしっかり。マッツ様がカウンターで「生ビール!」と日本語で注文された「がぶり」は藁焼きが楽しめる隠れ炉端。ファンの方、今なら空いてます(笑)。 ブラジル出身のJoe Penna監督と相棒で脚本家Ryan Morrisonのコンビが作った短編映画が事の始まり。「Instant Getaway」「Beyond」などSFスリラーを手掛けた彼らは、元はYouTuber、2015年にアップロードした「Turning Point」が、ハリウッドの大物プロデューサーMartha De Laurentiisの目に留まる。短編は無料でご覧頂けます。 https://www.youtube.com/watch?v=nHN92cVgmm0&t=38s プロデューサーの名前を見てピンと来た方はハリウッド通。そう、あのDino De Laurentiisの妻。代表作「ハンニバル」シリーズを夫と共に手掛けた彼女は、彼らに長編デビューのチャンスを与える。そしてシナリオをMikkelsenに送り制作スタート。彼らの特徴はスリラー出身らしく登場人物の背景を説明しない。それは本作でも貫かれてる。 最初はLiam Neesonにオファーを出したが、彼はコレ系に出続けており、渋ってる内にMikkelsenに決まる。制作と撮影はアイスランド。ヴァトナヨークトル氷河は有名で、ヨーロッパ最大の体積を誇るが、同じアイスランド映画「隣の影」のレビューで登場した留学生から「そんなに寒くないよ」とツッコまれた。-30℃は誇張が過ぎるそうで実際は-10℃位。因みにクマは本物で、水泳するホッキョクグマの動画をYouTubeにアップしたユーザーに打診すると、Mikkelsenの大ファンで格安で貸してくれた。 Mikkelsenにも大きなチャレンジで有る。ミニマムなシチュエーションで描かれる本作は、事実上の一人芝居で彼の存在感や演技力がフルに「試される」作品で有り、観る側は堪能出来る作品でも有る。極限状態を演出する監督も同様で、絵面の変化しない白い画面で、台詞も会話もほゞ無い、しかも-30℃と寒い、出尽くした感の有るサバイバル映画に一石を投じる作品で有り、これこそ大画面で誰にも邪魔されず、没頭して味わいたい。極北を堪能するには優れた音響効果も不可欠、ホームシアターをお持ちの方は、音量を気にせず見て欲しい。7.1chサラウンドのリア×4スピーカー大活躍(笑)。 重要なのは北極が生息地のホッキョクグマがアイスランドに生息してる事。温暖化の影響で彼らの生活圏も南下してる。出逢う筈の無いMikkelsenとホッキョクグマの遭逢が、本作のテーマ「共に生きる」に繋がる。もう一人のMaria Thelmaは意識朦朧で、本作が恋愛やアクションに発展する事を明確に否定してる。 私の友人で北海道旭川生まれが居る。夏は意外と暑いらしいが、冬は平均でも-10℃位とアイスランドと変わらない。雪降る屋外でバスを待つと、身体が機能を停止するのが体感で分るらしい。人体に危険が迫ると、それを保護する為にパソコンのスリープモードの様に、感覚のスイッチが次々にOFFに為る。最終的には脳の機能を守る為に感覚だけでなく、感情の回線も遮断される。だから眠くなるそうです。彼はこの作品を観て「分る、判る」を連発してましたが、それだけMikkelsenの演技が真に迫ったとも言える。気高さ、美しさ、強さ、そして人としての醜さ、全てを表現したMikkelsenは、演技を超えた何かを私達に伝えようとしてる。 「Toxic Masculinity」トキシック・マスキュリニティ。男らしさの有害化も見え隠れする。男性でも女性でも、性別の差で期待される事柄が違う。これは近年ハリウッドで問題視されてるが、男性に「らしさ」を押しつける事は、精神的な意味で追い詰め、やがて社会に悪影響を与える、と言う考え方。具体的には泣きたく為るシーンで、悲しい経験をしてるのに「男らしくない」と言う理由で感情を押し殺す事も、1つのトキシック・マスキュリニティ。苦しみや恥は曝け出して良い、人生を後悔する事も隠す必要は無い、と。本作は直接ジェンダーを意識した訳では無かろうが、アメリカで高評価な理由は隠されたテーマに有る。 人は一人では生きていけない証でも有る。Mads Mikkelsen、貴方が主役で本当に良かった。
  • リリアソー
    3.6
    極限の生活をしていた男が、更に極限の旅へと向かうお話しです(^^) 登場人物は2人だけ。勿論台詞は殆んどない系ですので、静かな映画が嫌いな人向けではないですw😚💦 この映画、サバイバル映画ではお馴染みの『過去の出来事がフラッシュバックで流れる』的な映像が全くない作品です✨ 個人的には、サバイバル系映画に登場する主人公の過去に時間を割く作品よりも、こういう『今』だけを取り扱ってくれる作品の方が好感がもてます😉 見易さ★3 極限度★3→5→?
  • AiRi
    3.5
    マッツ・ミケルセン目当てで鑑賞。 露出やスーツ姿どころか本作は着込みに着込んだスタイルで、 何だったら頭も口元もほとんど見えません。 セリフも少なく、 ファン的には厳しい戦いを強いられたんだけども… サバイバル映画としては味わい深く集中して観れました。 セリフが無い分、主人公(マッツ)の表情や一挙手一投足に全てが詰め込まれている。 絶対に諦めない主人公と容赦ない北極… いや、容赦なさすぎるやろ… どっと疲れた…。
  • ペコリンゴ
    3.7
    記録。 飛行機の不時着によって極寒の北極で遭難することになった男と墜落した救助ヘリの女性搭乗員(瀕死)のサバイバルもの。 広大な白銀、容赦なく吹き荒れる吹雪に闊歩する野生動物といった感じでなかなかに絶望感のある状況で、生を諦めない力強さを描く。 状況的にセリフこそ少ないものの、マッツ・ミケルセン演じる主人公の行動や表情から彼が好人物であることがよく分かるので、絶対に生き延びて欲しいと応援したくなる。 中盤くらいで火を向けられてソソクサと逃げてくシロクマがちょっと可愛い。
  • yossy
    3.5
    命を助けたいという想いが、彼をより必死にさせたのかな。。
残された者-北の極地-
のレビュー(858件)