見れば見るほど謎が深まる天才写真家の映画!『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』

ARC監督/脚本/映画祭ディレクター

篠原隼士

第87回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた作品『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』が10月10日より、東京渋谷のシアター・イメージフォーラムを封切りに全国で順次公開されています。

今回は知れば知るほど謎が深まる魅惑の天才女写真家ヴィヴィアン・マイヤーやこの作品についてご紹介していきます。

『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』とはどんな映画なのか

ヴィヴィアン・マイヤーを探してポスター画像

2007年、シカゴ在住の青年がオークションで大量の古い写真のネガを手に入れることから物語は始まります。

その一部をブログにアップしたところ、熱狂的な賛辞が寄せられ、この発見を世界の主要メディアが絶賛!発売された写真集は全米売上No.1を記録、NY・パリ・ロンドンでいち早く展覧会が開かれるや人々が押し寄せました。

撮影者の名はヴィヴィアン・マイヤー。しかし彼女は15万枚以上の作品を残しながら、生前一枚も公表することがありませんでした。なぜ彼女にこれほど優れた写真が撮れたのか?なぜ誰にも作品を見せなかったのか?その謎に迫るドキュメンタリー映画です。

監督は写真の発見者張本人!

あるオークションで大量の古い写真のネガを手に入れたジョン・マルーフ監督はその写真を「気になる写真だったので捨てなかった。」と言っています。

彼はそれから2年後、試しに200枚程度をブログにアップしたところ、とてつもない反響を呼んだのです。そこでマルーフ監督は「この写真は重要な写真である」と理解し、すぐに美術館などに問い合わせ、展示会を申し出たそうですが・・・全滅。彼は自ら展示会を開くことを決意しました。

生前一枚も発表されなかったヴィヴィアンの写真を“作品”へと変えたのはブログにアクセスし、彼女の写真を素晴らしいと称賛した人々だと思います。そしてこのことに真剣に向き合い、行動した人がいました。

彼女は一気に大物写真家として名を轟かせたのです。この運命のような出会いとたくましい行動力により世界が動いたのだと感じました。そして何より、この映画が誕生したすべての原点は「ヴィヴィアン・・・あなたは何者なの?」という探究心であるとも感じます。

ヴィヴィアン・マイヤーとは結局何者?

生前一枚も写真を発表しなったことから、作品として写真を撮っていたのではないという見解のもと彼女を読み解いていくように感じますが、ある瞬間衝撃的な写真が見つかります。こちらです。

ヴィヴィアン本人のセルフポートレートです。この写真を見て、マルーフ監督は「セルフポートレイトは彼女が自分をアーティストとして考えていたということの証拠であると思います。」と話しています。そしてアーティストは作品を見てもらうことを前提に撮るという考えも出てきます。

ヴィヴィアンはナニーだった

ナニーというと、ベビーシッターよりもはるかに子どもたちに密着する仕事で、一対いつ写真を撮ったんだ?と疑問符が浮かびます。

ナニーだったと聞くと心優しい人だったんだろうなと勝手に想像してしまいがちですが、インタビューではひどい扱いを受けたと証言する人物が現れます。

ますます謎は深まります。「ヴィヴィアン、あなたは何者なの?」

ヴィヴィアンは、新聞を手本としていた・・・?

「写真のお手本を新聞にして撮っていたのでは」とマルーフ監督は語ります。映画の中ではヴィヴィアンの部屋は新聞が山積みなっており天井が抜けたというインタビューがあるほどです。

更に監督は、彼女が興味を持っていたのはただのニュースではなく、何かストーリーを語るものであり、犯罪、グロテスクな事件、人間の愚かさが露呈したような記事といったものでしたとも答えています。

「ヴィヴィアン、あなたは何者なの?」

探究心をくすぐられ続ける83分間

前記に記した通り、何者なのか謎が深まる一方です。ヴィヴィアンが写真を撮るとき構図や仕草まで指示をしていたと答える人物もいれば、そんなことはない、ヴィヴィアンは急にシャッターを切るから毎回驚かされたと答える者もいます。

ヴィヴィアンを知る人物のインタビューで構成される本作は、人から得た情報でヴィヴィアンを露にしていくのか・・・と思いきやそうならない。ここが見どころです。

私個人の意見ですが、ドキュメンタリー映画の素晴らしさはアンサーを出せないこと

その代り、探究心をものすごくくすぐられることです。もう亡くなってしまった人のことは迷宮入り。83分という限られた時間で、誰かの人生を解き明かすことは不可能です。しかし、一対どうして?なぜ?もっと知りたいという探究心と興味は止まらないことでしょう。

なんせ、ほんとに謎大き人ですから。

みなさま是非、探究心をくすぐられに映画館へ。きっと帰りの電車で彼女のことを調べられずにはいられなくなります。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • けんさん
    4.4
    美術館やギャラリーは 彼女の「作品」を 全く相手にしなかった。 いや、「作品」とすら 呼ばせてくれなかったよう・・・ 芸術家の評価やその作品の価値は 一体誰が決めるのか? こんな例えが良いのかどうか? どう考えても面白くてウケていた芸人が、 どう考えても面白さよりも芸歴や技術面で 秀でた芸人に優勝を持っていかれると言う 時折起こる「◯-1グランプリ」の現象と よく似ている・・・? しかしながら、 どうして彼女は撮った写真を 一度も公表しなかったのだろう。 謎として色んな解釈がなされてるが、 大量ネガは言うまでもなく、 部屋いっぱいの新聞、手紙やメモ類、 身に付けていた服、帽子、靴など、 わざわざ保管していたことを考えると、 私は彼女が自分自身を一人の芸術家と認め、 いつか誰かの目に触れる時が来ることを 想定していたように思う。 閉鎖的で孤独な人であったからこそ、 尚更そうなったのだと思ってしまう。 昨年、日本で初の個展が 南青山のギャラリー開かれたそうだが、 それまでにこの作品を見ていれば 間違いなく足を運んでいたのに・・・ 写真集で我慢するか・・・ 最後にジョン・マルーフ氏に 敬意を表したい。 あなたがいなければ、 彼女とその作品を知ることはなかった。
  • Riy
    3.7
    人物描写に卓越した才能を発揮、個性的な女性写真家のドキュメンタリー。こういうアーティストが居て、それを見抜くひとが居て、面白かったです。
  • Flower
    3.5
    写真がどれも素敵
  • chiyo
    4
    2021/2/2 世間に公表することなく、写真を撮り続けたヴィヴィアン・マイヤー。素人目から見ても彼女の写真は魅力的で、構図は勿論、一瞬の表情を捉える能力が本当に素晴らしい。展覧会があれば絶対に行きたい!と思えるほど、すっかり魅了されてしまった。ただ、生前の彼女の人となりを知って、少し幻滅してしまった感あり。ナニーを職業にしながら、こっそり子どもたちに暴力を奮っていたことは許せない。が、彼女のことを話す彼女に育てられた大人になった子どもたちから、嫌悪感やトラウマを感じなかったことが救い。むしろ、当時の子どもたちの方が彼女よりも大人。私的には写真家ヴィヴィアン・マイヤーを知れたことが嬉しいけれど、もし彼女が生きていたら、写真が世に出たことはともかく、過去を掘り下げられたことは心底嫌だったと思う。それはそうと、いきなりティム・ロスが出てきてビックリ!
  • SHIHO
    1.5
    写真はステキだと思ったけど こんなふうに死んだ人を詮索して 事実かも分からないことを印象付けて これをドキュメンタリーと言っていいのか 私がヴィヴィアン・マイヤーだったら こんな映画誰にも観てほしくない
ヴィヴィアン・マイヤーを探して
のレビュー(2693件)