見れば見るほど謎が深まる天才写真家の映画!『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』

ARC監督/脚本/映画祭ディレクター

篠原隼士

第87回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた作品『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』が10月10日より、東京渋谷のシアター・イメージフォーラムを封切りに全国で順次公開されています。

今回は知れば知るほど謎が深まる魅惑の天才女写真家ヴィヴィアン・マイヤーやこの作品についてご紹介していきます。

『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』とはどんな映画なのか

ヴィヴィアン・マイヤーを探してポスター画像

2007年、シカゴ在住の青年がオークションで大量の古い写真のネガを手に入れることから物語は始まります。

その一部をブログにアップしたところ、熱狂的な賛辞が寄せられ、この発見を世界の主要メディアが絶賛!発売された写真集は全米売上No.1を記録、NY・パリ・ロンドンでいち早く展覧会が開かれるや人々が押し寄せました。

撮影者の名はヴィヴィアン・マイヤー。しかし彼女は15万枚以上の作品を残しながら、生前一枚も公表することがありませんでした。なぜ彼女にこれほど優れた写真が撮れたのか?なぜ誰にも作品を見せなかったのか?その謎に迫るドキュメンタリー映画です。

監督は写真の発見者張本人!

あるオークションで大量の古い写真のネガを手に入れたジョン・マルーフ監督はその写真を「気になる写真だったので捨てなかった。」と言っています。

彼はそれから2年後、試しに200枚程度をブログにアップしたところ、とてつもない反響を呼んだのです。そこでマルーフ監督は「この写真は重要な写真である」と理解し、すぐに美術館などに問い合わせ、展示会を申し出たそうですが・・・全滅。彼は自ら展示会を開くことを決意しました。

生前一枚も発表されなかったヴィヴィアンの写真を“作品”へと変えたのはブログにアクセスし、彼女の写真を素晴らしいと称賛した人々だと思います。そしてこのことに真剣に向き合い、行動した人がいました。

彼女は一気に大物写真家として名を轟かせたのです。この運命のような出会いとたくましい行動力により世界が動いたのだと感じました。そして何より、この映画が誕生したすべての原点は「ヴィヴィアン・・・あなたは何者なの?」という探究心であるとも感じます。

ヴィヴィアン・マイヤーとは結局何者?

生前一枚も写真を発表しなったことから、作品として写真を撮っていたのではないという見解のもと彼女を読み解いていくように感じますが、ある瞬間衝撃的な写真が見つかります。こちらです。

ヴィヴィアン本人のセルフポートレートです。この写真を見て、マルーフ監督は「セルフポートレイトは彼女が自分をアーティストとして考えていたということの証拠であると思います。」と話しています。そしてアーティストは作品を見てもらうことを前提に撮るという考えも出てきます。

ヴィヴィアンはナニーだった

ナニーというと、ベビーシッターよりもはるかに子どもたちに密着する仕事で、一対いつ写真を撮ったんだ?と疑問符が浮かびます。

ナニーだったと聞くと心優しい人だったんだろうなと勝手に想像してしまいがちですが、インタビューではひどい扱いを受けたと証言する人物が現れます。

ますます謎は深まります。「ヴィヴィアン、あなたは何者なの?」

ヴィヴィアンは、新聞を手本としていた・・・?

「写真のお手本を新聞にして撮っていたのでは」とマルーフ監督は語ります。映画の中ではヴィヴィアンの部屋は新聞が山積みなっており天井が抜けたというインタビューがあるほどです。

更に監督は、彼女が興味を持っていたのはただのニュースではなく、何かストーリーを語るものであり、犯罪、グロテスクな事件、人間の愚かさが露呈したような記事といったものでしたとも答えています。

「ヴィヴィアン、あなたは何者なの?」

探究心をくすぐられ続ける83分間

前記に記した通り、何者なのか謎が深まる一方です。ヴィヴィアンが写真を撮るとき構図や仕草まで指示をしていたと答える人物もいれば、そんなことはない、ヴィヴィアンは急にシャッターを切るから毎回驚かされたと答える者もいます。

ヴィヴィアンを知る人物のインタビューで構成される本作は、人から得た情報でヴィヴィアンを露にしていくのか・・・と思いきやそうならない。ここが見どころです。

私個人の意見ですが、ドキュメンタリー映画の素晴らしさはアンサーを出せないこと

その代り、探究心をものすごくくすぐられることです。もう亡くなってしまった人のことは迷宮入り。83分という限られた時間で、誰かの人生を解き明かすことは不可能です。しかし、一対どうして?なぜ?もっと知りたいという探究心と興味は止まらないことでしょう。

なんせ、ほんとに謎大き人ですから。

みなさま是非、探究心をくすぐられに映画館へ。きっと帰りの電車で彼女のことを調べられずにはいられなくなります。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • じんのうち
    4.6
    一言ようやく ATフィールドの距離になったらシャッターを切る天才 内向的で外交的、人生を切り取る、悲哀とユーモア、対象物を包み自分を消す、独り、偽名、鈍り、ゴミ箱、変人、新聞、不条理、ほらね、男性、生の不気味さ、モノもち、
  • misaki
    3.8
    この映画の一番のミステリーは、そんなに写真が好きだったら、写真家とか写真スタジオで働いたら?と誰か言わなかったのかな。もう、違う次元の方だったのか…? 死後に評価されたゴッホとは違って、写真家ではなく家政婦だったんだね。写真を誰にも見せてなかったのが、また不思議な魅力だよね。ただ好きを突き詰めていただけなのだろうか。 生きてる間に写真展やって映画まで作られてたら、大変なことになりそうだよね。
  • K
    3.8
    終生独身で、友人も少なく、彼女を知る人は皆口を揃えて”変わり者”と呼ぶ、職業は貧困層に位置づけられるベビーシッターや家政婦。晩年は路上生活者さながらの生活を送ったヴィヴィアン・マイヤーを描くドキュメンタリー。 なぜかというと、そんな彼女がカメラを片手に一度ストリートに出ると、彼女はカメラマンとなったから。しかし、生前に撮影した15万枚以上の作品が世に出ることはなかった。 一風変わった彼女の人生と秘めた才能が解き明かされる中で挿入される彼女の撮る写真のパワーに圧倒される。 写真好きとしてかなり見応えのある作品でした。彼女が精力的に撮影していた50年代、60年代はまだ写真がアートとして確立していなかった時代で、現代でも人の心を動かす写真を撮っていた彼女の人生がもしかすると違ったものになっていたかもしれないと、思い巡らされました。
  • asanu
    4.1
    大量の写真をもとに人生紐解いていくのおもしろかった。こんなことになると思わんかったやろなぁ。
  • Ai
    3.7
    不思議。
ヴィヴィアン・マイヤーを探して
のレビュー(2507件)