見れば見るほど謎が深まる天才写真家の映画!『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』

ARC監督/脚本/映画祭ディレクター

篠原隼士

第87回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた作品『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』が10月10日より、東京渋谷のシアター・イメージフォーラムを封切りに全国で順次公開されています。

今回は知れば知るほど謎が深まる魅惑の天才女写真家ヴィヴィアン・マイヤーやこの作品についてご紹介していきます。

『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』とはどんな映画なのか

ヴィヴィアン・マイヤーを探してポスター画像

2007年、シカゴ在住の青年がオークションで大量の古い写真のネガを手に入れることから物語は始まります。

その一部をブログにアップしたところ、熱狂的な賛辞が寄せられ、この発見を世界の主要メディアが絶賛!発売された写真集は全米売上No.1を記録、NY・パリ・ロンドンでいち早く展覧会が開かれるや人々が押し寄せました。

撮影者の名はヴィヴィアン・マイヤー。しかし彼女は15万枚以上の作品を残しながら、生前一枚も公表することがありませんでした。なぜ彼女にこれほど優れた写真が撮れたのか?なぜ誰にも作品を見せなかったのか?その謎に迫るドキュメンタリー映画です。

監督は写真の発見者張本人!

あるオークションで大量の古い写真のネガを手に入れたジョン・マルーフ監督はその写真を「気になる写真だったので捨てなかった。」と言っています。

彼はそれから2年後、試しに200枚程度をブログにアップしたところ、とてつもない反響を呼んだのです。そこでマルーフ監督は「この写真は重要な写真である」と理解し、すぐに美術館などに問い合わせ、展示会を申し出たそうですが・・・全滅。彼は自ら展示会を開くことを決意しました。

生前一枚も発表されなかったヴィヴィアンの写真を“作品”へと変えたのはブログにアクセスし、彼女の写真を素晴らしいと称賛した人々だと思います。そしてこのことに真剣に向き合い、行動した人がいました。

彼女は一気に大物写真家として名を轟かせたのです。この運命のような出会いとたくましい行動力により世界が動いたのだと感じました。そして何より、この映画が誕生したすべての原点は「ヴィヴィアン・・・あなたは何者なの?」という探究心であるとも感じます。

ヴィヴィアン・マイヤーとは結局何者?

生前一枚も写真を発表しなったことから、作品として写真を撮っていたのではないという見解のもと彼女を読み解いていくように感じますが、ある瞬間衝撃的な写真が見つかります。こちらです。

ヴィヴィアン本人のセルフポートレートです。この写真を見て、マルーフ監督は「セルフポートレイトは彼女が自分をアーティストとして考えていたということの証拠であると思います。」と話しています。そしてアーティストは作品を見てもらうことを前提に撮るという考えも出てきます。

ヴィヴィアンはナニーだった

ナニーというと、ベビーシッターよりもはるかに子どもたちに密着する仕事で、一対いつ写真を撮ったんだ?と疑問符が浮かびます。

ナニーだったと聞くと心優しい人だったんだろうなと勝手に想像してしまいがちですが、インタビューではひどい扱いを受けたと証言する人物が現れます。

ますます謎は深まります。「ヴィヴィアン、あなたは何者なの?」

ヴィヴィアンは、新聞を手本としていた・・・?

「写真のお手本を新聞にして撮っていたのでは」とマルーフ監督は語ります。映画の中ではヴィヴィアンの部屋は新聞が山積みなっており天井が抜けたというインタビューがあるほどです。

更に監督は、彼女が興味を持っていたのはただのニュースではなく、何かストーリーを語るものであり、犯罪、グロテスクな事件、人間の愚かさが露呈したような記事といったものでしたとも答えています。

「ヴィヴィアン、あなたは何者なの?」

探究心をくすぐられ続ける83分間

前記に記した通り、何者なのか謎が深まる一方です。ヴィヴィアンが写真を撮るとき構図や仕草まで指示をしていたと答える人物もいれば、そんなことはない、ヴィヴィアンは急にシャッターを切るから毎回驚かされたと答える者もいます。

ヴィヴィアンを知る人物のインタビューで構成される本作は、人から得た情報でヴィヴィアンを露にしていくのか・・・と思いきやそうならない。ここが見どころです。

私個人の意見ですが、ドキュメンタリー映画の素晴らしさはアンサーを出せないこと

その代り、探究心をものすごくくすぐられることです。もう亡くなってしまった人のことは迷宮入り。83分という限られた時間で、誰かの人生を解き明かすことは不可能です。しかし、一対どうして?なぜ?もっと知りたいという探究心と興味は止まらないことでしょう。

なんせ、ほんとに謎大き人ですから。

みなさま是非、探究心をくすぐられに映画館へ。きっと帰りの電車で彼女のことを調べられずにはいられなくなります。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • オヨヨ
    3.5
    ヴィヴィアン・マイヤーは膨大な写真を撮っていたにもかかわらず、発表することなく(殆ど現像さえせずに)保管していた。 偶然発見したジョン・マルーフが現像し発表した事で一躍話題となる。それは、写真が魅力的だったから… ナニーとして生活する事を選んだ(選ばざるを得なかった)ヴィヴィアンは何かを恐れていたのか?写真を撮る事、様々な記録を残す事は彼女にとってどんな意味があったのだろう? 才能がある人は、繊細で普通に生活していくのは困難なのかも。 映画作品ととしても、謎解きみたいで楽しめたが、彼女の作品が構図の切り取り方などがセンスが良くて、もっと作品を見たくなった。自分を写した写真は特に良かった。 写真展、昨年日本でも有ったのか!残念。行ってみたかった。
  • -
    昨年、東京で展示会が開催された際に話題になっていたのを思い出しDVDで鑑賞しました。 作品から醸し出される暖かさと冷たさが入り混じった独特の雰囲気そのままに、ヴィヴィアン自身も複雑な人物だったのですね。 感性が鋭すぎたのでしょうか…不器用で生きづらさを抱えていた人という印象です。 他者や社会の本質に強い関心があって、それを彼女なりに感じ取るための最適なツールがカメラだったのかもしれません。 大量の写真や映像を残しながらも何故誰にも見せずにしまい込んでいたのか? 真相は闇の中ですが、自分の作品がいかに素晴しいものであるかは自覚していたそうなので、本当の意味で繊細な人だったのかなと思いました。 作品を発表するということは自分自身を赤の他人に曝け出すことと同じで、その決心がどうしてもつかなかった(もしくはハナからその気がなかった?)のではないか…と勝手に解釈しています。 優れたアーティストが聖人である必要はないし 死後に才能が認められることが悲劇ではないし 美術館に受け入れられないからといって芸術的な価値が無いわけじゃない。 物事にはそれぞれ最適なタイミングがあって、インターネットやSNSが普及し、尚且つ作品が作者の手を完全に離れた状況だったからこそ、ヴィヴィアン・マイヤーは世界的に評価されるアーティストになったのではないでしょうか。 ヴィヴィアンが今の状況を喜ばしく思うのかどうかは分かりませんが…少なくとも私は彼女の作品に出会えてよかったと思います。 マルーフ氏の執念に感謝!
  • じょー
    3.5
    かなり取材すごい。フィルム発掘からこんなに物語が紡げるなんて。いい面だけを紹介しなかったのもよかった。しかし、途中は写真家としてという目線は外れていく。やや、構成はブレてた? とはいえ、インタビューだけで全然みれる。関係性がわからない人も多かったけど。 クライマックスはなんだったんだろうか。 時系列的が飛び飛びなのも気になった。 総じて、面白いような、ちょっと作りが雑のような。とはいえ、制作者のワクワクや、旅情感は伝わった。
  • ゆず
    5
    資料として観た ドキュメンタリーとして見たい情報が全部見れたので満足
  • uran
    4.1
    記録。公開時に観た。 写真好きな人は観てください。
ヴィヴィアン・マイヤーを探して
のレビュー(2740件)