グザヴィエ・ドラン監督作品を全て紹介!『わたしはロランス』から最新作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』まで

2020年3月に最新作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』の公開を控えるグザヴィエ・ドラン監督。19歳で世界中から注目を集めた監督デビュー作『マイ・マザー』(2009)から最新作まで全7作品のグザヴィエ・ドラン監督作品をまとめて紹介。

1989年カナダのケベック州モントリオールで生まれたクザヴィエ・ドラン。6歳の頃から子役として映画やドラマに出演。2009年19歳で監督・脚本家としてデビューし、国際的に高い評価を得る。以降の作品でも数々の賞を受賞し、カナダの俊英として注目を集める。2020年3月13日には最新作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』が日本公開を控えている。今回は、そんなグザヴィエ・ドランの魅力に触れるべく、彼の監督作品7本をまとめて紹介。

マイ・マザー』(2009)

マイ・マザー

17歳のユベール(グザヴィエ・ドラン)は、母親と二人でケベックの町に住んでいる。しかし母親からの小言を聞かされる日常にうんざりしていた。さらにゲイである自身のセクシュアリティにも悩んでおり、苛立ちと憎悪は日に日に募るのだが……。

フランス語圏の若手監督として世界中からのその才能を称えられているグザヴィエ・ドランの監督デビュー作となった記念すべき本作。ドラン監督特有の映像表現がすでに顕著であり、家族関係やセクシュアリティに煩悶する高校生の姿を自ら等身大の演技で演じきり、その才能が早くもカンヌ国際映画祭で注目された。

マイ・マザー

胸騒ぎの恋人』(2010)

『胸騒ぎの恋人』

親友のマリー(モニア・ショクリ)と同じ彼、ニコラ(ニールス・シュネデール)を好きになってしまったフランシス(グザヴィエ・ドラン)の視点で描かれる。押し寄せるのは、もどかしさ、ほろ苦さ、ジェラシー、探り合い、駆け引き……。出会いに始まり、涙で終わる、切ない恋心。

本作でグザヴィエ・ドランは、恋に落ちる過程の検証を試み、片思いの苦悩に肉薄する。二人は内心ニコラにぞっこんなのに悪口を言って相手の腹を探ってみたり、ニコラの思わせぶりな仕草に期待を持ったり……。ティーンなら誰もが味わうポエティックなカオスを、ポップなカラーアート、ヴィンテージの服、クラシックな音楽で再現。グザヴィエ・ドランならではの異形な恋のスタイルがスクリーンに溢れ出す傑作ラブストーリーとなった。

胸騒ぎの恋人

わたしはロランス』(2012)

わたしはロランス

モントリオールに暮らす国語教師のロランス(メルヴィル・プポー)は、かねてから女性になりたいと切望しており、その想いを恋人のフレッド(スザンヌ・クレマン)に打ち明ける。戸惑いを隠せないながらも彼女はロランスの一番の理解者として周囲や社会の偏見に屈することなくともに生きていくのだった。

10代ですでにカンヌ国際映画祭でその才能を見出されたグザヴィエ・ドランの監督第3作目となる本作は、若き才能の大きな成果として大輪の花を咲かせている。自身のセクシュアリティに悩む主人公ロランスをフランス映画界の実力派俳優メルヴィル・プポーが熱演。母親役を演じる名女優ナタリー・バイの存在感も大きな見どころだろう。

トム・アット・ザ・ファーム』(2013)

トム・アット・ザ・ファーム

恋人のギョームを失ったトム(グザヴィエ・ドラン)は、彼の故郷であるケベック州の田舎町を訪れる。ギョームの家族たちは息子に男性の恋人がいたことを知らなかったが、兄フランシス(ピエール=イヴ・カルディナル)だけはトムの存在と弟との関係性を知っていた。隠された過去、罪悪感と暴力、危ういバランスで保たれる関係、だれも訪れることのない閉塞的な土地で静かに狂っていく日常……。

『わたしはロランス』(12)の清新な映像感覚が世界中を魅了した若き天才監督グザヴィエ・ドランによるサイコ・サスペンス。これまでにないバイオレンス描写が鮮烈な印象を残し、全編に漲るサスペンスフルな感覚は巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督の系譜に連なる。

トム・アット・ザ・ファーム

Mommy/マミー』(2014)

Mommy/マミー

シングルマザーのダイアン(アンヌ・ドルヴァル)にはADHDを持つ15歳の息子スティーヴ(アントワーヌ・オリヴィエ・ピロン)がいる。入居していた施設で騒ぎを起こし追い出されたスティーヴを引き取り新たに二人暮らしを始めるのだが……。

新作が発表されるたびに世界中の注目を集めるグザヴィエ・ドランの監督第5作目となる本作。ADHAを抱える少年の閉塞した心理状態を表現するため画面アスペクト比1:1の正方形を採用。そうした斬新な技法が大きな話題となり、第64回カンヌ国際映画祭では巨匠ジャン=リュック・ゴダール監督とともに審査員特別賞を受賞した。

Mommy/マミー

たかが世界の終わり』(2016)

たかが世界の終わり

人気作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)は、自分がもうすぐ死ぬことを家族に伝えるために12年ぶりに帰郷する。母マルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を出し、家族は久しぶりに団欒を囲む。ルイはデザートが出る頃に告白しようとするのだった。

劇作家ジャン=リュック・ラガルスの戯曲『まさに世界の終わり』をグザヴィエ・ドランが映画化。意味のない会話を延々繰り返していく家族を演じるのは、ギャスパー・ウリエル、ナタリー・バイ、マリオン・コティヤールらフランス映画界の実力派勢。第69回カンヌ国際映画祭ではパルムドール候補となり、見事グランプリを受賞した。

たかが世界の終わり

ジョン・F・ドノヴァンの死と生』(2018)

ジョン・F・ドノヴァンの死と生

29歳の若さでこの世を去った人気俳優のジョン・F・ドノヴァン(キット・ハリントン)。10年後、ドノヴァンと100通に及ぶ手紙のやり取りをしていた若手俳優のルパート・ターナー(ベン・シュネッツァー)が本を出版し、ドノヴァンの死の真相を明かそうとするのだが……。

ジョン・F・ドノヴァンの死と生

わたしはロランス』や『Mommy/マミー』などで世界的な評価を獲得してきた若き俊英グザヴィエ・ドランの監督最新作となる本作。第71回カンヌ国際映画祭で、グザヴィエ・ドラン自身が仕上がりに満足がいかず、再編集を望んだだめプレミア上映中止となったり、批評家からの酷評を集めるなど、既に様々なドラマがある本作だが、過去を回想し真実が明らかになっていく全体の構成からはドランの真骨頂が窺える。日本では2020年3月13日公開。

ジョン・F・ドノヴァンの死と生

【文・チャーリー】

(C)2009 MIFILIFILMS INC(C)2010 MIFILIFILMS INC(C)2013 –8290849 Canada INC. (une filiale de MIFILIFIMS Inc.) MK2 FILMS / ARTE France Cinema (C)Clara PalardyPhoto credit : Shayne Laverdiere(C)2014 une filiale de Metafilms inc.(C)Shayne Laverdiere, Sons of Manual(C)THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • すGO
    4.3
    ドラン作品では、途中必ず1回寝るのだけど、今回は完徹。だから最高傑作。必ず寝るのに、必ず心を揺さぶられるから、全作品観てしまった。不思議な作家だ。
  • 笹野ハム
    -
    途中寝てしまったので、UNEXTの見放題になったらもう一度観ます
  • 知欠
    3.7
    あなたは正義のためで 僕らは、僕たちの問題は自惚れたお遊びだと? スタイルとは自分自身を知ること。 居場所は君のためだけに用意されている。 偽りはいつか。バレるっていうけど、 本当のことってなんだろう。 それではみなさん、良い人生を。 人生は一瞬で永遠。 それぞれが人生を同じ星の中で完成させましょう。 手紙を送っていた子供時代の彼と 新進気鋭として売れっ子の今の彼 もしくは、あり得た彼。のお話。自伝的。 だからかな、よくわかった。 彼の主張を。 としか言いようがない。 母、マイノリティとしての部分はいつも通りなんだけど、今回の彼の苦悩は芸術とポピュラリティーに焦点が当たる。 その主題自体は、決して、珍しい話ではなかったから、個人的には、いまいち乗り切れなかったところもあると思う。 そして、アートとして、とてつもなく美しい。息を飲むような出会ったことのない画面に出会う。 そんな瞬間もなんだか少なくて。 切れ味が足りないと感じてしまう。 一枚のカットとしてバチッとハマるというよりは、非常に感情的な画が多かったからな気もする。見終わってから何日からたっての印象なんですけどね。 際立った赤と青はポイントであったけど、大部分においては色が控えめだった気もするし。 だからこそ、 母と息子の物語はとても美しく。 とんでもなく綺麗だったこともあるんだろうが、 あれも、落ち着くところに落ち着いてる感じだ。 グッドラックかあ。 今までドランの映画を見たあとは、興奮とか悲哀とかがごった煮になってたんだけど、 そう言うのが今回は感じられなくて、 そんなもん求めてないわ。って言いたいところもあるけどさ。俺が求めるドランってなんだろう。 そもそも、求められた像とか、 そういうのが嫌だって映画だった気もするけどな。 ならこれでいいのか。 彼が望む彼自身なんだろう。 だからこそ、今後の彼を見るべきなんだろう。 彼の作品で、彼の個人的なものから切り離された映画を、今のところ見たことないんですよ。 ずっと映画の世界にいる人で、マイノリティである自分自身や母親との関係性を通して映画を撮り続けて人生を語ってきたとも言える人で、 過去も、今も、曝け出してきた人が、 これから、新たにどんな引き出しを開けてくれるのか、めちゃくちゃ楽しみ。 音楽は相変わらずめちゃくちゃいい。最高。 作り方はいつもと変わってないのかな。 美しいものは、風と空と太陽だけで十分かな。 いや、人の顔と人生だ。って感じ。 あと、彼のドキュメンタリーを見た。 良かった。 パーソナリティよりは 作品の答え合わせで、結構辟易したけどね。 いろんな、それはもういろんな意味でね。 こうやって、どんどん変化していくんだろう。 ほんとに取扱注意な男だな。 是非、ハリウッドで苦しんで欲しい。 ナタリーのポーティーはいいよなあ。 あと、ドナウが序盤の店内でかかってた気がするんだけど、あれが流れちゃったら、宇宙に行ける気分になっちゃうから、集中途切れちゃう。 全部ドナウのせい。空耳だろうとドナウが悪い。
  • ユカートマン
    2.9
    つまんなすぎて途中でわたしは一体何を見せられてるんだ…ってなった。初の英語劇とのことで、今までの作品より上品で標準化されてる感じだけど(今までのフランス語の喧嘩のシーンは今回の英語のそれより激しかった感じがする)それが余計つまんないし、何も新しくないし、浅すぎて…途中でジョンFドノヴァンがJesus of Suburbiaを車内で熱唱してるのは意外の選曲すぎて笑った。もうドランの作品は劇場で観なくていいかも。
  • SakuraKonkoh
    4.5
    どこまでもドランはドランを描いてるような気がする。今までの作品の総復習に感じるような作品だった。
ジョン・F・ドノヴァンの死と生
のレビュー(4330件)