才能あふれる若き映画監督グザヴィエ・ドラン。何故人々は彼に惹き付けられるのか

映画と現実を行ったり来たり

ne22co

映画監督グザヴィエ・ドラン、FILMAGA読者の皆様の中にもファンの方は多いと思います。

8月6日に公開された『神のゆらぎ』に合わせ、初めて彼を知る方はもちろん、既にグザヴィエ・ドランワールドにどっぷり浸っているファンの方にも、彼の多岐にわたる活動をご紹介。その魅力をお伝えしていきたいと思います。

監督としての華麗なるデビューから現在までの活動

グザヴィエ・ドランは2009年、初監督作品『マイ・マザー』が第62回カンヌ映画祭にて上映され、19歳という若さで華々しいデビューを飾りました。

マイマザー

(c)2009 MIFILIFILMS INC

その後の制作作品は軒並み様々な映画祭で賞を受賞。世界中で上映され、今世界で最も注目されている若手映画監督の地位を確立しています。(以下制作作品と主な受賞履歴)

2010年『胸騒ぎの恋人』(第63回カンヌ国際映画祭、ある視点部門上映)

胸騒ぎの恋人

(c)2010 MIFILIFILMS INC

2012年『わたしはロランス』(第65回カンヌ国際映画祭ある視点部門上映、クィア・パルム受賞)

2013年『トム・アット・ザ・ファーム』(第70回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門上映、国際批評家連盟賞)

2014年『Mommy/マミー』(第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門上映、審査員賞)

今年2016年のカンヌ映画祭では『juste la fin du mondo/It’s Only The End Of The World(原題)』がグランプリを獲得しました。

日本でも2017年の2月11日に公開が決定していますが、先日フランス版予告編が公開され、彼の作品ではおなじみのアーティスティックな映像美、これまでに無い豪華なキャスティングに注目が集まっています。

彼の受賞歴をざっと紹介しましたが、ご覧頂いた通り、2009年のデビューから、制作した全ての作品がカンヌをはじめ世界各国の映画祭にて上映、名だたる賞を獲得しています。

そして彼は2016年の現時点で26歳。現在はハリウッドデビューとなる次回作『The Death and Life of John F. Donovan(原題)』の撮影を行っており、日々進化を遂げるその才能に目が離せません

監督だけではない、溢れ出す才能

そんなグザヴィエ・ドラン、監督以外にもその活動は多岐にわたります。

自身の作品では監督以外にも脚本、制作、主演、編集、衣装、ヘアメイク、音楽を手がけ、エンドロールでは彼の名前がズラッと羅列されています。

色彩や音楽、各シーンにおける絵画的な画面の切り取り方へのこだわりはどの作品にも共通し、一つの映画作品の中にちりばめられた何十ものアート作品を観ているかのようです。

自身の監督作品以外でも幼い頃から俳優として活躍しており、映画やテレビ番組に出演していました。

昨年日本でも彼が主演を務めた『エレファント・ソング』が公開されています。

エレファントソング

(C)Sébastien Raymond

ドランは「この役は自分自身だ」と言っており、精神病棟で起きた失踪事件で周りの人間を言葉巧みに翻弄する青年を演じています。

母親との確執で心に闇を抱える青年が周りの人間を巻き込んでいく様子、彼の不気味ながらも寂しげな表情、ドランが自身の体験と重ね合わせて演じた役柄に、引き込まれる事間違い無しの作品です。

そして8月6日に公開された『神のゆらぎ』。

神のゆらぎ

(C)2012ProductionsMiraculumInc.

「自分が出演したい作品が無いので監督を始めた」と言う程に自身の出演する作品に対してこだわりを持つ彼が出演を熱望し、信仰する宗教と愛の間で揺れ動く青年の役柄を演じています。

グザヴィエ・ドランが自身の活動を通じて世界に伝えたいこととは?

彼は自身がゲイである事を公表していますが、上述した通りこれまでの制作作品においても自身の体験に基づいたものが多く、社会的弱者や、自分自身とは違う存在に対して理解を示す事(否定するのではなく容認する事)の難しさ、大切さが作品のテーマになっている事が多いです。

以下は2015年、『Mommy/マミー』の審査員賞受賞スピーチで彼が語った言葉の抜粋です。

誰しも自分が好むことをする権利があるにも関わらず、あなたのやることを嫌悪し、あなたを忌み嫌う人たちもいるでしょう。でも夢を持ち続けてください。そうすることで一緒に世界を変えられるからです。人々を感動させ、笑わせ、泣かせることで、人々の意識や人生を、ゆっくり変えていくことができるのです。政治家や科学者だけでなくアーティストも世界を変えられるのです。望むことに限界はなく、夢を抱き、挑戦し、努力し、あきらめなければ、どんなことでも実現可能なのです。

このスピーチからも彼の強い信念を感じる事ができ、何故これほどまで彼の作品が人々を惹きつけるのかが分かるのではないでしょうか。

『神のゆらぎ』はシネマカリテでの特別公開から全国順次ロードショーです。グザヴィエ・ドランがこの作品において、俳優として表現したかったテーマは何だったのか。そんな視点で作品を観てもおもしろいかもしれません。是非劇場で体感して頂きたいです。

 

『神のゆらぎ』についてはこちらの記事でも解説しています。ぜひ合わせてチェックしてみてください!
若き天才グザヴィエ・ドランが惚れ込み自ら出演を熱望!『神のゆらぎ』の秀逸な脚本

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ハルカフ
    3
    俯瞰的にみたときに、「あの時こうなっていれば」で変わるのは自分のことだけじゃないんだよなあ。 あーまた苦手だと思いながら宗教のからむ話を、、(たまに好きなやつあるからチャレンジはしている)
  • rpmu90377
    3.7
    看護師の女性とそのフィアンセの男性はともにエホバの証人の信者だ。男性は末期の白血病を患っていながらも宗教上の理由から輸血を受けることを拒み続け治療を受けようとしない。ある日、飛行機の墜落事故が発生し瀕死の患者が病院に運び込まれてくる。看護師はその血液型が患者のものと一致しているという理由で患者に輸血することを求められる。輸血すれば戒律を破ることになり、フィアンセからも見放されることになる。医療従事者としての任務を果たすのか、自らの信心を貫き通すのか、彼女は難しい選択を迫られることになる。 看護師のエピソードの他に複数のエピソードが描かれる。老境にありながら情熱的な不倫を続けるカジノのバーテンの男とクロークの女。互いへの失望を抱きながら共に暮らすアル中の妻とギャ ンブル狂の夫。そして取り返しのつかない過ちを償うためドラッグの運び屋となるひとりの男。異なるエピソードは最終的には飛行機の墜落事故で交錯することになるが、後半、これらのエピソードは同時進行しているものではないことに気づかされる。時間軸を利用した構成で観客をあっと言わせて物語を印象付ける手法は、クリストファー・ノーランの「TENET」に通じるものがある(あれほど難解ではないけれど)。 妻を寝取られた老人が言う「飛行機の墜落事故が起きるのは全能の神など存在しないから」というセリフがキーポイント。この世の中で起きることは神の意思によるものなのか、それとも単なる偶然なのか。いずれにしても、自分の行いが気付かないところで他人の運命に影響を与えているというメッセージが興味深い。「神のゆらぎ」という邦題、なかなか意味深長だ。
  • ながい
    -
    タイトルが秀逸すぎる。
  • Kengo1in10
    3.7
    ただその終わりを待つか、奇跡が起こるのを待つか。 信仰により治療を拒む白血病患者、アルコール依存症、ドラックの運び屋など、人生堕ちていくのに身を任せているような人たち… 凄惨な事故や冷たい社会、こんな世界に神は存在するのか? 宗教や信仰への価値観を問われるよなとても考えさせられる作品。
  • kuro
    3.6
    神様はいるのか。 信仰によって治療を拒む婚約者と、神の存在に疑問を抱き始める彼女。 そこへ起きてしまった飛行機事故へと向かう人々の回想を交えた物語。 子どもの頃から当たり前のように信仰してたら、教えに背くのは簡単ではないことは想像できる。 でも私には理解が難しい。 災害や事故が起きたとき、助かる人とそうでない人に何の違いがあるのが。 突然大切な人を失った人は神を信じないだろうし、九死に一生をえた人には信じられる存在なのかも。 そもそも神様の概念て人間にしかないのかしらとか考え始めたら、もはや眠れなくなるほどの壮大なテーマ。 彼女は残酷な選択を迫られる。 家族と別れるか、仕事でずっと罪悪感に苦しむか。 どちらを選んでも何かを失うなんてあんまりだ。 ラストの眼差しに胸が締め付けられた。
神のゆらぎ
のレビュー(3089件)