若き天才グザヴィエ・ドランが惚れ込み自ら出演を熱望!『神のゆらぎ』の秀逸な脚本

映画と本とコーヒーと。

藤ノゾミ

27才にしてカンヌ国際映画祭の常連、グザヴィエ・ドラン

監督としても俳優としても、今もっとも注目を集めるドランが脚本に惚れこみ出演した話題作『神のゆらぎ』(ダニエル・グルー監督)が8月6日に公開されます。

神のゆらぎポスター

本作は、飛行機事故をめぐるサスペンスタッチのヒューマンドラマ。製作国のカナダでは5億円の大ヒットとなりました。

ドランは脚本のどんなところに惹かれたのか。また、タイトルは何を意味するのか? 秀逸で深いストーリーの魅力を一足早く紐解きます!

グザヴィエ・ドランって?

とは言うけど、グザヴィエ・ドランって誰なの?という人のために、まずはドランの紹介から。

神のゆらぎドラン 

ドランは1989年3月20日、カナダ第二の都市モントリオール生まれ。

20才の時、『マイ・マザー』(2009)で監督・脚本家としてデビューし、カンヌ国際映画祭の「監督週間」で取り上げられます。

「監督週間」は作家性の強い監督をフォーカスする新人の登竜門的存在で、ジム・ジャームッシュやソフィア・コッポラ、北野武もこのセクションを通過して「ある視点」やコンペ部門で上映されるようになりました。

ドランも2010年、長編2作目『胸騒ぎの恋人』が「ある視点」で上映され、以後は……

と、作品を発表するたび世界で高く評価されています。

昨年は史上最年少でカンヌの審査員を務め、最新作の『It’s Only The End Of The World』は今年、パルムドール(最高賞)に次ぐグランプリを受賞しました。

デビューから10年も経たずしてこの経歴! ドランはその動向が絶えず注目される、世界的映画作家のひとりなのです。

〇〇じゃなくても出たい!『神のゆらぎ』の魅力

監督作のほとんどに出演しているドラン。本人の意識としては俳優業の方こそ先にあり、

ただ待っていてもやりたい役のオファーが来ないので自分で自分に役を与えるために監督になった

引用元:『神のゆらぎ』公式サイト

と語っています。

そんなドランが「いままで演じたことがない新しい役どころだった」と出演を熱望したのが、『神のゆらぎ』のエティエンヌ役。末期の白血病で死の危機にある難しい役……ですが、実は、主人公ではありません

本作の主人公は彼の婚約者ジュリー(マリリン・キャストンゲ)。自分が主演じゃなくても出演したいと思ったというところにも、ドランの脚本への惚れこみようがうかがえます。

脚本のここがすごい① 命か、信仰か。究極の選択

ジュリーとエティエンヌは家族ともども「エホバの証人」の信者で、それゆえに白血病を治すための輸血を受けるかどうか悩みます。

というのもエホバでは、聖書が「血を避けるように命じている」として、自分の血を誰かにあげたり、ひとの血をもらったりすることは禁忌とされているからです。

「その魂、つまりその血を伴う肉を食べてはならない」――創世記9章4節

日本ではなかなかピンとこない感覚かもしれませんが、宗教上のタブーを犯すということは、自分がこれまで信じてきたものを根本から否定すること。看護師であるジュリーは輸血すればエティエンヌが助かるとわかっていても、信仰と死の恐怖の狭間で揺れ動きます

はたして2人はどんな「選択」をするのか?

シンプルな、けれどとても難しい問いが観客の心を惹きつけます

神のゆらぎジュリーとエディエンヌ 

脚本のここがすごい② 交錯する過去と現在

ある夜、南米行きの飛行機が轟音とともに墜落します。

生存者がたった一人しかいない未曽有の飛行機事故……ここから物語は複雑に交錯し始めます。

老年のW不倫カップル、アルコール中毒の妻とギャンブル狂の夫、過去のあやまちを償うためにドラッグの運び屋となって故郷に戻ってくる男――さまざまなエピソードが描かれます。一見、ジュリーとエティエンヌには関係なさそうに見えますが、次第にこれらのエピソードが過去のものだとわかってきます。

それぞれに葛藤を抱えた彼らは、例えば不倫カップルがお互いのパートナーを捨てて南米に逃避行する飛行機に乗るかどうかを選ぶように、何らかの「選択」を迫られます。

仮面夫婦は円満を装うために南米旅行にでかけるか? 仕事を終えた男は故郷にとどまるか南米に戻るか?――彼らは全員、墜落する飛行機に向かっているのです

神のゆらぎ過去 

脚本のここがすごい③ 謎――生存者は誰?

輸血しなくてもエティエンヌが治るという奇跡を願うジュリーにとって、事故で唯一助かった生存者はまさに「奇跡の人」。ジュリーは強く惹きつけられ、献身的に看護します。

ただ、生存者は助かったとはいえ重傷で、全身を包帯にくるまれ、顔はわかりません

過去のエピソードの登場人物のうち、いったい誰が生存者なのか?

謎は終盤まで明かされず、観客は過去のエピソードに移るたび、飛行機に乗るのか乗らないのか、彼らの行動にハラハラさせられます。

そして最終的に生存者の病状が悪化し、ジュリーはある「選択」を迫られるのですが……

悩んだ末、彼女が下した決断とは。また、エティエンヌはそんな彼女にどう向き合うのでしょうか。「結果」はぜひ劇場でご覧ください。

タイトルの原題は「奇跡」だった

『神のゆらぎ』の原題は『MIRACULUM』、ラテン語で「奇跡」を意味します。

善も悪も関係なく、病魔は誰にもでもふいに訪れ、ほんのわずかな行動がひとの生死を左右する。「奇跡」とは、神様のきまぐれのようなものでしかない・・・邦題にはそんな思いが込められているのかもしれません。

ただ、「信仰とかエホバとかよくわからない」という方もご心配なく。

『神のゆらぎ』はサスペンスとしても、ジュリーとエティエンヌの愛をめぐる物語としても楽しめます。そして、見終わった後はきっと深く心に響くものがあるはず・・・

21世紀の若き才能の今後に注目!

ドランの監督作は先に挙げた5作品が日本でもDVDになっています。

出演作としては、精神病院を舞台にしたサスペンス『エレファント・ソング』(2014年)もオススメ。ドランは問題児の患者を怪演し、失踪した精神科医を探そうとする同僚医師を翻弄します。

また、最新の監督作『It’s Only The End Of The World』は来年2月に公開予定。

21世紀の天才グザヴィエ・ドランの今後の活躍に注目しましょう!

 

(C) 2013 Productions Miraculum Inc.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • うやみ
    -
    無宗教で何も信仰していない自分が21年間深く考えたことがない内容だった、最良のことを選ぶのはいつだって難しいし苦しい。神のゆらぎ、映画にこんなに沿っていて秀逸なタイトルはないと思う
  • まぬ子
    3
    奇跡が起きない限り、神の存在は感じられない。 飛行機墜落事故の前後、それぞれの奇跡を願う四組のワケありな男女。終わりに向けて時系列が整ってくるのは思いがけない構成だった。 登場人物たちは、アルコールやギャンブルに依存したり、過去の罪や不倫から抜け出せなかったりと誰もが弱さを持っている。信仰もまた然りで、根本の弱さは同じだと思うな。信仰も一種の依存。 何かに依存しても、人間の心から弱さはなくならない。 弱いから人は信仰に縋ってるはずなのに、信仰が人を弱くしてるよう。罰するのが神だとしても、人の罪を赦せるのは自分や生身の人間しかいないのにね。 ストーリーの中心となるのが、宗教戒律として輸血を禁じるエホバの証人のカップル。白血病患者として死へ近づいてく男、看護師として選択を迫られる女、それぞれがその戒律と向き合わなければならない。 敬虔な信者たちの直向きに奇跡を祈る姿や、厚い信仰心はとても純粋な魂に感じられる。 けど、私には戒律は幻想でしかないように映るなぁ。見えない死後の魂の行き場や血の汚れよりも、オイ現実みろよと。 「飛行機が落ちるのは、全能の神が存在しないからだ」というセリフは辛辣だった。 どうにもならない事はただ祈るしかできない。けど、神の介在なくして、自分の意思や選択で変えられる現実を「奇跡」とは捉えられないのか。 もし我が家がエホバを信仰してたら、全身輸血した私は今ここにいないはず。 輸血を罪深く汚らわしい行為と言われるのは、生きてきた時間すら全否定されるようですごく複雑な気分だな… # 121/2018
  • しゅり
    4.9
    いろんな考えの人がいてそれぞれがなにを大切に思って色んな背景があって、またその人たちもいろんな出来事や誰かの言葉やまたは自分の言動をきっかけに常に考えて悩んで選択して生きているっていう当たり前のことを、結構忘れて生きてしまいがちなので、このエホバの証人・輸血できない問題を中心において作られた作品でその当たり前を突きつけられたことに感動した?いや感動というよりは凄いなという衝撃に近い気がするけど、激しさを伴わないエモーショナルな感覚に襲われて、とにかく心がギュってなって悲しくもなってすごく泣いちゃった。
  • ゆうこ
    3.8
    信仰について考えさせられる、自分は無信仰だけど。 本当、神が居たなら飛行機事故や禍いなんて起こらないはず。 自分の神様に疑問を抱く過程が良かった。 ドランも美しい。
  • Yui
    3.9
    「飛行機が落ちるのは、全能の神が存在しないからだ」 "神"はいるのか。 この世は理不尽な事に溢れ、どうしようもない事が多々あり、振り返った時、あの小さな1つが違っていたなら、右じゃなく左を選んでいたなら、そんな風に思う分かれ道は誰にでもあって。 人の生死に関わる事なら尚更で。 この作品は、数人の人生が袖が触れ合うような距離感で交差し、ゆっくりと穏やかに、でも確実に問いかけてくる。 生きるとは?死ぬとは? 信仰とは?罪とは?神とは?愛とは? ドラン出演作品という事で観始めたけど、信仰のない私や多くの日本人にも分かりやすく面白かったし、観終わったら、邦題の秀逸さに久しぶりに胸がざわっとした。 ドラン演じる青年とそのフィアンセの看護師はエホバの証人で、キリスト教との大きな違いは"三位一体の否定" "血に触れる事への拒否" "復活という概念の違い"で、輸血が出来ないのが本作の大きなポイント。 考えれば考えるほど深い作品で、終わった後の余韻も深く長い。"無宗教"だって、信じる神を持たないという名の信仰かもしれない。 運命って、奇跡って、偶然ってなんだろう…。
神のゆらぎ
のレビュー(3096件)