若き天才グザヴィエ・ドランが惚れ込み自ら出演を熱望!『神のゆらぎ』の秀逸な脚本

映画と本とコーヒーと。

藤ノゾミ

27才にしてカンヌ国際映画祭の常連、グザヴィエ・ドラン

監督としても俳優としても、今もっとも注目を集めるドランが脚本に惚れこみ出演した話題作『神のゆらぎ』(ダニエル・グルー監督)が8月6日に公開されます。

神のゆらぎポスター

本作は、飛行機事故をめぐるサスペンスタッチのヒューマンドラマ。製作国のカナダでは5億円の大ヒットとなりました。

ドランは脚本のどんなところに惹かれたのか。また、タイトルは何を意味するのか? 秀逸で深いストーリーの魅力を一足早く紐解きます!

グザヴィエ・ドランって?

とは言うけど、グザヴィエ・ドランって誰なの?という人のために、まずはドランの紹介から。

神のゆらぎドラン 

ドランは1989年3月20日、カナダ第二の都市モントリオール生まれ。

20才の時、『マイ・マザー』(2009)で監督・脚本家としてデビューし、カンヌ国際映画祭の「監督週間」で取り上げられます。

「監督週間」は作家性の強い監督をフォーカスする新人の登竜門的存在で、ジム・ジャームッシュやソフィア・コッポラ、北野武もこのセクションを通過して「ある視点」やコンペ部門で上映されるようになりました。

ドランも2010年、長編2作目『胸騒ぎの恋人』が「ある視点」で上映され、以後は……

と、作品を発表するたび世界で高く評価されています。

昨年は史上最年少でカンヌの審査員を務め、最新作の『It’s Only The End Of The World』は今年、パルムドール(最高賞)に次ぐグランプリを受賞しました。

デビューから10年も経たずしてこの経歴! ドランはその動向が絶えず注目される、世界的映画作家のひとりなのです。

〇〇じゃなくても出たい!『神のゆらぎ』の魅力

監督作のほとんどに出演しているドラン。本人の意識としては俳優業の方こそ先にあり、

ただ待っていてもやりたい役のオファーが来ないので自分で自分に役を与えるために監督になった

引用元:『神のゆらぎ』公式サイト

と語っています。

そんなドランが「いままで演じたことがない新しい役どころだった」と出演を熱望したのが、『神のゆらぎ』のエティエンヌ役。末期の白血病で死の危機にある難しい役……ですが、実は、主人公ではありません

本作の主人公は彼の婚約者ジュリー(マリリン・キャストンゲ)。自分が主演じゃなくても出演したいと思ったというところにも、ドランの脚本への惚れこみようがうかがえます。

脚本のここがすごい① 命か、信仰か。究極の選択

ジュリーとエティエンヌは家族ともども「エホバの証人」の信者で、それゆえに白血病を治すための輸血を受けるかどうか悩みます。

というのもエホバでは、聖書が「血を避けるように命じている」として、自分の血を誰かにあげたり、ひとの血をもらったりすることは禁忌とされているからです。

「その魂、つまりその血を伴う肉を食べてはならない」――創世記9章4節

日本ではなかなかピンとこない感覚かもしれませんが、宗教上のタブーを犯すということは、自分がこれまで信じてきたものを根本から否定すること。看護師であるジュリーは輸血すればエティエンヌが助かるとわかっていても、信仰と死の恐怖の狭間で揺れ動きます

はたして2人はどんな「選択」をするのか?

シンプルな、けれどとても難しい問いが観客の心を惹きつけます

神のゆらぎジュリーとエディエンヌ 

脚本のここがすごい② 交錯する過去と現在

ある夜、南米行きの飛行機が轟音とともに墜落します。

生存者がたった一人しかいない未曽有の飛行機事故……ここから物語は複雑に交錯し始めます。

老年のW不倫カップル、アルコール中毒の妻とギャンブル狂の夫、過去のあやまちを償うためにドラッグの運び屋となって故郷に戻ってくる男――さまざまなエピソードが描かれます。一見、ジュリーとエティエンヌには関係なさそうに見えますが、次第にこれらのエピソードが過去のものだとわかってきます。

それぞれに葛藤を抱えた彼らは、例えば不倫カップルがお互いのパートナーを捨てて南米に逃避行する飛行機に乗るかどうかを選ぶように、何らかの「選択」を迫られます。

仮面夫婦は円満を装うために南米旅行にでかけるか? 仕事を終えた男は故郷にとどまるか南米に戻るか?――彼らは全員、墜落する飛行機に向かっているのです

神のゆらぎ過去 

脚本のここがすごい③ 謎――生存者は誰?

輸血しなくてもエティエンヌが治るという奇跡を願うジュリーにとって、事故で唯一助かった生存者はまさに「奇跡の人」。ジュリーは強く惹きつけられ、献身的に看護します。

ただ、生存者は助かったとはいえ重傷で、全身を包帯にくるまれ、顔はわかりません

過去のエピソードの登場人物のうち、いったい誰が生存者なのか?

謎は終盤まで明かされず、観客は過去のエピソードに移るたび、飛行機に乗るのか乗らないのか、彼らの行動にハラハラさせられます。

そして最終的に生存者の病状が悪化し、ジュリーはある「選択」を迫られるのですが……

悩んだ末、彼女が下した決断とは。また、エティエンヌはそんな彼女にどう向き合うのでしょうか。「結果」はぜひ劇場でご覧ください。

タイトルの原題は「奇跡」だった

『神のゆらぎ』の原題は『MIRACULUM』、ラテン語で「奇跡」を意味します。

善も悪も関係なく、病魔は誰にもでもふいに訪れ、ほんのわずかな行動がひとの生死を左右する。「奇跡」とは、神様のきまぐれのようなものでしかない・・・邦題にはそんな思いが込められているのかもしれません。

ただ、「信仰とかエホバとかよくわからない」という方もご心配なく。

『神のゆらぎ』はサスペンスとしても、ジュリーとエティエンヌの愛をめぐる物語としても楽しめます。そして、見終わった後はきっと深く心に響くものがあるはず・・・

21世紀の若き才能の今後に注目!

ドランの監督作は先に挙げた5作品が日本でもDVDになっています。

出演作としては、精神病院を舞台にしたサスペンス『エレファント・ソング』(2014年)もオススメ。ドランは問題児の患者を怪演し、失踪した精神科医を探そうとする同僚医師を翻弄します。

また、最新の監督作『It’s Only The End Of The World』は来年2月に公開予定。

21世紀の天才グザヴィエ・ドランの今後の活躍に注目しましょう!

 

(C) 2013 Productions Miraculum Inc.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • arch
    3
    「飛行機が落ちるのは、全能の神が存在しないからだ」 墜落する飛行機を数多の人間の人生が収束し、変化していく様を描いている群像劇となっている。この物語は根底に「神の存在」についての問題提議があり、そのテーマをなにより体現するのはエホバの証人を信仰している女性である。 全体として偶然性や運命論の話をしている中、彼女のエピソードがあることでその神の存在についての物語に昇華しているように感じた。 そして全ては墜落する飛行機という死に収束する中で、彼女だけがその先の人生を描かれている存在であることも興味深い。 信仰は得てして人を苦しめるのだと、再確認する中で運命に抗うこと、また決断することが決してそれだけど救いとなるとは限らないのだと、最後には突きつけられ、思えば本作のあらゆる人間が決断をしたが、その行為のほとんどが救いと言えたのかは分からない。 そういった意思の元で抗うことを良いことに描きながらも一方で残酷な結末もあるのだと本作は語っているように思う。
  • Xavier
    3.7
    彼女は待っていた、自分のところに彼が来ることを… 共に"エホバの証人"の信者である、看護師ジュリーと末期の白血病を患うフィアンセのエティエンヌは集会を終え、家に戻ってきた。 途中怪我をしたエティエンヌの傷の手当てをするジュリー エティエンヌは自分の病気が重い事を母に打ち明けられずにいた。 その夜、激しい振動と大きな音が家に鳴り響く。近くで飛行機が落ちたのだ。 負傷者が多数出たため、ジュリーはエティエンヌに病院に向かうため、車を貸して欲しいと告げ病院へと急ぐ。 ベネズエラから帰国したテシエは空港にいた。空港に着くと激しい腹痛がテシエを襲う。迎えにきた女性キムとホテルに向かう。ホテルに着いたテシエはキムに "金は" キムは答える。 "全部出したら払う"と テシエは麻薬の運び屋で袋に小分けされた麻薬を飲み込んでいたのだ。 強烈な腹痛もそのためだった。 アンリは妻エヴリンをホテルに残し、自分は会議中だと嘘をつきカジノにいた。 2人は明日キューバに旅に出ることになっている。 バーテンのレイモンはクローク係のルイーズと不倫中だ。妻とは上手くいっていないレイモンはこちらも夫とは上手くいっていないルイーズをキューバの旅行に誘う という感じで物語は始まる。 物語は4組の話が交互に描かれ進んでいく。 ジュリーはエティエンヌの病気を心配する。彼の病気は、輸血などの早期の治療を受けることで病状の改善が見込まれていたが、"エホバの証人"の教えで、輸血は不浄なものを取り込むことで教えに反する事から、ジュリーとエティエンヌは治療を拒んでいた。 エヴリンはアンリのギャンブル狂に悩まされていたが、エヴリンもアル中であり 寂しさを紛らわす為、酒に依存。 そんな自分が情けなかった。 ルイーズはレイモンの身体に溺れるが、 夫と別れるつもりはなかった。 レイモンが夫と会うまでは… 夫は2人の関係に気づいてしまう。 ルイーズは歯止めが効かなくなったレイモンに押しきられる形でキューバに行くことになる。 ジュリーの勤める病院には唯一、飛行機事故で助かった重度の火傷を負った患者がいるが、未だに身元不明のままだった ジュリーは同じ信者である同僚の看護師と布教に回っていた。 そんな中、ある一軒の家を訪れ布教のために家の主人に説いていた 話を聞いていたその主人が2人に言う。 "飛行機が落ちるのは 全能の神が存在しないからだ"と その言葉にはっ!とし涙を流すジュリー 彼女の中で何が変わろとしていた… この後の話が気になる人は是非ご覧になって下さい。 この作品のテーマは運命を決めるのは、神?それとも自分っていうことである 作品の後半ではその事が描かれている 自分の運命を神に任せたばっかりに、あんな事になってしまう人や自分の決断により、その事が他の人の運命をも変えてしまう事が… この事は彼らの関係性も大きく変えていきます。その事が幸せなのか不幸なのか ラストシーンでジュリーが"あること"を告げられるシーンが… その表情が何とも言えなかったなぁ… それが後悔の表情だったのか、それとも… いろいろ考えさせられる作品。 自分だったら自分で運命は決めたいなぁ その方が後悔しないだろうしね。 この作品の原題は"MIRACULUM" ラテン語で意味は"奇跡" まさにそうかなぁ…
  • 味付け海苔
    -
    記録
  • yoru
    -
    すごくいい作品でした。 信仰の深さや生き方、選択の大きさと良し悪しがどうであれ、最終的には全てに何かしらの終わりがくる。 死も生も、奇跡が起こらなかっただけなのか、運命だっただけなのか、神が気まぐれにゆらいだ結果なのか。 段々とピントが合っていくような物語の進み方が素晴らしかった。
  • -
    記録
神のゆらぎ
のレビュー(3183件)