若き天才イケメン監督:グザヴィエ・ドランと『Mommy/マミー』の魅力

主に映画と音楽の生活

赤毛のケリー

弱冠19歳にして監督・主演・脚本デビュー映画界に衝撃を与えた男ことグザヴィエ・ドラン監督をご存知でしょうか。

知らない方はぜひ一度、画像検索をしてみて下さい。

あら、ハンサム。俳優さん?モデルさん?と思われる方が大半なのではないでしょうか?

幼少期から子役として映画やテレビ番組に出演。17歳の時に自ら書いた脚本を19歳で監督として完成させた『マイ・マザー』は第62回カンヌ国際映画祭・監督週間部門で上映され世界に衝撃を与えました。

実は、私も彼の大ファン。しかし、彼の美貌に惚れた訳ではありません。

彼を知った最初の作品は、『わたしはロランス』(監督・脚本)。

私はロランス

なんとなくタイトルとジャケットが気になって鑑賞しました。

この映画は、女性として生き始めた男とそのガールフレンドの10年に及ぶ波乱に満ちた歳月を映し出す人間ドラマ。作品の内容はもちろん、撮り方や音楽・ファッションなど全てがおしゃれで今までにない感覚に衝撃を受け、鑑賞後数日経ってからも余韻が抜けず、映画のシーンが頭の中でぐるぐると回っていました。

一体この作品の監督は誰だろうと調べた結果がグザヴィエ・ドラン監督だったのです。

安心してください。彼の美貌に惚れて紹介する訳ではございません。

ちゃんと彼の才能に惚れて今回の記事では『Mommy/マミー』を紹介させて頂きます。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

愛と希望 どちらを捨てるか

マミー

(C) 2014 une filiale de Metafilms inc.

 

あらすじ

2015年、架空のカナダで起こった、現実——。 とある世界のカナダでは、2015年の連邦選挙で新政権が成立。2ヶ月後、内閣は公共医療政策の改正が目的でS18法案を可決する。中でも特に議論を呼んだのは、S-14法案だった。

発達障がい児の親が、経済的困窮や、身体的、精神的な危機に陥った場合は、法的手続きを経ずに養育を放棄し、施設に入院させる権利を保障したスキャンダラスな法律である。

15歳の息子スティーヴを育てる気の強いシングルマザーのダイアン・デュプレの運命は、この法律により大きく左右されることになる。彼はADHD(多動性障害)のため情緒も不安定で、普段は知的で純朴だが、一度スイッチが入ると攻撃的な性格になってしまう。

そんな息子との生活に右往左往していたダイアンだが、隣家に住む引きこもりがちな女性教師カイラと親しくなったことから、少しずつ日々に変化が訪れる。精神的ストレスから吃音に苦しみ休職中だったカイラも、スティーヴの家庭教師を買って出ることで快方に向かっていくが……。

見どころ①「母と子」

グザヴィエ・ドラン監督は初監督の作品『マイ・マザー』でも「母と子」をテーマにしています。彼の作品には必ず「母親」の存在があります。重要な役のようではないけれど作品の中に印象を残す母親。

彼曰く、「母親こそ、僕らの原点」。

「マイ・マザー」では、母を愛せない少年の戸惑う思春期の苦悩が描かれていますが、この作品では、トラブルキッズを抱える母親の苦悩が描かれています。19歳で撮った『マイ・マザー』と6年後に撮った本作を比べて観るのも面白いと思います。

マイ・マザー

(c)2009 MIFILIFILMS INC

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

見どころ②ドラン流・撮影技法

この作品でも、彼の作品の特徴と言える撮影技法が使われています。代表的なところで、ストップモーションとスローモーション。『わたしはロランス』ではスクリーンいっぱいに舞うお洋服。『胸騒ぎの恋人』では空から降ってくるマシュマロ。この作品で使われているこの技法は是非ともご自身で確認ください。

また、画面のサイズが正方形、アスペクト比1:1が用いられています。画角の変化と登場人物の心理とリンクさせており、1:1の正方形の世界からフルスクリーンに広がるシーンは、鑑賞している側にも解放的に感じ取ることができます。

そしてなにより、作品の色調が温かみの伝わるパステルカラーということです。多くのシーンで夕暮れ時や、マジックアワーに撮影されているため、内容が少し重くても、そう感じさせない美しい色調にうっとりさせられます。ダークな話でも表層は明るく輝かせたいという彼のこだわりのひとつ。

見どころ③音楽

もしかすると、作品も観てなくてもこのシーンだけはYoutubeなどで観たという方もいらっしゃるかもしれません。このシーンで流れる Oasisの「Wonderwall」は卑怯です。これ観たさにもう一度映画館に足を運んだと言っても過言ではありません。

“ 映画を観ている人それぞれこの曲に思い入れがあり、劇中からこの曲が聴こえてきた瞬間、個々の記憶が蘇ると、映画はたちまち、作り手の意図をはるかに超えたところに到達してみせる。”

このような事をドラン監督が語ってます。

彼が言う通り、劇中で流れた瞬間、うわーっとこみ上げてくる何かがあって勝手に涙がぽろぽろと流れ落ちていました。

本作の音楽は「スティーヴが肌身離さず持っている家族の思い出をコンパイルしたカセット・テープ」をコンセプトに組まれたそうです。スティーヴが亡き父との思い出が詰まった曲で母とダンスしてみたり、カラオケで歌ったり・・・。

つまり“映画の中で音楽を流す”ってこういうことなんですね。

まとめ

何度も言いますが、ビジュアルだけじゃないんです。きっとこの作品を観れば、グザヴィエ・ドラン監督の魅力に憑りつかれる事間違いなしです。今後も若き天才に目が離せません。

 

※2022年2月20日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • いなみ
    4.4
    幸せな世界線をみせられちゃうと余計にしんどい。画面の使い方も重み爆増。
  • とつあきざーま
    4.4
    愛を伝える方法はいくらでもある。またそれはひとりひとり異なる。たとえ、お互いに愛し合っていたとしてもそれが上手く通じないこともある。愛が深ければ深いほど多い。家族という存在は、この世界にあるどんなものよりもかけがえのない計り知れないほどに大きなものである。親から子への愛、子から親への愛。それほ強すぎるが故によかれと思ってしたことが相手を傷つけることだってある。だが、その傷でさえも愛として記憶に残る。それは、他の人にされても愛情とは捉えられない。それほどの存在である。 この物語の母は、息子に対して常に希望を抱き続けながら息子にとって1番良い選択をしていた。息子も不器用で、常人とは少し違うかもしれないがそれでも自分なりに愛を示していた。障害はあるが、それでも、それだからこそ素直に、ストレートに、真っ直ぐに刺さる言葉や行動で愛を伝えていた。互いを思うそんなシーンに心打たれた。 最後の方のシーンに回想する場面があった。あのシーンを夢見て、母は日々努力し、息子と向き合ってきたのだと思うとより今まで言っていた言葉が響いた。親になってみないとわからない感情。それを今の自分なりに考えることができた。そんなきっかけになれた映画でした。
  • 寿司
    3.7
    監督の演出がキレッキレ。秀逸な音楽の使い方や、親子2人の未来への希望や感情を画角で表現する画面作り等、ドラン監督の類稀な才能が遺憾無く発揮されている。特に終盤のダイアンがスティーヴの「起こりえた明るい、普通の未来像」を想像する場面は儚くて切ないけどどこか美しくて、とても印象的だった。 ただ最初にこの物語の設定が提示された段階で、どのような物語展開になり、映画の中で親子2人がどのような感情の変遷を辿るかが割と簡単に想像できてしまった為、途中少し飽きる時間があったのが残念だった。
  • ゆーだい
    4.7
    wonderwallの所鬼リピした
  • ホラーB級小僧
    3.5
    これは大変だ 多動性障害と言っても暴力性がある その為子育てはかなり厄介だ さらに思春期でそれなりにガタイも良い 想像ができないほど大変だと思う それが画面から伝わってくるし 新しい演出にも試みていてよい が だから良い映画なのか? 他の方が当たり前のように高評価するけど それは少し疑問だ 苦労も苦悩も痛いほど伝わるが これでわかった気になってはいけない 気もする こう言う親子を理解した気にはれない そして何より息子の行動が 発達障害から来る行動なので100%理解は できない だから障害何だろうけど 苛立って見てしまう自分もいる それほど重いのだ ラストシーンを見てさらに複雑だ ある意味この映画は 共感しつつもどこか 他人事として見てしまう自分がいて 一言で良い映画だなんてとても言えない やっぱり絶賛するに抵抗がある 映画ってなんだろうね
Mommy/マミー
のレビュー(39751件)