一気に観たい傑作シリーズ映画「ロード・オブ・ザ・リング」!スピンオフ作品も入れると全何作品?作品全てのあらすじまとめ!

映画「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズを、スピンオフ「ホビット」シリーズと合わせて一気に紹介。

イギリスの文献学者で作家のJ・R・R・トールキンによる「指輪物語」を原作に、ピーター・ジャクソン監督が圧倒的な映像美で映画化したファンタジー映画の金字塔「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ。

強大な魔力を秘めた黄金の指輪を託されたホビットのフロドと魔法使いのガンダルフたち旅の仲間の過酷な物語が壮大なスケールで描かれる。第一作『ロード・オブ・ザ・リング』(2001)では、魔法使い、エルフ、ドワーフなど仲間たちの協力を得る。第二作『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』(2002)では、勢力を拡大する悪の勢力に苦戦を強いられるも、完結編『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』(2003)で見事冥王の指輪を破壊することに成功。

原作ファンから映画ファンまであらゆる世代に人気を誇る本シリーズは三部作合計で58億ドルの世界興行収入を記録。こうした大ヒットを受けて2012年に前日譚となる「ホビット」シリーズ三部作が製作され、さらに2019年には原作者トールキンの半生を描いた『トールキン 旅のはじまり』(2019)も製作されており、「指輪物語」が形成するハイファンタジーな世界観のイマジネーションは尽きることがない。

ロード・オブ・ザ・リング』(2001)

ロード・オブ・ザ・リング

中つ国を舞台に、冥王サウロンの指輪を託されたホビットのフロド・バギンズ(イライジャ・ウッド)。魔法使いのガンダルフ(イアン・マッケラン)やエルフ、ドワーフなど仲間たちの協力を得て、命を賭けた過酷な旅路を歩みだす。

イギリスの文献学者で作家のJ・R・R・トールキンによる「指輪物語」を原作に、マイケル・J・フォックス主演映画『さまよう魂たち』(1996)でハリウッドデビューを果たしたピーター・ジャクソン監督が描くファンタジー巨編シリーズの記念すべき第1作。

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』(2002)

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔

仲間たちと分かれたフロド(イライジャ・ウッド)は、親友のサム(サムワイズ・ギャムジー)をお伴に、指輪の魔力に惹き付けられるゴラムの案内でモルドールを目指す。しかし魔法使いサルマン(クリストファー・リー)が闇の勢力を結集させていた……。

J・R・R・トールキンによる「指輪物語」を原作に、巨匠ピーター・ジャクソン監督が圧倒的なスケールと映像美で映画化した「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ第2弾となる本作。悪の軍勢が勢いづく中、強大な魔力を秘めた指輪を破壊するために旅を続けるフロドとサムの友情が大きな見どころ。

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』(2003)

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

ゴラムの案内でモルドールに辿り着いたフロド(イライジャ・ウッド)とサム(サムワイズ・ギャムジー)。滅びの山を目前にして指輪の強大な魔力に抗えなくなるフロドであったが、見事指輪の破壊に成功し、英雄たちが再び太平の世を取り戻す。

ファンタジー小説の金字塔「指輪物語」を原作に、巨匠ピーター・ジャクソン監督が映画化した「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ完結編。第76回アカデミー賞では作品賞をはじめ11部門を受賞する快挙を成し遂げた。

ホビット 思いがけない冒険』(2012)

ホビット 思いがけない冒険

ホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)はホビット庄で静かに暮らしていた。ある日、ビルボの元にやって来た魔法使いガンダルフ(イアン・マッケラン)の誘いで、恐るべきドラゴンに支配されてしまったドワーフ王国再建をかけた旅に出発することになるのだが……。

イギリスの作家J・R・R・トールキンが「指輪物語」の前日譚として執筆した「ホビットの冒険」を原作に、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督が映画化した「ホビット」3部作の第1作目。「ロード・オブ・ザ・リング」から60年前の中つ国を舞台に、おなじみのキャラクターたちが登場する。

ロードオブザリング

ホビット 竜に奪われた王国』(2013)

ホビット 竜に奪われた王国

ホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)は、邪悪なドラゴンであるスマウグに奪われたドワーフ王国を奪還すべく、魔法使いガンダルフ(イアン・マッケラン)、ドワーフ王トーリン(リチャード・アーミティッジ)が率いる13人の仲間たちと旅を続けていた。

ファンタジー映画の金字塔「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの前日譚となる「ホビット」3部作の第2弾。監督は引き続きピーター・ジャクソンが担当し、人気俳優マーティン・フリーマン扮するビルボたちの冒険を壮大なスケールと圧倒的映像美で描く。オーランド・ブルーム演じるエルフ族のレゴラスの再登場も嬉しい。

ロードオブザリング

ホビット 決戦のゆくえ』(2014)

ホビット 決戦のゆくえ

邪悪なスマウグからドワーフの王国エレボールを奪還したビルボ(マーティン・フリーマン)たち。ところがドワーフ王トーリン(リチャード・アーミティッジ)は取り返した財宝を独り占めにしようとし、スマウグの報復にも遭う。さらに魔法使いガンダルフ(イアン・マッケラン)は冥王サウロンの復活を感じていたのだが……。

イギリスの作家J・R・R・トールキンによる『指輪物語』を映画化した「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの大ヒットを受け製作された「ホビット」3部作の最終章となる本作。宿敵サウロンとの決戦が迫る中、中つ国の多様な種族たちが団結し、壮絶なバトルを繰り広げる様子は完結編に相応しく壮観。

ロードオブザリング

【文・チャーリー】

(C)2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.(C)2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS