遂に日本上陸!カルト教団への潜入を描くPOVホラー『サクラメント 死の楽園』

感受性複雑骨折

寂々兵

8ポスター

(c)2013 SLOW BURN PRODUCTIONS LLC

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

ウガンダ終末教団、ヘヴンズ・ゲート、太陽寺院など、世の中には闇の深そうな宗教団体の集団自殺(あるいは殺人)が多々あります。

中でも1955年に設立され、1978年に教団員914名が集団自殺を遂げた「人民寺院」はカルト教団の元祖にして最凶と言われています。

そんな「人民寺院」をモチーフに、タイ・ウエストが監督、イーライ・ロスが脚本・製作を務めたPOV形式のホラー映画『サクラメント 死の楽園』が11月28日より公開しました。

あらすじ

 

カメラマンのパトリックはある日、行方不明になっていた姉キャロラインから「田舎で友人と共同生活を送っている」という趣旨の手紙を受けとります。不審に思ったパトリックはマスコミ関係の友人サム、ジェイクと共に、その共同体に潜入取材をすることに。

飛行機やヘリを乗り継いで到着したのは「エデン教区」と名付けられた共同施設。キャロラインや他の人物たちが「ファーザーのお陰で楽しく暮らしている」とみなが口を揃える怪しさ全開の町です。

異様な雰囲気を感じ取りながらも一見平和なこの町の取材を続ける彼らの元に、とある女性が「ここを出たい、助けて」という手紙を渡したことから映画は急展開を迎えます。

そもそも「人民寺院」ってなに?

8ジョーンズタウン

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E6%B0%91%E5%AF%BA%E9%99%A2

「人民寺院」とは1955年、ジム・ジョーンズによってアメリカのインディアナ州で設立された宗教団体です。

当初は差別反対運動などに尽力し、社会からも大きな注目を集めていましたが、次第に団体の独裁体制や不審な資金稼ぎがマスコミに報じられ、この頃からジョーンズも薬物使用などによっておかしくなっていきます。

その後、南アメリカのガイアナ共和国へと移住した人民寺院は1973年、土地を買い取ってジャングルを開拓し、外海から完全隔離した自給自足の楽園「ジョーンズ・タウン」を作り上げました。

『サクラメント 死の楽園』は主役の3人がこの街を訪れるところから始まります。

既に映画化されていた「人民寺院」の全貌

1980年には、「人民寺院」をモチーフにしたドキュメンタリー風の社会派映画『ガイアナ 人民寺院の悲劇』が公開されています。

パナマ・メキシコ・スペインの共同製作、監督は『サンタ・サングレ/聖なる血』の製作総指揮をはじめ、日本未公開の冒険映画やアクション映画を製作してきたルネ・カルドナ・Jr。見るからにカルト臭が漂う作品ですが、実際には驚くほど地味な映画です。

物語は史実に忠実に作られています。

自称「神」の教祖ジョンソンがアメリカを捨て、究極の楽園を作り上げるべく南米のガイアナに土地を購入し、「ジョーンズ・タウン」という教団施設を作り上げて信者を移住させます。

始めは悠々自適の理想郷生活に満足げだった信者たちも、徐々に暗雲立ち込める教団の不穏さに気付いてきます。休みのない炎天下の労働やプライバシーも何もない寝室、「あれ、おかしくない?」と気付いたときにはもう最後。不条理な規律を破ると女子供も容赦なく拷問、恥辱の限りを尽くされます。

全体的に弛緩した雰囲気の映画ですが、ジャーナリストが潜入して銃撃戦へともつれ込む終盤から圧巻のラストにかけての展開はかなりの見もの。

勿体ないのは、本作はなぜか『ナチ女収容所』など「女囚ファイル」シリーズ扱いになっているため、一部レンタルサイトや店舗などでエロス映画扱いされてしまっているところ。確かに懲罰シーンでサディズム溢れる演出は一部ありますが、本質は硬派な社会派ドラマなので、手が伸びなかった方はこれを機に鑑賞してみてください。

おわりに

POVホラーは数多く製作されていますが、本作は今までと少し違うカラーのようです。

本国アメリカのホラーサイトでも2014年のホラー映画ベスト10に選ばれるなど、まずまずの評価を受けているようです。

センセーショナルな題材だけに、期待したいですね!

 

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

※2021年4月27日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • てん吉
    2.8
    モンド映画や『ミッドサマー』みたいなこっちの常識が通用しない不気味さからくる恐怖感はごく薄味で、POVの良さが活かされてない、というか必要性をあまり感じなかった。 人民寺院が元ネタということで集団自決がメインディッシュなんだろうけど、なんかそれも呆気なかったしいろいろと惜しい映画でした。
  • マッチ
    2.5
    このテーマでここまで中身のない映画を逆に作れるのかと関心する。期待してた分肩透かし
  • うんこもれぞう
    2.5
    画面酔いするよ
  • tamana
    -
    これだけがあれば生きていける!っていう状況は傍から見たら危ういんだけど、実際自分がその立場に立ったら分からないものなのかなーとぼーっとおもった。
  • ひよみゆ
    3
    今このタイミングで観るべき"カルト教団を扱った作品"ということで鑑賞したんですが、正直、いまひとつ期待ハズレでした。 大傑作「エックス」のタイ・ウェスト監督の作品ということで、ただでさえ期待していたところに、冒頭、イーライ・ロスpresentsって出た(知らなかった)ので、さらに期待が膨れ上がったんですよね。 そもそも、この手のドキュメンタリー風の作品で、出演者の1人(カメラマン役)が撮影した画面がそのまま映像になるパターンって、ちょっと苦手なんですよね。 「その状態で撮影続けるの?」とか、どうしてもムリが生じるので、もう最初から普通に「神視点」でいいよ!って思っちゃいまして…。 (そういえば「REC」観たときもこんなこと書いたな) なんなら、出演者のカメラ→神視点→出演者のカメラというように、ちょいちょい視点を切り替えてもいいとは思いますが、それだと分かりづらくなっちゃうのかな? あともう一つ言いたいことがあるんですが、ネタバレになっちゃうので、コメント欄にネタバレ設定で書き込もうと思います。
サクラメント 死の楽園
のレビュー(2128件)