【スノードームを探せ!】冬の定番アイテム、スノードームが活躍する映画まとめ

劇場未公開作品を愛してやまない田舎人

フレスコの傘

ウィンターシーズン定番のアイテムといえばスノードーム。この時期になると店頭などでもよく見かけると思いますが、実は映画の中でもちょっとしたインテリアや小道具として登場したりするのです。

今回はこの時期にぴったりなスノードームが登場する映画をご紹介したいと思います。

そもそもスノードームって?

スノーボールの画像

誰しも一度は目にしたことがあるかと思いますが、まずは簡単にスノードームの説明から。

スノードームとは球形やドーム形の透明な容器の中を水とグリセリンを混ぜ合わせた液体で満たし、ミニチュア(人形・建物)とスノーパウダーなど雪に見立てたものを入れ、振り動かすことで雪が降っている風景を作り出している置物のこと。海外ではスノーグローブ( Snow globe)と呼ばれることが多く、コレクターズアイテムとしても有名です

またクリスマスシーズンになると売れ行きが倍増するため、クリスマスにかかせないアイテムのひとつといっても過言ではないかもしれません。

アベンジャーズ/THE AVENGERS(1998)

アベンジャーズ

イギリスで1960年代に放送されたTVシリーズ「おしゃれ(秘)探偵」映画化した作品。アメコミの方ではありませんのでお間違いのないように!

謎の異常気象が相次ぐイギリスが舞台。レイフ・ファインズ演じる極秘諜報員の武器が傘だったり、車に紅茶メーカーなるものが搭載されているあたりなんかはさすがイギリス。悪役を演じたショーン・コネリーはクマの着ぐるみを着たり、スコットランドの正装であるキルト姿で派手に登場したりとコスプレ要素もバッチリです。

肝心のスノードーム自体はキーアイテムになるわけでもなし、ワンシーン程度の登場になるのですが、いかんせん出てくる数が半端ではないのです。それはもうバーゲンセールか?と思ってしまうくらいわんさかと出てくるので目立つ目立つ。これ一本でたくさんのスノードームが一瞬にして拝めるので入門編にいかがでしょうか?

恋愛手帖/KITTY FOYLE(1940)

恋愛手帖

美しいキティ・フォイルは二人の男性から求愛を受ける。貧乏だが誠実な医者のマークと資産家の息子ウィン。二人の男性の狭間で揺れ動く女心を描く。

元祖スノードームが出てくる映画といえばこれ。本作でのスノードームは主人公キティの過去を映し出す鏡のような役割を果たしており、実に効果的な使われ方をしています。ちなみにスノードームの始まりは19世紀前半のヨーロッパでペーパーウェイトとして使われていたことが一説として残っているとのこと。

話としてはどちらの男性を選ぶのかというとてもシンプルなものですが、最後の最後までその行方が分からず面白い。女性の社会進出が活発になった1940年。働く女性の典型として描かれたキティをジンジャー・ロジャースが好演しています。

市民ケーン/CITIZEN KANE(1941)

市民ケーン

新聞王ケーンが死んだ。バラのつぼみという言葉を残して。バラのつぼみとは一体何なのか。このキーワードと共にケーンのミステリアスな一生を追いかける。

多くの映画批評家から現在でも映画史上最高の作品と称賛される名作のひとつ。スノードームは冒頭、そして終盤に出てくるのですが、本作で印象的な使われ方をしたことによりスノードームが一般的に認知されたそうです。確かにバラのつぼみの謎を解くキーアイテムのような存在になっていて、最後の最後までスノードーム自体が印象に残る作品になっています。

ザ・プロジェクト/SECONDS APART(2011)

ザ・プロジェクト

ハイスクールで起きる奇妙な連続殺人。その背後には双子の兄弟の影がちらつく…。一卵性双生児の兄弟セスとジョナは他人を寄せ付けない雰囲気を纏い、いつも二人で行動。おまけに彼らは必ず殺人現場に居合わせており、何故か死にゆく人間をビデオに撮影している。二人が殺人を計画しているのかそれとも・・・。

本作では双子を追う刑事が捜査中にスノードームの中に入っている自分を自分が見つめているという幻想的でありながらも悪夢的なシーンが用意されています。これは視覚的にも大変面白い構図で、スノードームにはこういう使い方もあるのか!となかなか衝撃的。

また、双子が題材なだけあってシンメトリーな美しい図がたくさん出てくる点にも注目。一見ゴシックホラーのような趣がありますので、暗めのお話が好きな方にもおすすめしたい一本です。

ジャンパー/JUMPER(2008)

ジャンパー

テレポート能力を持つ“ジャンパー”たちの姿を描いた作品です。

主人公デヴィッドが想いを寄せる同級生ミリーにセール品だけど・・・と言ってプレゼントするのがエッフェル塔が中に入ったスノードーム。新聞紙に包み、申し訳なさ程度にリボンをあしらっただけのシンプルなラッピングが逆に乙女心をくすぐります。一度でいいからこういう素敵なプレゼントを貰いたいと思っている人は実は多いかも・・・。

そしてそれを見たクラスメイトから「なんだよもうクリスマスか?」とからかわれる場面もあるのですが、微笑ましいと同時にやはりスノードームといえばクリスマスのイメージが王道なんだなあ、と強く感じる作品です。

まだまだある!スノードームが出てくる映画

以下、筆者が見つけることのできたスノードームが出てくる映画の一覧になります。

物語と深く溶け込んでいる作品のものもあれば、一瞬だけ映るインテリア扱いの作品など登場の仕方は様々。一瞬だけ映るとなると探すのが非常に難しいのですが、見つけることが出来た時の喜びはひとしお。

テレビの前にスノードームをずらりと並べ、スノードームが出てくる映画を鑑賞する・・・というのもなかなか粋で楽しめるかもしれませんね。

  • アナとオットー/LOS AMANTES DEL CIRCULO POLAR(1998)
  • クリスチーナの館/CHRISTINA'S HOUSE(1999)
  • ケビン・ベーコンのハリウッドに挑戦!!/THE BIG PICTURE(1988)
  • サンダーボルト/LIGHTNING: BOLTS OF DESTRUCTION(2003)
  • サンタクローズ/THE SANTA CLAUSE(1994)
  • 幸せのポートレート/THE FAMILY STONE(2005)
  • ジュエルに気をつけろ!/ONE NIGHT AT McCOOL'S(2001)
  • デモンズ4/LA SETTA(1991)
  • トイズ/TOYS(1992)
  • フォーリング・ダウン/FALLING DOWN(1993)
  • ホラー・シネマ・パラダイス/All About Evil(2010)
  • ラブリーボーン/THE LOVELY BONES(2009)
  • 夢の降る街/THE BUTCHER'S WIFE(1991)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • draw
    3.5
    AFI選出アメリカ映画ベスト100で第1位。 ◆ 新聞王ケーンは"バラのつぼみ"という言葉を残して息を引き取った。彼の人物像を掘り下げるためメディアは関係者の証言を集めていく… 【恐ろしい才能を持った若者】 スゲー😳 主演で監督のオーソン・ウェルズがスゲー。 とても古い映画なので今まで手を出していなかったが、なるほど伝説になるわ。 話によると映画製作の経験も無かったと言うが、映画的な想像力とそれを画面に表現する能力が半端ない。 特にカメラワーク、アングル、キャストの特殊メイクなどの凄さが素人から観てもわかる。 愛を欲するが、愛を与える事はできない男の寂しさ。子供時代の出来事。 個人的にはとてもシンプルな見方ができた映画だったな。
  • NR
    -
    「バラのつぼみ」の言葉に 振り回される話。 名作と言われているので観たが 正直、凄さが分からなかったのを 思い出した。
  • 脱皮の殻
    3.5
    新聞王ケーンが死ぬ直前に残した「バラのつぼみ」の真意を求め、ケーンにゆかりのある人を記者はたずねるお話。 巧みな回想構成で人物像が浮かび上がるヒューマンドラマ。 今となってはよく見られるけど、これが先駆け作品なのでは?と思わせる回想構成!!! 先に要約を見せ、あとで回想で細部を深く掘ってく構成がまるで論文のような構成でした。 酸いも甘いもここに有りな新聞王の栄光と影に前のめり!!! 光り輝くほど影は濃いな~と思うような大きな落差のある人間ドラマに段々食い入るようにのめり込みました。 全ては語ってくれない観る者に解釈を委ねるシーンが印象的!!! 恐らく解釈の答えは1つであろうことが窺えるゆえ、センター試験の小説問題かのようでした。 (私には難しくてわからんかったけど) 米国映画協会が今作を映画史上No.1と評価したようですが、実際観ても何故No.1なのかはわかりませんでした。しかし、後世の作品に多大な影響は与えたんだろうなってのは、なんとなく感じました。 古い作品ではあるけれど、今観てもちっとも遜色ない映画でした。 愛されるためには愛した方が良いのかと思ってたけど、愛が施しになるとそれはなんか違うな~( ̄∀ ̄)( ̄∀ ̄)( ̄∀ ̄) 長々とすみません。
  • かおり
    3.6
    有名な作品ですが、初鑑賞です。 新聞王ことケーンの生前最後の言葉「ばらのつぼみ」の謎を追う形で、回想シーンを入れ込みながらミステリ調にケーンの一生を垣間見ていくようなドラマ仕立てになっています。 ケーンのモデルは、ケーンと同じく新聞王のハースト。映画公開時に存命でしたため、色んな妨害にあいながらも脚本賞はとったというだけあって、脚本が美しい。 ただ、名作として正座してみるとちょっと肩透かしをくらうというか…。 映画における表現や撮影手法によるところの凄みはあるのですが、あくまでも公開時である1941年そして時代背景を考えると…です。 よほどの撮影マニアでもない限り、今みたとて大した感動はしないのではないのかな…と思います。 とはいえ、この時代の質感でのパンフォーカスっていうのは、やはり迫力が凄いです。 ケーンさんの肖像画は忘れることのなさそうなほどのインパクト。
  • RiNRiN
    4
    2021.91
市民ケーン
のレビュー(10789件)