毛嫌いせずに見てほしい!意外と知られていない時空を旅する2つのSF超大作 

ミニシアター好きな大学生

Moca

もうすぐ年末年始のお休み、家でのんびり過ごされる予定の方も多いですよね。そこで、こういう時間がある今こそ普段忙しい時にはなかなか手が出ない一味違ったSF超大作に挑戦してみませんか?

今回はそんな大作の中でも時空を超えた映画体験ができる隠れた名作を2本ご紹介します。あまり知られていないけれど実は評価が高いもの、そして1月にはアカデミー賞のノミネートが発表されるということで、過去のアカデミー賞では日の目を見ることができなかった作品を再評価する意味も込めて改めてスポットライトを当ててみたいと思います。

SFが好きな方はもちろん、映像美に浸れたりロマンチックな要素も多かったりと、そうじゃない方でも楽しめる作品です。

ミスター・ノーバディ(2009) 137分

ミスター・ノーバディ

今から77年後の2092年の未来では、医学の発達により人類は永遠の命を手に入れて謳歌しています。しかし、その中でただ一人あえて死ぬ運命を選んだ男性がいました。彼の名はニモ・ノーバディ。

人々はそんな選択をした彼の過去に興味を持ち、ニモは取材に訪れたジャーナリストにこれまでの人生について語りますがその内容は矛盾ばかりで一体どれが本当の話なのか分かりません…。

一言でいえば、パラレルワールドが描かれたこの映画。

「今」という時間は過去に自分がした選択の積み重ねで成り立っているわけですが、この物語ではもし選択をしないで同時にいくつかの人生を生きることができていたとしたら?という想像の世界が描かれています。「選択をしなければすべての可能性は残る」という言葉が象徴的で、私たちを子供の頃の幻想にいざなってくれます。

この映画は日本ではあまり知られていませんが、見た人たちの評価がとても高く「完璧」という声も多く見受けられます。緻密に練られた物語の構成や圧倒的な映像美、音楽やキャスト選びのセンスなど、個人的にもかなり好きな作品です。見た後に他の人の意見も聞きたくなってしまう映画でもあるので、もっともっとたくさんの人に知っていただきたいです。

さらに北米版は日本で見られるバージョンよりも20分程長く結末も違うので、できれば両方見ることをおすすめします。同監督の『トト・ザ・ヒーロー』という映画もテーマや世界観が似ているので合わせて見ても楽しめると思います。

(C)Pan-Européenne Photos: Chantal Thomine-Desmazures

アカデミー賞関連ポイント

主演のジャレッド・レトは『ダラス・バイヤーズクラブ』で2014年アカデミー賞助演男優賞を受賞しゲイ役での熱演が話題となりましたが、今作でも108歳のおじいさんに特殊メイクでなりきったりと、1人5役(実際にはそこからさらにいくつかのキャラクターに枝分かれするのですが…)に挑戦していて、その演技力の高さが見受けられます。

クラウド・アトラス(2012) 172分

クラウド・アトラス

時代も場所も違う6つの物語が絡み合いながら並行して進んでいくSF超大作です。

『マトリックス』のウォシャウスキー姉弟とトム・ティグヴァが監督を務め、キャストもトム・ハンクスやハル・ベリー、ジム・ブロードベンドなど豪華な顔ぶれにもかかわらず、本国アメリカでは興行収入が振るわしくなくアカデミー賞にもノミネートされませんでした。一体どうしてなのでしょうか?

映像化は難しいと言われていた小説が原作というだけあって、ストーリーだけ聞くとなんだか難しそうと敬遠されがちで、時間も3時間弱と長め…。確かに少しカルト的で独特な雰囲気もあって好き嫌いが分かれる映画ではあるかもしれません。

でも、実際見た人たちの間ではもう一度見たいという声が多かったことでも知られていて、その衝撃的な内容に魅せられる人続出のようです。映画に出演するトム・ハンクスも言うように、2回目、3回目に見て初めて気づくことも多い作品です。

ちなみに私も3回も見てしまいました。ストーリーの展開がテンポよく進むので3時間という時間もそれほど長くは感じませんでした。

さらに監督たちも「我々の最高傑作」「大満足していると同時に、先に進むのが少し怖いほど」と自ら大絶賛で、豪華なキャストたちにも「こんな作品にはもう出会えない」と言わしめました。

輪廻転生がテーマになっているけれど、その中核を成すのは人とのつながりや今を生きるということ。難しそうと毛嫌いせずに、ぜひ見ていただきたい作品です。

(C)2012 WARNER BROS. ENTERTAINENT INC.

アカデミー賞関連ポイント

主要キャストの1人ベン・ウィショーは、先日発表されたオスカー有力候補として名前が挙がったエディ・レッドメイン主演の映画『リリーのすべて』で彼の恋人役を演じています。

『クラウド・アトラス』では前作に続いてトム・ティグヴァ監督とタッグを組み、現在公開中の『007 スペクター』のQ役としての人気も高く、名実ともに着々と頭角を現している様子。さらに来年も『パディントン』や『白鯨との闘い』など話題作の公開が目白押しです。

本作を含めゲイの役を演じることが多いベン・ウィショーですが、実生活でもゲイであることを認めていて数年前に撮影スタッフの1人と同性婚をしています。美しい顔立ちに詩的でどこかミステリアスな雰囲気が魅力的で、優しくて朗らかな話し方にも癒されます。ぜひ注目していただきたい俳優さんの1人です。

おわりに

本当にいい映画は見たあと誰かに話したくなったり、誰かと一緒に見たくなったりしますよね。

紹介した映画は私が思う「本当にいい映画」なのですが、以前人におすすめしても難しそうだし長いし…となかなか見てもらえなかったものです。でも、もっといろいろな人の知ってもらって評価されるべきなんじゃないかなという思いから今回ご紹介させていただきました。

これをきっかけにこの記事を読んでもらった方にとっても素晴らしい映画体験が訪れればうれしいです。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ニクガタナ
    3.5
    ミスター・ノーバディ118歳。孤独に死を待つ2092年の未来でリメンバー9歳と15歳と34 歳の記憶。選択と後悔と記憶と創作と妄想とバタフライエフェクト。繰り返されるやり直しを描く異色のSFヒューマンドラマ。欧州トーンの、ノーランとゴンドリーを足して割ったような作風で監督誰かと思ったら「八日目」のジャコ・ヴァン・ドルマル監督。体毛まで見えるほど寄り込んで撮った肌と青い目が美しく印象的。こだわり感じるロケーションも素敵。写真から現実へ気の利いたトランジッションギミックとナイスな選曲。10年前の作品とは思えないほどCG、編集が凝っててよく出来てる。特殊老けメイクもなかなか。見せたいのは主人公対アンナとエリースとジーン三者三様の恋模様?出てくる女の子や女性がみんなかわいい。主人公を演じたジャレッド・レトが若いジム・キャリーに見えてしかしょうがない。15歳の主人公が役得。一人で三人と若い性を何度も何度もイチャコラと。積極的に選ばれなかったジーンがなんか気の毒。老人から語られる話は支離滅裂。主人公死んだ流れは全部妄想?ってことでしょ?だって生きてるわけだから。え?何?どうゆうこと?嘘でしょ?納得いかない!俺の時間を返せ!
  • reito
    4
    1度に何本かの映画を見た気になった。いわゆるパラレルワールド的な世界観でなんのこっちゃ感があるものの、繋ぎの上手いDJのミックスを聴いてるような感覚で楽しめたし、最後にはちゃんとこういうことだったんだろうなっていう答えが自分の中で出せた。映画としては複雑かもしれないけど、何かを決断する前の人間の頭の中ってたぶんみんなこれくらい入り乱れてると思う。誰でもない代りに誰にでも当てはまる、そんな話。音楽も凝っててよかった。
  • ROY
    2.9
    なかなか意味の深い作品だった。 人によって解釈が分かれそうな作品。 私の理解では、これはもしもこの人生を送っていたら?のパラレルワールドを描いたものなのかなと。 最初の分岐点は両親の離婚。 そこから全てが始まる。 基本的にはどの人と恋に落ち、どういう人生を歩むかという感じ。 しかし1人強烈な女性がいたな。 あの道は嫌かも。 でもその解釈だと不老不死とかの設定意味ある?と思う。 んー分からんことも多かった。 なので、評価は低めです。
  • Z
    3.4
    あの顔に刺青入ったじじいきもちわるかった
  • いわいわいわいわいわいわいわい
    3.9
    あの時違った選択をしていたら…という世界線がいくつも描かれている。 「そのどれもに平等に意味があったはず」と映画の中でニモが言っていたけど、僕が感じたのは選択の重要さと、選ばなかった選択肢はなんの意味も持たないということでした。全部選ぶなんて無理。人生は選択の連続。 十分に考える時間なんてない。常にない。自分の選んだ道を行けよ、ニモ。 でも、 アンナとの運命だけは俺が繋げてやる!
ミスター・ノーバディ
のレビュー(9771件)