フォースがなくてもRakuten TVがあるじゃない!シリーズ最終章『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観るならRakuten TV

「May the Force be with you!(フォースと共にあらんことを!)」。1977年にジョージ・ルーカス監督が生み出したSF映画の金字塔『スター・ウォーズ(SW)』シリーズの最新作にして最終章となった『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』。

宇宙のように無限大に広がるストーリーを見事完結させた、映画ファン感涙&感激の大ヒット作です。あの興奮を再び、いや、あのフォースの力を再び、いつでもどこでも体感してみませんか?コーッ!(ダース・ベイダー急にきたっ)

フォースがなくても観れちゃいます!Rakuten TVで

42年に渡り描かれ続けた“スカイウォーカー家 波乱の一族”はさながら大河ドラマのよう…。完結編ともいえる本作のデジタル配信が4月8日(水)からスタートするにあたり、傑作&名作映画はもちろんのこと、ドラマ、アニメーション、スポーツなどあらゆるエンタメジャンルを網羅するRakuten TVでは、同日から『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のレンタル&購入を開始します。

入会金・月額基本料0円で楽天スーパーポイントも使用可能、さらにポイントもゲット!楽天会員ならばフォースの力を借りることなく、すぐに作品の購入&レンタルができちゃいます。

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』とは?

伝説のジェダイであるルーク・スカイウォーカーの想いを引き継ぎ、類まれなるフォースを覚醒させたレジスタンスの女戦士レイ。一方、スカイウォーカー家の一人として強いフォースを持って生まれながらも、祖父ダース・ベイダーに傾倒し、帝国軍ファースト・オーダーを指揮するカイロ・レン。本来交わるはずのなかった2人が、様々な思惑と運命のイタズラによって、レジスタンスとファースト・オーダーの戦いに身をゆだねていく…。

レイの出生の衝撃的秘密が明らかになったり、死んだはずのあの宿敵が復活したり…。波瀾に次ぐ波乱を描く『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を監督したのは、映画のみならずテレビドラマでも話題作を数多く手掛けているJ・J・エイブラムス。SW同様に根強いファンを持つ『スター・トレック』のリブート版を成功させた人物として、その手腕には定評があります。

エイブラムス監督は、熱狂的SWファン&批評家の双方から好評を得た、新たなる3部作の幕開け作品『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)を成功に導いた人物であり、大のSWファン。

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』でも遥か銀河を舞台にした反乱軍と帝国軍の戦いを最新のVFX技術を用いて迫力満点に表現すると同時に、複雑に入り混じった壮大なスケールの人間ドラマをテンポよく処理。シリーズ過去作品へのオマージュ的シーンやセリフを至る所に散りばめたり、『SW』シリーズの作曲家ジョン・ウィリアムズをカメオ出演させたりと遊び心も満載で、熱狂的SWファンはもとより、SWビギナーでも十分に楽しめるエンタメ作品をクリエイトしました。そりゃ世界的ヒットもしますよね。

その数18万本超!おさらい『SW』シリーズも配信中

Rakuten TVの強みは、作品本数18万本超というラインナップ。観たい作品が決まっている、特定の作品だけを観たい、というニーズに応えることができ、「某見放題サービスに登録しているのに…あの作品ないじゃん!」というストレスも軽減されます。取り扱う配信タイトルは映画だけではないので「放映中のドラマを観逃した!その話だけを観たい」という要望にも応えることができます。もちろん『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』へとつながる『SW』シリーズも配信中!無料で観られる作品も充実しております。

楽天会員ならば、登録ステップも簡単。楽天IDでログイン、そして好きな作品を購入orレンタル。楽天IDをお持ちでない方もご安心、無料登録が簡単にできます。またプライバシー設定もできるので、視聴制限や閲覧履歴消去、明細に作品名の表示なし、など安心サポートも充実しております。今すぐにでもRakuten TVに登録して、ジェダイたちの最終決戦を改めて見届けようではありませんか。

May the Rakuten TV be with you!

♦︎『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』information

――すべて、終わらせる。

物語は完結し、伝説は永遠になる。

4月8日(水)先行デジタル配信開始!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • m
    -
    2021:7
  • 千年女優
    2.5
    英雄ルーク・スカイウォーカーを失い、カイロ・レン率いるファースト・オーダーの進撃に苦しめれるレジスタンスが、敵の影に潜む黒幕の存在を悟り、その打倒に逆転への一縷の望みをかけて、レイアの下で研鑽を積んだレイらを送り出す事で始まる最終決戦を描いた、スターウォーズのシークエル・トリロジー完結作です。 前作でのファンからの糾弾を受けての最終話は、多少の驚きを挟みつつも、高い支持を得る旧三部作の、良く言えばリスペクトを感じる、悪く言えばその威光に縋る無難な印象の一作です。それに注力する余りに練り込みが足りず、展開は性急ですらあります。レイのラストには「なんでよ、お前ちゃうやん」と声を上げてしまいました(^^; 個人的にはフォースとは、暗黒面とは、ジェダイとシスの対立軸とは、の新たな展開を期待していたので、この日和見な態度には失望を感じます。恐らくスターウォーズは今後『ワイルドスピード』を成功モデルにする宇宙大戦を特色としたアクション映画シリーズになっていくのではないでしょうか、彼らに挑戦する気持ちが戻らぬ限りは。
  • つーけい
    -
    新3作品を鑑賞して私なりに新しい題をつけるとするなら、 「スカイウォーカー一家宇宙で大騒ぎ」 だと思う 印象としては宇宙戦争ではなかったよね。。
  • -
     過去の記録
  • KOIBRAND
    3.9
    最後はやっぱり勝利を祝っているところで明るい曲が欲しかったな
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
のレビュー(62840件)