悪党に仕事納めは無い!強盗!殺人!あげくに収監!大晦日の犯罪映画

Why So Serious ?

侍功夫

年の瀬も押し迫り、坊主も走る慌ただしい時期がやって来ました。日本人ならクリスマスよりもお正月です!

いつもは朝から晩まで大忙しのサラリーマンにOLさんも、この時期はお休みです。ゆっくりコタツでみかんを食べながら日がな一日テレビを見て過ごすという人も少なからずいると思います。

そんな中でも、休まずに働いている人もいます。おまわりさんと犯罪者たちです。

おまわりさんは人々が楽しく安全にお正月を迎えられる様に仕事をしています。犯罪者たちは休みに入り気の緩んだ人々をカモにしようと虎視眈々と狙っています。また、捕まえられた犯罪者たちは刑務所に入れられて盆暮れ正月も何も無い日々を過ごさせられます。

それら、本当に“ブラック”な年の瀬の攻防を描いた作品をご紹介します。

犯行

人々が浮かれお酒を酌み交わす瞬間こそ、犯罪者たちが目覚める時です。

~泥棒~ 『オーシャンと十一人の仲間』

1231_01

第二次大戦時10人の仲間と死地をくぐりぬけてきたダニー・オーシャンが、再び仲間を集め、大みそかから新年に変わる瞬間に5つのカジノを同時に襲撃する大胆不敵な計画を立てます。

ジョージ・クルーニーブラッド・ピットマット・デイモンらでリメイクされたオーシャンズ11のオリジナルになります。フランク・シナトラが「ダニー・オーシャン」を、ディーン・マーティンサミー・デイビスJrなどが脇を固め、当時の大スターが勢ぞろいした作品になっています。

本作の日本公開は1960年12月25日になります。オールスター総出演の本作は豪華な“お正月映画”として公開されたワケです。

~強姦・殺人~ 『ストレンジ・デイズ/1999年12月31日』

ストレンジ・デイズ

体験の五感を録画し、他人と共有できる闇ソフト“スクイッド”に収められていたのは、録画装置を付けた女性を犯しながら自分に同期再生し、自分で自分に犯され殺される体感を、さらに録画した倒錯的な記録でした。

警察を懲戒免職になったレニーはかつての恋人フェイスがその倒錯殺人鬼のターゲットにされていることを知ると2000年を前にした大晦日に一人で犯人を追います。

原案と脚本にジェームズ・キャメロン、監督はハート・ロッカーキャスリン・ビグロウと、オスカー受賞前の2人が組んだSFスリラー作品です。本作に登場する、他人と意識を共有する“スクイッド”はキャメロンの後の代表作アバターに受け継がれることとなります。

逮捕

おまわりさんだって本当はお正月くらい「こたつでみかん」したいんです。

~不当逮捕と射殺~ 『フルート・ベール駅で』

1231_06

(c) 2013 OG Project, LLC. All Rights Reserved.

サンフランシスコで実際にあった事件を元にした作品です。2006年の大晦日の夜、電車内でのケンカ騒ぎでホームに放り出された青年オスカー・グラントは丸腰なのにも関わらず、駆けつけた警察官2人に組み伏せられ、抵抗できない上で射殺されます。

本作は、そのオスカー青年の最期の一日を追い掛けていきます。子煩悩で気はイイが間の抜けたところもある、どこにでもいるチョイ悪な青年です。確かに多少は悪い生活をしていますが、殺される程の理由はありません。そんな彼の日常を見事な筆致で描いていきます。

主演のマイケル・B・ジョーダンと監督のライアン・クーグラーは現在公開中のクリード チャンプを継ぐ男の主演/監督のペアです。本作の見事な出来栄えが、ロッキースピンオフ製作に後ろ向きだったスタローンを動かしたそうです。

~現金輸送車警護~ 『マネー・トレイン』

1231_03

地下鉄で各駅の売上を回収して走る最終列車、通称“マネー・トレイン”の警護を任された警察官のジョンとチャーリー。切符売り場の放火犯を追っているスキに集金袋を盗まれてしまい、日ごろから彼らを嫌っていた上司にあらぬ疑いをかけられます。気の荒いチャーリーは濡れ衣の腹立ちついでに大晦日のマネー・トレイン襲撃を本当に決行してしまうのです。

主演のウディ・ハレルソンウェズリー・スナイプス共に逮捕歴があります。ウディは大麻合法活動家として大麻栽培や度重なる暴力沙汰を起こしています。ウェズリーは巨額脱税で3年の実刑を喰らい、2年半以上のムショ暮らしをしていました。

収監

悪いことをすると入れられるのがメシが臭いことでも有名な刑務所です。

~護送~ 『アサルト13 要塞警察』

1231_04

老朽化したデトロイト警察の13分署は、新しい建物への引っ越しがほぼ終了し、数人の留守番を残して新年を翌日に控えていました。そこへ大雪のために囚人護送車が避難してきます。緊急措置として受け入れますが、同時に謎のギャング集団が襲撃してくるのです。彼らの狙いも解らないまま、少ない警察官たちと犯罪者たちは共闘し、大雪の降る古い警察署に立てこもるハメになります。

ジョン・ウェインの傑作西部劇リオ・ブラボーを元にしたジョン・カーペンター要塞警察の、さらにリメイクです。「大雪の降る深夜の街はずれの閑散とした警察署」という厳しい条件に「年の瀬」が、さらに追い打ちをかける構造になっています。

~服役~ 『極道めし』

1231_05

浪速南刑務所、雑居房204号室では毎年1月1日に出される特別メニューのおせち料理を賭けて、ある“勝負”が行われます。それぞれが今まで食べた旨いものをなるべく旨そうに語り、生唾を飲ませられれば「勝ち」で、生唾飲んでしまった「負け」た人のおせちから一品奪えるというものです。

受刑者たち唯一の楽しみと言っても過言では無い食事の、しかもおせち料理を賭けた真剣かつ美味しそうな戦いが描かれます。

彼らが披露する“語り”は、食事にちなんだ悲しい過去や突拍子もない奇妙な贅沢です。「空腹は最高の調味料」という常套句がありますが、料理とは味そのものに加え、食事の状況こそが味を引き立てるのだと証明していきます。

なんでもない日おめでとう!

おめでたい! と、よく言われる元旦ですが、年をまたいだからと言って借金がチャラになったり、ライフが全回復するワケでもありません。だからこそ一年の終わりと始まりを決めて「あぁこれで今年もおしまい!」とか「さぁ、ここから1年がんばるぞ!」とか言うのです。

そうじゃなければ、大掃除をしたり実家に帰って親に顔を見せるタイミングも無く、寒いか暑いか程度の違いでずーっと同じ毎日を過ごすしか無くなります。多くの人々が申し合わせて特別な日だという事にした、記号でしか無い「大晦日」「元旦」ですが、そこには機能性を帯びています。

だからこそ「大晦日/元旦の犯罪」も映画的な色彩を孕んでくるワケです。

みなさんも、この「なんでもない日特別な日」にするべく普段はやらないことでもしてみてはどうでしょうか?

なるべく犯罪以外で……

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 琥珀
    3
    まぁまぁ面白かったけど、長すぎ。。。
  • sidekick
    -
    ●記録
  • にっきい
    3.1
    ランチタイムは力を抜いて気まぐれに。 こんちはにっきい、お昼ですよ。 皆さま今年一年仲良くして下さってありがとうございました。 去年の今頃はまさかこんな年になるなんて、誰も思っていませんでしたよね。 もう完全に以前と同じ生活をする事は難しいかも知れませんが、来年はもっと良い年になると思いたいですね。 さて2020年最後のレビューはコレって決めてました。 何でかって? そら大晦日が舞台の映画ですから(笑) コレの製作当時は夫婦だったジェームズ・キャメロンが原案、脚本、製作を担当して、キャスリン・ビグローが監督を担当した近未来SFスリラー。 少し前にレビューした『ブレインストーム』と同じく、他人の体験を感覚ごと追体験出来る装置にまつわる話し。 『ブレインストーム』の時はオープンリールテープみたいな記憶媒体だったけど、今作のはMDみたいなのでした。 と言うかまんまMD。 でも今やMDすら過去の遺物になってるんやから、技術の進歩って凄い。 元警官のレニーのもとに差出人不明のディスクが届けられる。 再生すると知り合いの娼婦が強姦され殺されるシーンが記録されていた。 元恋人のフェイスにも危機が迫っている事を知ったレニーは、友人たちと犯人を探す事になる、って話し。 こう言う元警官が主人公の映画って、ぐうたらに見えて実は凄腕ってのが普通だと思うんですが、コレの主人公は図々しくて短絡的。 何時も金欠なのに何でも金(小切手)で解決しようとする。 こんだけのグズ野郎は滅多に居ない。 見ててイライラしかない。 実は殺された娼婦は、黒人差別主義者の警官が、差別と闘う政治的主張で人気の黒人ラッパーを殺したところを偶然ディスクに記録していた。 警官は事件を揉み消すためにレニーたちごとディスクを処分しようとしている。 娼婦を殺したのは彼女にディスクを記録させた人物。 だが黒幕はもっとずっと上の人物? 主人公は何時迄も元恋人の事を引きずってるし、事件の真相に迫るのも友人たち。 最後までポンコツグズ野郎。 1999年12月31日。 ミレニアムを祝うカウントダウンパーティーの中で、徐々に真相に近づく展開は緊張感があって良かったんですが…、145分は長いなぁ。 しかし20年以上前の映画なのに黒人差別は、当時も今も全然変わっていない。 アメリカの闇はどれほど深いんでしょうか…。 今年はコロナの影響で公開予定の映画が延期になったり、本来は日本に入ってこないようなマイナーな作品が劇場公開されたりと、かなり特殊な一年でした。 そんな中で今年劇場で観た新作映画のベスト10を書いておきます。 ①タイムリミット 見知らぬ影(独) ②ヘヴィトリップ俺たち崖っぷち北欧メタル!(那/芬) ③T-34 最強ディレクターズ・カット版(露) ④ドロステのはてで僕ら(日) ⑤ザ・プロム(米) ⑥悪人伝(韓) ⑦架空OL日記(日) ⑧アルプススタンドのはしの方(日) ⑨9人の翻訳家 囚われたベストセラー(仏) ⑩1917 命をかけた伝令(米/英) 毎年の事ですがかなり偏った趣味ですねー(笑) ホラーが好き、ミュージカルが苦手と公言してるのに、ホラーが1作も入らずミュージカルが5位に入ってるんだから(笑) それでは皆さま、来年も宜しくお願いします。 良いお年を。
  • 二段階右折
    4
    サイバーパンクで近未来サスペンスでジェームズキャメロンが脚本してて、ハートロッカーのビグローが監督してるという 二郎系ならぬビグロー系マシマシ最高映画です 年の瀬が題材なので、これかスノーピアサーを見て年越ししようと思います
  • refele
    4
    deepforestが好きで見た映画 しかし、映画自体も素晴らしいものだった あの群衆の熱量は今も覚えている しかしプレミア化しすぎちゃってて。。もう見れないかなあ
ストレンジ・デイズ/1999年12月31日
のレビュー(720件)