ファッション業界も注目の『クリムゾン・ピーク』完璧なまでに美しい衣装の意味とは?

恐竜をこよなく愛するナード系ハーフ

ANAIS

クリムゾンポスター

(C) Universal Pictures.

『パシフィックリム』の監督ギレルモ・デル・トロの待望の最新作。

アリスインワンダーランドで一躍有名になったミア・ワシコウシカとMARVELの『マイティ・ソー』からソーの兄弟ロキを演じているトム・ヒドルストンが共演しています。

正当派ゴシックホラー×ミステリー

今作は『パシフィックリム』と打って変わってダークなゴシックホラーな世界観がメインです。父親を失い肉親のないイーディスに結婚を申し込んだトーマスはイギリスにある自宅に彼女を連れて帰ります。そこで彼は姉と二人でずっと暮らしてきたはずでしたが…

イーディスの母親が亡くなってから幽霊が見えるようになった彼女は幼い頃から母親の亡霊に忠告を受けていました『クリムゾンピークには気をつけて…』と。しかし、彼女が越したトーマスの屋敷の場所は地層が赤い粘度で覆われているため雪がふるとその赤の色が雪に染まる…そのためこの場所こそ「クリムゾンピーク」と呼ばれていたのです。

さて、この映画の見所はそういった最近割と少なかったゴシックホラーの雰囲気。幽霊屋敷の内装も勿論そうですが、ミアをはじめ登場人物の着ているドレスやスーツにも注目したいところです。

衣装担当のケイト・ホーリー

登場人物が着る衣装があまりにも美しいのですが、それはディオールやドルチェ&ガッバーナからの衣装提供ではありません。

今回、衣装を担当したのはケイト・ホーリー。彼女はギレルモ・デル・トロ監督の過去作品『パシフィックリム』での衣装も担当しています。『パシフィックリム』では今作のゴシック調とは打って変わって近未来SF風な戦闘服がかっこいいですよね。

今作品『クリムゾンピーク』の衣装は着るキャラクター性を強く際立たせていました。

クリムゾン1

 (C) Universal Pictures.

イーディスは裕福な家庭で生まれ育ち、父親に守られて育った箱入り娘で小説家を目指している。言わば世間知らずっ子です。そんな何もしらない彼女の壊れやすい心を表した繊細で無垢なレース、それをあしらった穢れを知らないホワイトドレス。

クリムゾン2

(C) Universal Pictures.

しかし、トーマスの姉ジェシカはまるでそんな彼女と正反対です。彼女は成熟した大人の女性で、イーディスのようにニコニコせず、どこか疲れた顔をしています。そんな彼女の着るものであれば妖艶でどこかおどろおどろしい雰囲気の真っ赤なドレスや深く濃い色のもの。まさに彼女の心の内を表しているかのような色合いなのです。

これらの衣装の完成度は着ていた出演者からも評判の良いものでした!

しかも今回、NYの有名デパート、バーグドルフの名物でもあるウィンドウをこの映画にインスパイアされて作ったようです。ケイト・ホーリーがデザインした衣装のテーマである”ヴィクトリアン”は2016年のファッショントレンドともなっているので、その点でも注目したいところです!

今後も多くの作品の衣装を手がけて欲しいと思っています!

幽霊屋敷に隠された意外な秘密

クリムゾン4

(C) Universal Pictures.

さて、映画『クリムゾンピーク』では幽霊屋敷で恐ろしい幽霊に追われながらもその屋敷の秘密を暴こうと全くの世間知らずの娘イーディスが奮闘します。

幽霊って人に対して恨み辛みがあって出たりする事がほとんどですが、善良な霊も悪霊もその多くは何かを伝えたくて出てきたり悪さをしてアテンションを求めます。このクリムゾンピークの幽霊屋敷に出てくる幽霊もそうなんですよね…

彼女が目の当たりにした秘密とは、無垢な彼女にとって想像を絶するものだったのです。まだ見ていない方は劇場へ急いで!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • とし
    4.3
    最初にヒロインが言ってるがこれは幽霊の物語ではなくて、幽霊が出てくる物語。 ラブ・ロマンスとサスペンス要素の強いゴシック・ロマンスといったところ。 小道具の鍵や指輪などの使い方はデル・トロ監督の大好きなヒッチコックの『汚名』や『疑惑の影』にヒントを得ているところもあるかと思う。 ヒロインをじわじわと毒殺しようとするところや鍵を抜き取るシーンなんかはかなり『汚名』に近い。 ヒロインの父の殺され方は『サイコ』っぽいような気もするし。未見のヒッチコック映画からのオマージュもたくさん散りばめられていそう。 全編に渡ってギレルモ・デル・トロのとても美しいプロダクション・デザインが冴え渡っている。本の小口絵に描かれた浮世絵の春画は日本人的には嬉しかった。 幽霊や虫やゴア描写でさえも美しく感じるので気味の悪さや怖さはない。 ホラー映画的な観点からみればトーマスとイーディスの存在を抜かせばあまり怖くさせるような演出はしていない。 そこをどう評価するかによって観る者の印象が変わってくるはず。 『デビルズ・バックボーン』でも幽霊が怖くなかったのでギレルモ・デル・トロの幽霊に抱く感情がよくわかる。 ヒッチコックへのリスペクトを単なるオマージュとして終わらせず、デル・トロの作家性がふんだんに盛り込まれた紛れもないデル・トロ映画だ。 アメリカでは不評らしいが何が不評なのかよくわからない好きだ。 キャスティングも大成功だと思うし、クライマックスのバトルも見もの。 ヒッチコック・サスペンスとデル・トロ・ホラーの見事な融合。
  • お休みまた明日
    3.6
    退廃美に心奪われるゴシックホラー 屋敷の造りや調度品、衣装も精巧で全体的な色遣いも美しい
  • いっぬ
    3.5
    映像美映像美衣装美最高 退廃美世界観好みな上に女同士のガチファイトが良い さっきまでファンタジー感満載だったのに突然のガチバトル良い どうゆう展開だよという良い
  • YLxx
    3.5
    お父さんが殺されるシーンの演出流れが完璧、館に行った後は厨二すぎる話に厨二すぎる映像さすがっす ラストの激アツバトルシーン爆笑もんです必見
  • chikama1987
    3.5
    ミステリアスでダークだけど、衣装や華やかな役者さんがみてて飽きない。 最後のヒロインが戦う場面がいい。
クリムゾン・ピーク
のレビュー(11680件)