映画『キングダム』あらすじ&実写版キャスト情報!映画は原作漫画の何巻までのストーリー?続編はあるの?まとめて紹介

映画が大好きなファッションプレス

くりすちな

映画『キングダム』のあらすじ&実写版キャストを一覧で紹介。映画ファンから高評価が集まり実写成功?原作漫画の何巻までのストーリーが描かれている?など実写版『キングダム』にまつわる情報をまとめて紹介。

実写映画『キングダム』のあらすじ&キャストをご紹介。原作コミックとの比較や評価なども合わせてチェック。

映画『キングダム』(2019)あらすじ

キングダム

現在累計6,400万部を突破するほど人気の原泰久によるコミック『キングダム』の実写映画化作品。原作者自らが制作・脚本に関わり、2019年度の実写邦画でNo.1ヒットとなった。映画化されたのは、原作では1〜5巻にあたる部分である。

紀元前245年、中国春秋戦国時代。孤児で奴隷の身分のあった少年信と漂は、天下の大将軍になることを夢見て日々稽古に打ち込んでいた。そんなある日、剣術の稽古をする二人の前に秦国王に使える大臣・昌分君が現れる。そして、どういう訳か漂を王宮へ仕えさせたいと言う。将軍へなることへの近道になるかもしれないと、喜んで送り出す信と、送り出される漂であった。しかし、ある晩、漂は瀕死の状態で信の元へ戻ってくる……。そして、命からがら信に地図を渡し、力尽きるのであった。信は漂から受け取った地図を頼りに目的の場所まで走っていく。すると、そこには死んだはずの漂が佇んでいた……。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

実写化キャストは誰?

信(しん):山﨑賢人

本作の主人公。天下の大将軍になるという夢を追い続け、兄弟のような漂と共に強くたくましく育つ。漂の突然の死を経験し、悲しみと怒りを爆発させるが、漂と瓜二つの若き秦国王・嬴政と共にクーデターを止める戦いに挑む。

荒々しいが真っ直ぐな性格で、大胆かつ力強いパワーが魅力の信を、正統派俳優の山崎賢人が演じる。次々に立ちはだかる強敵に対し、戦うたびに強くなっていく姿を見事に演じきった。

嬴政=漂(えいせい=ひょう):吉沢亮

信と兄弟のように育った、凛として賢い漂。そして、漂と同じ容姿を持つ、若き秦国王・嬴政。政と瓜二つの顔を持つ漂は、彼の身代わりとして死んだのだった。信に恨まれる政だったが、次第に共に良きパートナーとなっていく。

そんな二役を演じたのは吉沢亮。表情や雰囲気だけで、漂と政の演じ分けができているほどの完成度。難易度の高い重要な役柄を見事に披露している。

河了貂(かりょうてん):橋本環奈

鳥を模した藁を着て、自分の身を守る天涯孤独の少女。信と政と共に道中で出会い、一緒に王都を目指す。少年のふりをしているため、信にはずっと男の子だと思われている。映画版では、河了貂が女の子であることは明かされていない。

小さなマスコットのような可愛らしいキャラクターを演じたのは橋本環奈。愛らしい顔を持ちながら、ちょこちょこと動き回り、吹き矢を使いこなす姿がまさに河了貂である。

楊端和(ようたんわ):長澤まさみ

山界の死王と呼ばれ、他民族から恐れられる山の民の王・楊端和。仮面を被り、武装した山民族と共に、山界に最強の王国を築いた楊端和の正体は、なんと美しき女性。圧倒的な頭脳と強さを持ち合わせ、王国を守っていた。

美しさと強さを兼ね備え、絶対的な存在感を持つ楊端和を演じたのは長澤まさみ。初の本格アクションにも関わらず、その堂々とした戦いで存在感を見せつけた。

成蟜(せいきょう):本郷奏多

嬴政の弟で、今回王座を奪おうとクーデターを起こす。平民の母親から生まれた政が王座に付くことを許さないでいる。平民を馬鹿にし、平気で血を流させる非道な男。政と信は、自分勝手な成を倒すため王都を目指す。

そんな成を演じるのは本郷奏多。仲間や平民を平気で殺し嘲笑うなどの嫌味で極悪な王弟役を熱演。その存在感と見た目は原作そのもの。臆病者でひ弱なところも忠実に再現されている。

壁(へき):満島真之介

政の筆頭家臣である昌文君の副官。真面目で頼りになる、心優しい性格であり、漂を失ってしまった信のことも気に掛ける。漂や信と共に王都奪還を目指す。

そんな壁を演じるのは満島真之介。人の良さそうな外見と優しい印象が壁と類似している。劇中でも、信を気遣う姿や政を守る姿勢に優しさが表れており、まさに壁らしく再現されている。

王騎(おうき):大沢たかお

秦の怪鳥という異名を持ち、かつて全土に名を轟かせた大将軍。伝説的な英雄だが、掴みどころがないミステリアスな雰囲気を持つ王騎。強そうな逞しい見た目とは裏腹に、独特な話し方をするのも特徴の一つ。

そんな王騎を演じたのは、大沢たかお。人気キャラクターでもあり、独特な雰囲気を持つ王騎は、非常に演じ難いキャラクターであるのに対し、原作に非常に忠実に作り込まれている。

その他、登場人物

騰(とう):要潤

昌文君(しょうぶんくん):高嶋政宏

バジオウ:阿部進之介

朱凶(しゅきょう):深水元基

ムタ:橋本じゅん

左慈(さじ):坂口拓(TAK∴)

肆氏(しし):加藤雅也

竭氏(けつし):石橋蓮司

魏興(ぎこう);宇梶剛士

実写化の評価は?

人気漫画の実写化「アリだったのか?ナシだったのか」Filmarksに寄せられたレビューを見てみると……。

「実写化のキャスティングが最高。アクションシーンもテンポが良くて見応え抜群」「長澤まさみが演じる楊端和が良すぎる……」「漫画を読んでいても楽しめる実写映画だった!」などの高評価が多く集まっており、

「原作を読んでなくても楽しめた」「一気に引き込まれて、原作も読んで見たくなった!」など、原作を知らない人も楽しめるというレビューが多く集まっています。

続編の公開予定は?

また、原作漫画は全57巻まで展開されていることから、「早く続きが観たい!」という声も多く集まっています。続編は製作されるかどうか、気になる方も多いのでは?

そんなファン待望の続編の製作が決定しました! 前作に引き続き、佐藤信介が監督を務め、キャスト陣も再集結が予定されています。

どこまでのストーリーが描かれるのか、人気キャラクターである「羌瘣(きょうかい)」や、「李牧(りぼく)」の登場など、キャスティングにも期待が高まりますよね。FILMAGAではこの後も続編情報を追っていきます。

漫画の実写化は賛否が分かれますが、『キングダム』は、概ね高評価が多く「実写化成功」なのではないでしょうか? 原作を観たことある方も、ない方もぜひ鑑賞してみてくださいね。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

※本記事で紹介する「レビュー」は、国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」のデータに基づいてセレクトしたものです。

※2020年5月29日時点の情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • shie
    3.3
    長澤まさみがばか綺麗
  • 滝和也
    3.8
    メテオ! レディ! 変身!と叫んだが… 今ひとつ跳ねなかった 吉沢亮君、 クレイジーダイヤモンド! ドラァッ!の次回作の 夢破れた 山崎賢人君の 起死回生の一発となり 邦画エンタメの復活の 狼煙を上げるアクション大作 「キングダム」 チャレンジしなければ、夢は叶わない。 世界一を誇る日本漫画、そしてアニメ。だが、映画を高尚な文学と履き違え、邦画は衰退の一途を辿った。だが、その中にもエンターテイメントを目指し、大衆文化としての回帰を図った作品はあった。そのチャレンジは続いてほしい。世界一のアイデアとストーリー、エンターテイメント性を持つ漫画作品。その作品化はそれ故に資金力のない邦画は常に大博打だ。だが…この作品はその博打に勝った。やはりチャレンジしなければ道は開かれない。夢を見なければ扉は開かないのだと作品テーマと同様にそれを感じる。 確かに漫画作品の内容をこの短い時間に詰め込み、起承転結を作るのは難しい。シナリオに粗も出るし、総集編の様になるかもしれない。アクションも使い古されたワイヤーアクションばかりかもしれない。だが、この作品には本気があった。 作品の良さを伝えたい。その気持ちがある。なんとしてもエンターテイメントを見せたい。その意地が見えた。佐藤信介監督は何本にも渡って漫画作品の実写化に挑んでいるが、原作へのできる限りのリスペクトで作品を成立させている。今作のテーマやアクションもこだわりが見える。 その気持ちは配役にも見え、若い二人を支えようと選ばれた脇役までもが、その役作り、演技、アクションで応えている。やはり大沢たかおの凄まじい肉体改造はこの役への圧倒的な熱意の賜物だろう。出てくるだけで画面を制圧するキャラクターを演じるだけに。そして、長澤まさみ嬢の透き通る様な美しさ。シナリオで重要な役の割にやや薄っぺらさがあるこの役が彼女の美貌とアクションへの熱意で活きたキャラになっている。また敵役に今一番にほんでアクションができる男を持ってきてくれた。坂口拓。やはり剣技、体術ともに素晴らしい。 主演の山崎賢人は確かに危なっかしいが、そのアクションに向けた姿勢、努力は買える。まだまだ伸びそうだし。吉沢亮は正に完成されたと言って良いだろう。仮面ライダーで鍛えられたアクションセンスは伊達ではない。またそのノーブルな美形、台詞回しは正に王の風格があった。確かに新一万円札の方にされるのはわかる。 今邦画にできる事を全て詰め込み、本気でチャレンジした作品故に粗は多いが評価と今後に期待したい。確かに伝統のチャンバラではないが、剣による戦いは邦画の伝統に違いない。この流れを消してほしくない。目先の収益だけのジャニアイドル映画を数本消しても、資金を投入してほしい。邦画エンタメの炎を消してほしくない。次回作に更に期待を込めて。
  • アカチン
    -
    割と原作再現
  • ハタケー
    3
    長澤まさみがめっちゃ… いいっ!!
  • はー
    -
    記録用
キングダム
のレビュー(109108件)