映画「テルマエ・ロマエ」シリーズ一覧!あらすじ・キャスト情報をまとめて紹介

旅と映画と哲学と

タナカリオ

風呂ブームを引き起こした大人気コミックの実写化映画「テルマエ・ロマエ」シリーズをまとめてご紹介。

「テルマエ・ロマエ」はヤマザキマリによる人気コミックを実写化した映画シリーズ。古代ローマの浴場設計技師のルシウスが現代の日本の銭湯へタイムスリップしローマの浴場に取り入れるというコメディ作品です。

その斬新なストーリーとルシウス役の阿部寛が古代ローマ人を違和感なく演じたことで大ヒットしました。

今回は1作目と続編の2作目をまとめてご紹介します。

テルマエ・ロマエ』(2012)

古代ローマで風呂を愛する浴場設計技師のルシウス(阿部寛)は、公衆浴場から突如現代の日本の銭湯へタイムスリップする。そこで漫画家志望の真美(上戸彩)ら“平たい顔族=日本人”と出会ったルシウスは、日本の風呂文化、風呂技術に驚きそのアイデアを古代ローマへ持ち帰る。そのアイデアはローマ人にたちまち大人気となり、有名になったところ、ルシウスは再び日本へタイムスリップするが、だんだんとトラブルに巻き込まれていく。

古代ローマ人が現代の日本の風呂文化を参考にするというストーリーも面白いが、映画では主要の古代ローマ人役を全員日本人が演じているにも関わらず違和感がないところが見所。阿部寛を始めとし、北村一輝、宍戸開、市村正親と顔の濃い役者が古代ローマ人を演じた。

ルシウスが真面目に日本の文化に驚く様子もコミカルで面白く、テンポの良いコメディ劇を『翔んで埼玉』の武内英樹監督が作り上げた。

Rakuten TVで観る【登録無料】

 

テルマエ・ロマエII』(2014)

斬新な浴場を作り、一躍人気の浴場設計技師となったルシウスは、皇帝よりコロッセオにグラディエイターのための浴場を作ることを命ぜられる。アイデアに悩むルシウスは、再び現代の日本の銭湯へタイムスリップし、真美ら平たい顔族と再会する。その後も風呂作りに悩むたびに日本にタイムスリップするルシウスだったが、やがてローマでの権力争いに巻き込まれていく。

風呂作りを命じられアイデアに悩み、日本にタイムスリップする、という前作と同じパターンで展開されるが、毎回ルシウスの日本の風呂に対する反応が面白く飽きがない。草津温泉など日本の有名なお風呂が登場する中、古代ローマのコロッセオのシーンは迫力満点。巨大なセットに何千人もの外国人エキストラが参加し壮大なスケールとなった。今作は時代が違うことによって別れざるを得ない真美との切ない展開も見所。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

(C)2012「テルマエ・ロマエ」製作委員会(C)2012「テルマエ・ロマエ」製作委員会

※2020年6月22日時点の情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS