今なら短編作品10本が無料!自宅で映画祭を体験できる『myFFF』とは?

dtv、hulu、Amazonプライムビデオ、Netflix、MUBIなど、「ネットで映画を視聴する」ことが当たり前という時代となってきました。そんな中、なんと自宅で体験できる映画祭があるのを、みなさんご存知でしょうか? 映画配給会社ギャガが運営する動画ポータルサイト「青山シアター」では、"オンラインで視聴する映画祭”『マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル 2016』を開催中です。

マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルとは?

マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(通称:myFFF)とは、世界未公開であるフランス映画の長編・短編を1か月間オンライン視聴できる画期的な映画祭です。ユニフランス主催のこの映画祭は2011年にスタートし、「自宅で鑑賞できる初めての映画祭」として好評を博しました。

第6回を迎える今年は『ドライヴ』のニコラス・ウィンディング・レフンを筆頭に、『ペルセポリス』などの女流作家マルジャン・サトラピ、話題沸騰中のホラー『イット・フォローズ』のデヴィッド・ロバート・ミッチェルなどが審査員を務めます。

長編コンペティション部門出品作品を数本ご紹介!

長編作品は9本が選出されており、新進気鋭作家の意欲作からベテランの問題作まで幅広く揃っています。今回はその中から5本の作品を選び、簡単に見どころを紹介したいと思います。

美しいとき』 カトリーヌ・コルシニ

11美しい

【あらすじ】

パリへ上京したデルフィーヌは女性解放運動の活動を行うキャロルという女性と出会い、やがて惹かれあう。デルフィーヌが実家の手伝いのために帰省する際、キャロルも着いていき田舎での生活が始まるが……。

【見どころ】

1960年代後期から70年代にかけて行われた女性解放運動を根底のテーマとし、男性と女性の在り方、そしてLGBTにも言及した青春映画という意欲作です。女性解放運動を行う仲間との環境にあった彼女が田舎に行った際に浴びる洗礼に胸が痛みます。あくまで個人的な痴情を描きながらも、それ自体が女性解放運動の叫びを如実に表しているのが見どころの一つ。

同性愛が認められるようになってきたこの年代に公開されることに大きな意味があるのではないでしょうか。また、2大女優の体当たりの演技にも注目です。

彼らについて』 ジェローム・ボネル

11彼ら

【あらすじ】

新築を購入したばかりのシャルロットとミーシャ、一見幸せそうな彼らだが実は2人ともが女弁護士メロディと浮気しており……。

【見どころ】

カップルがお互いに同じ女性と浮気をしているというLGBTに深く切り込んだ題材でありながら、哲学的な主張を含まず、あくまで"日常生活におけるズレ"をドタバタ劇風に描いたコメディタッチの作品です。

また浮気がテーマでありながらドロドロとした愛憎劇もなく、終盤には「そ、それでいいのか!」と言いたくなるような予想外の展開もあり、なかなか楽しめます。

カップルの両方との逢瀬を楽しむインテリ女性を演じたアナイス・ドゥムースティエの魅力が溢れている一作です。

ブラインド・デート』 コルヴィス・コルアック

11ブラインド

【あらすじ】

家にこもって仕事をしており静かな環境を好む"彼"と、コンクールを控えたピアニストである"彼女"。奇しくも薄い壁を隔てたお隣同士であり、初めはお互いを追い出そうと様々な騒音作戦を決行するが、やがてふとした会話がきっかけで親近感を持つようになり……。

【見どころ】

お互いに顔も知らないままの恋愛、というと昨今ではネット恋愛などで当たり前のようになってきましたが、本作の場合は「声」をはじめ生活音が全て聞こえているため、必要以上に相手のことを気にかけたり、相手のことを考える時間が増えたりと、本来恋愛をする上で大事なことを見直させてくれるような一作です。

まったく無関係のイケメンをお隣さんと勘違いして有頂天になるなど、フレンチ・コメディの王道的要素も持ち合わせつつ、少し違う視点から恋愛を描いた非常に楽しい作品でした。

年下のカレ』 ダヴィッド・モロー

11年下

【あらすじ】

編集者を務める38歳の女性がたまたま飛行機で19歳の青年と出逢う。後日、女性が落としたUSBを青年が拾っていたことから交流が始まり……。

【見どころ】

アラフォー女性と大学生の恋愛を描く作品です。

女性側が初めはまったく相手にしていなかったものの、「同僚との出世競争に打ち勝つため」にどんどん積極的になっていく様子が非常に面白いところ。また、このタイプの恋愛の悩みどころとして「今はいいかもしれないけど、30年経って私がお婆ちゃんになったらどうするの?」という部分に言及しているのも大きなポイントだと思います。

登場人物と同年代の方はもちろん、年下男性に恋している女性の皆さんは一度鑑賞してみてはいかがでしょうか。

カプリス』 エマニュエル・ムレ

11カプリス

【あらすじ】

教師のクレマンは女優のアリシアと恋人関係になったが、カプリスという女性に誘惑され浮気をしてしまう。それがアリシアにばれ、更にクレマンの元妻と恋仲にあった友人トマがアリシアに急接近し……。

【見どころ】

数人の輪の中で痴情のもつれが三角にも四角にも展開されるロマンス・ドラマです。

誰かが上手くいくと誰かが不運になり、しばらくすれば逆転し……というのを、パリの歓楽街や路地裏、劇場、レジャー施設などの風景と共に描いています。往年のハリウッドのスクリューボール・コメディを見ているようでしたが、ハッピーハッピーで終わらず少しビターな余韻を残します。

上述の『彼らについて』では女弁護士というインテリ女性を演じたアナイス・ドゥムースティエが、今度は天真爛漫で男を振りまわす女性を好演。演じ分けに驚きます。

長編部門は1月18日~2月18日の1か月間配信中!

長編部門は上記作品のほか、ファンタジー風のロマンス映画『アンリ、アンリ』(マルタン・タルボ)、30代女性の苦悩と葛藤を描くドラマ『砂の城』(オリヴィエ・ジャアン)、極右思想に傾倒する男を描く社会派の問題作『フレンチ・ブラッド』(ディアステム)、不穏な農村の夏を描くサスペンス『熱風』(ラファエル・ジャクロ)などがあります。

短編は無料配信

11短編

マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルでは短編作品の配信も行っており、こちらはなんと全作無料で視聴することができます。ドラマ、コメディ、ロマンス、アニメーションとジャンルも豊富なので、空いた時間に少しずつ鑑賞してみてはいかがでしょうか。

短編作品リスト

最後の扉』サシャ・ファイネール
男女を求む』マリナ・モシュコヴァ
日曜の昼食』セリーヌ・ドゥヴォー
ダイ・ヤング』モルガン・シモン
夜のさまよい』ピーター・ドゥルンチス
みんなビッチ』フランソワ・ジャロ
サラの夏』エマ・ベネスタン
ドラゴンの最期』マリアナ・ディアビ
僕のウルフガール』ヤン・ドゥラトル
ファースト・マッチ』アリス・ドゥアール

ネットを通じてフランス映画の魅力を世界中へ

今回の作品群を見ても分かるように、社会のテーマにズバリ切り込む意欲作・問題作にあふれており、フランス映画界はかなり熱いことになっています。マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルを通して世界中に映画ファンが増えることを、またより多くのフランス映画が日本で公開されることを願いたいですね。

青山シアター」Information

映画配給会社ギャガが運営する動画ポータルサイト。PCやスマートフォンで、いつでも、どこでも、自由に映画を楽しむことができる映画ファンのための新しいオンラインシアターです。

マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル 2016
開催期間:2016/1/18(月)~2/18(木)
短編無料:(第1弾)1/29~2/4 (第2弾)2/5~2/11 (第3弾)2/12~2/18
青山シアターにて配信中! 

審査委員長のニコラス・ウィンディング・レフン監督作品『ドライヴ』『オンリー・ゴッド』なども展開中。お見逃しなく!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • kirito
    3.5
    【愛】 レズビアン映画。モザイク無し。ゲイを描いた「ゴッズ・オウン・カントリー」(2017)を彷彿とさせる野外での絡みもあり。小さな村・農場・父の病気とプロット自体はかなり重なる個所が多い。 1971年。23歳のデルフィーヌが、パリへ上京すると女性解放運動が活発に行われていた。そのさなかに出会った、キャロルにどんどん惹かれていき、恋仲になる。 都会と地方の対比がものすごくよく描かれている。 デルフィーヌ自体もキャロルの事を愛しているのに、村での周りの目線を気にしてしまうのは仕方がないこと。しかも(父が倒れた関係で)村で今後も生きていくとなるとやはり愛だけでは説明できない部分もでてくる。 本筋ではないが、女性解放運動が結構過激的で女性たちの活力・躍動感を感じた。 レズだということがわからないようにするために、幼馴染の男の子にキスする件は納得するし、それに対して俺でカモフラージュするなというデルフィーヌのことが好きな男の子の対応も切ない。 2020.5.25
  • mai
    3.7
    レズビアンとしての恋愛を、都会・田舎という構造の中で描いているちょっと珍しい映画です。 田舎から出てきたデルフィーヌが都会の自由な雰囲気に憧れるのも分かるし、キャロルに一目ぼれのような形で恋するのも凄く理解できます。 一方で、田舎から出てきた女の子なのにどこか挑発的なところもあるデルフィーヌに惹かれるキャロルも凄く共感します。 お互いがお互いの中に、自分が触れてこなかった世界を見るからこそ、あんなにも急速に距離が縮まっていったんでしょう。反面、その関係性は多くの場で受け入れてはもらえないものでもあります。もちろん、キャロルの彼氏は激怒しますし、デルフィーヌは田舎での暮らしを考えると自分がレズビアンであることを隠して生活して結婚して…というシナリオも考えます。 そこには、田舎と都会のどうしようもない隔たりが存在していました。 都会の人からすれば、家に囚われて自分のしたいライフスタイルを送れないなんて…という感じでしょうが、それが当然だと思います。でも、田舎暮らしには田舎暮らしのセオリーやルールがあって、そこを「自分はこうしたいから」と意見を押し通すのはなかなか難しいですよね。そして、田舎あるあるだとは思うんですけど、横にも縦にも繋がりが強い分さらに難しい。 確かに、二人の関係を続けていくのは難しいものがあります。でも、誰にも干渉されずに二人でいるときの美しさ…素敵でした。 うまくいかないことが多いけど、二人でいる時間は確実に二人にとって休まる時間であり、タイトル通り「美しいとき」だったと思います。 田舎ののどかな風景もきれいでした。
  • sa
    4.4
    流動的な都会で誰と恋に落ちても誰も気にしないけれど、広大な土地に反してコミュニティとマイノリティの狭い田舎ではそうもいかないのは何となく今も同じな気がしています それでも美しく見える田舎の景色、どうしてもこんな映画が好きになる。 男と女 都会と田舎 マインド 家族 反する要因が2人を強く引き寄せながら少しずつ歯車をずらしていく 家族も仕事も地に根付きそこでしか暮らしていくことを知らないデルフィーヌが生活を守ることを優先しようとしたのは当然であり、キャロルが自由と誇りを持った都会の暮らしを捨ててまで彼女に注いだ愛と同じものを求めるのもわかる 母も彼も誰しもが(世間的な)倫理や道徳的に反したことは何もしていないからこそ余計に見ていて苦しい 何を異質で悪とするか、時代と共に変わっていくね
  • kenta
    -
    まず、自由。 68年を経験した人々にとって自由は生き生きしていた。生き生きしているものであるからこそ、獲得するべきものであり、獲得するからこそ本物であった。 しかし、現在の我々にとって、もはや自由の生命力など感じられない。不幸なことに、そのような経験を味わうこののない世代に思われる。 このみなぎる力と自由への意志、戦う気概は取り戻されなければならないものである。これは、力強い女性達の物語だ。 そしてもう一つは愛。 愛のうちにあるとき、我々はあたかも無敵のようだ。私的な無限の世界で愛は自ら広がってゆく。だが、あらゆる制度、常識、規範、道徳は無敵さなど顧みず、自由に歩く愛の広がりを妨げる。この、愛の広がりとそれを留める力の葛藤とそれによる苦しみは、普遍的な悲劇であろう。 おそらく、愛の広がりは、自由への契機となりうる。
  • みむさん
    3
    パリで出会った女性と恋に落ち、田舎に一緒に連れていくが、親や田舎の古い慣習・考え方と自分らしさの狭間で揺れる姿を描いた映画だった。 時代がもうちょい後だったら、少しは理解を得られたかもしれないけど、やはりフランスでも田舎の年配者やコミュニティの見る目は古い考えが根付いたままなんだろうね。 こんなに自分を抑制して偽っていくのこの先つらいだろうなと思ったが、彼女なりの一歩を踏み出せたようでよかった。 監督のカトリーヌ・コルシニって「黒いスーツを着た男」の監督か。
美しいとき/サマータイム
のレビュー(111件)