青春の全てがここに!全世代に観てほしい『シング・ストリート 未来へのうた』

好奇心で生きてる雑食人間

sakasa

『ONCE ダブリンの街角で』『はじまりのうた』など音楽を軸にした作品をヒットさせ、これまで多くの人の心を動かしてきたジョン・カーニー監督の最新作『シング・ストリート 未来へのうた』が7月9日より全国公開されました!

シングストリート

公開前から各界の著名人から絶賛の声が上がっていた本作。「今年No.1の映画!」「オールタイム・ベスト級映画!」とコメントを残している人もいるほど。何より本作は監督の自伝的映画でもありジョン・カーニー監督も強い思いが込められた作品のようです。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

『シング・ストリート 未来へのうた』はただの音楽映画ではない!

シングストリート_メイン画像

あらすじ

物語の舞台は1985年、大不況のアイルランドのダブリン。人生14年目でどん底を迎える少年コナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。

音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけが唯一の至福の時間。ある日、街で見かけた女の子ラフィーナの大人びた美しさにひと目で心を撃ち抜かれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるMVを撮ると決意。猛練習&曲作りの日々が始まる…!

監督の実体験が基盤

先述したように本作はジョン・カーニー監督の自伝的映画でもあり、「僕が主人公の年頃にやりたかったけれど、できなかったすべてを映画の中で実現した」とコメントを残しています。

プロデューサーのアンソニー・ブレグマンも「この映画の要素の多くが、ジョン(監督)の子供時代の体験から来ている。彼は一流の学校からシング・ストリートの学校へ転校した。コナーが、父親が失業して資金繰りが苦しくなったせいで、洗練された教育の場から荒っぽい世界へ放り込まれたのと同じようにね。すぐに袋叩きに遭い、弱みを握られ、自分を守るため、そしてかわいい女の子の興味を引くためにバンドを組んだのもジョンの体験に基づいている」と語っているんですね。

そうです! 誰しもが青春時代に味わったドキドキやワクワク、悲しみや喜び、悔しさ、何もかもをこの106分間で体験できるんです。

80年代のアイルランド事情

この作品をより楽しむためには、映画の舞台となっている1980年代のアイルランドについて予習しておくことをおすすめします!

当時のアイルランドは所得の60%が課税され、失業率が約20%。経済成長もほぼ無く、経済状況はかなり低迷していた模様。離婚が認められておらず、そのことが家族にどんな影響を与えたかも作中ではリアルに描かれており、当時の時代背景や家族の在り方なども如実に表現されています。

徹底的に再現された80年代ファッション

シングストリート_シーン画像5

音楽とファッションはどの時代においても切り離すことができないもの。本作での見どころのひとつとして挙げられるのもやはり再現度の高い80年代ファッションやメイクです。

当時は不況ということもあって、ほとんどの家庭にお金がなく新しい服を買えない時代でした。たとえお金があっても流行の洋服はダブリンでは手に入らない状態。それでも流行に敏感な若者たちはチャリティーのお店や古着屋に足を運び、 時には現代風な洋服に見せるために自分たちで作り替えたりもしていました。

最新ファッションの情報源はテレビで活躍するアーティストたち。現代においてもファッションアイコンとして君臨するアーティストたちからインスパイアされた彼らのコーディネートが、作中で何パターンも登場します。

ロックスターがお手本

最初は冴えないコナーも大好きなミュージシャンに憧れ、音楽だけでなくファッションも真似るように。お金がない中で自分流に工夫して憧れのアーティストに寄せているのですが、ファッションの知識が皆無なだけに少しダサい・・・。

その着こなせていない感じに、背伸びをしたくなる年頃の男の子っぽさが出ていて初々しく可愛らしくさえあるのですが、ファッションも音楽に合わせてアップデートしていきます。コロコロ変化していくコナーやバンドメンバーのファッションにも注目です!

そしてヒロインであるラフィーナのファッションは主に、ポップス界の女王マドンナから影響を受けています。シーンと共にチェンジするファッションは、色使いやアクセサリー、メイクなど、その時その時の彼女の心情を映し出しているかのよう。初登場時はデニム生地のMA-1に同色のスリムなジーンズ姿で、自信に満ちあふれるカッコいい大人の女性を演出。さすがモデルを目指すだけあって完璧なセルフプロデュースです。

ちなみにコナーの兄ブレンダンは一貫してほぼ同じTシャツやデニムを着回しています。ヘアスタイルも肩に届きそうな長髪。やはり兄なだけあって、既にファッションも自分のスタイルを確立しています。

ブレンダンを演じたジャック・レイナー自身もロック好きで、役作りで参考にした人物は今でも根強いファンを持つ、70年代に最も成功した世界的バンドのひとつピンクフロイドのギタリスト、デヴィット・ギルモアだそう。

ファッションのこだわりによって、それぞれのキャラクターに深みと厚みが生まれているのも本作のおもしろいところです。どのファッションがどのアーティストからインスパイアされたものか、音楽好きの皆さんは特にぜひ考えてみてください。

観ればあなたの中の何かが変わるはず

人生において誰もが出逢うであろう感情が全て詰まっている本作。

観ればあなたの中の何かが変わるはず。コナーたちと同世代の人にはもちろん、青春時代をすでに過ごした人たちやこれから青春を迎える子どもたち、これから何かを始めようとしている人、または始めたいけど迷っている人、音楽が好きな人、ファッションが好きな人、当時のカルチャーに興味がある人など挙げると切りがないのですが、2016年の映画を語る上では絶対に欠かせない、文字通り全ての人におすすめできる作品です!

(C)2015 Cosmo Films Limited. All Rights Reserved

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

※2022年3月7日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ONE
    -
    好き
  • みさき
    5
    最終的にみんなを巻き込んでたのがよかった。 やっぱりバンドってかっこいい!
  • lente
    4
    ファルセットに宿るカタルシス ジョン・カーニー 2/2 ジョン・カーニーにとっての広義の意味でのドラマとは、もしかするとファルセット(裏声の一種)のように機能しているのかもしれない。『ONCE ダブリンの街角で』『はじまりのうた』『シング・ストリート 未来へのうた』の3作を記憶のなかで重ね合わせてみると、そんなふうに思えてきます。 またこの3作のなかで唯一『はじまりのうた』のみが、僕にとってはミュージックビデオの域を出ていないように感じられるのもそこに理由があるのかもしれない。 古くはカストラート(去勢された男性歌手)たちによって用いられたファルセットが、なぜこれほど僕たちの心を震わせるのかについて、音楽的に解き明かすことはおそらく至難のように思いますが、1つには大地に足をつけたような地声に対する飛翔感があるからだろうと思います。それは歌のもつ本質的な魅力とまっすぐに結びついているはずです。 僕たちはそれぞれにもつ身体性に依拠(いきょ)しながら日々を過ごしていますが、音楽や歌のもつ力は、そうした身体性ゆえに届きようのない場所にまで僕たちを連れて行ってくれます。またその運動感覚を極限にまで引き伸ばすのがファルセットだろうと思います。 人生に挫折しかけたうらぶれた男が、故郷のダブリンの街角に差し込んだ光によってその思いを再び上昇させていく『ONCE ダブリンの街角で』。ある少年が青年へと向かう架け橋を渡りながら響かせた様々な思いを、80年代にアイルランドが抱えていた屈折とともにロックに託した『シング・ストリート 未来へのうた』。 この2作品に描かれるファルセットに飛翔感が感じられるのは、ドラマとしての立体感や奥行きが宿っているからだろうと思います。その点『はじまりのうた』には、失恋という切実ながらもモノフォニック(単声)な要素しかなく、ポリフォニック(多声)な響きやカウンター的な上昇感覚が描かれていないように感じます。 そのことはまたジョン・カーニーの映画作品の魅力に宿るものが何であるかを、端的に物語っているようにも思えます。 ロックを好きだからといってロックな人ではないし、バンドを組んだからといってクールな訳ではない。そんな機微も可笑しく愛しく伝えてくれます。やわらかな頬のラインがたまらなく愛おしい主人公のコナー。彼が出すファルセットもまた涙腺の奥を刺激しますし、万能のギタリストであるエイモンは、クールなのに隙のある野暮ったさがその顔立ちも含めてどこかジョン・レノンを思わせて好きでした。 しかしながらほんとうの意味での主人公は兄のブレンダンだったかもしれない。口にすることの1つ1つがヒップでロック。人生の輝きから挫折していることを誰よりも自覚していて、その情熱と苛立ちゆえに少しずつ窒息していくような哀しさ。また旅行することを夢見て裏口に座る母親の背中と同様に、この作品に奥行きを与えているように思います。 兄ブレンダンや母親の鬱屈は、アイルランドの歴史や80年代の経済状況にそのまま重ねられており、海を越えたお隣のスコットランドを描いた『トレインスポッティング』(ダニー・ボイル監督, 1996年)にも通じる哀切があります。 この映画はそんなローカルに生きる少年たちが、やがてローカルを突き抜け世界中にいる僕たちのあの胸の疼(うず)きを歌いだすに至る。グローバルに物語るということはこういうことだろうと思います。 ですから本質的に80年代のロック・ミュージックがどうという映画ではないはずです。知っているものだけに喜び、知らないものに反応できないのは、感受性や想像力の底の浅さを露(あら)わにしているに過ぎない。それはロックから最も遠いマインドのように思います。 またこのことは映画についても言えるはずです。僕たちがほんとうに観ているのは見たことがあるものではなく、それまで見えなかったものが映像のうちに現れるその現出性だろうと思います。 そしておそらくは自覚的なレビュアーたち(ボブ・ディランの「I'm a poet, and I know it」という意味での自覚)が言葉に託しているものもまたファルセットに近いものだろうと思います。僕もそのうちの1人でありたいと願っています。
  • 葉野宗介
    -
    「どうした」「別に。曲作らないか?」「いいよ」のやり取り凄く良かった。 あのメガネの友達は良いキャラだ。こだわるとここだわって、後は任すわって付き合いとバランス感覚の良さに惹かれた。曲を作りながら歌詞の解釈をしていくシーンも良かった。 お兄さんの葛藤は…弟って確かに兄のやり方見て早い段階から動くから、兄がサーッて抜かれていくパターンも多いしそういう気持ちを持つ人もいるだろう。ただこの映画に関して、ドイツに行けなかったのは大きな失望や挫折だと思うが、大学中退や薬が蔑みの対象になるような地域とは思えない。いや周りみんなそんな感じじゃん、って思った。貧しさを足枷と描くわりには何でみんな服とか用意できてんのこれっていうのはある。 トレインスポッティングとかもそうだけど、ここに生まれて希望とか持ちようがねーよ、って凄いわかる。この映画の彼らも基本そんな感じだと思うんだけど、だからこそ「え?結局大学なの?」とか「その底辺から夢見るバンドってことじゃなかったの?むしろ半端なごっこ遊びをやれる金はあるの?」ってなった。まずボート売られるだろって。 冴えない日々の中で友達とバンドを始める、練習のシーンも無く、ファッション、ロケハン、浅はかなティーンネイジャー、そういうモチーフを集め表面的な良さで固めた映画に自分には思えるが、デュランデュランの時代のメンタルをリアルタイムでもエンタメでも通ってきてないので、自分にはわからない。 作中にもあったピストルズが上手く弾けたか?練習したか?ってことなのかな。 そんなに校長と校則にこだわってたっけ?って思うけど、そのスカしこそがこの世代というならそうなんだと思う。その瞬間盛り上がれればいいじゃん、的な。 鑑賞者それぞれの理想や思い出を気持ち良く合わせられるように余地を残してるのは上手いと思う。ものすごく、っぽい、映画だと個人的には思う。執着を描かないから両親や家族、バンドを見捨ててすらいない。無鉄砲とかとも違う。何もかも雰囲気だと思う。
  • 3
    4
    曲が全部いい。嘘からの始まりも良かった 友人のエイモンとても好き メガネが似合う かっこよくてコナーに肯定的で距離感とか全てが好き。兄とハグのシーン切ない 最高でした
シング・ストリート 未来へのうた
のレビュー(118864件)