日本の伝統芸能が映画館で気軽に楽しめる!?シネマ歌舞伎とは

すべては魔法にかけられて

玉澤千歩

歌舞伎 白歌舞伎歌舞伎 赤

江戸時代の庶民の娯楽代表といえば歌舞伎。皆さんは生で見たことがありますか? 伝統芸能として古くから親しまれている歌舞伎、特に若い方は「難しい」というイメージを持っていらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

時代を飛び越え活躍するヒーロー、美しく妖艶なヒロイン、シンプルでわかりやすいストーリー、派手な衣装に演出、歌もあれば踊りもある……なんだかミュージカルに近いものを感じませんか? そう、歌舞伎とは現代にも通用する最高のエンターテイメントなのです!

とはいえ、生でいきなり歌舞伎を見るには敷居が高い……そう思う方も多いでしょう。でも実際に見てみると「なーんだ」と安心すること間違いなし。必要なのは勇気でも知識でもありません。ほんの少しの好奇心です。でもちょっとだけ安心できるように、映画館で手軽に歌舞伎を楽しめる「シネマ歌舞伎」についてご紹介します。

シネマ歌舞伎とは?

歌舞伎を映画館で楽しむ新しい観劇スタイルとしてシネマ歌舞伎は生まれました。初めて歌舞伎を見る人、劇場が近くになくてなかなか見に行けないという人も手軽に楽しめます。

歌舞伎といえば上映時間が長いと気になる方もいると思いますが、ご安心ください。作品によって異なりますが、上映時間が長い作品は必ず休憩時間が入ります。その間にお手洗いを済ませたり、グッズ売り場でお買い物をすることも可能です! 気になる料金は一般・学生料金の2種類(シニア・サービスデーその他割引不可)となっていて、作品によってはお得なご鑑賞券や回数券の販売がある場合もあるので、詳細は作品ごとにご確認ください。

楽しみ色々! シネマ歌舞伎の楽しみ方

実際の歌舞伎では、座席によって楽しみ方が変わります。かぶりつきで演者の細かい表情・仕草が見える前方席、あるいは演出など舞台全体が楽しめる中~後方席など、初めて行く場合には座席に迷う方もいらっしゃるでしょう。

でもシネマ歌舞伎なら役者の表情はもちろん、舞台全体を映してくれるので心置きなく歌舞伎の世界へ入り込めるのです。他にも豪華で美しい衣裳や長唄、鳴り物(音楽)に注目してみたり、一瞬で衣裳が変わったり、とんでもないところから登場人物が現れたりと、自分が面白いと思うポイントを探してみましょう!

歌舞伎=古いじゃない! 若い人でも楽しめる作品が盛りだくさん!

400年以上の歴史がある歌舞伎。演目も笑えるものから背筋も凍るホラー、血みどろサスペンス、人情もの、切ないラブストーリーと数え出したらキリがないほどの作品・ジャンルが存在します。

歌舞伎といえば、文語調のセリフを独特の抑揚で言う印象がありますよね。セリフがきちんと聞き取れるか不安な方も多いでしょう。そんな方にオススメしたいのがシネマ歌舞伎 歌舞伎NEXT 阿弖流為〈アテルイ〉

阿弖流為

若い世代を中心に人気の劇団☆新感線と松竹の夢のようなコラボレーション企画であるこの舞台は、歌舞伎の新たなるステージを目指して“歌舞伎NEXT”と名付けられました。現代と同じテンポの会話劇となっているため、テレビの時代劇を見るのと同じ感覚で楽しめる上に、物語の圧倒的なスピード感と出演者たちの迫力ある立廻りに魅了されること間違いなし! 

1

2

こういった作品から歌舞伎の世界に触れてみるのはいかがでしょうか?

他にも現代演劇で活躍する演出家が手がけた作品以外にも古典作品もたくさんあります! 気になる方はシネマ歌舞伎の上映一覧をチェックしてみてください!

歌舞伎に漫画界が進出!? 『スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース』

先ほど、シネマ歌舞伎では古典から新歌舞伎(明治以降にできた歌舞伎作品)など様々な作品があるとご紹介しましたが、今度は漫画が歌舞伎の世界に登場しました! その名も『スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース』!!!

国内外問わず絶大な人気を誇る漫画「ONE PIECE」の世界と四代目市川猿之助による「スーパー歌舞伎Ⅱ」が奇跡の融合を果たした舞台です。

上映時間は約2時間弱と見やすく、壮大なスペクタクルとアクションで誰もが楽しめる映像作品として10月22日(土)より全国の映画館に登場します。一体、どんな世界が広がっているのでしょうか? 上映開始まで待ちきれませんね。

「歌舞伎って古臭い」とか「敷居が高い」と感じていた方にこそ、シネマ歌舞伎はオススメです。手軽に気軽に伝統芸能に触れられる大チャンス! 映画鑑賞の折にぜひ歌舞伎の世界に触れてみてはいかがでしょうか?

■シネマ歌舞伎サイト

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • mitakosama
    3.8
    劇団☆新感線と歌舞伎のコラボ。 蝦夷のリーダー阿弖流爲の物語を大胆アレンジしたストーリーと歌舞伎の外連味が物凄い化学反応してる。 阿弖流爲が七代目染五郎(現・幸四郎)。 坂上田村麻呂が六代目勘九郎。 鈴鹿なる女性を二代目七之助。 朝廷の侵略に対抗する蝦夷のリーダー阿弖流爲と、征夷大将軍として討伐に戦う田村麻呂。 今作では田村麻呂がかなり飄飄とした遊び人風情な好漢として描かれている。猛々しい武人さよりも人間味の強い人物像。 阿弖流爲に至っては、鈴鹿を守る為に神・アラハバキを倒し呪いが掛かってるという大胆設定。 二人の英雄が並び立つが、役としては勘九郎の方がオイシイと思う。それくらい田村麻呂は魅力的に描かれている。また良い演技をするんだわ。 田村麻呂の姉・御霊御前と藤原稀嗣の謀略で田村麻呂も一度は窮地に。 そして帝は名前は出るが登場しない。(当時は桓武天皇かな?) また蝦夷側も裏切り者として蛮甲なるキャラも登場し最後まで引っ掻き回す。 アレンジが凄い効いているし、演出やデザインも凝ってる。チャンバラも香港アクションぽいのよね。 因みに阿弖流爲のは宝塚も舞台化していて、こちらも面白いぞ!
  • KUBO
    4.5
    これは見応えがありました。歌舞伎だけど劇団☆新感線の作品。3時間越えの大作で、大河ドラマを見たような感じでした。 なんかルフィみたいな坂上田村麻呂(中村勘九郎)、蝦夷の長アテルイ(市川染五郎)、アラハバキの巫女立烏帽子(中村七之助)と歌舞伎スター揃い踏み。 アテルイが「アラハバキの神の使い(森の神獣?)を殺して呪われた」っていうあたり『もののけ姫』っぽい。 ベースは坂上田村麻呂が蝦夷を平定する話なんだけど、そこに朝廷内での勢力争い、帝の巫女VSアラハバキ、そして坂上田村麻呂とアテルイの対決〜ライバル〜友情と、バンバン膨らませて壮大な時代ファンタジーに。 普段は歌舞伎なんてあんまり見ないんだけど、勘九郎・染五郎の迫力は素晴らしかったし、七之助も男とは思えぬ綺麗さだった。 普通の演劇のように激しいアクションの途中で、ピタッと止まって見栄を切ったり、歌舞伎風アレンジがすごい印象的だったりする。若手の歌舞伎役者さんたちも、古典より演ってて楽しいんじゃないかな? 国と国との戦いながら、ひとつの国を打ち負かすということは、ひとつの神を殺すことだという考えには「確かにな〜」と考えさせられた。そうやって日本の原風景は消えていってしまったのだ。 カッコいい3人の他に、ともかく印象に残ったのは「熊子」! なんだあれは?(^^) さらに、最も姑息なキャラ「バンコウ」が、最後まで鍵を握るところもおもしろかった。 たまにはシネマで歌舞伎もいいもんですね。 *帝(天皇)は最後まで姿は現さないけど、「万世一系」と言っておきながら、しれ〜っと「(坂上家は)帝と同じ高麗からの渡来人の血筋」なんて台詞が出てくる。大丈夫か? 右翼さんに怒られないか?
  • みー
    5
    また凄いものを見てしまった😢 歌舞伎のダイナミックな演技と新感線の相性が素晴らしく良い やっぱり、“魅せる“ということに関して 歌舞伎の方々の右に出るものは無いと思った。 全身で演じている様だけでなく、 顔の演技が見えるところが本当にお得! 魅入られてあまりのかっこよさに涙が出た… 中島かずきワールドの、見ている側の情緒をかき混ぜ尽くして 何もかも飲み込むパワーと気持ちよさのバランスがすごくいい作品だった 二本の花道がエモい! 新感線verの、堤真一田村麻呂がすっっっごく見たい😢
  • きなこ
    4.5
    2020/2 視聴分record _
  • Mika
    3.7
    宝塚の阿弖流為も良かったけど、歌舞伎阿弖流為も良い!   時間は長いけど、気にならない程引き込まれる。
シネマ歌舞伎 歌舞伎NEXT 阿弖流為〈アテルイ〉
のレビュー(347件)