【吉岡里帆の出演映画】ブレイク必須!?注目の若手女優の出演作と見どころ集めました

映画は気持ちよく生きるためのヒント

hikari

TVドラマやCMなどで見かける機会が多くなり、今最もネクストブレイクが期待されている女優のひとり吉岡里帆。映画界でも引っ張りだこになりそうな予感が漂います!

そこで今までの映画出演作の中から、動画配信サービスなどで今すぐ見られる吉岡里帆の出演作をピックアップ! いつ売れてもおかしくない! ブレイク前夜の彼女の出演映画をひと足はやくチェックしましょう。

女優・吉岡里帆とは?

YOSHIOKA

1993年1月15日生まれ、京都府出身の23歳。2013年頃から本格的にPVやドラマ、映画などを中心に女優キャリアをスタート。過去には主にこのような作品に出演していました。

【PV】

「描いた日々に」Rhythmic Toy World

「いたちごっこ」チャットモンチー

「なんだしっ!」クマムシ

【TVドラマ・ラジオドラマ】

TVドラマ「警視庁捜査一課9係」

TVドラマ「美女と男子」

TVドラマ「なんでやねん受験生」

ラジオドラマ「ふたりの娘」

【映画】

マンゴーと赤い車椅子

幕が上がる

明烏 あけがらす

つむぐもの

そして昨年2015年から今年にかけて放送されたNHK連続テレビ小説「あさが来た」で、ヒロインの娘の親友・田村宜を演じたことで一気に注目度が高まりました。

その後もゼクシィ9代目CMガールに選ばれた他、この春に放送さたTVドラマ「ゆとりですがなにか」やこの夏の新ドラマ「死幣ーDEATH CASHー」にも出演。12月に上演予定の舞台「ナイスガイ in ニューヨーク」のキャストとしても名を連ねています。今後、映画への出演もますます多くなることが予想されます。

Copyright Toho Co., Ltd. All rights reserved.

吉岡里帆が出演する映画と見どころ

『マンゴーと赤い車椅子』

riho_aka

(C)2014 映画『マンゴーと赤い車椅子』製作委員会

あらすじ

マンションの自室から転落した事故で下半身が動かなくなった彩夏。しかもその直後、不倫関係にあった彼から別れを告げられさらにショックを受けてしまいます。

そんな彼女が、入院中に出会った人々や祖母とのさり気ない交流のおかげで一歩ずつ前に進んでいき、一度は投げやりになった人生をやり直そうとするまでを描いた作品。

彩夏が徐々に希望を取り戻していくところに心が揺さぶられます。

天真爛漫なのに陰がある難役を好演!

吉岡里帆は彩夏が入院先で出会った、同じく下半身が動かず車椅子生活を送る千尋役で出演。普段は天真爛漫で、自分の病状を受け入れられずふてくされた彩夏に臆することなく接する女子高生です。

しかし、実は事故で受けた心の傷をひた隠しにしているキャラクター。無邪気なのにどこか陰があるという難しい役を演じています。あることをきっかけにその傷を彩夏にさらけ出すシーンは、そのおかげで彩夏とも心通じ合えるようになる感動の場面。必見です!

『幕が上がる』

riho_maku

(C)2015 O.H・K/F・T・R・D・K・P

あらすじ

弱小演劇部が高校演劇の大会で全国を目指していく物語。

部長の高橋さおりの目線から描かれ、彼女が将来への不安を演劇に情熱を注ぐことで乗り切っていく姿、ひとつの作品を作り上げることで仲間たちと団結していく様に胸がジーンと熱くなる作品です。

余談ですが、次の連続テレビ小説「べっぴんさん」ヒロインの芳根京子が出演している点も要チェックです!

主要キャストを支えるさりげない吉岡里帆の演技に注目!

吉岡里帆が演じたのは真面目に活動する演劇部2年の村上舞。セリフはほとんどないのですが、演劇の練習シーンでは必ず登場し、劇中で主要キャストを励ますなどそっと人を支える役回りの演技が光ります。

また、NHK連続テレビ小説「あさが来た」の宜と同じくメガネをかけた役。宜ファンだった人にとってはテンションが上がるかも!?

『明烏 あけがらす』

riho_ake

(C)2015「明烏」製作委員会

あらすじ

1000万円の借金を翌朝6時までに返さなければ海に沈められるホストのナオキ。

いつも協力的なホストクラブの同僚たちもなぜか冷たく、金が払えない女性客や突然上京してきた父、おバカな借金取りが次々登場してお金の工面ができないばかりかむしろ邪魔が入るばかり。

ナオキの運命がどうなるのかハラハラしつつ、小ネタ満載のコメディです。

変顔からシリアスまで幅広い演技を披露!

本作で吉岡里帆が演じたのは、金も払えないのにホストクラブに来たという田舎から出てきた女性客・明子。

オーバーな泣きマネ、変顔、やけにテンションが高いセリフ回しなど、笑いにつなげるためのバリエーションあふれる演技が見られるのが魅力! そしてラストではそれとは真逆なシリアスな芝居も。

彼女の演技力の高さとコメディエンヌとしての才能も感じられる作品です!

番外編:『つむぐもの』

riho_tumu

(C)「つむぐもの」製作委員会

現在、地域ごとに順次公開中の映画『つむぐもの』にも吉岡里帆は出演しています。

脳腫瘍で倒れたにもかかわらず誰の手も借りたがらない頑固な職人と韓国からワーキングホリデーで来日した落ちこぼれ女子との交流を描いた作品。

「介護」という重いテーマを押し付けがましくなく、ただの綺麗ごとでもなく、リアルに表現をしていることで高い評価を集めている映画です。

本作で吉岡里帆は、韓国から来た女子・ヨナが型破りな方法で主人公の職人・剛生の心をつかんでいくことに、複雑な思いを抱える介護福祉士・涼香を演じています。

(C)「つむぐもの」製作委員会

吉岡里帆、活躍の理由はどんな役でも演じられる「表現力」にあり!

今回紹介しただけでも、天真爛漫だけど陰がある女子高生、真面目な演劇部員、田舎から出てきたコミカルな女子、複雑な心境を抱える介護福祉士などなど。弱冠23歳の彼女が、なぜこれほどまでに幅広い役を演じることができるのでしょうか。

彼女にはどうやら、表現力が磨かれた「下積み」とも呼べるような大学時代があったようです。彼女の公式ブログに、商業映画デビューをする前に主演した自主制作映画『星を継ぐ者/Inherit The Stars』について語る記事があり、その中にこのような一節がありました。

この頃の自分は大学に通いながら小劇場を転々と客演し、学生映画や自主制作に参加していました。

(吉岡里帆オフィシャルブログ「なんでもない毎日。」− 自主制作映画 「星を継ぐ者 /inherit the stars」より)

また同ブログで

私は映画が好きです。この世界に入ろうとしたのもただそれだけだったと思い出しています。

(吉岡里帆オフィシャルブログ「なんでもない毎日。」スイカの種がお腹の中で発芽する説 より)

とも語っていて、ときおり見た映画の感想などをブログやInstagramにアップしているのもしばしば。ケーブルテレビの映画情報番組に出演していた経験もあります。

映画や演技が好きで没頭した時間が、彼女が持つさまざまな役に入り込める豊かな表現力につながっているのかもしれません。

可愛いだけじゃない! その表現力で見る者を惹きつけるチカラを持った女優・吉岡里帆。映画出演のオファーが殺到する日もそう遠くないのではないか!と個人的にも楽しみにしています。

ぜひ彼女の今後に注目してみてください!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ちろる
    3.7
    終わりを迎えかける時でも手放せない大切なもの。 頑固な和紙職人の老人を演じた石倉三郎さんがハマっている。 キム・コッピも邦画で観たのは2回目ですが、彼女の素朴さが風情ある日本の田舎町に溶け込んでいて、設定としては少し違和感があったこの物語にいつのまにか引き込まれてしまったのはこのキャスティングのおかげなのかも。 ぶつかり合いながらも、頑固ものの老人と、全く文化の違う若者が分かち合うなんて作品はごまんとあるけど、ちゃんと介護問題という現代らしいテーマに着目して、人と人の真のふれあいとは?をこの二人を通して考えさせてもらえることができる。 そりゃ、誰もが2人のように魂ごとぶつけ合うなんてできるわけではないけど、介護もこの2人のように生々しく人間として向き合えたらもっと介護者の重荷が軽くなるのかもしれない。 そしてルールにがんじがらめにならない、その人らしい介護が許されることで、介護士さんたちの負担が少しでも楽になれればと願うばかりです。
  • 友二朗
    4.7
    「生きていればまだ何でもできる」 なんて素敵な、前向きになれる映画でしょうか。本当に観て良かった。 ヨナ/キム・コッピがひたすら可愛い。 繊細な演技。すごく良い人に出逢った。 顔が自分のタイプなんやと思う。 最初吉高由里子にしか見えんだ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 介護福祉の過酷さや尊さを痛感する。 「どうされました?」や「お散歩いきましょうね」のゆっくりで高い声にどこか締め付けを感じてしまう。 介護"福祉"の意味。 その人を思って縛るのが幸せの提供なのか。どこまで放任するべきなのか。介護する側は介護するだけの関係なのか。人と人として、どうすればいいのか。 自分には全て分からない。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「私、ヨナさんのこと、嫌いだったんだ」 日本人を見つめ直せる貴重な一本。 鈴香が作品の中でどうゆう立ち位置なんか分かりにくかったけど、そこがまた人間らしく、日本人らしく、結局真面目な奴でうざいけど共感できてしまう。こうゆう役に吉岡里帆の表情めっちゃ似合う。 てか剛生の息子家族、無機質すぎて、でも自分にも重ねれて、うーん自己嫌悪。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 蝉の鳴き声のミュートが綺麗。 「別に昔話をするのも悪くないことだと思うよ。思い出は生きてきた証なんだし」 「和紙以外の大事なもの」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「馬鹿者」と感謝を告げた。 「くたばれ」と愛を告げた。 これいいね。 キャラ☆4.8 映像 ☆4.0 演出 ☆4.5 台詞 ☆4.1 展開 ☆4.7 世界観☆4.4 余韻 ☆4.9 総合 ★4.7
  • ヌメロドス
    3.3
    記録
  • nekoneko
    3.5
    石倉三郎さんとキムコッピ嬢に惹かれて鑑賞… ここ何年か「介護」をテーマにした作品が何作も公開されていますね… 頑固で偏屈な和紙職人と韓国落ちこぼれ女子との絆を描いたお話(ほとんど「あらすじ」でネタバレ感) 脳腫瘍で倒れ障害を抱える剛生(石倉三郎)と型破りなヨナ(キムコッピ) 介護現場の現状も描かれているので考えさせられます 石倉さんの重厚感…🏔 しかめっ面しながら「剛生ぉ〜」って呼ぶキムコッピが可愛い… 「トゲトゲ」がとれたラストシーンの彼女の表情がとっても!いい! 追記 水族館🐟や東尋坊…旅行で行った事があるので懐かしかった… 世界一の長寿大国である日本 人が最期まで自分らしく…難しい現実がある…💧
  • homaren
    3.2
    伝えたいことはわかるのだが、強引な設定が最後まで心が動かなかった。 とてもいい題材だけに、少し残念。
つむぐもの
のレビュー(273件)