世界中のファンを虜にした伝説の女優、イングリッド・バーグマンの魅力に迫る

愛と自由と無限が大好きな私と、映画

GATS

2015年に生誕100周年を記念を迎えたイングリッド・バーグマン。生まれもった容姿のポテンシャル、演劇学校で身につけた女優としての実力、そしてそれから積んでいった経験が彼女をより美しく魅力的にし、世界中のファンを虜にした。

そんな、かつてオスカーを3度受賞した世界最高大女優の素顔を写したドキュメンタリー映画『イングリッド・バーグマン 愛に生きた女優』が現在公開中だ。

バーグマン

(C)Mantaray Film AB. All rights reserved. Photo: The Harry Ransom Center, Austin

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

今回は、彼女の生い立ちと筆者がおすすめする映画を数本紹介したい。

イングリッド・バーグマンという女優

1915年、スウェーデンに生まれたイングリッド・バーグマン。幼くして両親を亡くしたため、子供時代は叔父の元で育てられた。支持された演技の多くは演劇学校と、後に出演する多数の映画で身につけた。その確かな演技力は、名作映画で人気を博し、アカデミー賞に7度ノミネート3度受賞の実力をもつほど。

イングリット

恋多き女優としても有名で、結婚は3度。初婚は一般男性としており、彼との子どもと家庭を築いていた。

1950年代は女優人生の模索や私生活のいざこざ、不倫結婚でスキャンダルが目立ったのも有名な話。2度目の結婚相手、ロベルト・ロッセリーニ監督の映画にも出演し、彼との間に双子の娘を出産し家庭を持つも、数年後に破局。離婚後すぐに演劇関係者との3度目の結婚が報じられ、その結婚生活は20年続いたが、バーグマンが60歳の時にまたもや離婚。

実に自由で、愛と仕事に情熱的な印象がある。彼女は67歳でその生涯を終えるまで、恋愛と仕事に正直に向き合い生涯を全うした最高級の女優なのである。

イングリット

おすすめイングリッド・バーグマン出演作品

名セリフを生みだしたバーグマンの代表作、『カサブランカ』

カサブランカ

Here’s looking at you, kid.

君の瞳に乾杯。

このセリフを知らない人がいるだろうか。ロマンチックなこのセリフが有名なことをよそに、特に若い世代にはこの元ネタが『カサブランカ』であることを知らない人が多いようだ。

やはり見どころはイングリッド・バーグマンの美しさ。そして、1943年に開かれた第16回アカデミー賞で作品賞・監督賞・脚色賞が与えられているこの映画が、アメリカを代表する映画なのは言うまでもない。

本作はハリウッドロマンスの先駆けであり、これ以降のラブロマンス映画の基本になった映画である一方、戦争映画と捉えられる見方もあり、アメリカ目線で描かれる歴史映画としても知られている。

つまり、第二次世界大戦中にアメリカで製作されているということと、当時連合国と戦っていた反枢軸国が暗に避難されており、また悪役として描かれていることこそが、本作がプロパガンダ的映画であると言われる根拠である。

名セリフ、当時の前衛ラブロマンス、歴史的戦争映画、そして美しきイングリッド・バーグマンは必見である。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

精神を震わせたロマンスとサスペンスの融合、『白い恐怖』

白い恐怖

サスペンスの神様、アルフレッド・ヒッチコック監督、またデザイン面でスペインの画家、サルバドール・ダリが携わっている本作。

イングリッド・バーグマンの存在がややかき消されがちではある本作。しかし、当時、女優人生絶頂期とも言われた彼女のその美貌と演技力が支持された理由が、最も明確にわかるのがこの作品だ。無論、彼女の美しさ無くして、この映画の完成はない。

バーグマン演じるコンスタンスは精神病院に勤めており、研究や仕事に熱心で恋愛とは一線を引いていたが、新任所長のエドワード博士と名乗る男がやってきて、一目惚れの恋に落ちてしまう。エドワードは、白に縞のある模様を見ると発作を起こすという奇妙な病癖を患っており、後には記憶喪失であることがわかる。

やがて偽のエドワードに向けられる容疑の目から逃れるため、本物のエドワードについて、そして彼自身の記憶喪失について二人で記憶をたどっていくが、話は思わぬ方向にコマを進めて行く。

ヒッチコックやダリの演出が狂気的緊迫感を催し、バーグマンの献身的な務めや、サスペンスとラブロマンスのコントラストが魅力的な『白い恐怖』は、バーグマンが出演している作品の中でも、筆者個人としては一番おすすめしたい作品だ。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

そのほか、バーグマンの代表作

ガス燈

以上の作品は、筆者がイングリッド・バーグマンの魅力を特に感じ取れた作品であるが、ほかにも彼女の代表作とうたわれる作品は多い。

バーグマンが初めてオスカーを受賞し、世界にその名を知らしめた『ガス燈』や、ロシアの皇女が存命した伝説が元ネタで『カサブランカ』に劣らない歴史的大ドラマ『追想』、多数豪華キャストの中、その存在感と貫禄を見せつける極上サスペンス『オリエント急行殺人事件』などが主に上げられる。

終わりに

主に得意とした映画にラブロマンスが多く、彼女のプライベートシーンでもそれは変わりはなく、恋多き女優であった。

イングリット

公開中のドキュメンタリー映画にもそのことは多く語られる。イングリッド・バーグマンがいかにして世界的大スターまで上りつめたのか。プライベート映像や手紙、日記、また彼女の子供、仕事仲間の協力を通し、彼女の全てがよみがえる。

※2021年4月24日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Jimmy
    4
    渋谷Bunkamuraル・シネマ1で鑑賞。 前売券は、劇場販売特典ポストカード付きを買っておいた。 この映画、「私はイングリッド。これは私の物語」というナレーションが冒頭にあり、イングリッド・バーグマンの女優・母親・妻としての姿が映し出される作品になっている。 しかし、ほんとうに相当昔からのマイホーム映像が映し出されて、よくこんな時代から家庭風景を16ミリなどで撮っていたものだ、と驚かされる。 そして、そうしたプライベート・フィルムが現存して残っていたことが凄い。 そういったフィルムを上手く編集して、スウェーデン時代の映画出演から始まって、セルズニックに呼ばれてハリウッド行き、その後のハリウッドでのオスカー受賞、イタリアのロッセリーニのもとへ、イタリア時代の映画撮影風景、などなどバーグマンの生涯が綴られている。 ビリー・ワイルダー監督からも出演要請があったようだが、イタリアでの不安定時期だったため実現しなかったというエピソードは「それが実現していたら、どんな映画になっていたのだろうか?」と惜しい気がする。 力強く話すバーグマンの「私は勇気と行動で生きてきた。後悔はしていないわ」なる発言には、凄いなぁと感服するばかり。 いったい、地球のどれだけの人が、バーグマンのような思ったとおり自由な生き方が出来ているのだろうか? ある女優の生涯を別の役者が演じた作品は多々あれど、こうした女優の実際の映像・音声などの素材を使ってドキュメンタリー映画作品を作れる女優は、今後出てこないのではないだろうか。
  • qwerty6
    4
    Ingrid Bergman(1915-82) Robert Capa(1913-54) Roberto Rossellini(1906-1977) Jean Renoir(1894-1979) Ingmar Bergman(1918-2007) music by Michael Nyman(1944- )
  • DamKeeper
    3
    いやいやリュック・ベッソンとミラ・ジョボビッチのに比べたら100倍良いですよ。
  • Makiko
    3.5
    本作の半分くらいの長さのドキュメンタリーを観たことがあり、長いなこれ、と感じたけれど、やはり”in her own words” であること、手紙や日記やインタビューなどの記録に基づいた作品であることで、イングリッド・バーグマンの素顔により迫っていく感じがした。 どこまでも型破りな人というか、むしろこの世に存在する「型」の方がおかしいんじゃないか、と思わせるような、堂々とした自由な生き様。イングリッドの言葉を借りれば、彼女は本当に「天使」だったのではないか。 ロッセリーニとの不倫問題や仕事での生真面目で頑固な様子など、その行動を批判されることの多い女優なので、ああこれは人に好かれないタイプだなと思っていたけれど、4人の子どもたちが皆「そばにいてほしかった」と言っているのを聴くと、ハートの熱いひとだったのだとわかる。 出演映画については本当にあっさりだが、『昼下がりの情事』のオファーが来ていたことと、『追想』でのオスカー受賞時の代理をケイリー・グラントが務めた(ほど仲が良かった)ことに胸が熱くなった。
  • 御法川わちこ
    4
    彼女自身が映画だ
イングリッド・バーグマン 愛に生きた女優
のレビュー(215件)