多くの映画をヒットさせた名プロデューサー、ペドロ・アルモドバルが描く映画の魅力

愛と自由と無限が大好きな私と、映画

GATS

アルゼンチンで実際に起きた事件を映画化した映画『エル・クラン』が9月17日より公開された。

el cran

『エル・クラン』は一見幸福を持て余したように見える家族が陰謀的犯罪や事件に手を出し、1980年代当時独裁政治だったアルゼンチンの黒歴史を浮き彫りにし、巻き起こった騒動を軸に物語が進む。張り詰めた緊張感の中に起こるシュールさが漂った誘拐シーン、殺害シーンは見ものだ。

この作品の監督を務めたのはパブロ・トラペロベニチオ・デル・トロギャスパー・ノエらが集って監督を務めたオムニバス映画『セブン・デイズ・イン・ハバナ』の一部監督も務めた人物である。

あまり名を挙げてきた監督ではないし、プロデューサーとして制作してきた数本の映画も日本公開されているものが少ないためか彼についての情報は多くない。

julieta

一方、今年カンヌ国際映画祭で喝采を得た新作ジュリエッタの日本公開が11月に期待されているスペインの巨匠、ペドロ・アルモドバルが今回制作に参加している。

本国アルゼンチンでの歴代興行収入第1位『人生スイッチ』を越したオープニング観客数!

『エル・クラン』は本国アルゼンチンでの公開に至ると、アルゼンチン内の興行収入1位をたたき出した『人生スイッチ』(2014)のオープニング観客数を超え、国内で実に大きな社会現象になった。

wild tales

(C)2014Kramer & Sigman Films / El Deseo

『人生スイッチ』といえば日本でも人気のあるアルゼンチン映画だ。

”私たちの心の中には決して押してはいけないスイッチがある。怒りだ。身近にあるそれは小さなきっかけでも押したら最後、こんな世界が待っている。”といった人間感情の怒気、憤怒をテーマにオムニバス形式で6つの話から構成されるブラックコメディになっている。

短編に集約される怒りは、非現実的な空気を思せつつ、しかし同時に身近な距離感を感じさせる。中でもやはり1本目の『おかえし』の映画のツカミはこの映画を加速させるエンジンのようで、個人的には一番気に入っている。

プロデューサーそして監督のペドロ・アルモドバルが映画をヒットさせる

そしてこの『人生スイッチ』『エル・クラン』、プロデューサーはどちらもスペインのペドロ・アルモドバルだ。

『人生スイッチ』に加えて、各国の映画祭で名声を得てきた『エル・クラン』の評価が今後、日本でどういった方向に進んでいくかということを考える上で、やはり彼の存在を無視できない。2作品とも監督ではなくプロデューサーとして関わっているが、彼自身が監督した作品も数多い。

スペインに生まれ育った彼の映画には、濃く滲むような赤や黄色といったやはりスペインらしい原色を使う奇抜な特徴がある。

また自身を同性愛者と公言しており、作品の内容は愛や情熱、個人のアイデンティティーといったものが多い。そしてファッション界にLGBT人口が多く、女性の魅せ方が巧いように、彼もまた女性を使った表現がとにかく巧く、彼以上に女性の美を知リ尽くしているであろう映画人を私は知らない。

とりわけオスカー賞を獲った『オール・アバウト・マイ・マザー』以降の作品からは作風に個性が出て、人気を博してきた。今でも国際映画祭などのレースでは常に大注目される監督だ。

以降は彼の代表作を紹介する。

『オール・アバウト・マイ・マザー』

all bout my mother

スペイン、マドリードに住むシングルマザーのマヌエラはその息子エステバンの17歳の誕生日に、今まで隠してきた父親のことを話すことを決めていた矢先、目の前で息子が交通事故にあい、亡くしてしまう。ひどく落ち込みながらも行方不明の父親を探しバルセロナまで向うが、道中出会う人たちや環境に母として、また一人の女性としての美しさや人生の希望をを取り戻していく。

アルモドバルらしい女性の美しさを映しており、外面的にはもちろん内面的、さらには身体的、機能的に強く輝く女性を映した映画だ。

この映画こそアルモドバルを有名にしたトリガー的作品であり、また代表作である。これ以降の作品から今のアルモドバルらしい色が付き、数々の映画賞にノミネートされるようになったことがそれを表している。

『トーク・トゥ・ハー』

talk to her

何年も病院の一室で昏睡状態のまま眠りについたアリシア。その彼女を献身的に介護し続け、毎日語りかけ続ける看護師のベニグノ。同じく事故により昏睡状態で寝込む女闘牛士のリディア。その恋人を介護しようとするが、上手くいかないジャーナリストのマルコ。この四人たちが繰り広げる孤独のソロプレイが話を広げ、人間ドラマを映し出す。性や愛をアルモドバルなりの解釈で描く、まさに芸術映画の代表だ。

アルモドバルはマイノリティやタブー化された偏愛、偏好を肯定するような、愛の概念をぶっ壊すような態度だ。愛や性は偏見を持って判断はできないし、そもそも生まれた時代も環境も異なった人間が否定できるほど愛の定義は決まっていない。

巨匠としてのアルモドバル

アルモドバルは映画監督であり、紛れもない芸術家だ。

『エル・クラン』のようなサスペンス映画も、『人生スイッチ』のようなコメディ映画も愛する一方で、自身が監督する作品への思い入れはとにかく大きい。

筆者もまた彼の芸術に魅せられた一人である。愛や性、個人のアイデンティティなどと言う問題は近年世界で最も問題視されるイシューの一つだ。

もし、そういった問題や状況に思い迷ったときはぜひ彼の作品を見てほしい。あなたにとって大事な答えがそこに用意されており、私の人生がそうであったように、あなたの人生も変えてくれるかもしれない。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • an
    -
    記録用 実話、誘拐
  • マヒロ
    2
    アルゼンチンの政府関係者として働いていたアルキメデス・プッチオは、政治情勢の流れにより職を失ってしまう。そんな中紹介された仕事は、ターゲットを誘拐し身代金を報酬とする「誘拐ビジネス」であり、プッチオ家は家族ぐるみでその仕事をすることになる……というお話。 アルゼンチンで起きた実話を基にした映画とのこと。 何より印象深いのは父親のアルキメデスを演じるギレルモ・フランチェラ氏のもの凄い目力で、やたらと澄んでて綺麗な瞳を常にうつろにかっ開いており、一目見ただけでヤバい奴ということが分かるような強烈な顔面力。 実際に全ての元凶とも言えるこの親父が一番とんでもない人間で、家族を守るためという建前の元、犯罪行為に普通に家族を巻き込んでおり、それを咎められると逆切れするなど控えめに見てもクズ。そんな父親に加担させられる息子のアレックスの目線を主として映画は進んでいく。 事実は小説よりも…と言わんばかりのとんでも実話を基にした話で、それ自体は確かに面白くはあるんだけど、今作はそれ以上のものが無いような気がした。単なる「事実の映像化」でしかなくて、この映画ならではの演出とかに乏しいような。犯罪の場面でロックがガンガン流れるのはスコセッシっぽいが、「っぽい」だけで特に目新しさはなく。 家族のために犯罪に手を染めることとラグビー選手という未来を天秤にかけなければいけないアレックスの苦悩はもっと描かれても良いと思うし、何より家族ぐるみで犯罪というところに面白味があるのに、父と息子以外はその行為についてどう思ってるのかすらよく描かれず、かなり存在感が希薄でもったいない。 実話ものって結構ありふれた題材だけど、あまりにも脚色しすぎると嘘っぽいし、そのままやり過ぎるとただの再現VTRになってしまうしで、意外と難しいのかもしれない……と思わせられる一作だった。 (2020.65)
  • 龍の字
    3.2
    主役のおっさんの腹が物凄く出ていた
  • ゆかちー
    2.9
    アルゼンチンで起きた誘拐ビジネスの実話ベース。 父親は首謀者だったのに世情のせいにしたいのか自分は悪くないの一点張り。 そんでもって服役中に弁護士資格を取得し出所後に弁護士になったとか。 平気で殺人を犯し偏った思考の人に弁護してほしくないわ。
  • Tai
    3.5
    一体、誰が悪人なのか…? 独裁政治が終わりを告げ数年が経ったアルゼンチン。 平穏そうな家族がまさにその家で繰り返していた身代金目当ての誘拐。 一体、なぜ繰り返すのか?エスカレートしていく狂気はいつまで続くのか……? 色々と考えると非常に恐ろしいお話でしたね( ;´Д`) 繰り返し誘拐をしている父親と息子達はもちろん、誘拐から監禁され泣き叫ぶ被害者の声が聞こえているはずなのに、気にしないようにしている家族も不気味な存在でしたね。 悪いことをしているという自覚はあるようなんですけども、誰一人〝自分が悪い〟と思ってなさそうなんですよね。まるで〝仕方なくやっている〟というように… 彼らも何かの被害者とでもいうのか?ラストには衝撃が走りました。 実話ということで〝その後の彼ら〟のお話が出てきますが、そこにこそ人間の恐ろしさが含まれているように思います。 当時のアルゼンチン情勢を考えればというものがありますが、俯瞰してみるともしかしたら私たちも同じようなことをしている…かも? 作品とは関係ないのですが、今日で最後に劇場鑑賞してから2か月が経ちました… あの環境が恋しいですね!あの作品に没頭できる贅沢な空間で、たっぷりと映画を堪能したいものです。 仕事のことも考えると、再開しても当分は控えないとかなぁと思いつつも、1日も早く気兼ねなく観に行ける環境がやってくることを切に願っている毎日でございます(つД`)ノ
エル・クラン
のレビュー(1565件)