多くの映画をヒットさせた名プロデューサー、ペドロ・アルモドバルが描く映画の魅力

愛と自由と無限が大好きな私と、映画

GATS

アルゼンチンで実際に起きた事件を映画化した映画『エル・クラン』が9月17日より公開された。

el cran

『エル・クラン』は一見幸福を持て余したように見える家族が陰謀的犯罪や事件に手を出し、1980年代当時独裁政治だったアルゼンチンの黒歴史を浮き彫りにし、巻き起こった騒動を軸に物語が進む。張り詰めた緊張感の中に起こるシュールさが漂った誘拐シーン、殺害シーンは見ものだ。

この作品の監督を務めたのはパブロ・トラペロベニチオ・デル・トロギャスパー・ノエらが集って監督を務めたオムニバス映画『セブン・デイズ・イン・ハバナ』の一部監督も務めた人物である。

あまり名を挙げてきた監督ではないし、プロデューサーとして制作してきた数本の映画も日本公開されているものが少ないためか彼についての情報は多くない。

julieta

一方、今年カンヌ国際映画祭で喝采を得た新作ジュリエッタの日本公開が11月に期待されているスペインの巨匠、ペドロ・アルモドバルが今回制作に参加している。

本国アルゼンチンでの歴代興行収入第1位『人生スイッチ』を越したオープニング観客数!

『エル・クラン』は本国アルゼンチンでの公開に至ると、アルゼンチン内の興行収入1位をたたき出した『人生スイッチ』(2014)のオープニング観客数を超え、国内で実に大きな社会現象になった。

wild tales

(C)2014Kramer & Sigman Films / El Deseo

『人生スイッチ』といえば日本でも人気のあるアルゼンチン映画だ。

”私たちの心の中には決して押してはいけないスイッチがある。怒りだ。身近にあるそれは小さなきっかけでも押したら最後、こんな世界が待っている。”といった人間感情の怒気、憤怒をテーマにオムニバス形式で6つの話から構成されるブラックコメディになっている。

短編に集約される怒りは、非現実的な空気を思せつつ、しかし同時に身近な距離感を感じさせる。中でもやはり1本目の『おかえし』の映画のツカミはこの映画を加速させるエンジンのようで、個人的には一番気に入っている。

プロデューサーそして監督のペドロ・アルモドバルが映画をヒットさせる

そしてこの『人生スイッチ』『エル・クラン』、プロデューサーはどちらもスペインのペドロ・アルモドバルだ。

『人生スイッチ』に加えて、各国の映画祭で名声を得てきた『エル・クラン』の評価が今後、日本でどういった方向に進んでいくかということを考える上で、やはり彼の存在を無視できない。2作品とも監督ではなくプロデューサーとして関わっているが、彼自身が監督した作品も数多い。

スペインに生まれ育った彼の映画には、濃く滲むような赤や黄色といったやはりスペインらしい原色を使う奇抜な特徴がある。

また自身を同性愛者と公言しており、作品の内容は愛や情熱、個人のアイデンティティーといったものが多い。そしてファッション界にLGBT人口が多く、女性の魅せ方が巧いように、彼もまた女性を使った表現がとにかく巧く、彼以上に女性の美を知リ尽くしているであろう映画人を私は知らない。

とりわけオスカー賞を獲った『オール・アバウト・マイ・マザー』以降の作品からは作風に個性が出て、人気を博してきた。今でも国際映画祭などのレースでは常に大注目される監督だ。

以降は彼の代表作を紹介する。

『オール・アバウト・マイ・マザー』

all bout my mother

スペイン、マドリードに住むシングルマザーのマヌエラはその息子エステバンの17歳の誕生日に、今まで隠してきた父親のことを話すことを決めていた矢先、目の前で息子が交通事故にあい、亡くしてしまう。ひどく落ち込みながらも行方不明の父親を探しバルセロナまで向うが、道中出会う人たちや環境に母として、また一人の女性としての美しさや人生の希望をを取り戻していく。

アルモドバルらしい女性の美しさを映しており、外面的にはもちろん内面的、さらには身体的、機能的に強く輝く女性を映した映画だ。

この映画こそアルモドバルを有名にしたトリガー的作品であり、また代表作である。これ以降の作品から今のアルモドバルらしい色が付き、数々の映画賞にノミネートされるようになったことがそれを表している。

『トーク・トゥ・ハー』

talk to her

何年も病院の一室で昏睡状態のまま眠りについたアリシア。その彼女を献身的に介護し続け、毎日語りかけ続ける看護師のベニグノ。同じく事故により昏睡状態で寝込む女闘牛士のリディア。その恋人を介護しようとするが、上手くいかないジャーナリストのマルコ。この四人たちが繰り広げる孤独のソロプレイが話を広げ、人間ドラマを映し出す。性や愛をアルモドバルなりの解釈で描く、まさに芸術映画の代表だ。

アルモドバルはマイノリティやタブー化された偏愛、偏好を肯定するような、愛の概念をぶっ壊すような態度だ。愛や性は偏見を持って判断はできないし、そもそも生まれた時代も環境も異なった人間が否定できるほど愛の定義は決まっていない。

巨匠としてのアルモドバル

アルモドバルは映画監督であり、紛れもない芸術家だ。

『エル・クラン』のようなサスペンス映画も、『人生スイッチ』のようなコメディ映画も愛する一方で、自身が監督する作品への思い入れはとにかく大きい。

筆者もまた彼の芸術に魅せられた一人である。愛や性、個人のアイデンティティなどと言う問題は近年世界で最も問題視されるイシューの一つだ。

もし、そういった問題や状況に思い迷ったときはぜひ彼の作品を見てほしい。あなたにとって大事な答えがそこに用意されており、私の人生がそうであったように、あなたの人生も変えてくれるかもしれない。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • わたあめ
    -
    記録
  • チッコーネ
    3
    『永遠に僕のもの』を先に観ていたのだが、アルモドヴァル兄弟プロデュースによる『アルゼンチン黒歴史もの』の第一弾は、こちらだった。 内容は事実ベースというのだから、慄くを通り越してほとほと呆れてしまう。 自国の製作者なら「恥だからもっと穏便に」と口を出しそうだが、アルモドヴァルは「もっと思い切りやっちゃえば」と言っていそうだ。 暴露ものは人の興味を惹くから、金になる。 本作にはポリティカルな意義もあるのだから、撮らない手はない。 ただ題材が前面に出ている分、強い個性は伝わってこないので、監督はやや損をしているかも(まぁヴェネチアで賞を獲ったのだから、結果オーライだが)。 しかしラストの飛び降り場面はどう撮って、どう編集しているのだろう…、すごかった。
  • モリヤ
    2.7
    衝撃の実話。アルモドバル制作ってことで少し期待しすぎた。
  • Juliet
    -
    ちょっと、むすかしくて、 はいりこめなかった。。。 30分で、断念。。。。 💦😭
  • 水の湧き出る処
    3.1
    ▶衝撃の実話を映画化した犯罪ドラマ。 1983年、アルゼンチンの平和な街。裕福でご近所からも慕われるプッチオ家は平和に暮らしていた。しかし、長男が所属するラグビーチームの1人が誘拐されて姿を消して以来、彼らの周りでは金持ちだけを狙った身代金事件が多発するようになる… ▷『人生スイッチ』のペドロ・アルモドバルが製作に携わった映画ということで鑑賞。完全にフィクションの人生スイッチよりは面白みに欠けるかもしれないけど、実話をもとにつくられた映画だと思うと恐ろしい話だった。
エル・クラン
のレビュー(1593件)