【抽選で5名様にプレゼント】映画『ビバリウム』公開記念!Filmarksと特別コラボで映画ライターSYOと映画好きYouTuberもっちゃんが本作について語り尽くす!2人に話してもらいたいテーマを大募集!

3月12日(金)に映画『ビバリウム』がいよいよ公開されます。本作はジェシー・アイゼンバーグを主演に迎え、新居を探す若いカップルが不動産屋に紹介された住宅地から抜け出せなくなる“ラビリンス・スリラー”。可愛らしい風景の住宅地とは裏腹に、どんどん追い込まれていく主人公たちの崩壊っぷりはトラウマ級!

そんな本作の公開を記念し、映画ライターSYOと映画好きYouTuberもっちゃんが作品の見どころと、トラウマ体験できる“ヤバい”映画についてFilmarksのYouTubeチャンネルにて語り尽くします!その時ふたりに話して欲しいテーマを大募集します!

一度入ると抜け出せない・・・謎多き恐怖のラビリンス・スリラー!

夢のマイホームを探す一組のカップル、ジェシー・アイゼンバーグ演じるトムとイモージェン・プーツ演じるジェマ。二人は不動産業者のマーティンに、“Yonger”(ヨンダー)という新興住宅地を紹介される。その住宅地は全く姿かたちの同じ家が並び、ひと気もない。

“9番”の家を案内されるが、ついさっきまで一緒にいた不動産屋が見当たらない。不安に思った二人は、帰路につこうと車を走らせるが、どこまでいっても景色は一向に変わらない。二人はこの住宅地から抜け出せなくなってしまったのだ――そこへ送られてきた一つの段ボール。中には誰の子かわからないうまれたばかりの赤ん坊。

果たして二人はこの住宅地から出ることができるのか―世界騒然!精神崩壊!極限のラビリンス・スリラーがいよいよ日本公開!

“ヤバい映画”についてトークします!ふたりに話してもらいたいテーマを募集中!

今回、本作の公開を記念し『ビバリウム』の見どころや、映画ファン必見のトラウマ体験ができる”ヤバい”映画について徹底的に語り合います!他にもふたりに話して欲しいテーマがあればこちらからご回答をお願いします。是非、ふるってご応募ください!
※YouTube配信日が決まりましたら、公式Twitterにて発表いたします。お楽しみにお待ちください。

【募集期間】
・2月1日(月)14:00 〜 2月14日(日) 23:59まで

【プレゼント内容】
・ムビチケカード&プレスシート(5名様)

【応募方法】

【当選者の発表】
・当選の発表は、発送をもってかえさせていただきます。

【注意事項】
・本キャンペーンのご応募はお一人様あたりの回数制限はございませんが、当選はお一人様一回限りとなります。
・当選権利の譲渡、換金は一切できません。
・応募内容に不明な点があった場合、応募・当選を無効とさせていただくことがあります。あらかじめご了承ください。
・個人・団体を誹謗中傷する内容、経済的・精神的損害を与える内容、名誉毀損および侮辱にあたる内容など第三者の迷惑になりうる内容の質問は禁止です。
・抽選に関してのお問い合わせにはお答えできかねます。あらかじめご了承ください。
・頂いた個人情報に関しましては、本キャンペーン以外の目的に使用することはございません。あらかじめご了承ください。

♦︎『ビバリウム』information

あらすじ:ようこそ、夢のマイホームへ・・・ 新居を探すトム(アイゼンバーグ)とジェマ(プーツ)は、ふと足を踏み入れた不動産屋から、全く同じ家が並ぶ住宅地<Yonder>を紹介される。内見を終え帰ろうとすると、ついさっきまで案内していた不動産屋 が見当たらない。不安に思った二人は、帰路につこうと車を走らせるが、どこまでいっても景色は一向に変 わらない。二人はこの住宅地から抜け出せなくなってしまったのだ―― そこへ送られてきた一つの段ボール。中には誰の子かわからないうまれたばかりの赤ん坊。 果たして二人はこの住宅地から出ることができるのか―不動産屋の狙いはいったい何なのかー?

公開日:2021年3月12日(金) TOHOシネマズシャンテ他全国公開
上映時間:97分
配給:パルコ
公式:https://vivarium.jp/
コピーライト:Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ishiyota
    3.3
    家の内見に来たら街から抜け出せない!えっ、赤ちゃん育ってろって?なんか成長早いな〜話し 理不尽閉じ込められ系シチュエーションサイコホラー、じわじわ真綿で首を圧迫され続けられる気持ち悪さ 空は綺麗だけどそれもきもちわるくなってくる、そしてご飯が不味いのはキッツイな 物真似の気持ち悪さと地面がめくれるときに慄いた なんつーか、これ何とかなるのかな?とずーっと考えてた映画でした
  • マチャアキ
    3.3
    夢の住宅街YONDERへようこそ 🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠☁️🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠☁️🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠☁️🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠☁️🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🕴📦🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠👶🏻🏠🚐9️⃣👫🏠🏠🔥🏠🏠👁🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠🏠 なしてタイトルをYONDERにしなかった🤔 それだけでも随分と違ってたろうに、なんでビバリウム!全部台無し(ToT) アイルランドとかめっちゃ家賃や住宅が高かったりするらしいので、若い二人には厳しい不動産購入。家が欲しいジェマは彼氏を連れて不動産屋へ。彼氏トムは別に今じゃなくてもという感じだが、店内で見た模型の住宅が残りわずかですよと不動産屋が呷ってくる。そして見るだけというジェマに、半ば強引に内見会場へと連れて行かれる彼。どんどん郊外へと進んでいき、不安になった頃、夢の住宅地YONDERに到着する。右見ても左見ても同じ家が続いている不思議で不気味な風景。🕴案内されたのは9号で、外観は黄緑色。ってか建っている家全部同じ色なんだけどー😲しかし内観は意外と普通。かなり気に入っちゃった様子のジェマ。戸惑い気味のトム。さて帰ろうか。。あれ?マーティンは?不動産屋のマーティンが見当たらない。車に乗って住宅地を出ようとするが抜け出せない。同じ所を巡っているのか、必ず9号に戻ってしまう😭結局ガソリンが切れ、陽も落ちて9号に泊まる選択肢しか残されていなかったー。 《プチネタバレ》 不気味な黄緑色の永遠にも続く住宅街には、ジェマとトム以外住んでないようだ。 何処からか届く📦には食料が、水道も電気も通ってる。暮らすには申し分ない。只々、暇を弄ぶだけ。住宅街を探索したり、火事を起こしてみたりもするが、一向に脱出できそうにない。ある朝も📦が届くのだが、中を覗いて∑(゚Д゚)赤ちゃんだ。きちんと育て上げれば、この迷宮から脱出できるようだ。 同じような日々に嫌気が差して、何かしないとおかしくなりそうなトムは庭に穴を掘る。何日も掘り続け、ある日この迷宮の核心に触れるとんでもないものを見つけてしまう。 さて、お子ちゃまはというとスクスクと恐ろしいスピードで成長していた👶🏻👦🏻🙎🏻‍♂️ 結局ビバリウムって事で、何者かが観察しているということ。そして子供の成長が異常であることからも、観察しているのは人間ではないということがわかります。人間にとって代わろうとする得体の知れない何者かが、人間をより知る上で作り上げた世界。それがYONDERということになります。なぜ観察しなければならないのか。恐らくは、水先案内人ならぬ不動産案内役である次のマーティンを作り上げなければ、成長が早いこの生物の未来はない。そしてまた、新しく入居する観察対象者を探そうとしているのだと。生物そのものはとても弱い生きものであり、力任せに人間と対峙することを避けたきらいがある。その結果がこれ、〝限りなく人間に近付くことで種の繁栄に繋がる〟という事なのでしょう。そして、なぜ ジェマとトムだけなのかも、穴の中で見つけたものによって以前も同じことが繰り返されてきたのだということがわかります。そして、この観察はまだまだ前段階であり、将来的にはこの街にもっと大勢の人間を呼び込むのではないかとも取れます。繁盛?すれば、第二第三の不動産屋やマーティンが誕生するのではないでしょうか。 不運にも残念な最後を遂げるジェマとトム役にイモージェン・プーツ氏とジェシー・アイゼンバーグ氏。この二人だから観た、その他の理由はいらない作品です。ほんとタイトルで損してる。
  • しちれゆ
    3.7
    トムとジェマが不動産屋に案内された住宅地ヨンダーには見渡す限り同じ家が立ち並び、それはさながら社会主義国の公営住宅のようでもあり、更には墓地のようでもある。そしてそこに届くダンボールに入った赤ん坊。そいつはあっという間に子供になり、コーンフレークばかり食べ、金切り声を上げ、さらにあっという間に青年になる。ジェマがこの不気味な子供に少しばかりの愛情を持ってしまったことでトム対ジェマ&子供という図式になり、トムはますます精神を病み、掘り続けた穴の中で眠るようになって、ついには土の中に″あるもの″を発見する… ラビリンス・スリラーと銘打った本作、ゾワゾワと悪寒が這い上がってくるような尋常ならざる面白さがありました。 ジェマが「私はあんたのママなんかじゃない!」と言った時の青年の「あっそ」という返事に戦慄します。
  • pon
    3.3
    なかなか久しぶりに観るタイプの映画で、 最近の中では一番、映画の感想言い合った
  • sumika
    4
    怖いと評判のようだったけれど、私の苦手な怖いじゃなくてむしろ好きな方の怖いだった。 最後20分くらい?は怖かったけど。 何もかもが不思議な世界。 謎のままな事も多いけれど、みんなのレビュー見て色々考えるのは楽しい。
ビバリウム
のレビュー(5311件)