映画初日満足度ランキング(11月第3週)発表!《Filmarks調べ》

2016.11.21
【期間限定】編集企画

Filmarks編集部

フィルマーくま

満足度ランキング

毎週多くの映画が劇場公開されます。観たい作品はたくさんあるけれど、評判も気になるところ。

回、国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2016年11月第3週上映スタート映画の初日満足度ランキング」を発表。興行収入ランキングとはまた異なるラインナップが出るのが面白い点。ユーザー満足度の高い映画をチェックしましょう。

映画初日満足度ランキング(11月第3週上映スタート作品)

※2016年11月21日時点での★スコア(映画鑑賞後に★の数で評価をしたスコア/5点満点)とMark!数(ユーザーが観た映画としてレビューを登録した数/登録は1作品につき1人1件まで)を集計。★スコアが高い作品から順に「映画初日満足度ランキング」として算出。

■1位:『マイ・ベスト・フレンド』の評価・レビュー

マイ・ベスト・フレンド

(C)2015 S FILMS(MYA) LIMITED

・大人になったらまた見たい(20代・女性)

女子必見のハートフルな友情物語。観て良かった(40代・女性)

・映画館を出た後、親友に会いたくなった。(20代・男性)

■2位:『聖の青春』の評価・レビュー

聖の青春

(C)2016「聖の青春」製作委員会

・腎臓病で体がむくむ症例の村山を演じるため、20キロの増量を行った松山ケンイチはさすがだった(40代・男性)

・無駄な説明口調の台詞とかがなくて、映像、音楽、むしろ無音を交えての演出の数々にドキュメンタリー映画を見ているかのような生々しさが滲み出ている良作(20代・男性)

・泣いた。将棋って凄い(40代・女性)

■3位:『ガール・オン・ザ・トレイン』の評価・レビュー

ガール・オン・ザ・トレイン

(C) Universal Pictures

だんだん真実が明らかになっていくのが、ハラハラして面白かった。男は単純だし、女は怖い(20代・女性)

・大好きな映画「ヘルプ」の監督最新作。終始ゆっくり&ダークな展開で楽しめる大人の作品。ノーメイクのエミリー・ブラントの熱演は見もの(20代・女性)

・こんなアメリカンミステリーもいい(50代・男性)

■4位〜の作品はコチラ!

4位:『世界の果てまでヒャッハー!

世界の果てまでヒャッハー!

(C)AXEL FILMS - MADAME FILMS - M6 FILMS - CINEFRANCE 1888

5位:『機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜

機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜

6位:『胸騒ぎのシチリア​

胸騒ぎのシチリア

(C)2015 FRENESY FILM COMPANY. ALL RIGHTS RESERVED

初日満足度

※ ★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品を上位にしています。
※ 本ランキングは★スコアが3.0以上の作品を掲載しています。
※ 本ランキング及び記事内のデータは2016年11月12日時点のものです。

その他上映映画もチェック!

・『orange 未来
・『むかしMattoの町があった
・『退屈な日々にさようならを
・『劇場版 暗殺教室 365日の時間
・『灼熱​
・『リバイバル 妻は二度殺される
・『VR ミッション:25
※特集記事:近未来への警告!?バーチャル・リアリティ・ゲームの恐ろしさを描いた映画に注目!
・『ブルゴーニュで会いましょう
・『雨にゆれる女
・『家族の日

公開映画

ほか話題作のレビューが無料読み放題!

Filmarks

Filmarksでは、試写会や海外で一足先に鑑賞したユーザーの賛否両論さまざまなレビュー投稿があり、過去作も含めた約7万本の映画に集まったレビューは2,000万件以上。今回の初日満足度ランキングとあわせて、今後の映画鑑賞の映画選びに役立ててみてはいかがでしょうか。

■映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」

■記事元 プレスリリース

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • うづき
    4.0
    記録
  • かはしさと
    -
    17/1/13 映画館 生まれる時は大騒ぎだけど、 逝く時はひっそりと。 遺していく人も悲しい。
  • はる
    3.6
    心洗われる友情のお話し。 恋もお話の重要な要素なのですが、 主人公が綺麗すぎないのがなんとなく現実味があって 感情移入しました。
  • 210号室の女の子
    4.0
    女性による女性のための映画。 生、死、愛、性、美 家族、恋人、友人 家族や恋人よりも自分のことを知っている友人。 家族や恋人よりも自分のことを支えてくれる友人。 私はミリーの気持ちに共感できて、いつであっても美しく魅力的でありたいし、愛されていたい。 身体が思い通りにならなくても美を気遣う気持ちはとてもグッときました。 自分の病気を子供に説明するシーンとミリーのガンが脳に転移して、それを母親と旦那に伝えるシーンが印象的。
  • ちゃんめい
    3.6
    こういう友情ってもしかしたら女性しかわからないのかもしれないな 乳がんになって、女性の象徴とも言えるブロンドの髪を失い、乳房摘出…… 見ていてとても辛かった…… わたしの友達がそんな状態になった時に、わたしはジェスみたいに声をかけれるかな、支えられるかな いろんなことを考えてしまった 個人的にはエンドロールのバックに映るチョークメッセージが良かった
  • shuco
    5.0
    これはやられた! 舞台がイギリスなのも、嵐が丘を絡ませてくるのもかなりはまった。
  • HOPE
    3.7
    トニ・コレットの雰囲気好き。 疲れてやつれてる役が多いけど… 親友いいなぁ〜
  • mits
    4.2
    重いテーマだけどただ泣かすだけじゃなく、笑える場面もあったり鑑賞後に心地よいとても素敵なあたたかい映画でした。 トニ・コレットとドリュー・バリモアの2人の女優に感服。
  • Akari
    3.5
    シドニー帰りの機内にて今年初映画です こんなともだちがいたら素敵だなあ スーツケースに子どもが入るの地味に泣けた
  • SHU
    3.0
    鑑賞メモ
  • aiko
    3.7
    親友ってどんな存在なんだろう 主人公2人の友情に加え、 現代社会の様々な問題が織り込まれていて いろいろ考えさせられた、、、
  • Tiny
    3.9
    泣けた。 友だち思いのドリューと、自暴自棄に陥るトニコレット。 どちらの気持ちも分かる。 Miss you already この題名がピッタリ。 彼女の人生、こんな素敵な友だちと家族に囲まれて、最後は幸せだったと思う。
  • haru
    -
    記録
  • まゆこ
    3.8
    こんなに大事にできる友達がいるって幸せなこと。
  • kei
    3.8
    記録
  • Rena
    3.9
    親友二人の演技にだいぶ泣かされました。 トニ・コレットの気持ちもわかるし、ドリュー、そしてお互いの夫の気持ちや不満もよくわかる。 どこかでそれぞれが折り合いをつけなければならず、気を遣い過ぎるとギクシャクしてすれ違いが生じてしまう。 難しいですよね。 外見は文句なしの可愛さ、内面も思いやりがあって溢れんばかりの優しさを持っている。 ドリューが、本当に天使のようでした。 そして、トニ・コレット。 彼女なりの "助けて"というサイン。 どうしようもなかったのでしょう。 なぜ自分が...という、やり場のない思い。 向こう見ずで奔放過ぎると感じる部分もありましたが、わからなくもなかったかな。 評価がわかれている作品なので迷ったのですが、観てよかったです。
  • koshigoemon
    4.0
    トニ・コレット、演技賞ものの熱演。重いテーマを涙と笑いのエンターテイメント色満載で緩急自在に描いて、観終わった後の心地良さが好印象の佳品。ドリュー・バリモアは、本当にいい役者になりました。癌には薬事治療より友情です。
  • みや
    3.4
    題材的には結構重いんだけど、そう重く見せないのが最近の撮り方なのかな?! 親友って良いよな〜〜!ってつくづく思いました! 皆さん心を許せる友達はいますか?! 馬鹿やっても許してもらえる友達とかほんと最高です☆
  • kzm
    4.0
    ともだちについてもう一度考え直さなきゃって思いました。大事にしなきゃって。 素直に泣いちゃったしもう1度ゆっくり観たいなあ。
  • CHEBUNBUN
    3.0
    【女の友情】 男にはなかなか分からない女性の不安定な感情面をじっくりと解説してくれる作品。 特に子育てを控えている男子、 付き合い始めてすぐの男子は必見だ! 幼少期からずっと仲がいい2人の女性。 片方はガンにかかり余命僅か、 もう一人は出産を控えている。 後者は、命の誕生を相方に伝えたいのに、 状況が状況なのでなかなか伝えられない。 伝えても、後ろめたさがのこる。 少しでもガンな親友に寄り添う為、 また相方の夫は家事がてんでダメなのもあり、家事の手伝いに行こうとすると、 夫は「そこまでしなくても」と言う。 夫にしてみれば、 愛の対象が自分ではなく、 相方に向いているのにムッとくるだろう。 しかも、妻の言うことは非論理的だ。 しかし本作を観ると、 そういった不安定な時期にあるからこそ、 夫は妻を自由にさせた方がいいことが分かる。 まさに男の教科書であった。
  • MikioTakaoka
    4.0
    ドリュー・バリモアがトニ・コレットを看取ってから見せた微笑みが全て。
  • hirokikan
    3.6
    最近割と多い難病もののひとつだが、主人公2人の友情を軸に物語が展開するのに加え、トニ・コレットとドリュー・バリモアのキャラクターが明るいので、深刻にならず、気分良く見終わることができた。
  • janis
    3.6
    死を前にすることで、当たり前のように身近にいた人たちとの関係が、少しずつ変化する。埋もれていた思いが浮かび上がってきたり、相手の存在の重さに気づいたり。 自分がどれだけ周りの人に愛されているのか、普段はなかなか気づきにくいけれど、この映画ではすべての登場人物か愛に気づき、悩み、互いにすれ違ったり思いあったりしながら、最期の日に向かっていく。 丁寧に描かれていく日常のシーンは、自分の日常にも重なるようで、こんなにも人生って愛に溢れてるんだと、改めて感謝したいような気持ちになった。 隣で思い切り泣いてた友人が、「アンタが癌になったら看取ってあげるからね」…アリガトウ。
  • shima56
    3.6
    @TOHOシネマズシャンテ 16.12.14 劇場鑑賞79本目
  • あかり
    3.9
    良き。あったかい、友達と見るのにとてもナイスチョイスな一本だった ザ!!親友て感じの2人で一つのような人生を送っている、 こんなにも他人の人生に影響されることあるのかなて感じ、 わたしは人に影響されたくないと思っていたけど何百人友達がいるよりも幸せそうな人生も素敵だなて思った そしてがんになっちゃうけど辛さを感じるところが女だな、て 浮気役の人がイケメンすぎる、だれ!! 誘惑の目にやられた 嵐が丘の舞台もいいところだなあ あのシーンにぴったりで、内容と海の荒れ様がマッチしていた miss you already でいいじゃんタイトル!
  • Rui
    4.2
    この映画を観ながら思い浮かんだ友達を大切にしたいと感じた
  • HANABI
    3.4
    トニ•コレットが、結構好きなので観に行きました(o^^o)(特に、イン・ハー・シューズの彼女が好きです😊💕) もっと泣かされるかと思ったけど、そこまで号泣にはならなかったけど…f^_^;) 死を前にして、自分だったらどう行動するだろう、とか、いろいろ考えさせられた。 重くなりすぎないよう作られてたから、救われたかな❓😅 どれくらい人に優しく出来るかなぁ💦
  • ピロティ
    4.0
    タイトルが良い。 miss you already どうしてマイベストフレンドになっちゃったのかなぁ。 設定は悲しいんだけど、悲しみばかりを打ち出すのではなく、楽しめました。
  • sambalsoton
    4.0
    誰も悪い人は居ません。淡々と日常がある。観てみてください。4です。
  • guizi
    -
    当たり前に生活することが出来ない事への怒り。家族の成長を見届けてあげられない悲しみ。何よりも愛する人との間に壁をつくり、逃げている自分自身が空しい。愛する人はきっと、世界中の誰よりもミリーに生きていてほしいと願っているのに。 この作品の死を前提に生きること、はわたしたちにも当てはまる。死を前提に生きることは人が産まれた時から始まり、いつからか死に向かってゆく感覚は薄れる。生きていた時間が長いか短いか。いつ死ぬかの違いでしかない。いつ死ぬのか、が分かっているミリーの言葉は感覚が鈍っているわたしの心に響く。2人がmiss you alreadyと掛け合うシーン。miss you alreadyは既に恋しい離れがたいの意味だが、肉体が滅びても心が通っていれば永遠に親友でいるよという誓いのようにわたしは思えた。 他人事と思わずに、観てほしい作品。
「マイ・ベスト・フレンド」
のレビュー(905件)