映画初日満足度ランキング(11月第3週)発表!《Filmarks調べ》

満足度ランキング

毎週多くの映画が劇場公開されます。観たい作品はたくさんあるけれど、評判も気になるところ。

回、国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2016年11月第3週上映スタート映画の初日満足度ランキング」を発表。興行収入ランキングとはまた異なるラインナップが出るのが面白い点。ユーザー満足度の高い映画をチェックしましょう。

映画初日満足度ランキング(11月第3週上映スタート作品)

※2016年11月21日時点での★スコア(映画鑑賞後に★の数で評価をしたスコア/5点満点)とMark!数(ユーザーが観た映画としてレビューを登録した数/登録は1作品につき1人1件まで)を集計。★スコアが高い作品から順に「映画初日満足度ランキング」として算出。

■1位:『マイ・ベスト・フレンド』の評価・レビュー

マイ・ベスト・フレンド

(C)2015 S FILMS(MYA) LIMITED

・大人になったらまた見たい(20代・女性)

女子必見のハートフルな友情物語。観て良かった(40代・女性)

・映画館を出た後、親友に会いたくなった。(20代・男性)

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

■2位:『聖の青春』の評価・レビュー

聖の青春

(C)2016「聖の青春」製作委員会

・腎臓病で体がむくむ症例の村山を演じるため、20キロの増量を行った松山ケンイチはさすがだった(40代・男性)

・無駄な説明口調の台詞とかがなくて、映像、音楽、むしろ無音を交えての演出の数々にドキュメンタリー映画を見ているかのような生々しさが滲み出ている良作(20代・男性)

・泣いた。将棋って凄い(40代・女性)

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

■3位:『ガール・オン・ザ・トレイン』の評価・レビュー

ガール・オン・ザ・トレイン

(C) Universal Pictures

だんだん真実が明らかになっていくのが、ハラハラして面白かった。男は単純だし、女は怖い(20代・女性)

・大好きな映画「ヘルプ」の監督最新作。終始ゆっくり&ダークな展開で楽しめる大人の作品。ノーメイクのエミリー・ブラントの熱演は見もの(20代・女性)

・こんなアメリカンミステリーもいい(50代・男性)

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

■4位〜の作品はコチラ!

4位:『世界の果てまでヒャッハー!

世界の果てまでヒャッハー!

(C)AXEL FILMS – MADAME FILMS – M6 FILMS – CINEFRANCE 1888

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

5位:『機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜

機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

6位:『胸騒ぎのシチリア​

胸騒ぎのシチリア

(C)2015 FRENESY FILM COMPANY. ALL RIGHTS RESERVED

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

初日満足度

※ ★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品を上位にしています。
※ 本ランキングは★スコアが3.0以上の作品を掲載しています。
※ 本ランキング及び記事内のデータは2016年11月12日時点のものです。

その他上映映画もチェック!

・『orange 未来
・『むかしMattoの町があった
・『退屈な日々にさようならを
・『劇場版 暗殺教室 365日の時間
・『灼熱​
・『リバイバル 妻は二度殺される
・『VR ミッション:25
※特集記事:近未来への警告!?バーチャル・リアリティ・ゲームの恐ろしさを描いた映画に注目!
・『ブルゴーニュで会いましょう
・『雨にゆれる女
・『家族の日

公開映画

ほか話題作のレビューが無料読み放題!

Filmarks

Filmarksでは、試写会や海外で一足先に鑑賞したユーザーの賛否両論さまざまなレビュー投稿があり、過去作も含めた約7万本の映画に集まったレビューは2,000万件以上。今回の初日満足度ランキングとあわせて、今後の映画鑑賞の映画選びに役立ててみてはいかがでしょうか。

■映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」

■記事元 プレスリリース

※2022年12月23日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • ほのぼの
    5
    この映画はうちが死ぬまで他の映画見続けたとしても、1番心に残るし何回見ても何回も泣ける映画。親友のこと大事にしようと思う。
  • MIKI
    3.6
    自分も2週間後に検査を控えているので、かなりリアルな気持ちで観た。 人は、誰もが死ぬ。 これは,皆平等だ。 でも、時期は分からない。 いつか必ず死が来ることを意識することで、今を大切に生きることができる。
  • ごんす
    3.9
    この映画を観て思い出した遠い記憶を… 高校生の頃クラスメイトにいつも二人でいる女子二人組がいた。 ある日片方の子に彼氏ができ、そのことをもう片方の子は人づてに聞いたらしく「仲良いのに彼氏ができたこと私に言ってくれなかった!」と怒っていた。 知らんがなと思いつつ「そういうのって自分から言いにくいのかもよ」と言ってみると「そんなの分かってるけど、ちゃんと祝福したいから言ってほしかった!」と食い気味に言われ少し怒られた気持ちになり凹んだ。 当時学校が終わると直帰して再放送のドラマを観ながらお菓子を食べるのが楽しみだった自分には心底どうでもいい話だったので彼女達の問題についてはそこで思考停止してしまい、彼女達の友情がどうなったのかは知らないまま卒業。 卒業後も二度と会っていないし二人の名前ももう思い出せない。 こういう忘れてた記憶を思い出す時点で映画として最高。 本作を観て幼馴染みの二人を観る系の映画はいくらあっても良いなと思える映画だった。 病で入院中のトニ・コレット演じるミリーが母にジェス(ドリュー・バリモア)の出産に立ち会いたいと伝える。 その頼みを聞いた時の母のカッコ良さに泣いた。 ベタベタ描かなくても親子の関係性の強さが伝わってくる。 こういう親子愛の描き方は凄く好き。 ミリーとジェスの友情は微笑ましくもあるが、二人のノリのようなものは最初は「ふーん」と何気なく観ていた。 しかし終盤それが一気に愛しくなり泣けてくる。 近年は『ヘレディタリー継承』のせいで恐怖顔のイメージがついていたトニ・コレットは今回泣けてくる様な顔をしていた。 欲を言えば…というか好みの問題だけどモノローグで綺麗に物語が閉じられていくのが少し惜しい! でも彼女達の物語だし、二人の関係性を観ているとこの終わらせ方も素敵だなと思った。
  • suzuka
    4
    親友のふたりが直面してるのは真反対の生と死で、日々見る景色や感じるものが全く違うはずなのに、愛に溢れたふたり。もちろん喧嘩もする。真正面からぶつかり合うけど、それもこのふたりだからできるよね。 出産のシーン最高。 最期もふたり手を取り合ってた。 ただ、邦題どうにかしてほしい... MISS YOU ALREADY でしょ!これは!
  • イシダ
    4
    記録
マイ・ベスト・フレンド
のレビュー(11205件)