映画初日満足度ランキング(11月第3週)発表!《Filmarks調べ》

満足度ランキング

毎週多くの映画が劇場公開されます。観たい作品はたくさんあるけれど、評判も気になるところ。

回、国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2016年11月第3週上映スタート映画の初日満足度ランキング」を発表。興行収入ランキングとはまた異なるラインナップが出るのが面白い点。ユーザー満足度の高い映画をチェックしましょう。

映画初日満足度ランキング(11月第3週上映スタート作品)

※2016年11月21日時点での★スコア(映画鑑賞後に★の数で評価をしたスコア/5点満点)とMark!数(ユーザーが観た映画としてレビューを登録した数/登録は1作品につき1人1件まで)を集計。★スコアが高い作品から順に「映画初日満足度ランキング」として算出。

■1位:『マイ・ベスト・フレンド』の評価・レビュー

マイ・ベスト・フレンド

(C)2015 S FILMS(MYA) LIMITED

・大人になったらまた見たい(20代・女性)

女子必見のハートフルな友情物語。観て良かった(40代・女性)

・映画館を出た後、親友に会いたくなった。(20代・男性)

■2位:『聖の青春』の評価・レビュー

聖の青春

(C)2016「聖の青春」製作委員会

・腎臓病で体がむくむ症例の村山を演じるため、20キロの増量を行った松山ケンイチはさすがだった(40代・男性)

・無駄な説明口調の台詞とかがなくて、映像、音楽、むしろ無音を交えての演出の数々にドキュメンタリー映画を見ているかのような生々しさが滲み出ている良作(20代・男性)

・泣いた。将棋って凄い(40代・女性)

■3位:『ガール・オン・ザ・トレイン』の評価・レビュー

ガール・オン・ザ・トレイン

(C) Universal Pictures

だんだん真実が明らかになっていくのが、ハラハラして面白かった。男は単純だし、女は怖い(20代・女性)

・大好きな映画「ヘルプ」の監督最新作。終始ゆっくり&ダークな展開で楽しめる大人の作品。ノーメイクのエミリー・ブラントの熱演は見もの(20代・女性)

・こんなアメリカンミステリーもいい(50代・男性)

■4位〜の作品はコチラ!

4位:『世界の果てまでヒャッハー!

世界の果てまでヒャッハー!

(C)AXEL FILMS – MADAME FILMS – M6 FILMS – CINEFRANCE 1888

5位:『機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜

機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜

6位:『胸騒ぎのシチリア​

胸騒ぎのシチリア

(C)2015 FRENESY FILM COMPANY. ALL RIGHTS RESERVED

初日満足度

※ ★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品を上位にしています。
※ 本ランキングは★スコアが3.0以上の作品を掲載しています。
※ 本ランキング及び記事内のデータは2016年11月12日時点のものです。

その他上映映画もチェック!

・『orange 未来
・『むかしMattoの町があった
・『退屈な日々にさようならを
・『劇場版 暗殺教室 365日の時間
・『灼熱​
・『リバイバル 妻は二度殺される
・『VR ミッション:25
※特集記事:近未来への警告!?バーチャル・リアリティ・ゲームの恐ろしさを描いた映画に注目!
・『ブルゴーニュで会いましょう
・『雨にゆれる女
・『家族の日

公開映画

ほか話題作のレビューが無料読み放題!

Filmarks

Filmarksでは、試写会や海外で一足先に鑑賞したユーザーの賛否両論さまざまなレビュー投稿があり、過去作も含めた約7万本の映画に集まったレビューは2,000万件以上。今回の初日満足度ランキングとあわせて、今後の映画鑑賞の映画選びに役立ててみてはいかがでしょうか。

■映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」

■記事元 プレスリリース

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 英国のカモ
    4.2
    泣泣 wuthering heights の 荒地のシーンも良かったし イギリス行きたいーってなった 辛すぎるけど、、 良い映画だ
  • 123456789
    5
    泣けた……二人の関係が本当に素敵だった😭親友って本当にかけがえのない存在だと改めて思えた。
  • shiori
    -
    記録
  • むぅ
    3.6
    会いたいよ! その言葉が1番素直に言えるのは大切な友人達な気がする。 コロナでなかなか集まれなかった友人達と久しぶりに会った時、 「嬉しい、楽しい、大好き」と泣いた。いつもなら「ドリカムか!」と突っ込まれそうなものだが、あまりの事に「な、泣いてる!」と爆笑された。 大親友のミリーとジェス。 環境は変わっても幼い頃からの関係はそのままと思っていたのに、ミリーに乳がんが見つかり、不妊治療を続けていたジェスはやっと妊娠する。本来ならばジェスは2人の子供を持つミリーに、喜びを伝えたいのだけれど...。 相手を想うからこそ言えなくなること、タイミングを見計らった故に最悪のタイミングになってしまうこと、相手の"優しさ"だとわかっているのにその"優しさ"を"距離"に感じてしまうこと。 そこに"生"と"死"があるから、その想いが一瞬として同じ形にならない様子が描かれている。 相手を想う気持ちは変わらないのに。 心配されるのは良くても、可哀想とは思われたくないミリーの強がりや、そんなミリーの性格を知っているからこそのジェスの迷い、どれもわかる!だった。 観ながら大好きな友人達の顔が浮かんだ。我ながら本当に人に恵まれた人生だと思う。 「枝毛が出来るのは若い証拠だ」 「わかる」 「先細っていくだけで分かれやしない!」 「今度のドラマさぁ」 「出た」 「綾野剛がね」 「出た、やっぱり」 「ねぇ、私から何が出てんの、さっきから」 「彼氏の予定次第かも」 「もちろん!」 「ごめんね」 「いや、彼氏優先されてムッとするような人とは友達にならないくらいの年齢じゃない?」 「間違いない」 「みんなで会うと楽しすぎて翌日の副反応がひどい」 「うまいこと言おうとしなくていいから」 今のところ"生"と"死"は色濃くない。でもこのしょーもない会話が、キラキラ輝く宝物だったと改めて思う日がくるんだろうなと思った。 会う機会が減ったってずっと大好きな友人達に、やっぱり会いたくなる。
  • cuumma
    3.8
    同じように笑い、泣き、時を過ごしてきた幼馴染の親友。 人生の大事な時には、必ずそばにいてくれる…親友っていいなぁ。
マイ・ベスト・フレンド
のレビュー(10395件)