2016年上映映画満足度ランキング 《FILMAGAライターイチオシの10本》

2016.12.27
【期間限定】編集企画

Filmarks編集部

フィルマーくま

邦画が豊作だった2016年の上映映画。皆さんは今年上映した映画の中で一番満足だった映画は何だったでしょうか。

今回、国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、2016年に劇場で上映された映画を対象に、★スコア(映画鑑賞後に★の数で評価をしたスコア/5点満点)とMark!数(ユーザーが観た映画として登録した数/登録は1作品につき1人1件まで)を集計し、それぞれの数値が高い作品から順にランキング化しました。

第1位になった今年一番の注目映画とは? 今年ユーザー満足度の高かった映画を振り返りましょう。

2016年上映映画 満足度ランキング(★スコア数順)

■1位:『この世界の片隅に

この世界の片隅に

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

■2位:『シング・ストリート 未来へのうた

シングストリート

(C)2015 Cosmo Films Limited. All Rights Reserved

■3位:『PK

PK

(C) RAJKUMAR HIRANI FILMS PRIVATE LIMITED

■4位:『湯を沸かすほどの熱い愛

湯を

(C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

■5位:『怒り

怒り

(C)2016映画「怒り」製作委員会

■6位:『ズートピア

ズートピア

(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

■7位:『シン・ゴジラ

シン・ゴジラ

(C)2016 TOHO CO.,LTD.

■8位:『永い言い訳

メイン

(C)2016「永い言い訳」製作委員会

■9位:『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

civil

(C)2015 Marvel.

■10位:『君の名は。

君の名は

(C)2016「君の名は。」製作委員会

jyouei_manzoku_2016

2016年鑑賞数 映画ランキング(Mark!数順)

1位:『君の名は。
2位:『ズートピア
3位:『オデッセイ
4位:『シン・ゴジラ
5位:『デッドプール
6位:『怒り
7位:『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
8位:『ルーム
9位:『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
10位:『ファインディング・ドリー

jyouei_mark_2016※ 本ランキング及び記事内のデータは2016年12月14日時点のものです。
※ 映画満足度ランキングの小数点第3位以下は四捨五入して表記しています。
※ 満足度(★スコア)ランキングはMark!数が3,000件以上の作品を対象としています。

■記事元 プレスリリース

《2016年》FILMAGAライターイチオシの映画ベスト10

FILMAGAライターの2016年のイチオシ10本も選んでもらいました。映画好きのFILMAGAライターが今年読者におすすめする映画とは? 今年執筆した記事と一緒にお読みください。

侍功夫

1位:『タイガー・マウンテン 雪原の死闘

近年傑作しか作らないツイ・ハークの大吟醸。映画はこんなに自由だ!

2位:『マジカル・ガール

根本隆とマジメに向き合ったような傑作。

3位:『HiGH&LOW THE MOVIE

カッペが夢に見る“東京”の全てが詰まった最新不良ファンタジー。

4位:『PK
5位:『Sultan
6位:『シン・ゴジラ
7位:『貞子vs伽椰子
8位:『LOVE【3D】
9位:『ソーセージ・パーティー
10位:『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

■参照記事:
ニッポン製不良映画の最新モード『HIGH&LOW THE MOVIE』の魅力
【ネタバレあり】『PK』と『ソーセージ・パーティー』が描いた「宗教の意味」
遂に公開!『シン・ゴジラ』に込められた“シンの意味”を解き明かす!

竹島ルイ

1位:『この世界の片隅に

邦画が豊作だった2016年末に、ひっそりと公開された小さなアニメーション作品がまさかのオールタイムベスト級大傑作。今でも映画の1シーンを思い出しては涙目になる。

2位:『シン・ゴジラ

人間ドラマを徹底排除し、対ゴジラのポリティカル・アクションとしてまとめあげた庵野秀明の嗅覚に脱帽。日本人が誇れるエンターテインメント大作が誕生したことに感謝。

3位:『レヴェナント: 蘇えりし者

撮影監督エマニュエル・ルベツキの流麗なカメラワークにただただ溜息。映画はまず「画」であることを再認識させてくれる。

4位:『サウルの息子
5位:『リップヴァンウィンクルの花嫁
6位:『シング・ストリート 未来へのうた
7位:『淵に立つ
8位:『ロブスター
9位:『マジカル・ガール
10位:『ヴィクトリア

■参照記事:
あなたが『この世界の片隅に』を観なくてはいけない5つの理由

くつみがき

1位:『山河ノスタルジア

餃子のシーンがとても好き。別れた小さな息子と久しぶりに会う母親が一つひとつ手にとってつくった餃子を、こどもと顔を見合わせながら淡々と食べる姿に涙と涎がこみあげました。母の胸の内には火傷するほどに熱い思いがあっただろうに。そして息子は遠い未来で思い出す。記憶の底から溢れ出す愛の味を。大好きです。

2位:『湯を沸かすほどの熱い愛

しゃぶしゃぶのシーンがとても好き。家族みんなで食卓を囲み、肉をつまんで湯に踊らせつつ、もっと食べなよとお皿によそってフフフと笑い合う姿に心とお腹がキュンとなりました。沸き立つお湯は身をほぐし、芯から温めてくれる。思わずふーっと一息でちゃう、あの幸福感。大好きです。蟹も好きです。

3位:『Every Day

おむすびのシーンがとても好き。人がつくる料理には、その人の面影や気持ちが加わっているように感じられます。特別な、その瞬間の味わいが心を打ち、いつまでも胸に残り続ける。

4位:『この世界の片隅に
5位:『アスファルト
6位:『コインロッカーの女
7位:『ヴィレッジ・オン・ザ・ヴィレッジ
8位:『SHARING
9位:『PK
10位:『バベットの晩餐会

■参照記事:
好きな映画がきっと見つかる×ゲストトークが目白押し!11月下旬開催の映画祭特集

もい

1位:『ジャングル・ブック

アニメーションのジャングルブックは音楽は記憶によく残りますが、ストーリーはあっさりとしていて、ボヤッとしか覚えていませんでした。しかし、今回の実写では、ストーリーを深く掘り下げた上で、今の時代に合わせた新たな展開を追加するという、ただの「実写映画化」作品ではなかった点に驚きました。この作品を観る事によって、さらにアニメーション版が好きになるという不思議な効果があります。

2位:『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

まさかこのような作品だとは・・・思いもよりませんでした。シリーズの陰には悲しいバックグラウンドストーリーがあったことをオープニングのテキストだけでなく、改めて映像化することで、シリーズがより重く深いものとなりました。もう一度シリーズを見直したくなりますし、またあんなキャラやこんなキャラがまさかの登場で、涙が止まりませんでした。それに、アニメーションの『スター・ウォーズ 反乱者たち』を観るとさらに面白くなります!

3位:『ゴーストバスターズ

何にも考えずに笑えるコメディが最近ではなかなか劇場で観られないので、とても貴重でした。シリーズ1作目と同様に、ニヤリとしてしまう豪華なキャスティングには、サタデー・ナイト・ライブ ファンにはたまりません。女性キャストだから・・・と色々と言われていましたが、結局はシリーズに対する愛が詰まった作品に仕上がったと思います。

4位:『デッド・プール
5位:『ファインディング・ドリー
6位:『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
7位:『ズートピア
8位:『ジェイソン・ボーン
9位:『シン・ゴジラ
10位:『インフェルノ

■参照記事:
【ネタバレ】単純な実写映画ではない!『ジャングル・ブック』現代によみがえる
「全米が泣いた」はもう古い?大人の心をワシづかみする『ファインディング・ドリー』
早くも辞めたくなった新社会人は必見『ズートピア』に学ぶ面倒な上司のタイプ別攻略法

ne22co

1位:『この世界の片隅に

予想の遥か、遥か上をいく素晴らしさだった。エンドロールの最後の最後まで涙が溢れました。映画史に残る傑作です。

2位:『キャロル

ある言葉を境にして入れ替わる視線、時がとまり、終わりの予感からの余韻ある始まりに心つかまれました。

3位:『ルーム

実際に起こった恐ろしい事件を伝えるだけではない、これほどにたくさんの愛と希望(そして教訓)に満ちた作品として伝えられるのは、映画ならではだと思います。

4位:『シング・ストリート 未来へのうた
5位:『君の名は。
6位:『シン・ゴジラ
7位:『オーバー・フェンス
8位:『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた
9位:『リリーのすべて
10位:『父を探して

■参照記事:
後世に残る傑作の誕生!3900万円の支援金を集めた『この世界の片隅に』の魅力とは
圧巻の映像美と神秘的な音楽があなたを虜に!『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

みやしゅん

1位:『怒り

バケツをひっくり返されたみたいに、心の奥底で蓋をしてい感情が投げ出されて、気づいたら涙が出ていた。言葉にできない作品は初めて。

2位:『ビューティー・インサイド

映画史上初の1役123人。CMクリエイターの創り出す美しい画には、ため息が出る。ラストシーンのハン・ヒョジュの台詞はどの恋愛映画にも負けない名台詞なので要チェック!

3位:『すれ違いのダイアリーズ

恋愛映画と見せかけて、教育に関する哲学が全篇に渡って語られている名作。ダメダメな新任教員ソーンと児童とのやり取りには思わずほっこり。教育に携わる全ての人に観て欲しい名作。

4位:『世界から猫が消えたなら
5位:『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
6位:『ちはやふる 上の句
7位:『ザ・ウォーク
8位:『君の名は。
9位:『ピンクとグレー
10位:『ルーム

■参照記事:
【映画史上初】あなたの価値観を打ち砕く“123 人1 役”で綴った究極の愛。
【邦画史に刻まれる】128億円の裏で起こる“超”エモーショナルな革命を見逃すな!
なぜ『ちはやふる』は起死回生出来たのか?心震える青春映画に隠された共感トリック

いと

1位:『君の名は。

単なる人格転移ラブコメかと思いきや中盤からシリアスな展開に軌道変更し、男性でも女性でも、大人であっても子供であっても鳥肌の立つような物語運びにしていて「アニメ」と言うくくりではなく「映画」としてのくくりとしてトップクラス作品だと感じました。

2位:『ハドソン川の奇跡

実際に起きた事故を追う90分。巷では英雄と呼ばれる自分が行った行動は果たして本当に正しい事だったのか、を驚くほどの緊張感を持った演出で描かれていて「全員が助かった奇跡の事故」と分かっていながらも手に汗握ります。

3位:『追憶の森

絶望を抱え日本の青木ヶ原樹海に自殺するために来た男が出会った謎の男とそこで再び迎えることになる人生の岐路。『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』のガス・ヴァン・サント監督らしい暖かな再生の物語です。

4位:『シン・ゴジラ
5位:『ズートピア
6位:『ヒメアノ~ル
7位:『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
8位:『オデッセイ
9位:『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた
10位:『ザ・ウォーク

玉澤千歩

1位:『この世界の片隅に

今までに見た映画の中で登場人物がきちんと存在していました。ありふれた日常の中にある希望や苦悩を丁寧に描いていて、見終わった後に自分の住んでいる町を目に焼き付けたくなります。何度でも見たくなる宝物のような映画。

2位:『シン・ゴジラ

蒲田ゴジラのありえない可愛さと恐怖ですべてを包み込んだ映画。ド派手なことをしなくても、やりたいことをきちんと描けば面白いことを証明してくれた傑作。激アツ。

3位:『死霊館 エンフィールド事件

ただこわいだけでなく“家族”という強いメッセージを持った力強い作品。そのため、ホラーが苦手な人にもオススメできるエンタメ作品に仕上がっています。悪魔の見た目がマリリン・マンソンであることも最高。

4位:『シング・ストリート 未来へのうた
5位:『HiGH&LOW THE MOVIE
6位:『ドント・ブリーズ
7位:『ライト/オフ
8位:『何者
9位:『エクス・マキナ
10位:『日本で一番悪い奴ら

■参照記事:
【一瞬も気を抜けない81分】1億5000万回再生!話題の動画を元にした恐怖映画
私たちは何者なのか? 悩める若者たちの背中を押してくれる三浦大輔監督と『何者』

Nekubo

1位:『ザ・ボーイ 人形少年の館

人形ホラー映画というジャンルの新たな切り口を観せてくれた。清楚な愛らしさと不気味さを持つブラームス人形に萌える。

2位:『ドント・ブリーズ

盲目の老人の家に盗みに入ったら返り討ちに遭うという、ただそれだけのシチュエーションだけで楽しく、そして"最恐"に怖がらせてくれるホラー映画の逸品。

3位:『コップ・カー

焦るベーコン!走るベーコン!怒るベーコン!強いベーコン!ベーコンの魅力が詰まった渋い傑作。

4位:『イット・フォローズ
5位:『クリムゾン・ピーク
6位:『デッドプール
7位:『X-MEN:アポカリプス
8位:『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
9位:『キング・オブ・エジプト
10位:『シン・ゴジラ

松平光冬

1位:『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

赤狩りに抗ったトランボの、ユーモア交えた不屈の精神に拍手。ブライアン・クランストンを筆頭に、役者陣のなりきり演技もあっぱれ。

2位:『マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり

サイモン・ペッグは言うまでもなく、レイク・ベルのコメディエンヌぶりが抜きん出て良い。手頃なランニングタイムで観られるのも高評価の理由。

3位:『スポットライト 世紀のスクープ

アカデミー作品賞を獲ったのにいささか話題性に欠けてしまったが、熱いチームワークものとしてのツボを押さえているし、記者としての職務を示すラストがいい。

4位:『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
5位:『ハドソン川の奇跡
6位:『ドラゴン・ブレイド
7位:『オデッセイ
8位:『スティーブ・ジョブズ
9位:『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
10位:『ゴッドスピード

■参照記事:
名誉と反逆を重んじた不屈の脚本家ダルトン・トランボと、”赤狩り”騒動をひも解く
『スポットライト』にも負けていない!メディア報道をいろんな角度で描いた映画選
まるで舞台劇!伝記映画の枠を超えた伝記映画『スティーブ・ジョブズ』ついに公開

yasuukusayan

1位:『君の名は。

アニメ作品は絵が大事。本作はとにかく絵が美しい。加えて、物語の世界感の広大さ。始めのうちは男の子と女の子の身体が入れ替わるだけのドタバタコメディかと思いながら観ていたら、なんと時空を遡るSF的な要素を取り入れた予想外の展開に度肝を抜かれました。タイトルを象徴するラストシーンの切なさにグッと来ました。

2位:『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

エピソード3とエピソード4の空白の19年間を描いた後付けの物語でありながら、よくもまぁ、こんな話を創り上げるものだと感心させられるほど、スター・ウォーズシリーズとして違和感のないストーリー運びでした。特にエピソード4に繋がるラストシーン。あの人が38年前のまま再登場しています。今のCG技術に感動。

3位:『この世界の片隅に

128分というアニメにしては長尺。その分、戦前から戦後に至る庶民の生活を丁寧に描いています。戦争映画というと、兵隊を中心に戦地での戦争の悲惨さを伝えようとしていますが、本作は戦時下の庶民の生活を通して、戦争の悲惨さを伝えている点で戦争というものがいかに残酷で愚かなものなのか、より一層伝わってきます。

4位:『シン・ゴジラ
5位:『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
6位:『ジャングル・ブック
7位:『海賊とよばれた男
8位:『ちはやふる 下の句
9位:『オデッセイ
10位:『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • すみれ
    4.7
    自分で選択して進んできたものってなんだろうなあ エンドロールでこんなにも近くで大切な人を失った人がいるのかと思ったら涙とまらなかった、、
  • mochashake
    4.5
    戦争が背景だけれども、戦争映画ではなく、ただひとりの女の子が普通に生きていったらこんな人生になったという、ただそれだけなのに心うたれる映画だった。エンドロールも素敵だった。
  • まほ
    4.7
    記録
  • Oto
    3.6
    (ANA機内上映) テンポが良くて飽きずに観られた。アニメと絵の融合、少しの笑い(憲兵,熟睡)とか工夫もあったけど、絶賛するほどの新しさはないかなー、幸せなことに戦争や身近な人の死を経験してないので傍観して観ているからだろうけど。 「今ここに絵の具があれば」→「良かった?」「・・・右手」「歪んでるのはうちじゃ、左手で描いた絵みたいに」の流れは響いた。冒頭のカゴとかスイカが効いてくるのも良かったし、ラストの幼い子も残酷さと温かみを両方感じた。 リンさんどうなったんだろ… 「傘持ってきた?」便利だな。
  • zun
    4.4
    戦時中の日常風景。 よくある戦争映画とは違い、悲惨さもある中で日常の中の幸せな部分が垣間見られた。 だけど重くて考えさせられる。 これは刺さった。
  • 8cs
    4.0
    画が素敵でした
  • nezumiii
    4.5
    とてもいい映画。ぼんやりしてるかと思ったらちゃんと怒ったり、とても人間らしい主人公が好感がもてる。 アニメーションと主人公が描く劇中の絵が時々混じり合い、美しい。
  • b
    3.7
    本作には「時間」という主題があったと思う。殊に一個人の認識する時間経過という点に本作の表現の重点が置かれていたようだった。一個人の認識する時間経過とはすなわち過去のことであり、この物語はおそらく後年になってすずが過去の記憶を手繰り寄せて構築したものだろう。ややテンポの速すぎるエピソード展開によって断続的にストーリーが進行し、それが記憶というものの本質をついているような気がした。つまり、記憶とは線ではなく点であるということが殊更強調されていたのだと思う。70年以上前、「すず」という女性が呉にいたのだろうという郷愁にも似たような感慨に浸るのがこの映画の醍醐味であるように思える。
  • 黒川
    4.8
    原作は未読。買うっきゃない。 劇場で観られて本当に良かった。クラウドファンディングに協力して下さった皆さんに本当に感謝してるし自分も協力したかった。 いきなりこうの文代先生の絵が動いていることに感激してしまった。それと同時に微妙に地面に接していない人物の足元と能年玲奈改めのんさんの声に違和感を覚えたが、数秒後には物語にのめり込んでいた。 これはすずさんの戦前〜先直後までの日記だ。いわゆる「物語」というものではない。綿密な取材に基づくフィクションの中の実話なのだ。日記なので事件など特に起こることはない。淡々と日常が過ぎていくだけだ。幼い日々、嫁ぐ日が来、戦争が始まり、そして終わる。何かが起こるがそれは日常の延長でしかない。だが戦後72年を経た現在(すずさんの幼少期を入れれば90年以上前のことだ)、その日常はどこかファンタジー的だ。どこか架空の国のような、でも懐かしくて温かい。ファンタジー的と言ったがファンタジーでもなんでもなく、当時の現実を再現しているのだ。それに気づいた瞬間、すずさんはぐっと我々に近付いてくる。 殆ど実話の様な「物語」で、それにアニメーション作品なのに、今まで(そう多くは観ていないが)観た戦争映画の中で一番本作の空襲シーンが恐ろしい。落とされた爆弾の爆風で家鳴りがする。爆音の振動で割れるガラス、ずれる瓦。本作の「実話」部分が我々に襲い掛かってくる。すずさんは多分自分の亡くなった祖母とあまり年が変わらない。そう思うと祖父母は何も語らなかったが、本当にこのような空襲を経験し、防空壕へと駆け込み、あの玉音放送を聞いたのだという妙な実感と、生きていてくれたことへの感謝しか浮かばない。 ファンタジーと現実、物語と現実が入り混じった物語は幻想的で、その中に更に別の物語さえも湛えている。その構造に飲み込まれ息もできなくなりながら流され沈み、だが終着点は落ち着きを取り戻した静かな海だった。何回も言うけど観られて良かった。
  • YosukeUchino
    4.0
    じわじわ
  • EMY
    4.8
    良さそうだとは思っていたけど、戦争映画と思うとなかなか足がむかずにいました。 逞しく慎ましやかに、マイペースさも忘れず生きてた人達のそれでも…な辛さがにじんでいました。毎日葛藤もあったろうな、辛いことがあったらますますだろうな。それでもちゃんと生きてたことにただ尊敬の思いを抱きました。 すずさんの声、のんちゃんすごく合ってた。たくさんの思いが伝わるお芝居でした。 絵のタッチや過剰でない表現が優しさも悲惨さも引き立てているように思いました。
  • ののの2
    -
    記録
  • Rie
    4.8
    かけがえのない日常があった。あまりにも大きな理不尽に絶望しそうになっても、日々の営みを手放さず生きている姿には心動かされた。とても愛しい映画だった。
  • トニートニーチーボー
    3.6
    戦争の学びにはなった、皮膚の下のとこで何かが蠢いたような、忘れたような ただ、少し泣いた
  • こせ
    4.5
    のん、流石でした。
  • Showta
    4.5
    まず、すずさんを演じたのがのんちゃんでよかったと思えるぐらいよかった。作品自体も戦争がテーマだが、そんなに重くはなく、くすっと笑えるようなシーンもある。だが、その中にも強く生きる人間の姿が描かれていて、涙が出てくる。多くの人に感動を味わってほしい作品。
  • chica
    4.0
    タッチが可愛らしいだけに、つらさが増す。鑑賞中は号泣、その後もだいぶひきずる。 たぶん原作を忠実に再現したのだろうけど、すずさんの1日1日を日記のように淡々と語っていくという語り口は、長編映画としては少し朴訥とした印象を受けた。連続アニメの総集編を見てるような感覚。でも戦後70年以上たった今、こんな風に誰にでも見やすい形で、それでいて生々しく、リアルな戦時中の日本を描いた映画が生まれたということが素晴らしい。 露骨に平和主義、反戦として描いていないだけに、波乱の世に翻弄されすずさんが精神的にも身体的にも変わっていく様が余計に「戦争の悲惨さ」を際立たせる。 戦争はいけない、そういう気持ちにさせられるとても尊い作品だけど、やっぱりいざ見るとなると重い、つらい、と感じてしまう自分もいる。
  • ぴろし
    4.8
    現実ってこういうことでした。 1人で観ればよかった
  • カレン
    4.8
    何があっても明日も明後日も生きていかなきゃいけなくて、気丈に頑張る人たちに心打たれた。自分がどういう気持ちかも分からないまま涙が出た、本当に今年一番いい映画かもしれないなあ
  • yoshichiha
    4.0
    小さい子どもがいたら泣くと思う。
  • エド
    3.9
    戦争を題材としてるからてっきり悲しい物語と思ったけど、そうでもなかった。逆にほのぼのとしていた。能年玲奈改めのんの声がそんな雰囲気を醸し出していたのかも。
  • エスパーいとぅ
    4.8
    名作「火垂るの墓」と同様、太平洋戦争下の一般市民が主人公。 ただ火垂るの墓と比べ、この作品は希望に溢れている。 もちろん状況的にはどんどん悪化し、生活も質素倹約の方向に進んでいく。 当たり前の日常が当たり前のように悪化していくなかで笑顔を忘れず気丈に暮らす家族だが、気持ちの中に様々な闇を抱えていく。 ほんわかとした雰囲気の中に潜む陰がなんとも切ない。 観終わった直後はあまりピンと来ない部分もあったが、思い返して涙が止まらなくなったのは初めての経験だ。 目を背けたくなるような過去だが、それを知り始める第一歩としてこの作品はオススメ。
  • SoRa
    4.3
    すずちゃんの呑気でみんなから愛される性格とは反対にどんどん酷くなる戦争の描写が抜群でした。
  • Y子
    3.3
    戦時中ってこんな感じだったんだなあ、、、と思った。 途中泣けるとこもあり、良い映画ではあったけど、とにかく能年玲奈の声が能年玲奈すぎて終始気になってしまった。。
  • tomo
    4.5
    戦争の中の日常を描いており、 普通に暮らせることって幸せなんだと感じられた。 のんの雰囲気がぴったり。
  • 20iga
    3.0
    ハードル高くしてしまった… いい映画だと思うんだけど、すずちゃんの行動が所々理解できない。
  • NN
    5.0
    この世界の片隅に、時代は違うけれどこんな暮らし、想いをしているひとがいるんだろうな。
  • Ayaka
    5.0
    久々にグサっときた。 こういう映画がずっと残り続けると良いな。 日々の全てに感謝したい。 食べ物を大事にして、 好きな人と居られることに幸せを感じなければ。 能年玲奈ちゃんの声が素敵すぎた。
  • 雨粒
    4.7
    のんちゃんの声は、始まって数分で気にならなくなった。 ぽへっと笑う時の目が三になるのが面白かった。 ファンタジーを少し交えることで、どの年代の人にも受け入れられる物語となっていた。
  • 岩田寿真
    4.6
    戦争は体験していないし、 発言できるほど、 考え詰めきれない、 重くて、複雑なテーマ。 観た方が良い映画だと、 心から思った。 海外でも公開するらしいけど、 戦争を経験している国であれば、 同じような経験、 もっと酷い経験もあると思う。 原爆が落とされた日本だから、 海外でも観てほしいと思うのか、 海外の同じようなテーマの映画を 自分は受け入れられるのか、 いろいろな考えが頭をまわって、 どうしてよいか、わからなくなる。 素直に直感で考えると、 幸せは素敵。戦争は最悪。 この映画は好き。 だけど悲しくなる。
「この世界の片隅に」
のレビュー(25640件)