【こんな映画を待っていた!】心躍る最高のラブストーリー『パーム・スプリングス』が面白い3つの理由

リモートワークにおうち時間、代わり映えのしない毎日に退屈している人、注目!観るだけでバカンス気分を楽しめる、超ハッピーなタイムループ・ラブコメディが4月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開します。
2020年サンダンス映画祭でプレミア上映され話題となり、2021年ゴールデングローブ賞でも2部門にノミネート!その他世界の映画賞でも11受賞36ノミネートされている大注目作『パーム・スプリングス』が面白い3つの理由をご紹介します!

【理由その1】こんな“タイムループ”見たことない!どっぷり浸かれる世界観!


2人がタイムループする舞台は幸か不幸か、カリフォルニアの開放的なリゾート地、パーム・スプリングス。気持ちの良い青空の下終わりなく繰り返されるバカンスに、ドライブして、チルして、踊って、とにかくやりたい放題!“こんなタイムループなら閉じ込められてもいいかも!?”とおもわず羨ましくなってしまうような、ゴキゲンなシーンの連続に気分が高まること間違いなしです。

また、今までタイムループ作品を敬遠しがちだったという人にもおすすめしたい、わかりやすくスピード感あるストーリーも魅力のひとつ。主人公の1人であるナイルズはすでにタイムループを経験済み。いわば“繰り返し”のベテランであるナイルズの存在によって、タイムループという摩訶不思議な現象も自然と受け入れやすくなり、物語にすっと入りこむことができます。さらに“他にもループ仲間がいるのでは?”など、さまざまな可能性を想像せずにはいられない!
声を出して笑えるハッピーなシーンと、ぐっと引き込まれる予測不能な展開が次々と押し寄せ“ループ”する、今までにない世界観を楽しめるタイムループ・ラブコメディです。

【理由その2】気づけば全員好きになる!癖になるキャストたち


豪華で個性的なキャストにも注目。何万回も同じ日を繰り返す“ベテランタイムルーパー”、ナイルズ役を演じるのは俳優のアンディ・サムバーグ。代表作には、自らが主役を演じ、製作も担当しているヒットコメディシリーズ『ブルックリン・ナイン–ナイン』などがあり、本作でもそのコメディの才能をいかんなく発揮。何万回もタイムループを繰り返していた……という、孤独さが際立ってしまいそうな役どころを、いい意味で悲壮感ゼロに好演。物語の明るくハッピーな雰囲気を演出します。

タイムループに巻き込まれるサラ役を演じるのは、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などで知られるクリスティン・ミリオティ。結婚式の幸せムードに馴染めずにいる姿や、不測の事態を前にした時の明るさや力強さ、さまざまな表情を魅力たっぷりに演じています。

さらに、ナイルズを狙う謎の老人、ロイ役には『セッション』でアカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズ
才気溢れるキャスト陣が、クセ強めながらどこか憎めない登場人物たちを見事に演じ、物語を彩ります。

【理由その3】観終わったあと大切な人と語りたくなるメッセージ性


ただ楽しいだけで終わらない、“楽しいの向こう側”に込められたメッセージ性の高さも、本作を語る上で欠かせないポイントのひとつ。

サラとナイルズにとって、無限に繰り返されるバカンスは最高にハッピー!なだけではありません。明日がこない日々のなか、時に孤独を感じながらも、誰かと人生を共に歩むことの意味や大切さに気づいていく2人の姿は、同じような毎日を過ごし現代社会を生きる私たちとどこか重なるものがあり、ハッとする人も少なくないはず。なにげない日常も、大切な人がそばにいてくれることも、すべてが当たり前ではない……2人が繰り返す“今日”を通して、そんな大事なことを思い出させてくれます。

“タイムループ”という定番ジャンルに、ポップで笑えるラブコメ、胸に染みるヒューマンドラマなどあらゆるエッセンスを融合した本作は、観終えたあとにおもわず感想を語り合いたくなる最高のデートムービー。家族や友人、恋人など、大切な人とぜひ楽しんで。

まとめ

なかなか旅行にも出かけられないこのご時世、無条件で気分が上がる“バカンス満喫型タイムループ・ラブコメディ”は、まさに新時代のマスターピース!
思いきり笑ってちょっぴり泣いて、観終わった頃には少しだけ“明日”が楽しみになる『パーム・スプリングス』、ぜひチェックしてみてくださいね。

◆『パーム・スプリングス』information

あらすじ:砂漠のリゾート地、パーム・スプリングス。妹の結婚式で幸せムードに馴染めずにいたサラは、一見お調子者だがすべてを見通したようなナイルズに興味を抱く。ところがナイルズを追って奇妙な洞窟に入ったせいで、一度眠りに落ちると結婚式の日の朝にリセットされる“タイムループ”に閉じ込められてしまった!しかもナイルズはすでにループにハマっていて、数え切れないほど同じ日を繰り返しているという。ふたりは本当に大切なものを見つけ、永久に続く時間の迷宮から逃れられるのか?

上映時間:90分
公開日:4月9日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
配給:株式会社プレシディオ
公式サイト:https://palm-springs-movie.com/
(C) 2020 PS FILM PRODUCTION,LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • TomokiHayashi
    -
    ジェシー健在でよかった
  • Ay57
    4
    記録
  • BROOK
    3.5
    鑑賞日:2021年4月11日(日) 良き良き作品! タイムループものなんだけど、他の作品だったらシリアスになりそうな展開を、想像以上に楽しむ2人がとても印象的♪ でも、終盤の展開はそうなるよね?みたいな…。 洞窟と恐竜とロイの件は謎として残ったけど、観て損は無いですよ。 オススメです!!!
  • ゆんぶりっく
    3.5
    結婚式の当日を永遠にループするナイルズ。 彼がループする瞬間に居合わせた新婦の姉サラも同じグループに巻き込まれることに! 特に大きな事件や助けるべき人が居るわけでもない、ある意味まったりタイムリープムービー!! 結婚式そっちのけでプールで泥酔している2人を見ていると無性にビールが飲みたくなる!! 序盤は度重なるタイムリープで達観したナイルズと、慌てふためきながらも環境に順応していくサラの雰囲気が最高。 「どうやってループを抜け出すのか」に関してはぶっちゃけ映画的には「言ったもん勝ち」感は否めません。 あくまで主軸は男女2人の恋愛模様でありループ現象は舞台のギミックでしか無いのですが、それでも楽しめるかどうかが分かれ目かと。 私はギリギリ楽しめました。
  • ひこくろ
    4.2
    タイムループものってよくあるけど、そこに恋愛関係を持ち込んだことでとても面白くなっていた。 ループの先輩でもう諦めきっているナイルズに対して、必死にループから抜け出そうとするサラの奮闘がまた面白い。 結局、何やってもダメで、その度に同じ朝に目覚めるのも、思わず笑ってしまう。 それでいて、サラが必死になる気持ちもよくかわって、リアルにはこうだよなあとも感じた。
パーム・スプリングス
のレビュー(7442件)