【再鑑賞おすすめ!】『君の名は。』をIMAX版で観るべき理由

2017.01.21
アニメ

2016年、映画界の最大のニュースと言ってもいい『君の名は。』の大ヒット。興行収入は現在までのところ、累計232億円を突破し、先週末からは、IMAX版の公開も始まり、週末の興行収入ランキングでは2位へと浮上しています。この成績はまだまだ伸びる見込みがあります。

さて、この『君の名は。』の「IMAX」バージョン、一体どのような仕上がりになっていて、鑑賞体験にどんな違いが生まれているのでしょうか。今回『君の名は。』の「IMAX」バージョンを鑑賞してきたので、その感想をご報告します。

■関連記事:【大ヒットの理由】ファンと観客に育てられた『君の名は。』新海誠監督インタビュー

IMAXとは

『君の名は。』のIMAXバージョンの魅力を伝える前に「IMAX」という上映規格についておさらいしておきましょう。

「IMAX」とは、カナダのIMAX社が開発した動画の規格、および上映システムのことで、35mmフィルムよりも大きい70mmフィルムのサイズのフィルムを垂直方向ではなく、水平に送っています。これによって通常のスクリーンよりも縦が長く、正方形に近いスクリーンで上映されるのが、元々のIMAXの上映規格です。

IMAX (CC BY-SA 3.0)
参照: An illustrative comparison between 35mm and 70mm IMAX negatives.

現在はフィルムではなくデジタルでの上映で、4Kデジタルでは1.43:1だったり2Kデジタルだと1.85:1だったりなど、作品によっても画角が微妙に異なるのですが、デジタルプロジェクター2台を使用し、高精細で明るい画質と専用スピーカーによるクリアなサウンド、そして面積の広いスクリーンサイズで、通常のスクリーンよりも遥かに映画の世界への没入感が高い体験が得られるという点には変わりません。

端的にいうと、より大きなスクリーンで、より緻密な画質とサウンドで映画を楽しめるのが「IMAX」ということですね。

『君の名は。』は元々、「IMAX」の規格で制作された映画ではありません。今回「IMAX」用のデジタルリマスタリング技術である「IMAX DMR」により、高画質、高音質へとフォーマット変換されたものを上映しています。

新海誠監督映画の武器が最大限に活きる

君の名は。ティザーカット

さて、「IMAX」への変換により、映画『君の名は。』はどんな恩恵を受けたのでしょうか。

空などの背景の美しさが一層際立つように

冒頭から「IMAX」による違いを実感できます。夜空に、彗星が上から下に一直線に落ちていくカットが、スクリーンが縦にも大きくなったおかげで迫力と美しさが格段に増しています。画面が縦にも広くなった分、落ちていくのをじっくり観察できるのですね。前寄りの席で鑑賞すれば、それこそ空を見上げるような感覚を味わえるのではないでしょうか

その他の、瀧や三葉が空を見上げるシーンなどでも、空の広がり方が通常のスクリーンで見た時とは、まるで別物に感じさせます。スクリーン面積が広い分、空の広大さが際立って、その広さに吸い込まれるような、そんな雰囲気を味わうことができます

総じて、「IMAX」化によって新海誠監督の武器である背景の美しさが一層際立つようになりました。夕暮れの美しさや、宮守の朝焼けの山の頂上からから見える風景など、新海監督がこだわり抜いた背景を存分に堪能できるので、すでに複数回鑑賞している方にもまた新たな発見があるでしょう。

リアリティのある”音”の臨場感により別世界へと没入してくれる

さらに、「IMAX」の高品質サウンドによって、細かい環境音なども聞き取りやすくなっています。

セミの泣く音だったり、教室のざわめきや、扉を開ける時の動作音、人物が動く時の衣擦れの音だったり、こうした小さな音の積み重ねが臨場感やリアリティを作り上げていることに気づくでしょう。そういう意味では作品世界へ、より深く没入できるようになっています。

「君の名は。」新ビジュアル

「IMAXって何?」という人は、まずは体験を!

「IMAX」は最高峰の映画鑑賞体験を与えると言われていますが、通常料金より割増の料金になっていることから敬遠してしまうかもしれません。

今後も全国に「IMAX」対応の映画館が増えていき、それ向けの作品も続々と作られていくかと思いますが、この最高の体験を、普段あまり映画館に行かない方たちにも是非味わっていただきたいと思います。同じストーリー、同じ映画でも、映写の質によっても、得られる感動は変わるということに気づくでしょう。

すでに通常のスクリーンで『君の名は。』を鑑賞された方も、「IMAX」版を観ると、また新たな体験として新鮮な気持ちで見ることができるはず。本作を観ていない方もこの期間限定の「IMAX」上映で『君の名は。』を鑑賞してみてはいかがでしょうか。

IMAX上映は、1/26までの期間限定上映。詳細は公式HP参照ください。

(C)2016「君の名は。」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ケンタ
    2.5
    色彩 タッチが繊細でとても綺麗な作品 話の内容は理解が難しい点がいくつかあるため、二度三度観れば良さに気づく気がする。
  • YuyaAyase
    3.9
    青春の「正」と災害の「負」が映像美と要所要所の言葉の美しさ、ストーリー構築の巧さでバランスよく融合された映画。「君の名」が思い出せなくなることに、色々な作者のメッセージが込められている気もする。
  • さきち
    4.1
    記録
  • riho
    4.5
    一度で何度も泣いた映画は初めて。 あまり期待しないで観にいっていたが、予想を遥かに超えた感動と興奮。
  • たね
    4.0
    新海作品のいちファンです。 映画としての完成度は高いしとても面白かった。 ただ新海さんの作品としてはちょっとだけ自分的にものたりなかったので☆4を。 作品自体はいろんな人に見てほしい作品だとおもいます(´∇`)
  • Ssk
    3.1
    三ツ矢サイダーみたいな感じ
  • tomori
    3.0
    否定的な感想も書いているので、苦手な方はスルーしてください。 この監督の作品をいくつか見ましたが、せつなさ漂う心情ポエムと、運命の出会いというものが好きなんだろうなと思いました。 あと、東京をとても美しい都市として描くのも好きですね。 今回はその運命の出会いを今までと違ってわかりやすくハッピーエンドにした感じ。 背景と光の表現の美しさはとても好きです。 歌は、曲自体は好きなのですが、場面によってはアニメ内の話し声や音と重なって、注意がバラけるというか、くどく感じる所もありました。 自分はかなり涙もろいのですが、なぜか全く感動出来ませんでした。 悪くはないのに、ぐっと来るものがなく… 伏線も都合よく忘れたり思い出したりで無理やり繋げているように感じて所々気になってしまいました。 監督のフェチを感じるパンチラや口噛み酒、妹が口噛み酒を売ると儲ける的な事を言ったり(監督の思考を少女に言わせた感…)、知らない女の子にもらった紐を後生大事に手首に巻くかな?とか、先を知っている主人公はわかるが、話を聞いただけの友人があんな爆発に協力するか?とか、他にも細かい部分が気になりました。 後半のペンで書くシーン、名前書けよと思ってしまった。 ここ、すごく大事な所だと思うんですけど、今まで忘れないように必死だったのに、ここで名前を書かずにアレを書いたことで、ただ監督が中二な雰囲気アニメを作りたかっただけなんだろうなぁという気持ちになってしまいました。 大事なこと書かなかったのに、消えた後手のひら見ながらショック受けている事に違和感… 映像は綺麗だけど、内容はアニメだなぁという感じでつまらなくもなく、特別面白くもなく 素敵な作品なので、はまる人がいるのは納得できますが、ちょこちょこ気になる部分が降り積もって自分にはイマイチでした。
  • HirokiYano
    3.6
    雰囲気楽しもう
  • 4pm
    3.5
    公開終了前に観れてよかった。なにより映像がきれいだなぁ。ストーリーと演出は、まぁいろんなもののいいとこをうまく使ってるなぁという印象。意図してかわからないが、2人の出会い以外はいろんな意味でシンメトリーな対立構造を作ってる。男と女、都会と田舎、家族の役割、友人構成など。時間軸もシンメトリーなんだけど、二人が出会うことだけが、元に戻らない1回こっきりの出来事なんだよね。バタフライエフェクトが観たくなった。
  • yamashin
    3.0
    展開に引き込まれた。終わりにかけて少し物足りなさを感じたのが正直な感想。期待しすぎたかな。アニメとは思えない映像美は圧巻。
  • HOKUTO
    3.0
    ファンタジー
  • Tukasa
    2.0
    RADWIMPSの曲と映像は世界観が凄く合ってたけど、ストーリーは少しありきたりな感があった
  • chi
    4.2
    記録
  • こはね
    4.0
    ずっとラブコメかと思って観に行ったら30分くらい突然シリアスになって???ってなったけど面白かった。 もやもやしたまま終わるかなーと思いきや綺麗に終わってくれて良かった。
  • nzm514
    -
    記録
  • える
    4.0
    記録
  • 06290007
    4.0
    記録
  • WeNeedskyfall
    2.3
    記録 レビュー詳細は放送で紹介
  • Maicooo
    2.0
    画や音楽は本当にステキです! 声優も、どのキャラクターもピッタリ。特に長澤まさみさんの声は本当に素晴らしいと思いました。 ただ、個人的にはどこかで観たことのあるストーリー。 時をかける少女などを観てきた私には、そんなに感動する?っと物語に入り込めなかったのですが、それを知らない若い世代は感動するかな、と。 すみません。 でも、音楽はずーっと頭でリピート! そんな作品です。
  • AsukaIshiyama
    3.9
    みんなそんな騒いじゃって面白くないでしょって思って観たら、面白かった。ファンタジーだけど良いね。
  • 佐分花園大学音楽同好会5年目
    -
    ありがと新海監督。 あなたは秒速5センチメートルの切なさを昇華させてくれた。 もちろん私は秒速の突き放される結末にも多くの考えさせられると思ってるんですよ。 秒速の切なさが悪いものだったなんて欠片も思いません。 秒速の結末は新海誠監督の真骨頂だと思います。 だからこそ、今回の「君の名は」の結末を見て、「これは新海誠の作品としてはいけない」だとか「新海監督は過去の自分の作品を全否定した」と思われる方もいたのでしょう。 でもそれってもったいなくないですか。 それじゃ物語が楽しめないではないですか。 私なんかは、どんな物語や製作者に対してもある程度好意的に考える質です。 だから「君の名は」の結末を見て、とても嬉しくなりました。 「秒速」のあの胸を踏み潰されるかのような苦いラスト(ですが、主人公は前に進むことができて、いいラストだったと思います)。 そして、「秒速」のラストをなぞらえていくような「君の名は」の終盤。 緊張がおさまりませんでした。 そして迎えた、秒速と対比されたかのような君の名はの結末。 正直最高でした。 秒速のあのカタルシスに「こんな形もあるんだよ」と新しい意味を示してくれた新海監督。 尊敬しました。 「安易なハッピーエンド」であるとか、「苦しい結末こそが新海監督」という意見もあるでしょう。 それもまたごもっとも。 でも私は声を大にして言いたい。 ハッピーエンドの何が悪いと! 望む結末にたどり着く為に必死に走り続けた2人がいたからこそあの結末を迎えたのだろうと。 それはいいことじゃないか、と。 もちろん監督の思想だとか、伝えたかったこともたくさんあるはずです。 でも私たち視聴者はもっと自由に、自分勝手に作品を楽しんでもいいんですよ。 感動したならそれでいいし、つまんなかったならそれでいいってことです。 長たらしくかつ理屈ぽく言ってきましたが、つまり私が何を言いたかったのかというと。 「君の名は」楽しかった!! ありがとう!!
  • りさ
    -
    記録
  • koji
    3.1
    PVみたい
  • かほ
    4.0
    予想をはるかに超える面白さだった! 今どこなのか誰なのかが途中少しわからなくなった 描かれる景色が綺麗で繊細
  • 中庭
    1.3
    『秒速5センチメートル』の二人がついに再会出来た!と感じた観客はどれぐらいいたんだろう。
  • ざくざくす
    4.3
    とてもよかった(^^)
  • みんみん
    4.2
    2017/04/23
  • 恣暮
    4.0
    あとで編集
  • ウエ
    3.5
    2016.08.27 TOHOシネマズ日本橋 うーん、期待しすぎてて普通だった SFぽい話だと「ここ辻褄があってないよな?」とか余計なことが気になってしまって、あんまり私には向いてないのかもしれない きっと理解できてないのもあるんだろうけど 相変わらずアーティストの壮大なPVだったので、RADWIMPSは最高によ宣伝になったと思う
  • ぐっすり
    3.6
    説明過多/過少で見ていてもどかしい部分が多々あるが、それを差し引いても高いエンターテインメント性と映像美に魅了される作品だった。 映画館で見といてよかった作品。
「君の名は。」
のレビュー(97868件)