【プレゼントあり】フランスのリアル金八先生に感動! 問題児たちの奇跡の物語がDVDに

カンヌ国際映画祭への正式出品やELLEシネマ大賞ノミネートなど数々の映画祭で話題となり、公開後、Filmarksでは★3.8と高い評価を得ているのが『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』。観れば心を打たれること必至の感動作が2/8、DVDになってリリースされます!

kiseki_kyo1

“人は変われる”と希望がわいてくるストーリー

パリ郊外にある高校。落ちこぼれクラスの担任になった歴史教師のアンヌ・ゲゲンは、生徒たちに学ぶ楽しさを教えるため全国歴史コンクールへの参加を促すが、「アウシュヴィッツ」という難しいテーマに生徒たちは反発。しかし、強制収容所の生存者の話を聞いてから変わっていき……。

人種や宗教などフランスにある問題点を浮き彫りにしながら、まるで金八先生のように生徒に寄り添うアンヌ先生の授業から人は変われることを気付かされます。観れば希望がわいてくる映画です。

kiseki_kyo2

■どんなに落ちこぼれでも、人との出会いでこんなにも変われるんだと思い出すだけで泣ける。(nutsさん)
■時に優しく見守り、時に叱咤激励し生徒たちを信じる先生が素晴らしい(tohkoさん)
■多種多様な人種・宗教を乗り越えて深めていく絆が心地良く心を静かに揺さぶられる良作。(mokomokoさん)

実話&ドキュメンタリーのような描写に心が震える!

問題児たちが全国歴史コンクールに入賞するまでのサクセスストーリーを描いた本作は、なんと実話! また強制収容所の生存者レオン・ズィゲルが登場するシーンは役者ではなく本人が体験談を語っています。このように時折入るドキュメンタリーのような描写と生徒たちの成長がリンクして、さらに感動する物語になっています。

kiseki_kyo3

■最後、じーんときました。色々考えさせられましたし、これが実話なのだからすごい。(きみさん)
■撮り方が上手く、ドキュメンタリーを見ているようだったし、老人が語るシーンでは生徒の一人になって涙している感覚になった。(ちぃさん)
■映画というよりも上質のドキュメンタリーを見ている感じだった。(れおれさん)

アンヌ先生に教わった張本人も映画に登場!?

中心人物のひとりとして登場するマリック役を演じているアハメッド・ドゥラメは、この話の基になるストーリーを実体験し、マリー・カスティーユ・マンシオン・シャール監督にその企画を持ち込んだ人物。出演だけでなく脚本も担当。アンヌ先生によって変わった張本人が本作にも深く関わっていることもお見逃しなく!

kiseki_kyo4

■マリックって男の子は実際に表彰を受けたメンバーの1人で、彼が企画を持ち込んだらしい。これにはビックリ!(TAKAさん)
■多くの人々に見て欲しいまさに「受け継ぐ事」の映画(Garuさん)
■本でも映画でも、こういった作品はせめて子供には積極的に見せていきたい。(ぴなさん)

非売品! オリジナルトートバッグ&プレスシートをプレゼント!

DVDリリースを記念して、シンプルでかわいいオリジナルトートバッグと、関係者にしか配られない撮影秘話などが掲載されたプレスシートセットで5名様にプレゼント

ちなみにDVDにはレオン・ズィゲルの体験談がノーカットで収録されています。またアンヌ先生を演じるフランスを代表する名女優アリアンヌ・アスカリッドの演技にも胸打たれる本作。このトートバッグにDVDを入れて、友達などみんなで鑑賞するのにもオススメの作品です!

※応募は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。
 
※応募期間:2月2日(木)〜2月21日(火)まで
※当選者には2月24日(金)までにメールにてご連絡いたします
※注意事項をよくお読みになってご応募ください
※賞品発送時の紛失につきましては対応いたしかねますのでご注意ください

◆映画『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』information

『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』

kiseki_kyo6

あらすじ:貧困層が暮らすパリ郊外のレオン・ブルム高校の新学期。様々な人種の生徒たちが集められた落ちこぼれクラスに、厳格な歴史教師アンヌ・ゲゲンが赴任してくる。情熱的なアンヌ先生は、生徒たちを全国歴史コンクールに参加するように促すが、「アウシュヴィッツ」という難しいテーマに彼らは反発する。 ある日、アンヌ先生は、強制収容所の生存者を授業に招待する。生き証人の悲惨な状況を知った生徒たちは、この日を境に変わっていく――。

DVD発売日:2017年2月8日
価格:4,104円(税込)

【特典映像】
●レオン・ズィゲル氏の講話シーン(ノーカット完全版)
<レオン・ズィゲル氏:1927年、ポーランド系ユダヤ人移民の子としてパリに生まれる。1942年にドイツ警察に連行されてアアウシュヴィッツの強制収容所に収容されるが、奇跡的に生き延びる。2015年1月に逝去。>
●劇場オリジナル予告編

【仕様】
ディスク枚数:ディスク1枚
収録時間:本編105分+特典映像
仕様:片面二層/カラー/16:9シネスコ/音声:1.フランス語ドルビーデジタル5.1ch、2.フランス語ドルビーデジタル2.0ch 、3.日本語ドルビーデジタル2.0ch /字幕:1.日本語字幕、2.吹替字幕
発売元・販売元:バップ
提供:シンカ、NHKエンタープライズ

『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』DVDスペシャルサイト:http://www.vap.co.jp/category/1478502487908/
『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』公式サイト:http://kisekinokyoshitsu.jp/

(c) 2014 LOMA NASHA FILMS – VENDREDI FILM – TF1 DROITS AUDIOVISUELS – UGC IMAGES -FRANCE 2 CINÉMA – ORANGE STUDIO

※ 本記事、タイトルにて紹介しているスコアは2017年1月23日時点のものです。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • L
    3.5
    最後のプレゼンは痺れました 背景で流れる月の光も、とても良い
  • 沙那王
    4
    フランスって、たくさんの移民が居る。『アウシュビッツなんて過去の事。俺たちには関係ない。』そう感じてる高校生たち。 ジェームス三木の『翼をください』優秀な県立高校と、おバカが通うと笑われる私立高校の友情物語を思い出した。 先生が言う。『目標は何?』漠然とした未来に、進む道に迷って騒ぐだけの生徒たち。成績も最悪。 『自分に自信がなくて落ちこぼれを装ってる。』そう言われて生徒も図星を突かれる。 担任の勧めでアウシュビッツで迫害を受けた子供たちについて調べることになる。なかなかクラスが一丸となれない。 『メディアはウソをつく。』生徒の言葉にクラス中が笑うけど、私は笑えなかった。戦争でまず殺されるのは『真実』だからだ。 汚い言葉で罵り笑いを取ろうとする生徒に対して『節度を守りなさい!』と担任が言う。この一言はスゴい。 『人種差別と永遠に戦っていく…』そう。人種差別は無くならない。永遠に戦わなくてはならないのかもしれない。 それでも、『新しい時代を構築する』ために、若者が歴史と向き合う場を作って学びを促す担任と図書室の司書。 そして、強制収容所から奇跡的に生きのびた生還者の生の体験談を聞く。きっと、本物の体験者から本当の話を聞いたのを、演技そっちのけで映画に組み込んだんだろう。生徒たちの涙、あれは本物だと感じる。 以前、新聞で読んだ 原爆の体験を話す人を茶化した修学旅行の日本人中学生の軽率さ、あれは歴史を知らないから。だけでは片付けられない大問題。 人が殺されることについて、戦争という異常な時代だから仕方ない、ではない。 アウシュビッツ、ユダヤ人を根絶やしにする場所。その行為は原爆投下ともまた違う、計画的な人種差別。 人が人によって駆除される、といえるかもしれない。 この惨劇を、『私には関係が無い』と無視したくない。 この映画は実話が元になっています。学生たちの気付き、努力、そして自信をつけて飛躍する姿が 素晴らしかった。
  • ミルミルゆっこ
    4
    子どもたちの無限なる可能性や扉開封への導きは"心に刺さる人"と出会えたことが凄く重要だなと改めて感じた。 そしてこの映画を通して改めて歴史を勉強したいと思いました。小学生の時に親に買ってもらったアンネの日記の本を読もうと思います。
  • Yuuuuuka
    4
    中学の歴史教育でこれ見せたら良いのではと思う。 ナチスについて知るべき基本的なことは大体詰まってると思う。
  • いとーまーいまい
    4.2
    声を失えば人は滅びる、か 最後の映画音楽のピアノが力強くて、 どこか迫害を受けた犠牲者のようで 自然と涙が出ました
奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ
のレビュー(4932件)