『天使のはらわた 赤い教室』〜オトナになったあなたにすすめたい映画〜

"DON’T TRY"

ロハ

妖艶で甘美でドラマチック。そんな「大人の映画」がある……

大人ってなんだろうか?

タバコが吸えるようになったら? 恋をしたら? 二十歳になったら……様々な大人の定義があると思う。15歳で元服して大人になった時代もあった、今は18歳で投票権があるのだから18歳から大人だという意見もあるだろう。大人って一体いつからだろうか……。

申し遅れました。ロハと申します。今回よりここ、FILMAGAで「大人の映画」を紹介していくことになりました。基本的には日活ロマンポルノ作品の紹介と年齢制限のある官能的で映像美が美しい作品を紹介していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

今回紹介するのは天使のはらわた 赤い教室』(1979)

天使のはらわた

日活ロマンポルノ作品の中でも名作と名高い一本。原作が石井隆、監督が曽根中生蟹江敬三水原ゆう紀が出演している。3月30日は蟹江敬三の命日。この作品でも蟹江敬三の名演を見ることができる。

アダルト雑誌の編集をしている村木(蟹江)はある日、ブルーフィルム(当時の無音声のアダルトビデオのようなもの)の上映会で作品を見ていた。そこに出演していた名美(水原)のリアリティのある妖艶な姿に釘付けとなる。村木は名美を探し見つけ出す。しかし、あのブルーフィルムは実際のレイプ映像で、勝手に撮られ勝手に売買され上映されている事実を村木は知る。名美はその事件以来、男を、自分の人生を憎むようになっていた……。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

蟹江敬三の異質な魅力

蟹江敬三と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、今の人はやはり「あまちゃん」のじっちゃんだろうか、それとも「ガイアの夜明け」のナレーションか。今ではあまりイメージはないが、当時は蟹江敬三と言えば悪役だったという。この作品でも、村木という役柄は一筋縄ではいかない男だ。女性と不倫関係にあったり、職業はアダルト雑誌の編集者。佇まいも少しヤクザな感じが漂っている。

冒頭で、彼と不倫関係にある女性との絡みのシーンがあるのだが、とても野生的で印象的だ。しかしどこか彼自身が傷ついている。そんな芯の部分の人間らしさと表面上の野生感の両端が、この作品で村木というキャラクターを際立たせている。蟹江敬三の魅力もおそらくその両極端な部分なのだと思う。表面上の野生的な激しさと内面の人間的な優しさ。その二つがぶつかり合って一人の人間の中にあることこそが、多くの人がスクリーンで彼の姿を追ってしまう理由なのではないだろうか。

幸せなセックスは、描かれない

今回この作品を観ていて一番に思ったことが、一つも幸せなセックスが描かれていないということだ。

日活ロマンポルノは経営が危ぶまれた日活が、起死回生の一手として始めたと言われている。やはりエロというものは強くて、多くの人に需要がある。特に男性に。しかしこの作品には、男が一般的に望むようなセックスは描かれない。村木は不倫している女性と、仕方なく、凶暴的にセックスをするし、名美は男に復讐するように、自分を自分で堕とすかのようにセックスをする。

単純に絡みのシーンを楽しむことができない演出になっている。エロを単純に楽しめないのだ。そういう意味ではポルノ作品として疑問が残る。しかしそこが、名作である所以でもある。

堕ちていく女。それに引きずられ堕ちていく男たち。そんな男女の悲哀がこの作品には確かに収められている。ストーリーは幸せな結末を迎えない。名美は堕ちるところに堕ちていくし、村木はそれを救おうとするのだが、救うことができない。名美が村木の救いの手を掴めば、あるいは幸せな結末を迎えることができたのかもしれない。しかし、そう単純ではないのだ。

大人ってのは難しい生き物だ。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

※2021年4月27日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • Ito
    4.3
    朝からほんとにいいものを見てしまった。ショットがいい。景色がいい。服飾もいいし、演技もよかった。
  • マイページ
    -
    WOWOW
  • 寿司カレー蕎麦
    -
    アシスタントにやたら厳しいカメラマン。 性交が終わった瞬間お茶を飲む男を悲しそうに見つめる女性 トラックバックするカメラ、伸びてくる男の足。
  • あなぐらむ
    4.5
    名美を演じる水原ゆう紀が素晴らしい。 堕ちていく女が最後に掴もうとした一縷の希望を裏切った男が、かつてフィルム越しに見た彼女の絶望を間近に観る残酷。 "壊れていく女"を歪んだ鏡像で見せつける曾根演出のドライさが見事。中盤の名美が村木にすっぽかされた後に行きずりで男と寝る場面。鏡を使ったショットがまさに時空を歪め、名美の絶望のような、男への復讐のようなセックスを映像で見せきる。あの辺りからもうこの映画は震えっぱなし。白黒ショーの件りも怖気がする。 オリジナルシナリオも機会に恵まれ読んだのだが、完成した曾根作品よりも饒舌な仕上がりとなっており、結果的に後の石井隆本人による監督への助走のようになっている気がする。 最後の名美の台詞が強烈。男の描く安易な妄想を叩き割っていく映画だ。 樋口尚文さんの新書本「ロマンポルノと実録やくざ映画」の水原ゆう紀さんのインタビューによると、水原さん自身が役に憑りつかれたようになっていたそうだ。確かに名美が憑依したかのような凄絶な演技だった。石井隆脚本なのに「渇いている」というのもとても分かる。「ファム・ファタル」の演じ方は一つではないな、と思った。因みに水原さん自身はあの最後のショット(水たまりの)は入水自殺だと思っていたとのこと。 蟹江敬三扮する村木が勤めている「ポルノック」は当時の自販機エロ本である。そういう時代があったのだ。そしてブルーフィルムというものがアンダーグラウンドで流通していた。 このAV全盛の今、実際にAV嬢やってる子に「天使のはらわた 赤い教室」を観て欲しいと思う。「ブルーフィルム」で人生を狂わせられた時代の女性を、「セクシータレント」としてスポットライトを浴びる彼女たちはどう見るのか。 そこに「性」の捉え方の違いが見える筈だ。
  • 雷神げれら
    3.2
    フィルマークスの人気にビックリ。
天使のはらわた 赤い教室
のレビュー(929件)