『天使のはらわた 赤い教室』〜オトナになったあなたにすすめたい映画〜

"DON’T TRY"

ロハ

妖艶で甘美でドラマチック。そんな「大人の映画」がある……

大人ってなんだろうか?

タバコが吸えるようになったら? 恋をしたら? 二十歳になったら……様々な大人の定義があると思う。15歳で元服して大人になった時代もあった、今は18歳で投票権があるのだから18歳から大人だという意見もあるだろう。大人って一体いつからだろうか……。

申し遅れました。ロハと申します。今回よりここ、FILMAGAで「大人の映画」を紹介していくことになりました。基本的には日活ロマンポルノ作品の紹介と年齢制限のある官能的で映像美が美しい作品を紹介していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

今回紹介するのは天使のはらわた 赤い教室』(1979)

天使のはらわた

日活ロマンポルノ作品の中でも名作と名高い一本。原作が石井隆、監督が曽根中生蟹江敬三水原ゆう紀が出演している。3月30日は蟹江敬三の命日。この作品でも蟹江敬三の名演を見ることができる。

アダルト雑誌の編集をしている村木(蟹江)はある日、ブルーフィルム(当時の無音声のアダルトビデオのようなもの)の上映会で作品を見ていた。そこに出演していた名美(水原)のリアリティのある妖艶な姿に釘付けとなる。村木は名美を探し見つけ出す。しかし、あのブルーフィルムは実際のレイプ映像で、勝手に撮られ勝手に売買され上映されている事実を村木は知る。名美はその事件以来、男を、自分の人生を憎むようになっていた……。

蟹江敬三の異質な魅力

蟹江敬三と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、今の人はやはり「あまちゃん」のじっちゃんだろうか、それとも「ガイアの夜明け」のナレーションか。今ではあまりイメージはないが、当時は蟹江敬三と言えば悪役だったという。この作品でも、村木という役柄は一筋縄ではいかない男だ。女性と不倫関係にあったり、職業はアダルト雑誌の編集者。佇まいも少しヤクザな感じが漂っている。

冒頭で、彼と不倫関係にある女性との絡みのシーンがあるのだが、とても野生的で印象的だ。しかしどこか彼自身が傷ついている。そんな芯の部分の人間らしさと表面上の野生感の両端が、この作品で村木というキャラクターを際立たせている。蟹江敬三の魅力もおそらくその両極端な部分なのだと思う。表面上の野生的な激しさと内面の人間的な優しさ。その二つがぶつかり合って一人の人間の中にあることこそが、多くの人がスクリーンで彼の姿を追ってしまう理由なのではないだろうか。

幸せなセックスは、描かれない

今回この作品を観ていて一番に思ったことが、一つも幸せなセックスが描かれていないということだ。

日活ロマンポルノは経営が危ぶまれた日活が、起死回生の一手として始めたと言われている。やはりエロというものは強くて、多くの人に需要がある。特に男性に。しかしこの作品には、男が一般的に望むようなセックスは描かれない。村木は不倫している女性と、仕方なく、凶暴的にセックスをするし、名美は男に復讐するように、自分を自分で堕とすかのようにセックスをする。

単純に絡みのシーンを楽しむことができない演出になっている。エロを単純に楽しめないのだ。そういう意味ではポルノ作品として疑問が残る。しかしそこが、名作である所以でもある。

堕ちていく女。それに引きずられ堕ちていく男たち。そんな男女の悲哀がこの作品には確かに収められている。ストーリーは幸せな結末を迎えない。名美は堕ちるところに堕ちていくし、村木はそれを救おうとするのだが、救うことができない。名美が村木の救いの手を掴めば、あるいは幸せな結末を迎えることができたのかもしれない。しかし、そう単純ではないのだ。

大人ってのは難しい生き物だ。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • shishiraizou
    -
    言わずと知れた曽根中生の、日活ロマンポルノの代表作のひとつであり、相米慎二らに影響を与えた作品でもあるこの映画をめぐって、『曽根中生自伝』などでの曽根が数々事実の歪曲を行ったとして、物議を醸した。 倉田剛『曽根中生 過激にして愛嬌あり』での曽根発言、〈石井隆と『赤い教室』で決別になったんですよ。ラストシーン、私はまるで変えてしまったんですよ。要するに石井隆のラストシーンはハッピーエンドなんです。シナリオでは、だから水原ゆう紀を救い出すことになるんですよ。それを水原ゆう紀が「こっちへ来れば……」()それでも行かないラストにしたんです。石井隆のはいずれにせよ、もっとラブロマンス的な別れ方だったんですよ。私はああいう風にしかならない、言ってみれば男の浅はかな夢で、それがリアルな女にこっぴどくやられるという、だから石井隆にしてみれば、それが気に入らなかった〉 に対し、プロデューサーの成田尚哉は『映画芸術』446号の書評で、擦れ違う男女のメロドラマが永遠のテーマである石井隆がハッピーエンドなどそもそもあり得ないし、当時もめたのはラストシーンの問題ではなかったと指摘する。 石井隆が書いたシナリオ決定稿の印刷直前に、〈監督がたった一言、村木の妻の台詞を付け加え〉ただけで、印刷された台本には「脚本・石井隆/曽根中生」と連名表記に変更されていた。〈石井隆は激怒して、「原作と脚本を引き上げます。この話はなかったことにしてください」()説得に当たったが石井隆の意志は固かった。曽根監督とも一緒に話し合いを持ったが石井さんが翻意することはなかった。〉後日、最終的には石井が成田に「あなたに任せます」と折れたことで映画が成立した。これがトラブルの顛末だったと成田。 『週刊読書人』2014年9月11日号の座談会で成田は『曽根中生自伝』に触れ、〈前半部分をかなり変更したと、曽根さんは言っている。(前述引用の、奥さんの台詞ちょい足しのみ→共同脚本明記に石井激怒の説明)インタビューの発言を見てみると、たとえば石井さんの書いた脚本に対して「こんな与太の台詞で、映像は撮れないわけですよ、かったるくて」と言っていますね。ひどいこと言うなと思うけれども、つづけて「石井隆の書いた元の脚本みたいに、映画の冒頭からポルノ写真の撮影現場のくだりを延々と続けてしまうと、ものすごく希薄になる」と言っている。しかしそんな脚本にはなっていないんです。曽根さんが実際に映画に撮ったように、石井さんは決定稿を書いている。だから自画自賛もいいところであって、「あの導入部分は、多分、ビリー・ワイルダーにも真似ができない。私の映画の中で、いちばん優れた導入部だと思います」とまで言っているけれども、これは石井さんが書いたことそのものを撮っているわけです〉、〈決定稿を今回読みましたが、カット割りや撮影現場で書いたセリフも含めて、石井さんも僕も唯一認めているのは、ラストシーンの水溜りのカットです。これは現場の発想で作られたオリジナルだった。()あの映像を思いついたから、石井さんが書いたラストシーンをばっさり切っている。それはそれで良かったと思います。()脚本を簡略化・短縮化して表現しただけであって、()中心部は変わらない。石井さんは村木の側から見ているところで終わりたかった。曽根さんは名美で終わりたかった。その差だけなんです。しかし曽根さんの発言を読むと、全部自分の手柄のように読めてしまう〉 この成田尚哉の話と、石井隆による発言、『シナリオ』1984年9月号での〈二稿目までは直したんだけど、決定稿にするための直しの作業には、行き違いがあって加われな〉かったという発言、同じく『シナリオ』1992年10月号〈三日くらいかけてプロットを書いた()どんどんト書きにして()書いて出したんですが、「これはもうシナリオになっているから、そのまま使わせてくれ」って(成田が)言ってくれて。()曽根さんがキチンと手を入れて映画化したんです〉という発言は、なにか微妙に齟齬がある感じがする。 曽根は〈二稿まで書いてもらいました。一稿目がダメで、()成田さんが持って帰って、私が言ったことを伝えてもらう。でも()同じようなのものが出てくるんで()バーッと全部変えていく〉と言っている。どうなんだろう。 しかし、成田からの頼みで日活に原作映画化権を渡し(『女高生 天使のはらわた』曽根監督、池田敏春脚本)た石井に対して成田から〈“名美シリーズ”を映画化出来ないかと()新しい名美の話をプロットで作ってくれないかと言われて〉書かれたのが『赤い教室』のシナリオだったのだから、漫画家である石井隆が『女高生』を気に入って〈「曽根中生のホンを自分で書きたい」って言って、名指しで来たわけです。〉という曽根の発言は、手前味噌にも程があるから、やはり曽根の発言はかなり信憑性がアレだと思わないわけにはいかない。 行方不明だった曽根中生が生存確認されてから亡くなるまで、石井隆は曽根に会うことはなかった。ノーサイドでなかったことは確かなようです。 村木に裏切られたと思った名美が自暴自棄になり、行きずりの男と情交をかわす。終えたあと、一息ついてお茶を飲もうとする男に、にじり寄ってゆき更なる交わりを促す名美。それが長回しのワンカットでとらえられる。性にアクティブに振る舞えば振る舞うほど、言葉や動作と裏腹に女の哀しみが強く、しかし妖しく滲む見事なシーン。それを『自伝』では浮世絵のイメージなんだと得意気に曽根は語るが、浮世絵のイメージはゼンゼンない。〈近松の心中ものをかなり頭の中に置いていた〉と過去に語っていた(79)のを、なんか適当に言い直してしまったのではないでしょうか。石井ファンのかたのブログでは〈石井隆の原案劇画【やめないで】(’76)を引用したものだ〉と指摘されていましたが…
  • みきおこんた
    5
    超絶傑作。何年経っても何回観ても圧倒される。
  • keito
    -
    80分間、最先端のMV見てるようだった 映像撮るのがうますぎる、アングルカット構成色合い温度、が全部 おっぱいを貪り食ってる男って、本当にみっともなくて醜かったから自分は気をつけようと思いました デートでみたい映画ナンバーワンだなぁ
  • 雄八e
    4
    こんなに凄い映画だったとは 監督ではないにしろ石井隆作品では「GONIN」を超え一番好きかもしれない レイプを徹底的な暴力として捉え復讐などでも癒せない深い傷として描く石井隆作品の中でも、その業の深さが並じゃない あまりに壮絶かつ凄惨すぎる 輪姦された姿を裏ビデオ(ブルーフィルム)として広められ人生を壊された"名美"と、そのフィルムの姿、おそらくは犯された後の絶望した「眼」に取り憑かれた"村木" それまでの経緯から全く男を信じなかった"名美"が身体を求めない"村木"を信じてしまったが故に起こる悲劇 すれ違いとはいえあまりに残酷 壮絶なのはこの頃のロマンポルノには珍しい15分近い濡れ場 "村木"に裏切られた(と思った)"名美"がゆきずりの男を何度も何度も何度も求め続ける 淫靡さも卑猥さもなくただただ痛々しい "名美"のこれまでどう生きてきたか、この陰惨な15分で伺える そしてここでの水原ゆう紀の鬼気迫る演技 三年後の再開は更に残酷な結末を導く 妻子を作りつつも"名美"を求め続けた"村木"は、それでも彼女を救えない 彼女を救いあげようとはしても、同じ地獄へ降り立つことはしない ラストの乱痴気乱行シーンの陰惨さと水原ゆう紀"名美"の「眼」の凄まじさ 石井隆ファムファタールの中でも最高峰の地獄
  • まっどでーもん
    4.6
    ポルノ映画界の鬼才、曽根中生監督の代表作で堕ちていくヒロイン「名美」を演じる水原ゆう紀が圧倒的。ネチネチした映画監督役の蟹江敬三の不甲斐なさもまた、秀逸。👍 劇画作家としても有名な石井隆の脚本が男と女の濃い情念の世界を見事に抽出。昭和40年代の日本を知らない私としては異世界に入ったような感覚で観れた叙情的ポルノ映画。💋 たしかに貧しく殺伐とはしているが、人間味がありやるせないムードがとてもとても良かったのです。(何故かデスマス調になってしまう)。こういう男女関係だけに焦点を当てた映画、最近もやたら多いと思うのだが❓一種の純文学みたいな雰囲気である。
天使のはらわた 赤い教室
のレビュー(612件)