『天使のはらわた 赤い教室』〜オトナになったあなたにすすめたい映画〜

"DON’T TRY"

ロハ

妖艶で甘美でドラマチック。そんな「大人の映画」がある……

大人ってなんだろうか?

タバコが吸えるようになったら? 恋をしたら? 二十歳になったら……様々な大人の定義があると思う。15歳で元服して大人になった時代もあった、今は18歳で投票権があるのだから18歳から大人だという意見もあるだろう。大人って一体いつからだろうか……。

申し遅れました。ロハと申します。今回よりここ、FILMAGAで「大人の映画」を紹介していくことになりました。基本的には日活ロマンポルノ作品の紹介と年齢制限のある官能的で映像美が美しい作品を紹介していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

今回紹介するのは天使のはらわた 赤い教室』(1979)

天使のはらわた

日活ロマンポルノ作品の中でも名作と名高い一本。原作が石井隆、監督が曽根中生蟹江敬三水原ゆう紀が出演している。3月30日は蟹江敬三の命日。この作品でも蟹江敬三の名演を見ることができる。

アダルト雑誌の編集をしている村木(蟹江)はある日、ブルーフィルム(当時の無音声のアダルトビデオのようなもの)の上映会で作品を見ていた。そこに出演していた名美(水原)のリアリティのある妖艶な姿に釘付けとなる。村木は名美を探し見つけ出す。しかし、あのブルーフィルムは実際のレイプ映像で、勝手に撮られ勝手に売買され上映されている事実を村木は知る。名美はその事件以来、男を、自分の人生を憎むようになっていた……。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

蟹江敬三の異質な魅力

蟹江敬三と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、今の人はやはり「あまちゃん」のじっちゃんだろうか、それとも「ガイアの夜明け」のナレーションか。今ではあまりイメージはないが、当時は蟹江敬三と言えば悪役だったという。この作品でも、村木という役柄は一筋縄ではいかない男だ。女性と不倫関係にあったり、職業はアダルト雑誌の編集者。佇まいも少しヤクザな感じが漂っている。

冒頭で、彼と不倫関係にある女性との絡みのシーンがあるのだが、とても野生的で印象的だ。しかしどこか彼自身が傷ついている。そんな芯の部分の人間らしさと表面上の野生感の両端が、この作品で村木というキャラクターを際立たせている。蟹江敬三の魅力もおそらくその両極端な部分なのだと思う。表面上の野生的な激しさと内面の人間的な優しさ。その二つがぶつかり合って一人の人間の中にあることこそが、多くの人がスクリーンで彼の姿を追ってしまう理由なのではないだろうか。

幸せなセックスは、描かれない

今回この作品を観ていて一番に思ったことが、一つも幸せなセックスが描かれていないということだ。

日活ロマンポルノは経営が危ぶまれた日活が、起死回生の一手として始めたと言われている。やはりエロというものは強くて、多くの人に需要がある。特に男性に。しかしこの作品には、男が一般的に望むようなセックスは描かれない。村木は不倫している女性と、仕方なく、凶暴的にセックスをするし、名美は男に復讐するように、自分を自分で堕とすかのようにセックスをする。

単純に絡みのシーンを楽しむことができない演出になっている。エロを単純に楽しめないのだ。そういう意味ではポルノ作品として疑問が残る。しかしそこが、名作である所以でもある。

堕ちていく女。それに引きずられ堕ちていく男たち。そんな男女の悲哀がこの作品には確かに収められている。ストーリーは幸せな結末を迎えない。名美は堕ちるところに堕ちていくし、村木はそれを救おうとするのだが、救うことができない。名美が村木の救いの手を掴めば、あるいは幸せな結末を迎えることができたのかもしれない。しかし、そう単純ではないのだ。

大人ってのは難しい生き物だ。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

※2021年4月27日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ハマチェーテエバンジェリスタ
    3.5
    フィルマガ「大人になったあなたにすすめたい作品」ということで、日活ロマンポルノの名作を。 いやー本当に悲しいお話。 私が今から40年前にタイムスリップして、ポルノ劇場にむふふふエロ目的で観に行ってたら、マジで愕然とする笑 もちろん裸丸出しだし、絡みのシーンは沢山あるんだけど、全く「エロ」を描いてなくて面食らった。 只々悲しい。 強姦にあい人生が狂った女性と、それを救おうとするエロ本雑誌編集長。 普通の物語であれば、暗闇の底から連れ出すラブストーリーになるのだが、そこは日活ロマンポルノ。全然そうならない。むしろ悪くなる一方で、どんどんと救いようがなくなっていく。 途中酔っ払いとの一戦。あの視覚演出は本当に見事。酔っ払って酩酊状態の時の視界ってあーなるよな。 雨の描写も泣いているよう。 名シーンの水溜まりを踏むシーンも どれもショットがかっこいい。 人間のどうしようもなさが剥き出しな一作。 にしてもわたし、性を題材にする作品がやっぱり苦手。これにて。 《終》
  • 矢吹
    4.2
    簡単な物理学の問題、グラビアとアダルトビデオは2次元、男と女と自慰は3次元、ロマンポルノと連れ込み宿は、69次元。 テストでは、ゴダール纏いジャンピエールレオの愛の最高時速の問題と混同しやすいので、注意。 女の本音なんていうのはね、 LINEにも口にも態度にもでやしません。 嘘ばっかりだし、嘘を愛せばいいのだが。 女性が唯一全てを語るもの、それはね、足の裏。 簡単な物理学の問題です。 こうして、 真っ黒な午後に、扇状的なライトが映える、情熱的な、真っ赤な夜に、迷い込むわけです。我々は。 彼女にとっては、いつまでも、赤い教室。 彼にとっては、いつまでも、青い教室。 赤と青の境界線を越えることで、 映画の観客から、出演者になれるのだけど、 フィルムの中に飛び込む勇気がいつまでもなかった男の、情けなさと、フィルムから出ることのできない女の、切なさと。 所詮編集長で、作ったエロの、仕事の男に過ぎなかったわけだ。悪いとは言わない。 悪いのはもちろん、フィルムの向こうのアッチ側の、男ども。 さあ、君は入って、ぶち壊せるか。否か。 オープニングのブルーフィルム、これの、この、スピード感と、途中で見せられる、フィルムを見ている男たち、1人の目を奪われている男、映写機がモザイクと第四の壁のなかの第四の壁の役割を果たしながら、全ての始まりとなるフィルムは周り続け、映画は始まり。 そして、最後にそこに映った女の顔、目。 すごく良い。 69次元に果てしなく近いスクリーンの前となり、 あの女の、目合ひは、完全に69次元の映像となるのです。 男も女も歪に見えて、歪んでいって、二人が一つになったとて、女は二つに別れたり、彼女はやはりあの目をしては、また、逃走を図る。悲しすぎるよ。 女の目は嘘をつき、男は目で嘘を愛し、 その愛していた嘘は、ほんとのことだった。 当たり前に、あのブルーフィルムは、やっちゃいけねえことなのだ。愛を奪い取ろうなんざ。 貴様がそれを欲しいのならば、貴様の愛だけがせめて唯一払える代償だったのだ。きっとそれでも足りなすぎたけど。クソ野郎が。という気分だ。 ちんぽもちぎってよこしてみろや。 あゝ荒野で言うところの、逃げられた。の、感覚ってこれなんだろうか。と思った。刺激的だわ。これに関しては、逃走自体は、何からだって、みんな平等にあるんだから。ね。 芸術は金にならねえ。表現したいことだって金にならねえ。金なるのは、エロだけさ。 みんなでわかるエロなのさ。 でも、この作品の、このロマンポルノの、 愛とSEXはすべてが、悲しみを孕んでいたのが、 なんとも。素敵だったよ。 ロマンポルノだからこそ、いつもいつも、僕はね、恋愛を感じるのだな。ってまた思った。 そして、手前のエロは金で買えちまうから、金がエロを汚しちまって、また、悲しみは感染していく。 汚れちまったエロに、昨日も降った雨の、水たまりに映る、今日の汚れちまった私。 いかにモザイク使わないかみたいな、ところ、ありそうっすよね。てかありますよね。 ショットがいちいちめちゃかっこいいんだが、 特に宿で股間から覗くシーンめっちゃよかった。 素敵な映像。めちゃサイコーでめちゃセクシー。 原作は漫画らしい、漫画だよね。 しかしやはりなんといっても、肉体が、ここにあるから、意味をなすのだ。まずはね。 水原さんかな?素晴らしいでした。 大胆な演技とか、そんな、埃被った鈍な凄味じゃなくて、魂にだ。卍解してた。 人類は、もうこれ以上悲しみたくない人から、愛を探し出すのだから、愛の成分は悲しみである。 愛に不器用なやつは、残念ながら、また自分で悲しみを広げていく、こうして、愛に、下手なやつから死んでいく。死んでいくのだ。 悲しみながら、愛したってね。 3時間も、待ってしまったばっかりに。
  • 餃子
    3.5
    脚本びみょい(あらすじを読んでから観ないと、何が起きてるかわかりづらい)が、お洒落なカットがちらほら 登場人物の視点で視界が歪むカットはすごく陶酔感があって面白かった 蟹江敬三の、絡みつくような、しがみつくような、そんなもたついた動きがクセになる
  • 3.8
    初・日活ロマンポルノ。個人的にはいわゆる濡れ場のシーンで、官能描写とは別にストーリーラインもきちんと進行していくところが良かったです。セックスによって身も心も滅ぼされていく男女が描かれていてつらいですが、寧ろそこがとてもいいと思いました。冒頭のブルーフィルムの映像も印象的です。
  • kento
    4.1
    哀しいセックスばかりが描かれる。暴力というものは、物理的な攻撃だけでなく、「知る」「見る」「撮る」「共有」も含まれる。 色彩とカメラワークが、セックスよりもエロい。ロングショットとロングテイクによって、近付こうとする観客を拒絶する。愛にもセックスにも触れることはできない虚しさを感じさせられる。これを見てる私たちも暴力に加担してるのかもしれない。 最後の水溜りに入って水面に写る姿を揺らすのも、映画として暴力的だと思う。
天使のはらわた 赤い教室
のレビュー(903件)