ライアン・ゴズリングが人形と恋する? ハートフルコメディ映画『ラースと、その彼女』を紹介!

映画観て、絵描いて、ハイッ!

フクイヒロシ

本年のアカデミー賞6部門を受賞した話題作ラ・ラ・ランド』は観ましたか?

賛否両論巻き起っていますね……。僕も観ている最中は「う~ん」と思っていましたが、帰ってiTunesでサントラ買ったらそれを聴くのがもう楽しくて楽しくて。映画は観ている2時間より、観終わって記憶に残っている時間の方が長いんだから、幸せな記憶として残れば、それは自分にとっても映画にとっても幸せな結果かなと思います。

さて、そんな『ラ・ラ・ランド』の主演俳優の一人といえばライアン・ゴズリング

全米が泣いた系映画きみに読む物語でブレイクして、ハーフ・ネルソン(日本未公開)』ブルーバレンタイン』『ドライヴなどで批評家にもウケのいい当代きっての人気スターです。

見た目からしてシュッとして腹筋バキバキですけど、役柄もシュッとした腹筋バキバキのが多い印象です(ラブ・アゲインなど)。そのライアン・ゴズリングがパブリックイメージと真逆のキャラクターを演じたのが2008年日本公開のハートフルコメディ映画ラースと、その彼女

第80回アカデミー賞脚本賞にノミネートされ、トリノ映画祭で観客賞、第12回サテライト賞ではライアン・ゴズリングが主演男優賞を受賞しました。今回はこの映画をご紹介させていただきます。

ビデオマーケットで観る【初月無料】

『ラースと、その彼女』あらすじ

まずザッと『ラースと、その彼女』のあらすじを。

アメリカの小さな田舎町に住む26歳の好青年ラース(ライアン・ゴズリング)は極度のシャイで特に女性と接するのがとても苦手であり、兄夫婦はそれをとても心配していました。そんなある日「紹介したい女性がいるんだ」とラースから言われた兄夫婦は驚きながらも、とても喜びました。

しかし、ラースが連れてきたのは「ビアンカ」という名のついた等身大の女性の人形(まぁ、つまりそういう人形……)だったので兄夫婦は軽パニックになりました。さてさてどうなる、どうする!?

ラースとその彼女1

こう書くとだいぶドタバタコメディ感が溢れますけど、実際は静かに淡々と進んでいきます。音楽も全編美しいメロディです。とは言え、笑えるシーンも多いですよ。人形を紹介された兄夫婦の「やばいことになった!でも顔に出しちゃいけないよな!」というリアクションは噴飯モノです。

ビデオマーケットで観る【初月無料】

ビアンカ(人形)に対する周囲の戸惑い

この映画を改めて見返してみて印象的だったのは、「わからない」という言葉が多く出てきたことです。

兄「弟がついに壊れた!どうすりゃいいんだ!」 

兄の妻「わからないわよ!

兄「先生、ラースはいつ治るんですか?どうしてこうなったんですか?」 

女医「わからないわ

などなど。そりゃわからないですよね…。実際こんなラースに対して直接的に嫌悪感を表す人もたくさんいます。

「許せん!人形を偶像崇拝するなんて!天罰が下る」「エロ人形に恋するなんて、ものすごく不気味だ」言葉はなくても冷たい視線で見たり、ビアンカに走り寄る子供を「近づくな!」と引き留めたり。

ですが、「うわ!キモ!」とシャッター降ろしちゃうんじゃなくて「わからない」ということを受け入れた上で「正しそうなこと」をひとつずつ行動していく姿がとても丁寧だし、優しいなと思いました。

そもそもラースは心優しい青年なのでそれを知っている人は危機的状況にある彼に対して優しくあろうと努めます。そして、女医さんは「ビアンカは必要があって現れた。ラースの話に合わせて。」と兄夫婦に助言します。

ラースとその彼女2

兄夫婦は戸惑いつつもラースの望むように、ビアンカにも食事を作り風呂に入れパジャマに着替えさせてベッドで寝かしつけたりと丁重に扱います。

ちなみに、ビアンカは元宣教師(という設定)で結婚前に男性とベットを共にできないのでラースとビアンカは別の部屋で寝ることになります。だから「リアルドール」のそもそもの目的として使うことはありません。

ビアンカの噂はすぐに広がり、上記のように後ろ指さされることもありましたが、町の人たちもビアンカを徐々に受け入れ始めます。そして、ビアンカを通して自分自身を見つめ返すことも。

ラースとその彼女3

ラースの変化とビアンカの運命

周りが変化していくことでラースにも変化が。ラースはビアンカにプロポーズしますが、なんとビアンカに断られてしまうのです。「え~~、断られることなんてあんの!?」と周りの人たちも素で驚きます。

意思を持たない人形が人間を拒否するわけないんですから。つまりそれはラース自身の心に変化が起きるということです。これ以降ラースとビアンカの関係は変化していきます。

ラースとその彼女4

さて、王様の◯ランチのDVD紹介並みにストーリーを説明しましたが、後半の展開はさすがに本編を観ていただきたいと思います。

町の人たちもラースを支えることが自分の問題に向き合うきっかけになったり、ビアンカを通して自分の考えを主張する機会を得たような気がしました。ラース自身も「自分は今ヤバい状態である」ということに気づいているようだし、ビアンカという謎の人形を周りが受け入れてくれることに少し戸惑っているような感じも見受けられます。(ひとりでダンスを踊るシーンがそうかな、と思うんですが。切ないシーンです。)

何気ないシーンを丁寧に積み重ねてる映画で、ストーリーの流れもセリフも自然だし、笑えるシーンもいっぱいあるし、恥ずかしながら最後はウルっときてしまいました。

ぶっちゃけ「こんなに優しい人ばかりなわけがないっ!」と、この映画を嫌いな人も多いようなんです。まぁわからなくはないんですが、ちゃんと嫌悪感表現する人もたくさん出てきてましたからね。

理解できない事柄に困惑しながらもまずは受け入れるフリをしているうちに、実際受け入れられるようになって自分が変化(成長?)する物語かな、と思います。

監督はクレイグ・ガレスピー。ディズニー製作の実写映画や伝記映画を多く撮っていますが、おそらく一番ヒットしたのはコリン・ファレルがヴァンパイアを演じたホラーコメディフライトナイト/恐怖の夜。こちらもユーモアが効いてるしキャラクターが面白かったです。みんなのびのび演じてる感じで。(正直怖くはなかったですが…。)

ちなみに今回、カリン(兄嫁)役のエミリー・モーティマーがいい味出してます。声がとても可愛くて『ハウルの動く城』のソフィーの声を担当したり、2010年公開の主演映画レオニーでは中村獅童原田美枝子と共演していたりと、日本とも繋がりのある女優さんです。

設定が「ぎょっ」とする映画ですが、そこでシャッター降ろしてしまわずに試しに観てみたら意外とよかったなんてこともあるかもしれませんよ。

ラースポスター

ビデオマーケットで観る【初月無料】

 

※2021年2月17日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ゾウさん
    3.6
    アカデミー賞脚本賞にノミネートされた、ハートウォーミングな人間ドラマ。インターネットで注文した等身大のリアルドールとの恋愛関係に没頭する青年と、彼を取り巻く町の人々の人間模様が展開する。リアルドールに恋をする主人公ラースを演じるのは『きみに読む物語』のライアン・ゴズリング。監督は本作が初の劇場公開作品となるCM作家クレイグ・ギレスピー。型破りな設定と、ユーモラスかつ丁寧に描き上げられた人間ドラマが魅力。 幼いころのトラウマから人とのつながりを避けて生活し、毎日地味な仕事に従事する青年ラース(ライアン・ゴズリング)。そんなある日、彼はガールフレンドを連れて自分を心配する兄夫婦(エミリー・モーティマー、ポール・シュナイダー)と食事をすることに。しかし、ラースが連れて行ったガールフレンドとは、インターネットで注文した等身大のリアルドールだった。 2021.04.14
  • カタパル
    3.7
    生と死をテーマにした優しい映画です。あまりにも優しすぎるので、そこに入り込めるかどうかが評価の分かれ目となるでしょう。 人との接触や交流が極端に苦手なラースはラブドールの「ビアンカ」とインターネットで出会い、一緒に暮らしはじめます。なぜラースは人と関わることがそこまで苦手になってしまったのか?という話です。これ以上説明するとネタバレになってしまうので、解説はここまで。 登場人物がみんな優しい。ラブドールが恋人でも周りの人たちはみんな受け入れてくれる。みんなラースと「ビアンカ」に優してくれる。こんな世界って実際にはないですよね。ある意味「おとぎ話」の世界です。ただ、そういう世界じゃないとこの物語は成立しない。そういう世界があってもいいじゃないか。そういう話です。 この優しい世界に違和感なく入れる人だったらすごく感動できると思います。すごくいい映画。そう思います。ただ、その世界観を覚めた目で見てしまう(ボクみたいな)人は、そこまでどっぷり浸かれない。いい映画ではあるんですけどねえ。
  • みどたま
    4.2
    そのままを受け入れる大切さ、優しい気持ちを教えてくれる作品
  • teru
    2.5
    心の病気と捉えず、周りが本気で関わるからこそ見えて来る真実。 愛情感じる作品でした。
  • 歌代
    4.6
    内気で、なるべく人との関わりを避けるラースが彼女を連れてきた! しかし、それはダッチワイフで…。 妄想を信じ込みすぎているラースに、周囲の人は戸惑いながらも「面白がる」「合わせてみる」といった手段で寄り添います。 それがすごく優しくて、暖かい。 妄想を信じ込みすぎると現実とごっちゃになる…というケースは、ここまでかはわかりませんが、すべての人が秘めてるポテンシャルだと思います。 僕は高校生の時、妄想彼女を作り上げたことがあるのですが、予想以上に現実に侵食してくる感覚があり、怖くなって2週間でやめました笑 実際この映画の中でも周囲の人たちは次第にダッチワイフの奥にあるビアンカという人間を無意識に信じていきます。 周囲の人の反応としては「救ってあげたい」という気持ちがありながらも「彼の幸せを尊重しよう」というスタンスなのがすごく良くて。 人と人のコミュニケーションを描いた作品としてかなりグッときました。 この映画のうまいところはいくつもあるのですが、ひとつはダッチワイフという点を最大限に活かしながら、ラースのイニシエーションの物語としてはダッチワイフでなくても成立するように組み立てられているところだと思います。 そしてラースの性格が不快(ノイズ)にならないように工夫されているところ。それがドラマにきちんと作用しているところとかはうまいなあと。 だからといって聖人としては描いていないところとかも素晴らしい! 僕はこの映画を観ながら『ブリグズビーベア』を思い出しました。 僕はとにかくラースというキャラクターが大好きです! 前半の顔色悪く無表情で人を避けるシーンが印象的な分、幸せそうな顔だけで泣けてきてしまう。 ライアンゴズリングがまたハマってて、ホントこの人大好きだなあとしみじみ思いました。 なんでここまで自分にキたのかは正直わかりませんが、とにかくめちゃくちゃグッときました。 何故かわからないけど救われた気がする。 ラースが初めて人と触れ合う、握手の時に逆光で指紋が見えるところすごく良かった。
ラースと、その彼女
のレビュー(11886件)