【朝→夜まで完全レポート】吉祥寺ココマルシアターのお客第1号になってきた!

映画狂の唄を大いに謳おう

ロックス

「新しい映画館ができる」、なんて聞いたらどう思います? ものすごくわくわくしませんか?
僕はすごく嬉しくてワクワクが止まりませんでした。
「これは気合いれないと……!」物事というのは何事も大げさに考えると面白いものです。
というわけで……

「朝から並んでお客第1号→クローズまでずっといてみた!」

以下、吉祥寺ココマルシアタープレオープン当日の熱狂と狂乱を描いた完全レポートである。

予想だにしないドラマだらけでした。

朝7時半、吉祥寺着

twitter

ね、眠い……。6時半、さすがに眠いが気合で起床→そのまま吉祥寺7時半着。
よし!!! 誰もいない! これで1番乗り確定だ!(心の中でガッツポーズ)
オープンは10時、2時間半待つことにした。

ラインナップ
オープニング作品はシークレット上映らしい、どんな作品が来るんだろうワクワク。

待つこと2時間半いよいよオープン

思ったより人も並ばず……、2番手の方は9時半前くらいに来ました。まあ、よしとしましょう。
いよいよオープン!!!!!

お客第1号無事達成……って、えええ! まさかの未完成、工事中状態

無事にお客第1号は達成しました!が……!

チケ

 

そうなんです。工事中だったんです。

内装3

内装1

壁面は養生されたまま、天井も配線がむき出し、ベニヤの雛壇に椅子が置いたまま。戸惑いを隠せない来場者達。
これは驚きました。

上映前、代表の樋口義男氏の挨拶。終始恐縮されていました。

そして記念すべきオープニング上映へ……!
シークレット作品は『私の少女時代 Our Times』でした。(これは本当に最高の作品でした)

少女時代

(C)2015 Hualien Media Intl. Co., Ltd 、Spring Thunder Entertainment、Huace Pictures, Co., Ltd.、Focus Film Limited

支配人 樋口義男氏 インタビュー「絶対にやる。一度決めたら男に二言はない」

樋口氏

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS