爽快な道徳的教育映画?社会のルールを守らないヤツらにママが制裁を下す!【ANAISによるB級映画のススメ】

恐竜をこよなく愛するナード系ハーフ

ANAIS

母の日。皆さん日頃からママに感謝していますか? 今日、カーネーションを贈りましたか? 改めて考えると、ママってパワフルな存在ですよね。子供を産んだだけではなく、子育てをしながら家庭を築いていく……日々相当な労力を費やしていることでしょう。もちろんその過程では、ストレスも溜まるはず。「キー!ぶっ殺してやる!」なんて、怒りも沸点に達する事もあるでしょうね。だからといって、人を殺してはいけませんよ。

さて、本日はそんな行き場のないストレスを抱えるママたちが観てスッキリする事間違いなし(?)なブラックコメディ映画シリアル・ママを紹介したいと思います。

『シリアル・ママ』(’94)

シリアル・ママ

「シリアル・キラー(連続殺人犯)」という言葉を聞いた事があると思いますが、まさにこれは連続殺人を犯すママのお話。ボルティモアという平凡な都市の平凡な街で、これまた平凡な一家がいます。長女はイケメンの彼氏に夢中、長男はゴア系ホラー映画好き、パパは歯科医、ママは専業主婦。絵に描いたようなアメリカンなファミリーなんです(長男のゴア好きはおいといて)。

しかしこのママ、秘密があるんですよ。なんと匿名で近所に住む独り身の女性に嫌がらせ電話をかけるのが日課!しかも、非常に口が悪いです。

そんな二面性を持つ彼女なのですが、ある日息子の数学の先生と面談をした際、長男のゴア系映画好きに関して、精神的に問題があると判断され、「家庭問題に要因があるのでは?」と疑われてしまいます。母親(ママ)は、一生懸命家事をしたり、育児をしたりと日々家庭を築いていくために努力しているものです。なので、長男の変な趣味が自分のせいだと非難されれば、「そんなぁ!」くらい思ってしまうでしょう。

ですがこのママに関しては、特に完璧主義者であるということも相まって、「そんなぁ!」じゃすみません。お前の死は確定した、って顔を一瞬して一度退散。その後、その先生を学校の駐車場で待ち伏せてひき殺しちゃうんですね。

その出来事が、一気に彼女の怒りの沸点、そして我慢のレベルを下げてしまい、その後彼女は気に触る人間をことごとく暗殺していきます。マジ怖いっす。

犯罪?いいえ、あくまで“制裁”です

ひとつお伝えしたいのは、ママはただ気に入らない奴を片っ端から殺しているわけではないのです。彼女の標的になるのは、割り込みをする・浮気性・レンタルビデオのテープを巻き戻さないで返却する(笑)など、ルールを守らない奴ら。

その相手が少年だろうと、老婦人であろうと関係ありません。我々もたまに割り込まれれば、ムッとするくらいありますが、それらに対して彼女は制裁を下しているのです。

衝動殺人なので、基本的に詰めが甘い

もちろん、平凡な街でいきなり殺人事件が多発するものですから、警察もびっくり! 急いで捜査に乗り出します。しかし、ママの殺人は基本的に感情的な衝動殺人に過ぎず、計画性に欠けている。故に、お隣さんに証言されるなど、あっという間に彼女が怪しいって警察に疑われるんですよ。この詰めの甘さも、コメディ的な要素となっていて良いです。

どんなママでも好きだよ!な家族が愛らしい

ここで気になるのは、やはり家族の反応。彼らも段々と「うちのお母さん、どうやら人を殺しているようだ」と勘づいてくるんですね。そこで「どんなママでも愛することにしよう」と結託し、ゴア系ホラー映画好きの息子に関しては「超クールじゃん!」なんて喜んじゃいます。ママが実行犯で逮捕された後も、応援してしまう姿に家族愛を感じてしまいます。

ママ、もはやグッズができちゃうくらい人気になる

この映画の面白さにおいて、テンポの良さママのキャラクターがその大部分を占めていますが、随所に現れるアイロニックでブラックなお笑いポイントにも注目です。例えば、ママに追われる少年がパンクバンドがライブをするライブハウスに逃げ込みます。その際、ママはライブハウスを「あ、シリアル・ママでしょ!超かっけーすね!」みたいなノリでドアマンに顔パスしてもらえる。もはや、誰もが彼女が殺人鬼であることを認知しているんです。

しかも、逮捕後の裁判は傍聴席が常に満席、彼女に関する書籍が飛ぶように売れ、彼女のTシャツや缶バッジなどのグッズを買うファンが続出するのです。これに似た、つまり連続殺人鬼や猟奇殺人鬼が妙にカルト的な人気を博すような現象は、実際にアメリカだけでなく世界中で起きています。現に、大都市ではクライムシーンツアーというものが存在し、過去に犯罪のあった場、殺人事件場、殺人鬼の住んでいた家などをまわるツアーが存在するのです。このアメリカにおけるシリアル・キラーの人気性、そして痛快な裁判シーンも見逃せない!

果たして大量殺人を犯したママの判決は!? ラストシーンまで笑えるブラックコメディですので、是非ご覧ください。そして全国の怒れるママさんたちは、これを観てある程度スッキリしていただけると幸いです。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ルナ
    4
    シネマンションでおすすめされてて観た。面白かった。
  • 特売小説
    -
    ごみの捨て方一つを以て全人格を判定するごみ収集業者のその視点こそ明確にして聡明、見習いたいものだと思いましたよね。
  • Jeffrey
    3.8
    「シリアル・ママ」 〜最初に一言、ジョン・ウォーターズの90年代の怪作にして、バッドテイスト主義者であることを見せつけたメディア社会を痛烈に皮肉り、超過激なストレス解散ムービー仕立てのブラック・ユーモア満載の一品である〜 冒頭、ここはボルチモアの郊外。ゴミを分別しない奴、駐車場で横入り、レンタルビデオの返却時に巻き戻さない、そして何より愛する家族の平和を乱す奴。ママのご機嫌を損ねた奴には、恐怖のお仕置きが待っている。肉切り包丁、火かき棒、隣人。今、殺す…本作はジョン・ウォーターズが1994年に監督したキャスリーン・ターナー主演のブラックコメディーで、この度BDにて再鑑賞したが笑える。ウォーターズの日本未公開作品を含め「ポリエステル」等いい加減国内版でソフト化するべきだと思う。クライテリオン版で発売されているけど、他にもどんどん国内でボックスとかで発売してほしい。どれもやばい映画だらけだから。とりわけ本作は、甘えた現代人にとどめを刺し、メディア社会を痛烈に皮肉り、超過激なストレス解散ムービー仕上げになっていて、時代のうねりを打ち破る映画である。 今思えばメリーランド州ボルチモア生まれの有名人にはフランク・ザッパ、バリー・レヴィンソン監督などが言うことが思い出される。ウォーターズと言えば、10代の頃に当代随一のギミック(仕掛け)の王様ウィリアム・キャッスルの映画に魅せられ、映画は芸術ではなく見せ物であることを知った人物である。キャッスルはジョー・ダンテの「マチネー」のモデルになった伝説の監督兼製作者であり、あの映画にも映さされていたが、観客にハッタリをかませたりする事に命をかけた人間だった。ウォーターズは18歳の時に祖母からもらった8ミリカメラで初めて映画を作る。それがモノクロ映画の「黒の革ジャケットの女」であり、17分の短編だ。話は黒人男性と白人女性がKKK団員を介寄添えに屋根の上で結婚式を挙げると言ういかれた内容だ。後の「ヘアスプレー」でも人種差別を取り上げている。 そして彼の作品のシンボリックスである女優(この場合女優と言っていいのかよくわからないが)「ローマン・キャンドルズ」から、後に彼の作品の常連となる女装の怪優ディヴァインやミンク・ストールが出演することになる。そして彼の代名詞となるバッドテイストの作品がここから徐々に過激を増し発表されていくのだ。特に全長15フィートのザリガニにレイプされる「マルチプル・マニアックス」(70)は強烈である。といっても後に変態一家大バトルの問題作「ピンク・フラミンゴ」を出してしまい新たに強烈を生み出す。ウォーターズの常連の役者たちは、ドラッグであの世に行ってしまう惨劇も一応ある。なので、70年代後半から80年代初頭に作られた快進撃とも言える作品から一旦彼は仕事を休止することになる。 そうした中、87年に60年代ボルチモアン・グラフィティとも言うべき「ヘアスプレー」でメジャーに進出するのだ。しかしながら大ヒットの裏腹、公開の2週間後にディヴァインが死亡する。確か42歳位だったと思う。そんでこの映画には彼女の娘役でリッキー・レイクと言うふとっちょの女の子が出演している。後にウォーターズの作品に組み込まれる女優になる。いきなり余談話をしてしまったが、ここから物語を説明していきたいと思う。本作の冒頭にはこーゆー字幕から始まる。これは実話である。この脚本は法定証言や多くのインタビューをもとに作られている。登場人物の幾人かは仮名にしてある。現在のところ、被害者は誰1人として賠償金を受け取ってない。サトフィン家の朝が始まる。 さて、物語は1993年5月14日金曜日。アメリカのとある閑静な住宅街。一見ごく普通の主婦ビバリーサトフィンは歯科医の夫ユージン、大学生の娘ミスティ、高校生の息子チップの4人とごく平凡な家庭生活を送っていた。家族を仕事や学校に送り出した後の、彼女の朝の日課は近所の嫌味で無神経なオバタリアン、ヒンクル夫人へのいたずら電話で始まる。ビバリーはヒンクル夫人にありったけのわいせつな言葉を浴びせてストレスを解消し、爽快な気分で家事に臨むのだった。その日は息子の高校のPTA面談日だった。その席で担任の教師スタンビンズにチップがあまりにホラー映画に夢中なのでいちど精神科医に相談した方がいいと忠告されたビバリーは、にこやかな表情の奥に怒りの炎を燃え上がらせ高校の前でスタンビンズを待ち伏せ、運転する車で彼を跳ね飛ばし、何度も何度も引いて惨殺した。 その夜、涼しい顔で夕食にミートローフを出したビバリーは夫との夜の営みにも積極的に燃えるのだった。5月15日土曜日。ビバリーは久々に夫とバードウォッチングに行くのを楽しみにしていたが、わがままな急患が入り中止になってしまう。むしゃくしゃした気分は近所のヒンクル夫人やアッカーマン夫人をからかっても収まらない。やがて彼女は蚤の市の会場で娘のミスティを振って別な女の子と楽しげにしているカールを見つけるとトイレまで尾行、火かき棒で彼を後から串刺しにして突き殺して平然とその場を去るのだった。スタンビンズ殺害事件を捜査していた警察は目撃証言からビバリーを容疑者と断定した。また娘と息子も自分たちの周りで起きた偶然とは思えない2つの殺人の犯人が母であることにうすうす気づき始めていた。 その夜、食卓の会話でチップの友人スコットが、ビバリーを殺人犯呼ばわりしていたことが話題に上ると、ビバリーがキッチンから姿を消した。彼女がまた殺人を重ねるのではないかと疑った一家はすぐにスコットの家に向かい、サトフィン家を張り込んでいた警察もその後を追った。だが、ビバリーが向かったのはスコットの家ではなく、その日の朝、急患で夫を呼び出したスタナー夫妻だった。彼女はハサミとエアコン装置を使って夫妻を殺害すると家に戻り、ほっとして戻ってきた家族を迎えるのだった。5月16日日曜日。サトフィン家はミサに向かって車を走らせていた。やがて、カーラジオから警察が発表した連続殺人犯の名前が響いてきた。その名はまさしくビバリーだった。彼女は何事もなかったかのように家族と一緒に礼拝を済ませると、警察の手を逃れて逃走した。 ビバリーが次に現れたのはチップがバイトするビデオ・ショップだった。ある老婦人がテープを巻き戻せない上、チップを殺人鬼の息子と貶したのを見るや、彼女はその後をつけ、その家の台所にあったラムチョップでビデオを見ていた老婦人を殴り殺すのだった。次に狙われたのはスコットだった。町中を包丁を持って追いかけられてどうにかライブハウスに逃げ込んだ彼だったが、ビバリーに全身燃料をかけられて演奏中のヘビメタバンドの火吹きパフォーマンスであえなく黒焦げになってしまった。その直後、ついにビバリーは駆けつけた警察に逮捕される。5ヶ月後。ビバリーの裁判が開始された。彼女は自分が精神異常で、だから無罪だと主張する弁護士をその場で解雇し、事件は完全な冤罪だと自分で弁護を始めた。 やがて、事件は全米中の話題となり、ビバリーはシリアル(連続殺人鬼)ママとして一躍注目の存在となっていた…とがっつり説明するとこんな感じで、1954年6月19日、アメリカのミズリー州スプリングフィールド生まれのキャサリン・ターナーがキチガイママを好演した愛くるしいほどに笑える馬鹿馬鹿しい映画だ。映画は単純明快、老若男女見ても笑えるあほらしい作品である。ゴミを分別しないやつを始め、駐車場で横入りするやつの復讐(今で言えば煽り運転が妥当だろう)、レンタルビデオの返却時に巻き戻さないやつ(時代を感じる)、そんな現代社会にあふれる理不尽な輩に怒りのお仕置きを喰らわす必殺仕事人の如く必殺ママと言うスーパーヒーローが誕生した記念碑的映画である。 舞台は郊外の閑静な住宅街である。肉切り包丁片手に怒涛の殴り込みをかけた彼女がいつしかマスコミの人気者と化していくと言う大団円を迎えるのもなんともウォーターズらしい作風である。ママを怒らせると血の雨が降ると言うばかりに、この映画に出てくる女性は「フォーリング・ダウン」のマイケル・ダグラスもブットぶ狂気のヒロインを演じており、彼も真っ青になるだろう。なんて事ない朝食の日常から、物語は段階を踏んで行き、佳境に入ると猟奇連続殺人の犯行から裁判までの実録スタイルで展開するから面白い。裁判ものが好きな自分にとっては、この映画は終盤からはそのスタイルを貫くので笑える。しかも自分で弁護するのだからテッド・バンディとツッコミたくなるのだ。一見平和な郊外住宅に住むごく平凡な住民たちの奥底に潜む醜い秘密や、そんな人間の生の姿を描き、誰の心にも破裂しそうにとどまっているフラストレーションと怒りと殺人衝動を一気に発散させてくれる驚愕の映画だ。 いゃ〜、このごく平凡なアメリカの中流を絵に描いたような家庭の主婦が連続殺人を繰り返すと言う設定がたまらなく面白い。しかも何食わぬ顔で、次々と残酷に隣人知人をぶっ殺していくのだから笑えるのだ。しかもその動機は単純明快で、超むかつくの一言。ゴミの分別をしない奴からまず手始めにぶっ殺していくのだ。しかもなぜママが隣人を殺したのかというのが後にフラッシュバックで写し出される。それが、実は車を割り込みされたからだと言うことが後々我々観客にわかるような設定だ。冒頭から非常に俺好みである。実際にウォーターズの作品はありえないことだらけだが、そういった中にアメリカ人の日常が少しばかり挿入されているから好きだ。例えば冒頭の朝食の時間の家族の会話などを思いっきりそうである。しかし2人の刑事が家にやってきたことによって、日常が非日常的な米国ファミリーのルーティーンへと変わっていくのだ。 それにしても父親役のサム・ウォーターストンがなんともこの家族の大黒柱に合っている。抜けた表情笑える。息子役は大ヒット学園ホラー映画の「スクリーム」で知ったマシュー・リラードがビデオ屋のスタッフで出てきて、映画オタクってのが最高だった。んで、二画面で嫌がらせをする母親と隣人の奥さんとのやりとりも爆笑。スコット役には「チャイルドプレイ3」に出ていたジャスティン・ホーリンが出演しているのはホラーファンにとってはおっ!となるキャスティングだ。この作品はママ=おばさんの論理で正義がなされるのも面白い。確か監督は、ターナーが包丁を持って走るのを見た時は天にも昇る気持ちだったと答えていた。これ以上の適役はいないと思ったのだろう。ウォーターズと言えば日本で最も有名なのはやはり犬の糞を食べてしまった「ピンク・フラミンゴ」(72)だろう。 それから90年代では、今をときめくジョニー・デップが主演した「Cry Baby」がヒットし、伝説的カルトムービーのカリスマからメジャーゾーンへと成長遂げたボルチモアの鬼才ジョン・ウォーターズとなの知れた人物だ。近年では、というかかなり昔の話になるが2005年あたりの「チャイルド・プレイ チャッキーの種」ではパパラッチ役で監督自身が出演していたのも記憶に新しいだろう。私個人は結構見やすくて可愛らしい映画でエドワード・ファーロング主演の「アイラブペッカー」がすごく好きだ。早く国内でBD化してほしい。監督の作品は常にブラック・ユーモアと明るいバイオレンスに満ちた世紀末のソープオペラだが、本作はその頭に"強烈"がつくほどにブラック・ユーモアが展開される。しかも本作は、当時のカンヌ国際映画祭のクロージング作品に選ばれて世界中の映画人の度肝を抜き、評論家から大絶賛された過激なストレス解消ムービーの決定版として有名になった。 さて、物語の感想の続きを話したいのだが、この通常なら殺人鬼と言われる(連続)ものに対しては親しんではいけないものだが、このシリアル・ママと言う可愛らしいネーミングがどこかしら親しみを持ってしまうような、そんな感じがつきまとう。なんだろう、本来のイメージを振り払うような魔法の言葉と言うところだろう。明るく楽しい正義の殺人鬼と言うような感じでシリアル・ママは痛快にも口うるさい隣人たちを皆殺していくのだ大胆にそして不敵に、あのふくよかな二の腕と二重顎で…。そもそもママが殺人鬼と言うのは今の世の中大量にいるだろう。といっても当時もそう多くはなかったが、少なからずいた。例えばタジレヴのエンジェル・メーカーと呼ばれたのは第一次大戦直後にハンガリーの小さな村で活躍した主婦たちである。ここのママさんは戦時中の捕虜収容所キャンプでハーレムごっこを楽しんでいた。 しかし、戦争が終わると夫たちが帰ってくる。自由の味を覚えたママには夫などただの邪魔者だった。とある助産婦がヒ素の毒を提供したおかげで、村では毒殺が大流行した。夫や両親、子供に隣人と目障りな人間は片っ端からあの世へ行ったのだ。殺人ゲームに参加した女性は50名以上に及ぶと見られていて、結局38人が逮捕され、8人が死刑に処された。8人と言えば、若松浩二の作品で「犯された白衣」と言う作品があるのだが、それはリチャード・スペックと言う殺人鬼が一晩で看護婦8人を殺した事件のモデルである。1920年から30年以上の長きにわたって結婚しては夫を殺していたナニー・ドスは愛に生きる女性だったそうだ。夫も子供もいるママであっても、愛の炎は消せなかったわけで、最初の結婚20年。しかし彼女は自分に最もふさわしい相手を求めて情事を続けた。夫とはすぐに別れたらしい。彼女がすぐ再婚し、2番目の夫が病死した。 さらに3人夫と死に別れたが、5人目でさすがに医師に怪しまれてしまった。そして逮捕。法廷で保険金目当てであろうと糾弾された彼女は目を吊り上げて怒ったそうだ。私は誰よりも自分にふさわしい夫、生涯1度のロマンスを探していたんですと言ったそうだ。これ以外にも近所の犬や夫の死を次々に予言したティエリー・ガビューレク、預けられた子供を片っ端から絞殺しながらも裁判で2度も無罪になった子守女ジャンヌ・ウェバーなど、興味深いシリアル・ママは数多くいるそうだ。世界のシリアル・ママ達は、今この瞬間にも愛と正義と真実とゴミの分別収集のために戦っていると柳下毅一郎氏も言っていたことを思い出す。この映画を見るとどこかしらリベラルな視点を持っている家族だなと思う。まさに監督が言っていたような、本当に素敵な理想的な一家についての映画だと言うようが、やはりこの家族にも欠陥ある。そこがネタバレになるためぜひ映画を見て確認してほしい。 本作では現代アメリカにおける犯罪とメディアの関係が鋭く諷刺されている。てかウォーターズの作品は基本的に、悪趣味で、その中に中流階級出身であることへの愛憎が描かれていて、アメリカの中流階級の美意識をコケにしまくっている作品がほとんど原点だろう。長々とレビューしたが、まだ未見の方はおすすめ。頭を空っぽにして見れる映画だ。兎にも角にもキャサリン・ターナーがスニーカーを履いて包丁片手にワンピースで少年を追いかける場面などは強烈なインパクトを残す。何もかもがウォーターズ流のブラック・コメディーになっている。そしてまたティーンエイジャー映画でもある。
  • Chihiro
    4.2
    ブラックコメディすぎ最高(笑)(笑) すきすぎるやつやった 普段はふつうの主婦 でも実は歴代シリアルキラーを愛するとんでもないサイコパス人間!!! 怒らせたら終わりな上に怒りの沸点がめちゃくちゃ低い(笑) 人間から理性ってのをすっぽり抜き取ったらこうなるんやろな🙉 「ビデオレンタルしたらちゃんと巻き戻してから返せ!!」ってのが懐かしすぎてわらった
  • あたた
    4.8
    超おもしろい。オススメ。 絵に描いたようなアメリカ一般家庭の一見普通の母親が実はサイコで次々事件を起こしていく話。 コメディ調で気楽に見れる。 ママ沸点低すぎぃ!
シリアル・ママ
のレビュー(3488件)