爽快な道徳的教育映画?社会のルールを守らないヤツらにママが制裁を下す!【ANAISによるB級映画のススメ】

恐竜をこよなく愛するナード系ハーフ

ANAIS

母の日。皆さん日頃からママに感謝していますか? 今日、カーネーションを贈りましたか? 改めて考えると、ママってパワフルな存在ですよね。子供を産んだだけではなく、子育てをしながら家庭を築いていく……日々相当な労力を費やしていることでしょう。もちろんその過程では、ストレスも溜まるはず。「キー!ぶっ殺してやる!」なんて、怒りも沸点に達する事もあるでしょうね。だからといって、人を殺してはいけませんよ。

さて、本日はそんな行き場のないストレスを抱えるママたちが観てスッキリする事間違いなし(?)なブラックコメディ映画シリアル・ママを紹介したいと思います。

『シリアル・ママ』(’94)

シリアル・ママ

「シリアル・キラー(連続殺人犯)」という言葉を聞いた事があると思いますが、まさにこれは連続殺人を犯すママのお話。ボルティモアという平凡な都市の平凡な街で、これまた平凡な一家がいます。長女はイケメンの彼氏に夢中、長男はゴア系ホラー映画好き、パパは歯科医、ママは専業主婦。絵に描いたようなアメリカンなファミリーなんです(長男のゴア好きはおいといて)。

しかしこのママ、秘密があるんですよ。なんと匿名で近所に住む独り身の女性に嫌がらせ電話をかけるのが日課!しかも、非常に口が悪いです。

そんな二面性を持つ彼女なのですが、ある日息子の数学の先生と面談をした際、長男のゴア系映画好きに関して、精神的に問題があると判断され、「家庭問題に要因があるのでは?」と疑われてしまいます。母親(ママ)は、一生懸命家事をしたり、育児をしたりと日々家庭を築いていくために努力しているものです。なので、長男の変な趣味が自分のせいだと非難されれば、「そんなぁ!」くらい思ってしまうでしょう。

ですがこのママに関しては、特に完璧主義者であるということも相まって、「そんなぁ!」じゃすみません。お前の死は確定した、って顔を一瞬して一度退散。その後、その先生を学校の駐車場で待ち伏せてひき殺しちゃうんですね。

その出来事が、一気に彼女の怒りの沸点、そして我慢のレベルを下げてしまい、その後彼女は気に触る人間をことごとく暗殺していきます。マジ怖いっす。

犯罪?いいえ、あくまで“制裁”です

ひとつお伝えしたいのは、ママはただ気に入らない奴を片っ端から殺しているわけではないのです。彼女の標的になるのは、割り込みをする・浮気性・レンタルビデオのテープを巻き戻さないで返却する(笑)など、ルールを守らない奴ら。

その相手が少年だろうと、老婦人であろうと関係ありません。我々もたまに割り込まれれば、ムッとするくらいありますが、それらに対して彼女は制裁を下しているのです。

衝動殺人なので、基本的に詰めが甘い

もちろん、平凡な街でいきなり殺人事件が多発するものですから、警察もびっくり! 急いで捜査に乗り出します。しかし、ママの殺人は基本的に感情的な衝動殺人に過ぎず、計画性に欠けている。故に、お隣さんに証言されるなど、あっという間に彼女が怪しいって警察に疑われるんですよ。この詰めの甘さも、コメディ的な要素となっていて良いです。

どんなママでも好きだよ!な家族が愛らしい

ここで気になるのは、やはり家族の反応。彼らも段々と「うちのお母さん、どうやら人を殺しているようだ」と勘づいてくるんですね。そこで「どんなママでも愛することにしよう」と結託し、ゴア系ホラー映画好きの息子に関しては「超クールじゃん!」なんて喜んじゃいます。ママが実行犯で逮捕された後も、応援してしまう姿に家族愛を感じてしまいます。

ママ、もはやグッズができちゃうくらい人気になる

この映画の面白さにおいて、テンポの良さママのキャラクターがその大部分を占めていますが、随所に現れるアイロニックでブラックなお笑いポイントにも注目です。例えば、ママに追われる少年がパンクバンドがライブをするライブハウスに逃げ込みます。その際、ママはライブハウスを「あ、シリアル・ママでしょ!超かっけーすね!」みたいなノリでドアマンに顔パスしてもらえる。もはや、誰もが彼女が殺人鬼であることを認知しているんです。

しかも、逮捕後の裁判は傍聴席が常に満席、彼女に関する書籍が飛ぶように売れ、彼女のTシャツや缶バッジなどのグッズを買うファンが続出するのです。これに似た、つまり連続殺人鬼や猟奇殺人鬼が妙にカルト的な人気を博すような現象は、実際にアメリカだけでなく世界中で起きています。現に、大都市ではクライムシーンツアーというものが存在し、過去に犯罪のあった場、殺人事件場、殺人鬼の住んでいた家などをまわるツアーが存在するのです。このアメリカにおけるシリアル・キラーの人気性、そして痛快な裁判シーンも見逃せない!

果たして大量殺人を犯したママの判決は!? ラストシーンまで笑えるブラックコメディですので、是非ご覧ください。そして全国の怒れるママさんたちは、これを観てある程度スッキリしていただけると幸いです。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • すずき
    3.8
    郊外に住むビバリー・サトフィンは、夫と息子娘の4人家族で、模範的な善良で幸せな家族だった。 だがビバリーには隠れた一面があった。 彼女は気に入らない友人に、イタ電や嫌がらせをする常習犯だった。 ある日、彼女は気に入らない息子の担任教師にブチ切れ、轢き殺してしまう。 それ以降、彼女の異常行動はエスカレートし… 朝ごはんにコーンフレークを出す母親の事ではありません。連続殺人鬼の意味のシリアル・キラーの母親です。 「ピンク・フラミンゴ」の監督、ジョン・ウォーターズによるブラック・コメディ。 実際にあった事件らしいのだが、真偽不明。多分「ファーゴ」と同じくそーゆーネタだろうけど。 いるよね、一見善良な人だけど、自分の中での一線を越えている他人に対しては異常な攻撃性を見せるサイコパス的な人物。 そんな彼女が、スゲー庶民的な理由(ゴミ出しのルールを守らない等)で、無計画に人殺しを続ける所が見もの。 ホント衝動的で迂闊で、もうちょっと証拠隠滅を謀れよ!っと突っ込みたくなる杜撰さ。 そんなだから、後半では当然あっさり捕まっちゃう。 しかし彼女の事件が一大センセーションを巻き起こし、事件の判決が出ないうちから、映画化やグッズ化して人気者になっていくのが皮肉的。 日本でも近い事件あったよね、mixiの「市橋容疑者ファンクラブ」だっけ。 そんで裁判は思わぬ方向へ…と法廷ドラマ要素も。 映画ネタが妙に多かったのも面白かった。 ホラー映画マニアの息子のお気に入り映画が「血の祝祭日」だったり、レンタルビデオを巻き戻さずに返却する奴に天誅を下したり。 その息子の彼女がショートカットで可愛かったなー。 あとライブ会場シーンでの、ガールズバンドのノーブラタンクトップも良かったです。調べたら「L7」という実在のバンドなのね。
  • ku
    3.7
    今作は、アメリカ発のコメディ映画です。 内容は、アメリカのどこにでもありそうな郊外の閑静な住宅街に暮らすビバリーは、歯科医の夫と二人の子供を持つ、心優しい理想的な主婦。しかし、ゴミを分別しない、レンタルビデオを巻き戻さずに返却するといった、人の道に反する人間は許すわけにはいかず......というもの。 普段は理想的な主婦として生活しているんですが、ゴミを分別しない、シートベルトしてない等、少しでもルールに反している人を見つけたら、誰であろうとすぐに殺しに向かうという性格が、なんとも斬新で面白かったです☺️ また、このシリアルママが殺人を重ねるごとに、警察や家族からも疑われることになり、絶対に大人しくしてないといけない状況なのにも関わらず、周りの視線を気にせず、堂々と殺害に動くのはびっくりでした😅 もし、シリアルママが現実にいたら、被害者の数はとんでも無い事になりそうですね😓 おそらく、渋谷のハロウィンの時なんかはゴミをポイ捨てする人も多いので、シリアルママによって殺される人は大勢いるでしょう...。 今作は、殺人というテーマの内容ですが、怖い要素はほとんど無く、終始コメディに描かれるので、怖いものが苦手な人にもオススメできます。ただ、ラストカットだけはちょっと怖かったです😨
  • Suzu
    3.5
    みんな見習お☆
  • ozako
    -
    鑑賞日不明
  • ゆうこ
    4.7
    最高!好き。
シリアル・ママ
のレビュー(3159件)