GACKT、ふたりの巨匠・浜野安宏&加納典明を「思い込みが激しい人」

23日まで開催された「第9回沖縄国際映画祭」にて特別招待作として上映された『カーラヌカン』。沖縄の圧倒的な大自然や文化を通してつづられる愛の物語です。23日開催された特別上映会には、主演のGACKTさんをはじめ、ヒロインを演じた新人・木村涼香さん、きむ兄こと木村祐一さん、浜野安宏監督が出席しました。

カーラヌカン

浜野監督といえば、東急ハンズや渋谷QFRONTなどを総合プロデュースしたことで知られるライフスタイルプロデューサー。かねてから映画を撮ってみたかったそうで、主演に迎えるなら「GACKTしかいない」と、知り合いのつてをたどってラブコールをしかけたとか。

これについてGACKTさんは、「沖縄にずっと恩返しをしたいと思ってて、この作品に出演したらそれができるかもしれないと思った」と話すも、オファーを受けるか考える時間がほしいと返答したといいます。

ところが、「監督はそれを“快諾”と勝手に決めてしまった。思い込みが激しくて非常に不思議な人です」と監督の強引なエピソードを明かしました。

撮影時の様子も一風変わっていたそうで、カメラのファインダーを見ず、まだカメラが回っている状態で「オッケー!」とカットを出してしまうなど、終始不思議な人だったと撮影当時の思い出を語りました。

GACKT

また、本作ではカメラの撮影指導に加納典明さんが入ったそう。加納さんは今作のGACKTさんの役どころを、若かりし頃の加納さん自身だと思っていたそうで、「こちらも非常に思い込みの激しい人でした」とGACKTさん。会場の笑いを誘っていました。

GACKTさん演じるカメラマン・大山が、訪れた沖縄で出会った美少女・真海を演じた木村涼香さんは、昨年の沖縄国際映画祭のオーディションを勝ち抜き、今作で見事ヒロインの座を獲得。スクリーンデビューを飾りました。

木村涼香

今回の舞台挨拶でも緊張を隠せない様子を見せていましたが、じっとGACKTさんのほうを覗き込むと、GACKTさんがさりげなくフォローを入れるなど、すっかり信頼しきっていた様子。GACKTさんも「こう見えて僕は、壁がない人間なんです」と涼しい表情で語りました。

全編をとおして沖縄という素晴らしい大地と神話に触れられる今作『カーラヌカン』は2017年9月公開。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

※2022年1月21日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ミズナラ
    1
    クリップ映画消化作戦遂行中❕ 噂以上🙌 ヤヴァぇぇぇ~😂 なんだこれ❓️😅 Gacktは演技をするつもりは全くないのか、いつものGackt🤤 撮影スタッフがクソなのか、それともGacktのオーラがそうさせるのか❓️🤔 Gacktが沖縄の景色に全く溶け込めていない🤣🤣🤣 それだけでもう・・・お腹痛い🤣🤣🤣 更に会話が全く成立してないのが凄い😅 というか、怖い😭 その傷は❓️ 三日月だよ ❓️🤤❓️🤤❓️🤤❓️🤤❓️🤤 プレゼントです まるで君のコーヒー牛乳だな。 ❓️🤤❓️🤤❓️🤤❓️🤤❓️🤤 ちょっと🥺誰か解説してーー😭 吉本興行は今すぐ、映画制作から撤退して下さい😭 これは史上最悪といわれる伝説の下痢クソ映画、JAWS IN JAPANクラスのビチビチウンコ映画でした😭 一応、あらすじいりますか❓️🤤 東京から来たカメラマンGacktが勝手に運命感じた少女をひたすら鬼の形相でカメラに収める😭 逃げる少女を追うGackt😅 そして何故か記憶喪失(説明無し)になった少女とGacktの恋🥺 的なストーリー🥺 もう、どんだけどうかしてるのよ😂 脚本もGacktも全てが狂気の沙汰😂 とにかくずっとお腹痛い😭 永遠と突っ込みどころが続くので書くのもめんどくさい🤣🤣🤣 気になる方はあなたの目で真実を確かめてください😂 わたくしめの1番のお気に入りシーンは🤔 蝶々追いかけて滝壺に落ちて死にかけたGacktの第一声が『なんくる・・・・ないさ』 🤣🤣🤣🤣🤣🤣🤣🤣 殺してー😭いっそ殺してー😭 ミズナラ死亡 死因→腹筋崩壊 御愁傷様でした🤗 朝起きたら腹筋シックスパックになってるかも🤤
  • まーきん
    1
    クソ映画を探すことに熱中するあまり大事な何かを失い続けている男ことセガールくん推薦。 泣く子も黙ってパイプカットする伝説のクソ映画「デビルマン」に匹敵するとのこと。 やはり特筆すべきは全く噛み合わない会話。 「その傷はどうしたの?」 「三日月。語源はクリエイト」  「プレゼントどうぞ(織物)」 「まるで君のコーヒー牛乳だな」 「娘さんはどこですか?」 「ありがとう。あなたのおかげです」  慣れ親しんだ日本語が噛み合わないだけでここまで気持ち悪くなるとは知らなかった。 その他軽いツッコミどころとしては 警察官が人の行方不明を神の仕業ですと説明され秒で納得 失踪した娘が秒で帰宅 カフェの女店長が超カタコト 手しか撮らないと宣言した直後に顔を撮るガクト ジャケのシーンがまさかの場面 不自然なガクトの顔面 まだまだあるけど後は自分の目で確かめてください。被害者の会作りたいのでぜひとも鑑賞お願いします。
  • セガールおぢさん
    1.5
    我らが毘沙門天ことGACKTによる沖縄PR用動画。 犬と猿。 イラクとアメリカ。 信長と本願寺。 俺の思う相性の悪いものリストにGACKTと沖縄が加わった。 そんな相性の悪さに加え、床屋でシャンプーしてもらってる時に高確率で発生する「どこか痒いとこありますか」「あ、もうちょっと右で、いや僕から見て右で」に似た、意志疎通下手糞同士の会話ラッシュが観る者の脳を支配し、ただでさえチンパンジーレベルしかないIQがすり減ってく感覚を思う存分堪能することができた。 何故手を撮っているんですか? G「仏像は手で宗教理念を表現するから。」 その手の傷はなんですか? G「これは三日月だよ。」 (手作りの旗織物を渡して)これを貴方にあげます。 G「まるで君のコーヒー牛乳だな。」 こんなやりとりが注釈無し、解説無しで延々と続き、『会話とは?』『言語とは?』みたいな人智を越えた神様視点の自問自答が俺の心を抉っていった。 解釈丸投げ系の作品は星の数ほどありますが、そんな星々の中でも鑑賞サイドに求めるキャッチ力が群を抜いて高い作品と言えるでしょう。 そんな球とれない。 さらに追い討ちをかけるように、ヒロインが突然失踪し警察が彼女の母親に事情聴取するシーンで 母「多分、神様の元にいってるんでしょうね」 警「まあ、そういうことでしたら」 と秒で納得するあたりで俺の中の善悪の境界線が完全に決壊した。 韓国映画の警察がまともに見える。 と文句ばかり書き連ねたが、本当に世の中が嫌になって、生きるのが辛くなった時にこれを観ると、『もう少し仕事と向き合ってみよう』とか『あと1年東京で芸人目指してみよう』とか、そういった謎のポジティブシンキングが生まれると思います。 観賞後の感覚が実写版デビルマンの時と本当に似ていました。
  • Chikako
    -
    ノーブラ女子とタンクトップガクトの物語。
  • ひほ
    1.6
    笑 なんだこれ 笑 Gacktだから見れた感じ。笑
カーラヌカン
のレビュー(48件)