映画『Summer of 85』あらすじ&キャスト・見どころをまとめて紹介。【巨匠フランソワ・オゾン監督が描く、少年同士の刹那のラブストーリー】

『17歳』や『8人の女たち』などで知られるフランスの巨匠 フランソワ・オゾン監督の最新作『Summer of 85』が8/20(金)より公開されます。

自身が17歳の時に感銘を受け、映画制作の原点となったと語るエイダン・チェンバーズの小説「おれの墓で踊れ(Dance on my Grave)」を原作に全編16mmフィルムで撮影された本作は、1985年の夏に運命的な出会いをはたした少年達の、短く熱い6週間を描いた刹那の恋物語。北フランスの海辺の街を舞台に、フランソワ・オゾン監督のこだわりが端々から感じ取れる珠玉の1作に仕上がっています。今回はそんな本作の、あらすじとキャスト、見どころをご紹介します。

映画『Summer of 85』(2021)あらすじ

セーリングを楽しもうとヨットで⼀⼈沖に出た16歳のアレックス。突然の嵐に⾒舞われ転覆した彼を救助したのは、18歳のダヴィド。⼆⼈は急速に惹かれ合い、友情を超えやがて恋愛感情で結ばれる。アレックスにとってはこれが初めての恋だった。 互いに深く想い合う中、ダヴィドの提案で「どちらかが先に死んだら、残された⽅はその墓の上で踊る」という誓いを⽴てる⼆⼈。 しかし、ダヴィドの不慮の事故によって恋焦がれた⽇々は突如終わりを迎える。悲しみと絶望に暮れ、⽣きる希望を失ったアレックスを突き動かしたのは、ダヴィドとあの夜に交わした誓いだった─。

映画『Summer of 85』キャスト紹介

フェリックス・ルフェーヴル(アレックス)

進路に悩む16歳のシャイな高校生。ひょんなことからダヴィドと運命的な出会いを果たした1985年の夏に、初恋と永遠の別れを経験することになる。

バンジャマン・ヴォワザン(ダヴィド)

母親が経営する船具店で働く18歳。アレックスとは対照的な性格で、刹那的な生き方をしている。

ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ(ゴーマン夫人)

亡き夫が残した船具店を営むダヴィドの母。息子の“親友”としてアレックスを気に入り、可愛がっている。

イザベル・ナンティ(ロバン夫人)

堅実で家族を愛するアレックスの母。ダヴィドに影響され変わっていく息子を心配そうに見守っている。

フィリッピーヌ・ヴェルジュ(ケイト)

アレックスが海辺で知り合う、ロンドンからヴァカンスにきた大学生。明るく社交的な性格だが、アレックスとダヴィドの関係に亀裂が生じるきっかけをつくってしまう。

メルヴィル・プポー(ルフェーヴル先生)

アレックスの進路指導の先生。悩み落ち込む彼をサポートすべく優しく寄り添う。

映画『Summer of 85』見どころは?

フランソワ・オゾン監督といえば、挑発的なサスペンスやエロティシズムなど、人の欲望の深淵を露わにする作品をイメージする方も多いかもしれません。しかし本作でオゾン監督が目指したのは、原作を重視した“世界共通のラブストーリー”を作ること。もちろん本作でもオゾン節は健在ですが、今までとは少し違う一面を私たちに魅せてくれます。

アレックスの供述書を元に進んでいく本作。過去と現在を行き来する物語の中で、アレックスの初恋は無邪気さと危うさが混在する、キラキラとした鮮烈な記憶として描かれています。人は誰でも人生を切り開こうとする時、その闇も見つめることは避けられないでしょう。ただ、過去というものはどうしても輝いて見えるといった心理を見事に描いています。

今日ではフランス映画界の巨匠であるオゾン監督も、思春期に出会い大きな衝撃を受けた小説を映画化するにあたり、「少年2人の恋愛に皮肉を一切加えず、古典的な手法で撮ることで、世界共通のラブストーリーにした」と語ります。本作には、監督自身の“あの頃”が少なからず投影されているのです。

また、80年代という時代感を再現するために全編16mmフィルムで撮影された映像は、デジタルでは出せない曖昧な色味やざらざらとした風合いを持ち、まるで当時に撮影されたかのような仕上がりになっています。そして、二人の揺れ動く心に合わせて選曲されたこだわりの楽曲にも注目です。THE CUREの代表曲「In Between Days」や、ロッド・スチュアートの「sailling」が当時の空気を呼び起こし、観る人をより深く物語へと引きこみます。

フランソワ・オゾン監督の原点回帰にして新境地と謳われる本作は、胸を焦がす初恋の記憶を爽やかな海風にのせて私たちに届けてくれるでしょう。この夏、ぜひ劇場でご鑑賞ください。

【予告映像】

(C)2020-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-France 2 CINÉMA–PLAYTIME PRODUCTION-SCOPE PICTURES

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • shbsbzjis
    3.8
    サムネイルを見て勝手に女の子だと思い込んでいたので、同性愛の話でまずびっくり。〈Call Me By Your Name〉とか同性愛をテーマにした映画が評価される本質は何なのだろうか。女性というバイアス無しでも惹かれるのが本当の愛情という見方なのか? それはさておき、絶妙に何か含みのある表情のダヴィドと干渉の仕方が気色悪い母親が序盤から不気味で、最初から私はアレックスに対して「あーーだめーーー着いてかないでー」って思って観てたので、2人の愛情や別れの悲しみみたいなのはあまり感じなかった。 アレックスにとって、ダヴィドもケイトも酔っ払い兄さんも会って間もない人たちなのに、ダヴィドには特別惹かれて、でも想い叶わず、他方でケイトや酔っ払い兄さんには特別な愛情は無いが彼らはその苦しさを乗り越える助けとなる。何がそれらをそうたらしめるのか。運命?タイミング? ロケーションと映像の美しさと、アレックスの衝動的な行動の力強さは胸を打つものがあったし、願わくばアレックスとケイトのアナザーストーリーも観てみたかった。
  • gom
    3.8
    もっと考察したくなる話だったので小説を読んでみようと思います。
  • 4.9
    記録用 .
  • swag
    3.8
    レビューするのがなんとも難しい作品に出会いましたね。 主人公のアレックスの年齢は私と同世代ということで、ところどころ共感できる部分がありました。 誰かに愛されたい、愛したい、 まだ世間知らずのこの歳。 愛に対する理想像が強すぎるあまり、何かに期待してしまい結果失望する。この繰り返しです。 アレックスはダヴィドに理想像を重ね合わせて、 素敵で美しい思い出だけを記憶している。 ある意味、自分に都合のいいことだけをしているような、相手に愛を注いでもらい愛を注いでいる自分に酔っているような感覚なんですよね。 よく思えば私たちも、相手を想って気遣ったりする自分が結局好きであって、心の奥底では表向きとは違う現実があるのかもしれない。 その二面性が人間の根底にある性質なのかなとも感じたり。 この映画は、苦い記憶や死をも美しく美化した映像だけで語っている。 現実なんてあえて見せる必要はなくて、 理想像に溺れる、そんな作品だなと感じました。 いい作品です。
  • ゆたか
    3.7
    log
Summer of 85
のレビュー(10710件)