アラン・ドロン引退宣言!いまこそあの“ゲイ映画説”を徹底検証

腐女子目線で映画をフィーチャーしてみる。

阿刀ゼルダ

太陽がいっぱい

アラン・ドロン引退。そろそろファイナル・アンサーといきましょう。

アラン・ドロン引退のニュースが世界を駆け巡った5月。
御年81歳とはいえ、彼の話題はいまだに芸能界の大ニュース。なにしろ、かつて“世界一美しい男”の名をほしいままにした美貌の持ち主、数々の傑作映画を残した名優ですから。
そんな中でも、出世作となったルネ・クレマン監督『太陽がいっぱい』(60)は、アラン・ドロンの翳りある美貌にうってつけのピカレスク・ロマン、ニーノ・ロータの哀愁溢れる音楽、アンリ・ドカエの作りだす無二の映像美……と、オールラウンドに魅力が詰まった不朽の名作です。

ところでこの作品、故・淀川長治が「ホモセクシュアルの映画だ」と紹介して物議をかもしたことはご存知の方も多いと思います。
もっとも、一見そんなシーンなどどこにもない…さすがに淀川さんの言葉でも、当時ほとんど信じる人はいなかったとか。

のちに邦訳されたパトリシア・ハイスミスの原作ではトムは明らかにクローゼット・ゲイとして描かれているし、「より原作に忠実」を謳い文句にリメイクされたリプリー』(99)でも、マット・デイモン演じるトムはゲイだということで、今では淀川説を肯定する人が多数派かと思いますが、そうは言っても……一体どこに同性愛が?と、内心モヤモヤしている人はいまだに少なくないのではないでしょうか。

リプリー
『リプリー』

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

今回アラン・ドロンも引退することだし、そろそろこの問題にもファイナル・アンサーを出しておきたいところ。
そんなわけで、今日はこの問題を徹底検証してみることにします。
(以下はネタバレを含みますのでご注意ください。)

一卵性?と思うほどの親しさが殺意へ…トムとフィリップの悲劇

本題に入る前に、まずは物語をおさらいしておきましょう。

舞台はイタリア南部の架空の街・モンジベロ。
貧しい青年トム・リプレー(アラン・ドロン)は、富裕な実業家グリーンリーフ氏から、放蕩息子フィリップ(モーリス・ロネ)をアメリカに連れ戻してくれたら謝礼を支払うと依頼され、フィリップの逗留先モンジベロを訪れます。
境遇は違うもののすっかり意気投合したトムとフィリップ。トムはフィリップの生活に深く入り込みます。
しかし一方で、フィリップにはマルジュ(マリー・ラフォレ)という恋人が。彼女のため、帰国を渋るフィリップ。
フィリップの態度に業を煮やしたトムは、フィリップを殺して自殺に見せかけ、完全犯罪を装った上で、フィリップの財産とマルジュを手に入れるのですが――

同性愛を匂わせる3つの要素

その1.鏡の中の「フィリップ」にキスするトム

本作がゲイ映画だと思えるポイントはいくつもありますが、以下では3つに絞って解説します。
まずは、トムがフィリップの服を着て彼の真似をしながら鏡に映った自分にキスするあのシーン。
事実関係としてはトムが鏡にキスしただけ。でも、トムの目線でよく考えてみると、トムが鏡の中に見ているのはフィリップ……ということは、フィリップへのキスでもあるわけです。

ちなみに『リプリー』にはこのシーンのオマージュと思われるシーンとして、トムが窓ガラスに映ったディッキー(『太陽がいっぱい』のフィリップに相当)にキスする場面があります。

その2.ふたりの関係に嫉妬するマルジュ

本作のポスターにもなった船上のシーンは、トムがフィリップを殺害するまでの顛末が描かれている、この作品の核心部です。

海
(C)photolibrary

船上には、トム、フィリップ、マルジュの3人だけ。

このシーンには、トムがフィリップに、
「地獄まで一緒だよ」
と意味深な言葉を吐く一コマも。

ただ、問題はその言葉よりも、それを聞いていたマルジュの態度のほう。
彼女はフィリップの腕を掴んであからさまに不安そうな表情を見せ、トムが席をはずすや、
「私だけじゃ退屈? そうなら船をおりるわ」とすね始めます。
マルジュの口調は、まるでフィリップにトムか彼女かの選択を迫るかのよう。
フィリップの恋人である彼女が、なぜ男性であるトムをライバル視……?

誰も疑ってないことを劇中の人物が疑ってみせることで、観客の側も急に「あやしい」と思い始めること、よくありますよね。
マルジュのセリフは「観客に火の在り処を教える煙」の役目をしているわけです。

その3.タオルミナ好きが強調されているフィリップ。タオルミナとは?

最後に、意外に決定打かもしれないと思っているのがこれです。

タオルミナ
(c)Richard C. Schonberg
シチリア島にあるタオルミナ。ギリシャ・ローマ時代の遺跡も数多く残っている。

フィリップはシチリア島のタオルミナがお気に入りで、銀行で大金を引き出してはタオルミナで豪遊。劇中何度も彼とトムの間でこの地名が話題に上り、フィリップがタオルミナ好きであることが強調されています。
タオルミナは何か特別な場所のようなんですが……一体そこに何が?

今年のG7サミットが開催されたことでも知られるタオルミナ、実は19世紀からゲイに人気が高い観光地なんですよね。
ドイツ人のヴィルヘルム・フォン・グレーデン(1856-1931)がこの地で撮影した美少年写真集「タオルミナ」が評判になったことが、ゲイのタオルミナ人気に火をつけたとか

下の画像はそのうちの1枚。なんともエロチックで禁断の香りがムンムン。
フォン・グレーデンの写真はあのオスカー・ワイルドも愛好していたそうですね。

タオルミナ2
ヴィルヘルム・フォン・グレーデンの美少年写真

そんなタオルミナ……「タオルミナ」という言葉自体がフィリップのセクシュアリティを暗示している可能性はおおいにありえます。
原作や『リプリー』でも、本作のフィリップにあたるディッキーについては暗にクローゼット・ゲイである可能性がほのめかされていますし、『リプリー』でディッキーを演じたジュード・ロウは、『オスカー・ワイルド』(97)のオスカー・ワイルドの恋人役など、これ以前にもゲイ役を演じている人なんですよね。

愛と憎しみと執着の三つ巴

異性愛者という固定観念で見ていたトムとフィリップのセクシュアリティが揺らぎ始めた途端、この映画の景色は一変、フィリップを帰国させたいトムと、フィリップに留まってほしいマルジュとの対立関係の向こうに、フィリップの愛を奪い合う三角関係という新たな構図が浮かび上がってきます。
そして、フィリップの帰国か残留かを選ぶ選択は、実はトムかマルジュかの選択と不可分に結びついているということに、初めて気づかされるんです。

マルジュとのフィリップ争奪戦に敗れたトムは、フィリップの胸をナイフでひと突きに。
このシーンを淀川さんは「ラブシーン」だと言ったそうですが、まさに言い得て妙!
刃物はピストル同様に男性器のシンボルですし、古今東西、愛と憎しみは表裏一体ですから。

ラストシーンでフィリップの遺体が海から浮かび上がってくるのも、ふたりの間に「愛」を想定すれば、「地獄まで一緒だよ」というトムの言葉にフィリップが応えた……という衝撃の執着愛の構図に一変。
単にトムの完全犯罪の破綻としてだけ眺めるのはもったいない、愛憎劇として深く心に残る完璧なラストだと思います。
原作の続編の存在と矛盾するあのラストシーンは、原作者パトリシア・ハイスミスをいたく怒らせたようですが、続編という制約に縛られず映画の完成度を最優先したルネ・クレマンの判断は、間違いなく『太陽がいっぱい』を不朽の名作の域に押し上げたと言えるんじゃないでしょうか。

いかがでしょう? 『太陽がいっぱい』ゲイ映画説、納得していただけましたか?
まだまだ納得がいかないという方も、騙されたつもりで視点を変えてもう一度作品を観直してみると、これまでと違った物語が見えてくるかもしれませんよ。

 

※2021年3月8日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 久保田靖史
    3
     女流サスペンス作家パトリシア・ハイスミスの小説を原作とした映画。25歳のアラン・ドロンがブレイクした作品として知られてます。 この映画はニーノ・ロータの音楽と、衝撃のラストシーンに尽きるかなと思います。ヒロイン役のマリー・ラフォレも美しい。 ただしアラン・ドロンの映画としては、「冒険者たち」の方が私は好きです。この映画の登場人物には感情移入出来なかったです。
  • まなか
    4
    めちゃくちゃハマって見てた!!
  • Jeffrey
    4.5
    「太陽がいっぱい」 〜最初に一言、後のアントニオーニ、ヴィスコンティ、ロージー、メルヴィルに多大な影響与えたこの映画と天使のような顔立ちで悪事をこなすアラン・ドロンをスターダムに仕上げたクレマン監督の最高傑作である。ロータの海と太陽が象徴する青春のイメージと、青春への限りない愛しみを込めた人生と愛の記憶を蘇らせ、故郷へ引きずりこんでいくような音楽も素晴らしいの一言である〜 本作は1960年にアンリ・ドカエが撮影を担当し、クレマンが監督した仏、伊合作の犯罪映画で、この度は数年前に角川から発売された野沢那智の吹替2バージョン付き・4Kマスターで再鑑賞したが素晴らしい。あのベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した「禁じられた遊び」で世界的に知られているの監督ルネ・クレマンがイギリスの探偵文学大賞受賞した女流作家パトリシア・ハイスミスの「ミスター・リプレイ」を映画化したもので、人気絶頂のスーパースター、アラン・ドロン最大の主演作として日本でも知名度があり、彼の全てがこの作品にあると言っても過言ではない強烈な芝居を見せてくれている。公開当時(1960年)各ベストテン選出の第1位を独占した秀作であり、戦後フランス映画全作品を通じても、際立って優れた名作と言える。 ナポリの熱い太陽の下、1人の青年が金と女のために大胆に行った孤独な完全犯罪の物語を、甘美なメロディーと色彩美あふれる斬新なカメラそしてサスペンスとどんでん返しの演出の冴えで、見るものに強烈な印象を残さずにはおかない1本だ。主役のトム・リプレイを演じたドロンはこの1作でスターダムに召し上がり、トムに殺される酷簿非情な金持ちの息子フィリップにはモーリス・ロネ、彼はここ最近BD化された「輪舞」や同じく太陽がつく、「太陽が知っている」などに出演している。美少女マルジュを演じたマリー・ラフォレはシネマライブラリーでBD化された「金色の瞳の女」などに出演していて、覚えている人もいるだろう。そんで音楽はニーノ・ロータときているのだが、このスタッフとキャストの配陣を見ただけでテンションがあがるのだ。彼は確か日本映画の「陽は沈み陽は昇る」で初めて日本映画音楽を担当していたと思う。 さて、物語はローマの街を辺り構わぬ大柄な態度で遊びまわっている2人の若者がいた。サンフランシスコから絵の修復に来た金持ちの息子フィリップ・グリーンリーフと、彼を連れ戻しにやってきたトム・リプレイである。トムは、フィリップと一緒に遊びまわり、彼のご機嫌をとり、何とかして彼の口から帰国を承諾する言葉を引き出そうとしていた。何しろこの仕事が成功すれば、フィリップの父親から5000ドルの報酬をもらうことになっている。貧乏人の息子であるトムにとって5000ドルは大金だった。しかし、フィリップは太陽がサンサンと降り注ぎ、金さえばらまけば女も食べ物も自由に手に入るイタリアでの享楽的な生活がすっかり気に入り、ナポリに近いモンジベロと言う漁村に腰を落ち着け、豪華なヨットを買い込み、しかもマルジュと言う美しい恋人まで手に入れて帰国する気などほとんど失っていた。 トムが哀願するように頼み込むと、フィリップは口では帰ると約束しながら、平然とそれを破ってしまうのだ。トムは、5000ドルをどうやら不意にしそうだった。しかし、トムの欲望はもうそれがはした金だと思うほど膨れ上がっていた。太陽と青空と贅沢と、イタリアでの生活は全く素晴らしいものであった。これ以上の楽しい人生はなかった。それにはフィリップのように金持ちでなければならなかった。(フィリップのようになりたい)、トムの心の中で狂おしいほど燃え上がってきた欲望だった。いつかしら、それがフィリップに対する殺意に変わったのだ。フィリップの金持ち特有の傲慢な態度と相手を故意に傷つけるような侮辱に対して、トムは決して怒りの表情を見せず、人当たりの良い微笑と、少年のように澄んだ瞳、如才ない振る舞いで相手の信用を得ていた。その仮面の下では憎悪と殺意がブレーキのきかなくなるほど渦巻いていたのだが…。 フィリップ自慢のヨットで海に出たとき、トムはついにチャンスをつかんだ。巧みな小細工で彼はフィリップとその恋人のマルジュの中を引き裂くことに成功した。フィリップに対して腹を立てたマルジュは、目的地タオルミナの途中で下船してしまい、トムとフィリップだけが船に残った。トムはナイフの一突きでフィリップを刺殺すると死体を海中に沈めた。誰も見ていない海の上の犯行。地中海の波が、珍しく高くうねり始めた。トムはフィリップの身分証明書を奪うと、それに自分の写真を貼り、彼のサインを真似て完全にフィリップになりすまし、マルジュには、彼とは目的地で別れた、と言っておいた。フィリップになったトムは、ヨットを売り、ローマにアパートを借りて、さらに完全犯罪の仕上げを急いだ。 しかし、偶然にもトムは、第二の殺人を犯さなければならない羽目になった。フィリップの友人フレディーが彼のかくれ屋を探し当ててやってきて、トムがフィリップだと名乗っていることを嗅ぎつけたのだ。トムはフレディーを殴り殺して、死体を藪に投げ込んだ。フレディーの死体は、翌朝発見された。すべての人々がフィリップが生きているものと思い、彼が殺して逃走しているのだと信じ込み、警察も当然彼を容疑者と判定した。ある日、トムはフレディーの死体確認にやってきたマルジュにそっとささやいた。フィリップは今モンジベロに隠れていると。警察が2人の会話盗み聞きしている事を計算に入れた上での芝居だった。そして、一足先にモンジベロに飛んだ彼はフィリップの部屋に入り込み、彼の名前でマルジュ宛の遺書を書き全財産を彼女に送るとした。 ある日、もとのトムに戻った彼は傷心のマルジュの元に現れた。そして、ずっと前から君を愛していたと熱っぽく愛の告白をした。トムの態度は優しい思いやりに溢れ、マルジュに結婚の約束をさせずにはいられなかったほどだった。こうして、彼の完全犯罪はついに成功した。金を手に入れ、マルジュも奪い、すべての欲望を自らの手でつかんだ彼には、深い満足感だけがあった。運命の逆転が、その満足感を一瞬にして打ち砕くべく静かに動き始めていたのも知らずに…とがっつり説明するとこんな感じで、大富豪の息子になり済まそうとする青年の野望を描いた作品で、今回は角川出てる4K修復ニューマスター版で、アラン・ドロンの声を演じた野沢さんの吹き替えを2バージョンを収録したBDで鑑賞。それと今回は特典のDVDのドロンの19分間のインタビューと監督の67分の"新しい波のただなかで"と言うものと、4K修復前と修復後の比較とオリジナル予告を見た。 さて、ここからは印象的だったところを話していきたいと思う。今回で3度目の鑑賞になるが、冒頭の下りはほとんど記憶から抜けてて、それでもアラン・ドロンが靴と洋服を着替えて鏡に顔をくっつけて愛は盲目と言うシーンは強烈に印象的だったためそれは覚えていた。それと出始めの盲目の人の真似をする場面は北野武の「菊次郎の夏」でもあったなと、それにヨットの上でのアラン・ドロン演じるトムがフィリップに小さなボートに乗せられ意地悪される場面などポランスキーの「水の中のナイフ」を思い出す。にしてもドロンがどの角度から見てもハンサムすぎる。ドロンが市場で魚を見て歩いているときの音楽といい、彼のクローズアップといい美しい。あの第二の殺人を起こすときに死体を共に〇〇する流れは笑える。 それにしてもこの作品が60年代に公開されて、日本では安保闘争などがあった年で、若者たちが暴れまくっていたと言う事柄とロッキード事件が政界を揺さぶった70年代後半の年にこの作品が再上映されていたことをを記憶するが、当時の若い子が(60年代に公開されたのを見てない人) 70年代にリバイバル上映されたこの作品を見てどのように感じたのか気になるところである。特異な性格の青年像を浮き彫りにして見せている本作は、愛情とは無縁な不幸な環境で成長して惨めな記憶しかない過去を打ち切ることのみを、必死に希求しているのだから…。虚脱状態から抜けきれなかった若者はどう判断し、感じたのだろうか。特異の心理の青年が演じた孤独な犯罪劇から男性的な復讐と挑戦の野外劇になっているのも見所である。 原作を読んでいないから何とも言えないが、大富豪の息子フィリップは、それほど悪い人物ではないように書かれていると言う噂もあって、フィリップを愛する娘の目を通せば、同性愛と映る異常な形で噴出するトムの、屈折した心理を、いたって平凡な人間であるフィリップが、理解できるはずはないと作家の小野紀美子氏が言っていた事を思い出す。やはりあのボートに置き去りにして日光によって背中を火傷してしまい、火ぶくれになった時点でトムの自尊心を果てしなく傷つけてしまったフィリップに対しての憎しみは半端なかっただろうなと思う。ここまで悪魔的な魅力の存在感を出していたアラン・ドロンは、確かにハンサムだが、ハンサムと言う役者は多くいて、一発屋で終わってしまうハンサムもいれば彼のようにスターダムにのし上がるハンサムもいる。 この映画に出会えたドロンは非常にラッキーだったのか、それとも彼自身の力量か…。この映画を見るとクレマンが素晴らしいのか彼が素晴らしいのか、はたまた海と太陽が象徴する青春のイメージと、青春への限りない愛しみを込めた人生と愛の記憶を蘇らせ、故郷へ引きずりこんでいくようなロータの音楽が素晴らしいのか…よくわからなくなってしまうんだが、この映画を見る限り監督の映画と言うよりかはもはやアラン・ドロンのための映画でありアラン・ドロンの映画になってしまっているところがやはり印象的だろう。あの眩い大空とコバルトブルーの海と物悲しくも甘美なテーマミュージックを見て聞くだけでこの映画はアラン・ドロン様のための映画だなと思ってしまう。 ネタバレになるからあまり言えないが、完全犯罪が〇〇に見える結末は犯罪者〇〇と言う世間のモラルを配慮したんだろうなと思わされてしまう。この映画撮影期間は1959年8月3日から10月22日にかけて行われているとなっていて、ナポリとイスキア島とローマとオールイタリアロケがなされており、ローマのカフェテラスに始まる冒頭の場面から、野外撮影の魅力が存分に伝わってくるのと、スタジオ内のセットなどもあり、イタリアの強烈な光を収めるドカのカメラも素晴らしかった。それにオープニングの洒脱なクレジット・デザインを手がけているビンダーも良い。確か後にソール・バスと共に有名になるデザイナーだったと思う。 やはりこの映画の後の影響は凄まじく、アントニオーニの「欲望」と「さすらいの二人」ではこの作品に影響されている場面もあれば、ルキノ・ヴィスコンティの「若者のすべて」がこの作品の直後の60年にアラン・ドロンを起用して作っているのとメルヴィルの「サムライ」で彼が暗殺者を演じているのもトム・リプリーの面影が感じ取れるのと、ジョセフ・ロージーの「パリの灯は遠く」でも本作の主人公の感覚が感じ取れるのだ。アントニオーニの場合は不毛の愛三部作でモニカ・ベティと共演した「太陽はひとりぼっち」にもアラン・ドロンが起用されていたな。まだこの映画を未見の方はオススメである。天使のような美しい顔立ちで冷静に悪事をこなしていくドロンにメロメロになるだろう(笑)。
  • ココ
    5
    サブスクにはないわ、レンタルは常に借りられてるわで1年越しくらいで観られた。めちゃくちゃよかった……。全く内容知らずに臨めたことを神に感謝。アランドロン美しすぎてそれだけで幸せ。ヒロインの女性が霞んでしまうほど。
  • いない
    -
    21/11/25
太陽がいっぱい
のレビュー(9069件)