人生の岐路に立つ全ての人に『カーズ/クロスロード』〜楢﨑正剛〜

楢﨑正剛さん

大人にこそ観てほしい。誰もが自分に置き換えて、共感できる映画です

プロサッカー選手 楢﨑 正剛さん

Jリーグ・名古屋グランパス所属のゴールキーパー。1976年奈良県生まれ。奈良育英高校から95年に横浜フリューゲルスに入団。99年から名古屋グランパスに移籍。日本代表としても活躍。

人生の岐路に立つ全ての人に――。夢の続きを求めるのか、それとも新たな道に進むのか?

カーズ/クロスロード2

マックィーンの姿と自分を重ね合わせて

カーズ/クロスロード』の主人公マックィーンは、ベテランのスターレーサー。そんなマックィーンの姿には、自分と重なる部分もありました。次世代の若いレーサー、ストームの登場によって苦戦を強いられますが、僕もかつてはストームのようだったと思うし、それがマックィーンの立場になり、これからは……。

今まで全くそんなことは考えずにきていますが、いつかはマックィーンを支えるピットクルーのような立場になる日がくるのかも知れない。 ずっと第一線で活躍し続けることが難しいのは、レース界もサッカー界も同じ。さまざまな武器を持った若い選手の姿を見ては、「僕も負けてはいられない」という焦りから余計なプレーをしてしまうことも往々にしてあります。

ただ、積み重ねてきた経験や試合感覚はベテランならではの武器。そこに新たなチャレンジを採り入れ、自分をアップデートさせ続けることが勝利に貢献するためには必要だと思っています。 特に印象的だったのは、悩んだマックィーンが、師であるドックを知るレース界のレジェンドの元にヒントを得にいったシーン。僕も人に頼りたいと思うことがありますから。そんな時は日本代表で共に戦い、今はコーチや解説者になっている人たちと話すとホッと心が落ち着きますね。

新たなトレーナーとしてマックィーンを支えるクルーズは、僕にとってはチームメートやスタッフですね。最初はすれ違いもあったふたりが徐々に心を通わせていくシーンは見どころのひとつです。

カーズ/クロスロード3

人生に迷う大人に響く。運命の決断には驚きも

マックィーンは、復活か引退かという人生の岐路に立たされた重要なレースに出場しますが、ここで彼は意外な行動に出ます。勇気ある決断に驚きました。でも、人生の岐路に立った時、その先を自分で決められるのは幸せなことだと思います。僕らは契約してもらえなければそれで終わりですから。

サッカーに限らず、どんな仕事でも、仕事をしていなくても、自分よりも若い世代が脅威になったり、進むべき方向に迷ったりと、この映画で描かれているものは誰の人生にもあり得るシチュエーションです。誰もがマックィーンに自分を置き換えて共感できると思います。アニメーションなので、子どもと一緒に見ないといけないのかなという先入観がありましたが、大人ひとりでも十分に楽しめる映画です。レースシーンは本物の車と見間違えるほどの迫力。ぜひ、映画館で観てもらいたいですね。(談)

カーズ/クロスロード4

※本記事は2017年7月22日の朝日新聞東京本社版夕刊の特集を転載しています。

カーズ

STORY:華々しく活躍してきた天才レーサー“マックィーン”は、これからも走り続けると信じていた。しかし、彼を待ち受けていたのは、最新テクノロジーを限界まで追求したストームをはじめとする新たな世代の台頭と、レース人生を揺るがす衝撃的な大クラッシュだった。夢の続きか、それとも新たな道か? “人生の岐路”に立つマックィーンの運命を左右するのは、レーサーに憧れ夢を諦めた過去を持つトレーナー、新たな相棒クルーズだった……。

配給: ウォルト・ディズニー・ジャパン

大ヒット上映中!

Disney.jp/Cars-CR
(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

【あわせて読みたい】

人生の岐路に立つ全ての人に『カーズ/クロスロード』〜村田諒太〜

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • シャイ
    4
    マックイーンが引退をかけたラストチャンスのレースに挑む話 【好きだったところ】 ・とにかくレースのワクワク感や車のかっこよさが見事に伝わっていてよかった! ・今回はマックイーンがメインになっていて2に比べてあらすじも"引退"をかけていたりして、深みが増していてよかった! ・ハドのシーンは1から観ていると本当に泣けるし、ハドがマックイーンとの思い出を何より喜んでいるところは泣けた。 ・最初の方の契約が変わるところの"いつだって思い出せる思い出だから"が個人的に名言だった。 ・新しく出てきたトレーナーもバックグラウンドがあり、最後の締め方も完璧でよかった! 【嫌いだったところ】 ・個人的な感想にはなるが、2は超えたが1は超えなかった印象 ・あらすじ上仕方ないが、最後はマックイーンが抜かす方がスッキリした感や作品として気持ちよかったのではないかと思った ・2で出てきたキャラが何かしらで出てきてほしかった! 【総括】 ・2<本作<1の順で好きだった! ・カーズは家族でも誰とでも観れるかつ楽しめ、ちゃんとメッセージ性や名言があるところが面白い ・2よりも"レース"に焦点が当たっていてよかった!!
  • -
    正直、途中はマックイーンが選んだ道に納得出来なくて観るの辞めようかとも思ったけど、ドックの背中をおってるマックイーンがハチャメチャにかっこいいんだよな〜好きでした!ドックへの愛!デカし!
  • iPhone97
    3.7
    2023年22本目
  • Ren
    3.5
    『カーズ』とは表裏一体の作品なので、一作目を観た人は全員観るべき。『ベスト・キッド』風味を出しつつも『グラン・トリノ』であり『トップガン マーヴェリック』だ。ピクサーが3作以上作ったシリーズ『トイ・ストーリー』と『カーズ』がとても似た幕引きを迎えたのは偶然ではないように思える。 語り口は非常に渋い。シリーズどころか全ディズニー映画の中でも大人向けなほうだと思う。メーターとの友情の話は『カーズ2』で全部やりましたと言わんばかりに、今作ではマックウィーンの現役人生にフォーカスを絞った点が、大人のスポ根ムービー完結編として真っ当だと思う。 一本のエンタメとしてはそこまでスカッとできるものではない気はする。間延びしているシーンがとても多いし、終盤までは登場人物の行動原理がほぼ苦悩・葛藤に割かれているからだ。 その点00年代ピクサー作品とはまた毛色が違うけど、だからこその秀作とも言える。 世代の話として、詰まっている要素の数が凄い。①スモーキー②ドック③マックウィーン④クルーズの4名が、①→②、①→③、①→④、②→③、③→④、④→③などあらゆるレイヤーで作用し合う。 「引き際は若者が教えてくれる」。現役の自分が何を突き詰め何を残していくべきかを問うた青春セカンドライフ映画。 だからと言って、引退を控えたスポーツ選手しか共感できない映画ではない。職場、学校、部活、習い事などであらゆる引退や卒業を経験してきた全ての人が自分事として消化できる可能性を秘めている。 戦友が次々と引退し、時代の流れの中で取り残されていくかつてのスターが返り咲きたい一心で踠き続ける姿は誰の目にも悲痛に映る。冒頭の、新人レーサーの背中にどうしても追いつけない描写が陸上競技をやっていた身として辛かった。 最新トレーニングには馴染めない(馴染まない)、従来トレーニングでは追いつかない苦悩。引退のレースをかけた直前のマックウィーンの表情に全てが詰まっている。全てを受け入れた者の絶望半分決意半分の顔。 今作では、「育成」も去ることながら「未来のある者に席を明け渡す」点に重きが置かれている。その新しい才能がどのような結果を出すかは分からないが、まずは身を削ってでもチャンスを与える。プロフェッショナルの行き着く先は「新しい世代の味方をすること」なのかもしれない。 その他、 ○ 相変わらずレースシーンのカメラワークはかっこいい。水と泥の表現、ポスターにもなっているマックウィーンの大クラッシュシーンの火花や煙の表現が素晴らしい。 ○ 日本語版エンディング曲は奥田民生。人選が渋い。 ○ マックウィーンをピクサー創設者の一人であるジョン・ラセターに置き換えて見ても良いよね....? 《⚠️以下、ネタバレ有り⚠️》 だとしたら、ラストの展開への伏線は張っておくべきだったとは思う。自分はレースのルールをよく知らない人間だったので、初見時に選手交代ってアリなの?と困惑してしまった。例えばシリーズ一作目で、チックとかがあの方法を使ってチートしてたら良かったかも。 結末も気持ち良すぎ・上手くいきすぎで、この辺りにはラセターイズムが強めに出てしまっている。クルーズが1位になったことに「気持ちいい」以上の理由はさして無い。優勝しなくても、最後に抜かさなくても、ちゃんと脚光を浴びてこれからのキャリアへの足掛かりは掴んでいたと思うよ。 そもそも「ジャクソン・ストームが “最新式の” 実力者」で、それ故に自分の立場を思い知ったことがマックウィーンの行動原理としてあったはずだが、最後のレースでは「ジャクソンがイヤな奴」であることの比重のほうが高くなる。世代間の話が消え、新世代のイヤな奴に新世代のそこまでイヤじゃない奴が勝つレースの話に変貌する。 なので、ジャクソン優勝クルーズ準優勝でさらなる新世代への注目が高まる&旧世代の指導者へのリスペクトも高まる、という方向でも多分作れた。ジャクソンをイヤな奴にしたことが微妙に雑味になっていた気がするが、その辺りもラセター的勧善懲悪構造のエッセンスだろうか。
  • Katsuya
    -
    どの世界も世代交代がある
カーズ/クロスロード
のレビュー(20259件)