若きクリエーターたちよ、心して聞け!クリストファー・ノーラン監督が学生の質問に回答

9月9日(土)公開の最新作『ダンケルク』をひっさげ、7年ぶりに来日を果たしたクリストファー・ノーラン監督が、YouTube Space Tokyoに降臨! 未来の映像クリエイターたちの質問に答えるスペシャルトークを繰り広げました。

クリストファー・ノーラン

現在まさに映像を学んでいる学生からは、「私たちはいま何を学ぶべきか?」という率直な質問が。それに対しノーラン監督は、「映画を学んでいる学生としてたくさんの映画を観て楽しむことが大事だ」と答えました。そして、「さらにその作品を分析してほしい。僕は大学では英文学を専攻していたけれど、とにかく映画を観るということはずっと続けていた。そして、そのフィルムメーカーたちがどのようにストーリーを描こうとしているのか、どうやって観客を引き込んでいるのか、そのメカニズムを理解しようとしていた」と明かしました。

クリストファー・ノーラン

映画を製作するにあたって重要な「予算」に関しても言及したノーラン監督。彼が初めて製作した作品は「Following」という16ミリモノクロのショートフィルムで、普段は仕事をしているアマチュアたちが集まり週末に撮影をしていたそう。その作品にはまったく予算がなかったとか。

しかし、「予算の規模に関わらず重要なことがある」とノーラン監督。「クリエイティブなプロセスの本質は、監督として常に同じ姿勢を貫くということだ。フレームの中に何を収めるか、そこにある情報がしっかりとストーリーを進めているか、一貫していることが大切だ」。

また、デジタル化著しい昨今でもフィルムで映画を撮り続けているノーラン監督だが、そのこだわりの理由についても明かしました。

「もともとセルロイドのフィルムが大好きだったんだ。デジタルを扱ったこともあるが、その映像は私自身の目を通して見ている世界と違っていた。アナログの色は非常に深みがあって、自分自身が見ている世界が再現できた。しかし、デジタルが良くないと言っているわけではなく、リアリズムを追求するのであれば、アナログなフィルムがベストだと考えているんだ。

デジタルのほうが合う映像、フィルムのほうがある映像というものがあり、両者それぞれに良さがあるから、決して競合ではなくまったく別のメディアだととらえている。

クエンティン・タランティーノ監督やスティーヴン・スピルバーグ監督もフィルムを好んで使っていて、君たち次の世代がいまと同じクオリティのフィルムを使えるよう、フィルムを選択肢のひとつとして持っていられるよう、我々が使い続ける必要があると思っている」。

映画『ダンケルク』では、“時系列”が巧みにコントロールされているが、それについては「兵士たちの気持ちを感じ取り、その場にいるような臨場感を味わってほしかった」と語ります。陸・空・海軍それぞれの視点で描かれており、彼らが抱く主観的で人間的なストーリーを描きたかったといいます。

ダンケルク

映画『ダンケルク』は9月9日(土)より全国ロードショー。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

※2021年4月21日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • wkhrA
    1.5
    イギリス愛国者向けの娯楽映画。至る所で執拗に水の恐怖が付いて回るのはリアル。しかしギリギリのところで助けが間に合ったりするような展開は陰鬱でしつこい音楽と相まって、どこかあざとい気がする。
  • ヒグチユウコ
    4
    バリー・コーガンも出ている
  • lente
    -
    映画作家から映像職人へと至る軌跡 クリストファー・ノーラン 5/6 戦争という行為は何よりも若者の命を大量に奪うものであることが、クリストファー・ノーランの描くこの群像を観るとよく分かるように思いましたし、僕個人の思いとしてはいつしかそうした年齢の分水嶺を物理的に超えたことを実感するような作品でした。 ここに登場するのは青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年、青年 もちろん民間の船長、海軍の将校、スピットファイアの英雄なども青年ではない姿として描かれていますが、ある種の特別なポジションを与えられたそうした人々よりも、若き歩兵たちの数のほうが圧倒的に多い。そのなかに僕の影はまったく見当たらなかった。 スクリーンでは見逃してしまったものの、この映画の臨場性がどれほどのものかはDVDでもしっかりと伝わってきましたし、映像としての臨場感と心理的な切実さとが必ずしも一致するものでないことは、ジョー・ライト監督『つぐない』(2007年)のほうがダンケルク撤退戦の凄惨な様子をよく伝えていることからも分かります。 これはおそらく、クリストファー・ノーランがそのように撮ったからだろうと思います。反戦視点で悲惨さを描くのでもなく、歴史ものとして戦略や政治を描くのでもなく、かといってドキュメンタリーとしての真実を描こうとしたわけでもきっとない。そのように『インセプション』(2010年)や『インターステラー』(2014年)を振り返ってみると、クリストファー・ノーランは徹底した職人として映画を撮っているように僕には感じられます。 現在の求めうる限りの映画的技術(テクノロジー)を用いて、求めうる限りのクオリティをスクリーンに映し出す。その結果として観客が何を観るのかは彼の任ではない。もちろん映画人としても、私人としても、何らかのメッセージは心に持っているだろうと思います。しかしながら監督としてはそれをプライオリティには置いていない。 彼のインタビューに接したわけでもありませんし、監督が実際にどのように思っているのかも知りません(また作品論として立ち上げられるもの以外にあまり関心もありません)。けれど『バットマン』のリブート3作品を含め、ノーラン作品を振り返るにつけ、僕にはそのような職人性が強く感じられます。 戦地にいる年齢を僕はいつの間にか終えていたというのが、僕にとっては不思議に響く作品でした。それはもしかすると、クリストファー・ノーランの職人的作品性が、僕の実存(固有性)に訴え、そのように感じさせたのかもしれません。
  • 3.2
    ネットフリックスで第二次世界大戦のドキュメンタリーを見たので。スピットファイア! 戦うことではなく、生き残ることについての戦争映画。珍しい視点な気がするけど、実際にはこういう普通の人たちが必死で生き延びたり、少しの差で死んだりしたのが戦争の中身なんだと思える。作中、敵であるドイツ軍の人間は一回も映らない。 世界は小さめ。ショートフィルムっぽさある。
  • desco
    4.3
    とんでもない迫力 現場の兵士たちの緊迫した状況下で生き抜こうとする姿が画面を通してひしひしと伝わってくる。 陸海空の3つの時系列の違う視点から物語が進んでゆくので途中混乱してしまう場面も。 最終的に3つの視点が集約する場面がものすごい盛り上がりで最高。 キリアン・マーフィの登場シーンカッコよすぎだろ 予めウィンストン・チャーチルの映画を見ておく事をおすすめします
ダンケルク
のレビュー(88017件)