若きクリエーターたちよ、心して聞け!クリストファー・ノーラン監督が学生の質問に回答

9月9日(土)公開の最新作『ダンケルク』をひっさげ、7年ぶりに来日を果たしたクリストファー・ノーラン監督が、YouTube Space Tokyoに降臨! 未来の映像クリエイターたちの質問に答えるスペシャルトークを繰り広げました。

クリストファー・ノーラン

現在まさに映像を学んでいる学生からは、「私たちはいま何を学ぶべきか?」という率直な質問が。それに対しノーラン監督は、「映画を学んでいる学生としてたくさんの映画を観て楽しむことが大事だ」と答えました。そして、「さらにその作品を分析してほしい。僕は大学では英文学を専攻していたけれど、とにかく映画を観るということはずっと続けていた。そして、そのフィルムメーカーたちがどのようにストーリーを描こうとしているのか、どうやって観客を引き込んでいるのか、そのメカニズムを理解しようとしていた」と明かしました。

クリストファー・ノーラン

映画を製作するにあたって重要な「予算」に関しても言及したノーラン監督。彼が初めて製作した作品は「Following」という16ミリモノクロのショートフィルムで、普段は仕事をしているアマチュアたちが集まり週末に撮影をしていたそう。その作品にはまったく予算がなかったとか。

しかし、「予算の規模に関わらず重要なことがある」とノーラン監督。「クリエイティブなプロセスの本質は、監督として常に同じ姿勢を貫くということだ。フレームの中に何を収めるか、そこにある情報がしっかりとストーリーを進めているか、一貫していることが大切だ」。

また、デジタル化著しい昨今でもフィルムで映画を撮り続けているノーラン監督だが、そのこだわりの理由についても明かしました。

「もともとセルロイドのフィルムが大好きだったんだ。デジタルを扱ったこともあるが、その映像は私自身の目を通して見ている世界と違っていた。アナログの色は非常に深みがあって、自分自身が見ている世界が再現できた。しかし、デジタルが良くないと言っているわけではなく、リアリズムを追求するのであれば、アナログなフィルムがベストだと考えているんだ。

デジタルのほうが合う映像、フィルムのほうがある映像というものがあり、両者それぞれに良さがあるから、決して競合ではなくまったく別のメディアだととらえている。

クエンティン・タランティーノ監督やスティーヴン・スピルバーグ監督もフィルムを好んで使っていて、君たち次の世代がいまと同じクオリティのフィルムを使えるよう、フィルムを選択肢のひとつとして持っていられるよう、我々が使い続ける必要があると思っている」。

映画『ダンケルク』では、“時系列”が巧みにコントロールされているが、それについては「兵士たちの気持ちを感じ取り、その場にいるような臨場感を味わってほしかった」と語ります。陸・空・海軍それぞれの視点で描かれており、彼らが抱く主観的で人間的なストーリーを描きたかったといいます。

ダンケルク

映画『ダンケルク』は9月9日(土)より全国ロードショー。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • やんさ
    4
    賛否両論ある映画かと。 ただノーラン監督の映像(撮り方)、音響、迫力、得意の時間軸構成は圧巻。 他の隊員のために自らを犠牲する英雄がいる一方で、EUを離脱する国民性が垣間見える映画。
  • 悠々自適
    4.4
    おお、なんかおもしろかった、というのが初手の感想。 緊迫感が絶妙に好き。 客観視点で描かれているため感情移入するタイプの物語ではなく、感動したとかどうのを語るべきじゃないなと思いました。 3つの視点の始点が最初理解できず戸惑ったけど綺麗に帰着していってスッキリした。正直鑑賞中は理解が追いつかず、これはおもしろいのかなあ…と不安になったけど観賞後の余韻がじわじわくるタイプでよかった。 男性しか登場してないけどみんなイケメン。陸軍三人の容姿が似てたから混乱…。 音楽も映像も没入感がすごい!テネットでも海が綺麗だなあと感動したけどノーランならではなのかなあ。
  • だいき
    4.3
    久々に鑑賞したのでマークします。 舞台は第二次世界大戦初期。イギリスとフランスの連合軍が、まやかし戦争の間で何もしないことをしていると、ナチスドイツがオランダやベルギーなどを破り、北フランスまで攻め込んで、ついにはドーヴァー海峡まで駆け抜け、フランス・イギリス軍を「ダンケルク」まで追い詰めた。 そのような戦況で当時のイギリス首相チャーチルは、民間の漁船やはしけ、ヨットなども総動員して、ナチスに追い詰められたイギリス軍とフランス軍の35万人ほどを救出せよという命令を出した。これを「ダイナモ作戦」という。 本作はそのダイナモ作戦を陸・海・空の軍隊の視点から立体的に描いたものである。 ナチスドイツ軍は空軍による爆撃でこのダイナモ作戦を封じようとしたのだが、イギリス空軍による活躍によってそれが阻止された様を描いたり、そもそも海と接する砂浜の弾力によって爆弾の威力が弱まったことも作戦成功の要因となったという史実も淡々と描かれていた。 また、作戦成功の大きな要因の1つとなった、「カレー」でのイギリス軍の犠牲についても、史実として淡々と触れられていた。 ちなみに、カレーという土地は面白い土地で、無能で有名なイギリスのジョン王(欠地王)がフランスにボコボコにされて唯一領土として保持できたのがこのカレーだ。そこで今度はイギリス軍が犠牲になることで、結果としてダイナモ作戦が成功したということになった。 この映画、フィルマークスではやたらと評価されていないように感じるが、個人的には非常に素晴らしい作品だと思う。戦争映画というのは、しばしば戦争の凄惨さをダイレクトに切り取り、緊張感や圧迫感を演出するように作られる。観る側を疲れさせ、休むいとまを与えないような作りにして、観終わった後に「凄まじさ」を残すような、そんな戦争映画が多い。『1917』のように(疑似)ワンカットにすることで、そのような効果を持たせる映画もある。 しかしこの『ダンケルク』は、時間も短いし、カットも、ノーランにしてはそこまで多くないとはいえ、ふんだんに使っている。その上、そもそも戦争のダイナミシティなどは全く強調されていない。そのような戦争の物理的側面は必要最小限の演出に抑えられていた。 この作品で特に多く描かれていたのは、むしろ戦争による心理的・精神的苦痛の方だ。まず戦争の世界では、たとえば「映画観たり小説を読んだり絵画を見て芸術に触れることで豊穣な知見を蓄えたい」だとか、「カントがヒュームの経験主義哲学に初めて出会ったときに言ったように、自分の価値観を裏切ってくれるような素晴らしい思想に触れて、独断の微睡から目を覚まされたい」とか、もっと簡単に「いつか生で好きなアーティストのライブに行きたい」みたいな、「生きていく上での目的」が存在する場所がない。そのような目的に与えられる寝床はない。戦争世界ではただ「次の瞬間も生きている」ということ自体が目的になっており、その目的のメタ目的は存在し得ない。戦争世界にいる人にそんなメタ目的を存在させてやれるような余裕がないのだ。まるで傷口から流れ出る血のように、行き先もないのにただ彷徨うように定められた人生。どうせ風に吹かれて乾いて、終いには洗い落とされて世界から存在の痕跡も残さずに消える運命。常にそんな「当たり前の恐怖」を次の瞬間に見出しながら生きなければならない。仲間や友人が目の前で死ぬのも当たり前。彼らを哀悼する暇も余裕もない。そんな心理的な緊張と、虚無の精神。 これらを全て強調することなく、静寂とともに描く演出がとても多かった。まずこの点がこれまでのノーラン映画と決定的に異なるところだし、これまでのノーラン映画を求める人にとってはあまり受け入れるのが容易ではない素晴らしさだと思う。凄惨な死やその後に残された虚無感などは、登場人物の目でしか語られない。同様に犠牲になった軍人の勇壮な姿も、彼の目でしか語られない。戦々恐々とした雰囲気を全て人物の心理という、直接観察することが不可能な側面から描いている。しかしその観察不可能な心理的側面を目という観察可能な物理的実体を持つものによって描いているため、それを見ているこちらのミラーニューロンも、静かに燃え上がる。 そういう、戦争の心理的側面を我々の心理的側面のみに訴えかける形で造られた映画だと思う。簡潔に、しかし瀟洒にはならず、狡知な演出もなく、克明に戦いの痕を残すこともせず、ただ戦争の心理的悲惨さを目を通して描くという構想が素晴らしかった。 それと、色の使い方が良かった。村上春樹の『ノルウェイの森』を想像してくれるとわかりやすいと思うが、緑という色は「生命」を司る。本作でもそうで、生きているものが浮かぶ海の色は緑がかっていたし、生命が束の間の休息をとっているときも画面は緑がかっていた。それに対し、(ここは『ノルウェイの森』とは違うが)死人が浮かぶ海の色は漆黒だったし、墜落する飛行機などの死にゆくものたちは緑から黒へと向かっていた。そして、生きるためにもがく人たちは、黒から緑へと這いあがろうとしていた。そして、これから死が約束された勇壮な犠牲者の背後には紅蓮の焔が燃え盛っていた(これは『ノルウェイの森』と同じ)。黒というのは、何色にも染まらないものであり、何色もその色に変えてしまう色でもあると思う。戦争における死というのは、そんな黒が常に隣にいることを言うのかも知れない。 それと、今回のノーラン映画は「時間」というコンセプトを「迫り来るもの」として描いていたように思われる。この描き方も、戦争の持つ緊張や虚無、戦争世界の惨劇とマッチしていた。『インセプション』は時間の回帰性(時間の中の時間の中の時間、といった具合)だったし、『インターステラー』は時間の相対性だった。『テネット』は時間の逆再生。今回は時間の不可逆性と言おうか、とにかく不可変な形で定められた時間の中でもがく様を描いたものだろう。 という具合に、いろいろ思ったことを絞って書いたが、個人的には非常に素晴らしい映画だったと思う。タランティーノは戦争映画のスコープをすごく絞って清々しいフィクションをやるが、ノーランの戦争映画は「時間」をコンセプトに戦争の心理的側面を描き、視覚的効果も倹約的に、しかし同時に説得力のある形で随所に散りばめた素晴らしい作品だったように思う。 それと、最後に。毎度音楽の使い方も上手い。緊張と緩和をリズムやビートの微妙な変化とアクセントの波で描くのが抜群に上手い。やはり五感に訴える方法が他とは違う。
  • だっしー
    4
    ウィンストンチャーチルを観てから だったので内容がスッと入ってきた。 陸海空3つの視点で物語が進んでいき それが最後に交わる構成。 会話がほとんど無く、表情や音で緊張感が 伝わってくる。 戦争映画あんまり観ないけど面白かった! ノーラン監督は、時間をこねくり回すん 大好きおじさんやな!笑
  • ユズヒコ
    3.3
    陸海空の視点で描く壮大なスペクタクル
ダンケルク
のレビュー(72835件)