【限定25名】『天使の入江』秘密の映画会<日本最終上映>!

Filmarksの上映プロジェクト

プレチケ

Filmarks主催の上映プロジェクト・プレチケで、日本最終上映となる映画『天使の入江』の“秘密の映画会”を企画。

名作を映画館で観るFilmarksの上映プロジェクト「プレチケ」。2022年最初の上映企画は、フランスの名匠ジャック・ドゥミの長編2作目『天使の入江』。ニースの美しい保養地、通称“天使の入江”のカジノを舞台に、男女の夏の逃避行を描くロマンスです。

1963年の作品ながら長らく日本では未公開が続き、ようやく公開されたのが2007年。名作にも関わらず劇場で鑑賞できる機会が少ないまま、権利切れにつきこれが“日本最終上映”となります。

さらに今回は、ヘッドフォンで映画を鑑賞する新感覚の劇場「シアターギルド」にて“25名限定”で開催するという特別企画。専用ヘッドフォンで作品の世界に入り込む没入感は、いつもの映画鑑賞とはひと味違う映画体験を提供してくれます。

豪華なリビングのような贅沢な空間で、好きな場所に座ってドリンクを片手に楽しむこの貴重な“秘密の映画会”に、ぜひご参加ください。

なお開催2週間前の12/28までに、15名以上の参加で本企画は開催確定となります。

上映情報

上映日:2022/1/11(火)19:00〜
上映時間:85分
価格:3,000円(1ドリンク付き)
座席:自由席
劇場:シアターギルド 代官山

企画・主催・配給協力:プレチケ(Filmarks)
配給・提供:ザジフィルムズ
※12/28までに各会場15名以上の参加で開催が確定します。

作品情報


監督/脚本:ジャック・ドゥミ
撮影:ジャン・ラビエ
撮影助手:クロード・ジディ
音楽:ミシェル・ルグラン
編集:アンヌ・マリー・コトレ
美術/衣装:ベルナール・エヴァン、ピエール・カルダン(ジャンヌ・モロー)
出演:ジャンヌ・モロー(ジャッキー・ドメートル)、クロード・マン(ジャン・フルニエ)、ポール・ゲール(キャロン)、アンリ・ナシエ(ジャンの父親)、ニコール・ショレ(マルト)、アンドレ・セルト(銀行 支店長)、コンチータ・パロディ(ホテル支配人)
1963 年/フランス/モノクロ/85 分/ビスタ 原題:La Baie des anges
(C)cinē tamaris 1994

Filmarks映画情報:https://filmarks.com/movies/50653

プレチケとは

みんなの参加で実現するFilmarksの上映プロジェクト「プレチケ(プレミアムチケット)」。「あの名作を映画館のスクリーンで観てみたい」そんな映画ファンの想いをカタチにするプロジェクトです。

公式サイト:https://premium-ticket.filmarks.com/
Twitter公式アカウント:@Filmarks_ticket

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • りんたろう
    3.3
    ギャンブルの怖さ。でもその時々の金銭感覚で暮らしてみたさはある
  • Hipposky
    3
    212.1906 私にとって宗教も賭け事も同じよ 気の弱い銀行員がバカンスで訪れたニースで、ギャンブル依存症のバツイチとの物語。冒頭、車上からのラストの長回しが素敵。
  • そよか
    -
    銀行員ジャン、賭博狂ジャッキーとのバカンス 劇的に回るルーレット、ピアノ、最後は2人で発っていく 2022/07/01 16:34 図書館 ヘッドフォン壊れてて左耳だけで聴いてた 嫉妬が目についた。ジャッキー「夫は賭博に嫉妬した」、ジャン「なんで俺とついて回るんだ」→ジャッキー「あんたがツキを運ぶからよ」(平手打ち2発)。ラストは、嫉妬への勝利だったのかな
  • y
    3.5
    終わり方シンプルかつお洒落で凄く好き
  • 一人旅
    5
    ジャック・ドゥミ監督作。 ギャンブルに嵌り込んでいく男女の愛の行方を描いた恋愛ドラマ。 ジャック・ドゥミ監督が長編第1作『ローラ』(61)に続いて撮り上げたキャリア初期の傑作で、南仏のニースやモンテカルロを主な舞台にして、カジノのルーレットに夢中になっていく銀行員の青年と賭けが原因で離婚歴のある女の邂逅と愛情の行方を見つめています。 ギャンブルに依存する人々の姿を目の当たりにして衝撃を受けたドゥミ監督の目撃体験に着想を得た作品で、賭けの魔力に憑りつかれてしまった男女がルーレットで大儲け→すっからかん→大儲け→すっからかん…とルーレットの玉が止まる数字に面白いように翻弄されていく様子と、ギャンブル依存からどうしても抜け出せないヒロインと彼女を救うべく働きかける青年の愛の行方を描いています。 幸以上に不幸をもたらしかねないギャンブルの魔力に憑りつかれた男女の破滅寸前の危ういギャンブル生活をリアルに描いて、やはり“堅実で節度ある人生を歩むことが大切”であることを教訓として教えてくれる作品で、せっかく大儲けしても贅沢三昧で散財しては再びカジノに足を運ぶを繰り返していく男女の不安定な生き様には一種の恐怖を覚えてしまいます。 ルーレットの玉が回る様子を的確に表現したミシェル・ルグランのテーマ曲や冒頭の疾走感あるカメラワーク等、洗練された音楽&映像テクニックが大変素晴らしいですし、ルーレットに情熱を注ぐヒロインを演じたジャンヌ・モローの破滅的立ち回りも見事であります。 蛇足1) エンドクレジットでは助監督にコスタ=ガヴラスの名前を見つけることができます。 蛇足2) ニースで青年が泊まるホテルの名は「ミモザ・ホテル」ですが、これは本作と同じく南仏を舞台にルーレットの魔力に憑りつかれた人間を描いたジャック・フェデー監督『ミモザ館』(34)に因んでいます。
天使の入江
のレビュー(1483件)