【限定25名】『天使の入江』秘密の映画会<日本最終上映>!

Filmarksの上映プロジェクト

プレチケ

Filmarks主催の上映プロジェクト・プレチケで、日本最終上映となる映画『天使の入江』の“秘密の映画会”を企画。

名作を映画館で観るFilmarksの上映プロジェクト「プレチケ」。2022年最初の上映企画は、フランスの名匠ジャック・ドゥミの長編2作目『天使の入江』。ニースの美しい保養地、通称“天使の入江”のカジノを舞台に、男女の夏の逃避行を描くロマンスです。

1963年の作品ながら長らく日本では未公開が続き、ようやく公開されたのが2007年。名作にも関わらず劇場で鑑賞できる機会が少ないまま、権利切れにつきこれが“日本最終上映”となります。

さらに今回は、ヘッドフォンで映画を鑑賞する新感覚の劇場「シアターギルド」にて“25名限定”で開催するという特別企画。専用ヘッドフォンで作品の世界に入り込む没入感は、いつもの映画鑑賞とはひと味違う映画体験を提供してくれます。

豪華なリビングのような贅沢な空間で、好きな場所に座ってドリンクを片手に楽しむこの貴重な“秘密の映画会”に、ぜひご参加ください。

なお開催2週間前の12/28までに、15名以上の参加で本企画は開催確定となります。

上映情報

上映日:2022/1/11(火)19:00〜
上映時間:85分
価格:3,000円(1ドリンク付き)
座席:自由席
劇場:シアターギルド 代官山

企画・主催・配給協力:プレチケ(Filmarks)
配給・提供:ザジフィルムズ
※12/28までに各会場15名以上の参加で開催が確定します。

作品情報


監督/脚本:ジャック・ドゥミ
撮影:ジャン・ラビエ
撮影助手:クロード・ジディ
音楽:ミシェル・ルグラン
編集:アンヌ・マリー・コトレ
美術/衣装:ベルナール・エヴァン、ピエール・カルダン(ジャンヌ・モロー)
出演:ジャンヌ・モロー(ジャッキー・ドメートル)、クロード・マン(ジャン・フルニエ)、ポール・ゲール(キャロン)、アンリ・ナシエ(ジャンの父親)、ニコール・ショレ(マルト)、アンドレ・セルト(銀行 支店長)、コンチータ・パロディ(ホテル支配人)
1963 年/フランス/モノクロ/85 分/ビスタ 原題:La Baie des anges
(C)cinē tamaris 1994

Filmarks映画情報:https://filmarks.com/movies/50653

プレチケとは

みんなの参加で実現するFilmarksの上映プロジェクト「プレチケ(プレミアムチケット)」。「あの名作を映画館のスクリーンで観てみたい」そんな映画ファンの想いをカタチにするプロジェクトです。

公式サイト:https://premium-ticket.filmarks.com/
Twitter公式アカウント:@Filmarks_ticket

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Nire
    4
    ▼1/22/22鑑賞 【特別レイトショー(【日本最終上映】永遠のファム・ファタル、ジャンヌ・モローの魅力 天使の入江)、日本語字幕】 https://twitter.com/LionGAOH/status/1484870934070587394
  • s子
    3.4
    ギャンブルて運が良かったらお金凄く稼げて贅沢出来るて言う夢があるけど、ボロボロに負けた時の事を思うとやっぱり怖い😱 何事も程々がいいてしみじみ思った。 ギャンブルにどんどんハマっていく過程が凄くリアルに描かれていた✨ 最後は思いのほかハッピーエンドでビックリしたけど良かった👏✨
  • 希望
    -
    確定演出みたいに毎度音楽かかるの笑ってしまった この男にとってギャンブルだけじゃスリルが足らず、ギャンブル中毒の女にも手を出してしまう この男が1番危険な橋渡ってる
  • 体にぴーす
    -
    優美なルグランのテーマ曲が後半からはこち亀の追いかけっこの時の曲みたいなコミカルテーマになってくる。 初の劇場鑑賞。でっけー画面で見るジャッキーも美しかったです…。
  • れおな
    4.3
    終わり方以外最高、特に後半の緊迫感はヤバい
天使の入江
のレビュー(1417件)