あの眩しすぎる白い歯のイケメンはダレ!?『あしたは最高のはじまり』オマール・シーに注目☆

映画と現実を行ったり来たり

ne22co

本国フランスで公開時、8週連続でトップ10入りを果たした映画あしたは最高のはじまり』。

9月9日(土)より、ついに日本でも公開となりました。

あしたは最高のはじまり
(C)2016 – MARS FILMS – VENDÔME PRODUCTION

南仏で悠々自適な生活をしていた主人公サミュエル。ある日突然、彼のもとに以前関係を持った女性・クリスティンが現れ、「あなたの子よ」と生後数か月の女の子・グロリアを託し、行方をくらまします。

少ない手がかりをもとにロンドンに向かうもクリスティンは見つからず、途方にくれるサミュエル。偶然知り合った映画プロデューサーでゲイのベルニーと共に試行錯誤の子育てがはじまります。

8年後、本当の家族のように過ごす3人のもとに再び現れ、グロリアを引き取りたいと言い出すクリスティン。幸せに溢れた生活に立ちこめる暗雲……。3人が迎える意外な結末に心温まり、涙が溢れることでしょう。

普遍的ながらも難しいテーマを軽やかに描き、観る者に、親子の絆とは。愛情とは。幸せとは。と問いかける本作。

観賞後は優しい余韻があなたを包み込み、家族や友人、大切な人が思い浮かぶはずです。

主役・サミュエルを演じたのは、フランス出身の俳優オマール・シー

名前だけではピンとこない……。でもこのポスター画像、真っ白な歯をみせ、爽やかに笑う表情……。見覚えがある……。そんなあなたは本記事を読めばすっきりするはずです!

日本でも大ヒットを記録した感動作で一躍有名に! 一度見たら忘れられない愛され笑顔!

製作国フランスで歴代2位の動員を記録した映画『最強のふたり

最高のふたり

年齢も育ちも境遇も全く違うふたりの男性が少しずつ歩み寄り、強い友情と絆で結ばれていく実話をもとにした物語です。

フランスでの公開後、観賞者による口コミでその人気は瞬く間に拡がり、世界各国で上映が決定。2012年の日本公開時もロングラン上映となり、その動員数は日本で公開されたフランス語映画の中では2001年公開の『アメリ』を抜いて歴代1位のヒット作となりました。

本作で主役のドリスを演じ、その魅力溢れる演技で人々を釘付けにしたオマール・シー黒人としては初めてのセザール賞最優秀主演男優賞を受賞。彼自身、もともと「オマール・エ・フレッド」というコンビで、コメディアンとしても活動し人気を集めていましたが、本作をきっかけにフランスでは、彼を知らない人はいないほどの国民的スター俳優となりました。

凸凹コンビで事件に挑むアクションコメディー『アンタッチャブルズ

アンタッチャブルズ

シャルロット・ゲンズブールとダブル主演。フランスに不法滞在し、国外退去を求められながらも最強の笑顔で前向きに生きる男性を演じた『サンバ

サンバ

奴隷の子として生まれ育ちながら、フランス史上初の黒人芸人としてスターに登りつめた伝説の芸人の人生を熱演、『ショコラ 君がいて、僕がいる

ショコラ

など、主演映画も続々と公開されています。

それぞれの日本版ポスターからも分かるように、オマール・シーの魅力はなんといってもその笑顔!

浮かばれない人生、問題を抱えて生きる役柄を演じる時にも、彼の力強い瞳、大きな口から覗く白い歯が印象的な屈託のない笑顔がスクリーンの中のキャラクターに命をふきこみ、見る者を釘付けにしてしまいます。

ハリウッド作品でもその存在感は健在! 進化を続ける愛されキャラ

190cmの長身と端正な顔立ち、素晴らしい演技力で存在感を発揮し、トップスターになった後も謙虚な姿勢を貫き、人一倍真摯に努力を重ねるオマール・シー。彼には国内のみならず国外からのオファーも続々と届き、『X-MEN:フューチャー&パスト』、『ジュラシック・ワールド』、『インフェルノ』など、近年はハリウッド超大作にも出演しています。

そして、現在公開中の『あしたは最高のはじまり』。

本作が映画初出演の娘役、グロリア・コルストンとのキュートなダンスシーンやぴったりと息の合った2人の日々のやり取りは必見。2人の掛け合いのシーンでオマール・シーから溢れ出す衝撃的な愛らしさは、11歳のグロリアを凌ぐほど!(笑)

オマールシー本文2

今後の活躍も期待されるオマール・シー、彼の魅力をぜひ劇場でチェックしてみてくださいね。

【あわせて読みたい】
 なぜか目が離せない…名だたる監督たちから寵愛される俳優アダム・ドライバーの魅力
 『スパイダーマン ホームカミング』で大注目のトム・ホランド、あの肉体美の秘密が明らかに!
 『ハクソー・リッジ』アンドリュー・ガーフィールド、殺人犯からスーパーヒーローまで演じきる過去作に注目!
 Filmarks期待度No.1!ノーランがノーランを超えた究極の映像体験『ダンケルク』
 『散歩する侵略者』が描く“未知の”侵略…大切な人が侵略者に体を奪われた、そのとき妻はー

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • はなはな
    3
    好きなシーン ・「パパ」って言った〜と喜ぶサミュエルとベルニー ・クリスティンを守るため12階から飛び降りる無茶なスタントを受け入れる ・クリスティンのためのインテリア ・軽快な父娘の会話すべて 母親がクリスティンになぜそこまで執着するのかが不明。新しい恋人も自分の子ではないクリスティンを取り戻す為に尽力する動機が理解できない。 その心情が描かれてないので、父娘を引き裂くためのご都合主義なキャラクターでしかない。 悲劇の部分は残念ながら心に響かず。
  • 西田千夏
    3
    海外映画あるあるの、 薬物やお酒、喫煙などに頼らない演出がまた良い! ラストは衝撃的な結末と真実を知るものの、 Samuelの最初と最後を見比べてみると、 「すごい」としか言いようがない。 あれだけ『Kristinに子供を渡さなきゃ』思考だったのに、 今では『あの子には俺しか居ない』と、 宣言をするまでに。 後半、BerinieがKristinに真実を打ち明ける迄、 Samuelの方が余命幾許も無いんだと思ってました。 だから、危険なスタントとかやり終えると、 目を覚まさないんだと。 でも、娘の愛しいいつもの言葉が聞こえるから、最後の力をふりしぼるかのように目を開けたのかって。 でも、実際は違って、タイムリミットがあるのはGloriaの方だった。 いつ、どうなるか分からないGloriaの成長、 そして今を大切にしながら、不器用で上手くやれないなりに愛情を注いだ。 『精神的によろしくなかったから、 娘を父親であろうSamuelに託したんです』な、母親・Kristinはやっぱり最低だなと感じた。 良い大人だったわけだから、 『精神的によろしくなかった』の理由で、 Samuelに託さないで欲しいし、 娘のGloriaに会うやいなや「平等になるべきだから、次は私が育てる番よ」的な発言。 何とも身勝手で言ってしまえば何を考えて、 何がしたいか分からない危険人物。 でも、世間のニュースを見てると、 これ以上に最悪だと感じる母親は居るし、 逆に精神的によろしくなかったとしたら、 娘を殺害していたかもしれないし、 逆に精神的な問題が解決したら人様の娘や、 この場合だとSamuelに当たる父親の子供を 誘拐する程だったかもしれない。 考え過ぎかもしれませんが。 Kristinに関してはラストまで 危険人物だとして見ていたので、 良い形で終わってるんだろうけど、 私の印象が『危険人物』から変わることはありませんでした。 と言うのも、不可解な行動や言動が多いわけです。 正当であるような発言をしてるけど、 全て「いやいや、あなたが言える立場ではない」とツッコミたくなるものが多い。 また、8年2ヶ月もログインしてなかった Facebookに急にログインした意図は何だったのかも分からない。 確かに人間、期間が空いたり何かの拍子で 急に卒アル見たくなったり、 思い出して昔のdvdとか取り出してくるけど、 8年2ヶ月だぜ!? ログインIDやパスワードがある物を 8年2ヶ月も覚えていたのかと考えると、 ある意味何か怖い。 Clémence Poésyさん演じるKristin Stuartは、 どう言ってもKristen Stewartさんにしか聞こえん…!
  • よるのおとも
    3.6
    感動するお話だけど お母さんがむかつく!!!
  • 豆ごはん
    3.8
    オマール好きの皆さんこんにちは。 娘ちゃんが、かわいくてかわいくてねー。 愛情深いとても良いお話でした。
  • おじさん
    -
    記録
あしたは最高のはじまり
のレビュー(11625件)