【中川監督登壇!】『やがて海へと届く』公開記念!中川龍太郎監督の代表作『わたしは光をにぎっている』プレチケ上映企画

Filmarksの上映プロジェクト

プレチケ

4/1(金)公開の中川龍太郎監督最新作『やがて海へと届く』。この公開を記念して、監督の代表作『わたしは光をにぎっている』の上映をプレチケで企画。


4/1(金)に公開される『やがて海へと届く』。壮大なスケールや描写から実写化困難とも囁かれていた彩瀬まるによる同名小説を、国内外で注目される中川龍太郎が映画化。詩人としても活躍する中川監督の世界観と圧倒的映像美が融合され、全く新しい作品として誕生しました。

プレチケではこの公開を記念して、監督の代表作『わたしは光をにぎっている』の上映会を企画。監督自身が「翔べない時代の魔女の宅急便」と語る本作では、特別な才能があるわけではないけれど、都会の中で居場所を見つけ、現代を生きる若者の姿が丁寧に描かれます。さらに上映後にはご本人が登壇し、作品について語ってくれる特別な時間も!出会いと別れが待ち受ける、まさにこの季節に観るにふさわしい本作をプレチケでご鑑賞ください。

なお開催2週間前の3/8(火)までに、40名以上の参加で本企画は開催確定となります。

監督 中川龍太郎

■プロフィール

1990年1月29日、神奈川県生まれ。
松本穂香を主演に迎えた『わたしは光をにぎっている』(19)がモスクワ国際映画祭に特別招待された。4/1(金)には最新作『やがて海へと届く』が公開を控える。

上映情報

【中川龍太郎監督登壇付き】映画『わたしは光をにぎっている』上映
開催日時:2022/3/22(火)20:15〜
劇場:ユナイテッド・シネマ豊洲
東京都江東区豊洲2-4-9 三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲 内
上映時間:96分
価格:2,000円
定員:188名(全席指定)

企画・主催・配給協力:プレチケ(Filmarks)
配給・提供:(株)ハピネットファントム・スタジオ
※3/8(火)までに40名以上の参加で開催が確定します。

※システム使用料160円がかかります

作品情報


監督:中川龍太郎
脚本:中川龍太郎、末木はるみ、佐近圭太郎
出演:松本穂香、渡辺大知、徳永えり、吉村界人、忍成修吾、光石研、樫山文枝
撮影:平野礼
照明:稲葉俊充
2019年/日本/96分
配給:ファントム・フィルム
https://phantom-film.com/watashi_hikari/
(C)2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema

Filmarks映画情報:https://filmarks.com/movies/83698

新作情報


監督・脚本:中川龍太郎
原作:彩瀬まる「やがて海へと届く」(講談社文庫)
脚本:梅原英司
出演:岸井ゆきの、浜辺美波、杉野遥亮、中崎敏
配給:ビターズ・エンド
https://bitters.co.jp/yagate/
(C)2022 映画「やがて海へと届く」製作委員会
公式ツイッター、公式インスタグラム:@yagate_movie

やがて海へと届く
4月1日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー!

詳しいご利用の流れはプレチケサイトから!
https://premium-ticket.filmarks.com/

■「プレチケ」とは


「プレチケ」とは、国内最大級の映画レビューサービス・Filmarksが企画する、映画館での上映サービスです。「あの名作をまた映画館のスクリーンで観てみたい」、そんな映画ファンの想いを映画館・配給会社と協同して形にします。一定数以上の購入枚数を達成すると開催が決定します。

公式サイト:https://premium-ticket.filmarks.com/
公式Twitter:https://twitter.com/Filmarks_ticket(@Filmarks_ticket)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • くべ
    3.1
    人見知りの主人公が銭湯や人との交流を通して、成長する姿がよかった。なんだろう、静寂がすごくいい。 2022年 50本目
  • 湯がき
    -
    できることからやらないとな、という感想です 題名がいい
  • Ottotto
    4.5
    とてもきれいで、澄んだような作品。 雫の落ちる音 床をブラシで磨く音 差し込む光 木漏れ日 風に揺れるカーテン 誰かの居場所。まるで自分もそこにいるような感覚になれた。 おばあちゃんの言葉は何だか自分に語りかけられているかのようで、心にすっと入ってきた。 「言葉は必要な時に向こうからやってくるものなのよ 形のあるものはいつかは姿を消してしまうけれど 言葉だけはずっと残る 言葉は 心だから  心は 光だから」 切なくも、あたたかく。 しゃんとしよう。そう思える作品でした。
  • わか
    3.6
    あ〜わたしの好きな部類の邦画です。一つ一つのセリフが、セリフらしくなく、人間らしい作品。 最近の邦画は光の使い方がとても良いんですよね〜画面全体がぼんやり暗くて、登場人物たちは遠くから小さく映される。 "他人の人生を眺めている"気分にさせられます。 「わたしは光をにぎっている」 光をにぎっているかどうかは手を開いてみなければわからない。もしも光をにぎっていなかったならどうすればいいかもわからない。そんなことを考えながらも、必死に「わたしは光をにぎっているはずだ」と信じて生きていく人たちの姿が美しかったです。
  • S
    3.4
    すごくいいとかでもないけど最後まで見てしまう映画でした。 声が小さい人はいざと言うとき大きい声が出ればいい。
わたしは光をにぎっている
のレビュー(6016件)