鬼才ヨアキム・トリアー監督が放つ北欧ホラー『テルマ』チケット販売中【Filmarksの上映企画・プレチケ】

Filmarksの上映プロジェクト

プレチケ

映画館で名作を観るプロジェクト・プレチケで『テルマ』の上映が決定。

テルマ』上映イベント詳細

ヨアキム・トリアー監督最新作『わたしは最悪。』が7月1日(金)に劇場公開されることを記念して、アカデミー賞ノミネートを初めとした各国の映画賞を多く受賞したトリアー監督の代表作『テルマ』を上映!

北欧の神秘的な自然と洗練された街を舞台に、目を醒ました少女の”願い”が引き寄せる戦慄の結末。恐ろしくも美しいイノセントホラーを映画館でぜひご堪能ください。

上映後は本作をセレクトした茶一郎さんによるトークイベントも実施予定。

■上映作品:『テルマ
■日時:2022年6月23日(木)19:00開映/20:57トークイベント(21:30終了予定)
■価格:1,800円
■上映時間:116分
■字幕/PG12
■会場:池袋HUMAXシネマズ シネマ2(東京都豊島区東池袋1丁目22−10 ヒューマックスパビリオン

※システム利用料160円がかかります

茶一郎

Filmarks、 YouTube、各媒体にて、最新映画を中心に文章/動画を投稿しているレビュアー。学生時代に映画の魅力に気付き本業も映画の仕事に従事する。

Filmarks(@tyaichiro)/Twitter(@cha_ichiro)/YouTubeチャンネル「最新映画感想レビュー – 茶一郎

プレチケとは

「プレチケ」とは、国内最大級の映画レビューサービス・Filmarksが企画する、映画館での上映サービスです。「あの名作をまた映画館のスクリーンで観てみたい」、そんな映画ファンの想いを映画館・配給会社と協同して形にします。一定数以上の購入枚数を達成すると開催が決定します。

公式サイト:https://premium-ticket.filmarks.com/
公式Twitter:https://twitter.com/Filmarks_ticket(@Filmarks_ticket)

(C)PaalAudestad/Motlys

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • masacco
    5
    おもしろかった!!映像が美しく、刺激的で、禍々しい。セリフではなく映像が物語る、監督が形容するところの「ロマンティック・スーパーナチュラル・スリラー」。少女が父親からの抑圧から解放され自分らしく生きてゆくことを肯定する普遍的なメッセージ。
  • アラシサン弐
    3.7
    サイキック親離れ。 わたしは最悪。と同じ監督と言われなければ分からないくらい別ジャンルで驚く。 冒頭の銃を向けられるシーンからして不気味で終始息苦しい空気が漂うが、ホラーというよりは少女が一歩大人になるための通過儀礼を描いた青春映画にサイコ要素が含まれている、という印象をうける。 キリスト教コミュニティでなくても、両親に箱入りで育てられた人が外の世界に出て恋愛や悪い遊びに触れたことで、自身のこれまでの抑圧されてきた人生と自分が歩んでいきたい人生の摩擦に葛藤してしまう人っているのではないだろうか。 “キャリー”とよく比較されてるが、あちらは抑えきれなくなった力に対してヤケクソな印象で、テルマはどちらかというと色々と過ちを犯してしまいながらも自身の力と向き合わせて共存させてるところに監督の優しさを感じた。 テルマの力を抑えきれなくなった両親の極論的な決断ではなく、自分の罪と向き合ってそれでも前に進もうとするテルマの決断を尊重しているような結末に、自分は好感を持てた。
  • 映画ファン
    3.9
    敬虔なクリスチャンであるテルマは幼少期の記憶がなくアンニャと恋に落ちたことから発作に見舞われていくスリラー映画 常に葛藤を抱え苦しむテルマがキャリーを彷彿とさせる感じでとても印象的 照明の焦らし方も不安や恐怖を煽っていてとても良い
  • 次男
    4.2
    記録
  • ニアリィ
    2
    うーん、ちゃんと受け取れず。 結局は父親との決別のお話しなのか? もう少し理由や正体について、納得のいく説明が欲しかった。
テルマ
のレビュー(5603件)