鬼才ヨアキム・トリアー監督が放つ北欧ホラー『テルマ』チケット販売中【Filmarksの上映企画・プレチケ】

Filmarksの上映プロジェクト

プレチケ

映画館で名作を観るプロジェクト・プレチケで『テルマ』の上映が決定。

テルマ』上映イベント詳細

ヨアキム・トリアー監督最新作『わたしは最悪。』が7月1日(金)に劇場公開されることを記念して、アカデミー賞ノミネートを初めとした各国の映画賞を多く受賞したトリアー監督の代表作『テルマ』を上映!

北欧の神秘的な自然と洗練された街を舞台に、目を醒ました少女の”願い”が引き寄せる戦慄の結末。恐ろしくも美しいイノセントホラーを映画館でぜひご堪能ください。

上映後は本作をセレクトした茶一郎さんによるトークイベントも実施予定。

■上映作品:『テルマ
■日時:2022年6月23日(木)19:00開映/20:57トークイベント(21:30終了予定)
■価格:1,800円
■上映時間:116分
■字幕/PG12
■会場:池袋HUMAXシネマズ シネマ2(東京都豊島区東池袋1丁目22−10 ヒューマックスパビリオン

※システム利用料160円がかかります

茶一郎

Filmarks、 YouTube、各媒体にて、最新映画を中心に文章/動画を投稿しているレビュアー。学生時代に映画の魅力に気付き本業も映画の仕事に従事する。

Filmarks(@tyaichiro)/Twitter(@cha_ichiro)/YouTubeチャンネル「最新映画感想レビュー – 茶一郎

プレチケとは

「プレチケ」とは、国内最大級の映画レビューサービス・Filmarksが企画する、映画館での上映サービスです。「あの名作をまた映画館のスクリーンで観てみたい」、そんな映画ファンの想いを映画館・配給会社と協同して形にします。一定数以上の購入枚数を達成すると開催が決定します。

公式サイト:https://premium-ticket.filmarks.com/
公式Twitter:https://twitter.com/Filmarks_ticket(@Filmarks_ticket)

(C)PaalAudestad/Motlys

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • iz
    -
    記録 220705
  • pherim
    4.2
    異能少女の覚醒物語。北欧の凄味ある映像美が冒頭から連続し、祝福と呪い、抑圧と支配を知らず知らずのうち生きる人間の核心へと迫る。 また恐怖も喜びも超越した覚醒へと向かう中盤以降の演出は、まさに神懸かり的。ホラーの閾値を逸脱したトリアーによる解像度の高い手つきに圧倒される。 ホラーを再定義する、ヨアキム・トリアー監督が紡ぐ類稀な感覚没入。鋭い対決と犠牲の受容を経た、緩やかな恢復と不意の覚醒、冒頭部へ呼応するラストカット等、受けた衝撃のままに拙文「蛇の飛翔、雛鳥の夢」醸成→http://kirishin.com/2018/12/05/21301/ ヨアキム・トリアー新作 https://twitter.com/pherim/status/1542346409625604097
  • Tim
    -
    ①2022.07.05
  • -
    北欧映画の暗くて静かな語り口は嫌いじゃないが、その雰囲気に任せて曖昧な能力を曖昧なまま終わられては流石に退屈と感じてしまう。友人(パートナー?)を不本意に消しといて能力開花したらあっさり蘇らす辺りが真底どうでもいい。
  • joba
    3.3
    無機質な人物像と映像が面白い。それでもストーリーが淡白で長くて眠くなる。音楽も物足りない。 フラッシュシーンはポリゴン事件があるのであまり観れずセリフも聞けず。フラッシュも意外と長いので注意。
テルマ
のレビュー(5230件)