世界中が涙した小説の映画化作品『光をくれた人』チケット販売がスタート【Filmarksの上映企画・プレチケ】

Filmarksの上映プロジェクト

Filmarksリバイバル上映

映画館で名作を観るプロジェクト・プレチケで『光をくれた人』の上映が決定。

光をくれた人』上映イベント詳細

世界中で読まれ評価の高いM・L・ステッドマンの小説「海を照らす光」を映画化したヒューマンドラマ『光をくれた人』をプレチケで特別上映します。

オーストラリア西部の孤島ヤヌス・ロックで暮らす、灯台守のトムとその妻イザベル。ふたりは強い絆で結ばれていたが、イザベルは2度の流産に傷ついていた。そんな中、女の子の赤ん坊が乗った謎のボートが流れ着き、自分たちの娘として育てたいというイザベルの懇願にトムは折れてしまう。それから4年、愛らしく育った娘と幸せの絶頂にいた夫婦は、娘の生みの親のハナと偶然出会うことになる。絶望の中を彷徨うハナを見たトムは、正しいことをするべきだと悔い改め始めるが、イザベルには娘のいない人生など耐えられなかった。娘の本当の幸せは、夫婦の愛の行方は?苦悩の果てに二人が選んだ道とは──?

帰還兵トムを『それでも夜は明ける』のマイケル・ファスベンダー、トムの妻を『リリーのすべて』のアリシア・ヴィキャンデルが演じる。監督は『ブルーバレンタイン』のデレク・シアンフランス。

■上映作品:『光をくれた人
■日時:2022年8月9日(火)18:45  開映
■価格:1,600円
■上映時間:133分
■会場:新宿ピカデリー(東京都新宿区新宿3丁目15−15

※システム利用料160円がかかります

プレチケとは

「プレチケ」とは、国内最大級の映画レビューサービス・Filmarksが企画する、映画館での上映サービスです。「あの名作をまた映画館のスクリーンで観てみたい」、そんな映画ファンの想いを映画館・配給会社と協同して形にします。一定数以上の購入枚数を達成すると開催が決定します。

公式サイト:https://premium-ticket.filmarks.com/
公式Twitter:https://twitter.com/Filmarks_ticket(@Filmarks_ticket)

(C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • azkyon
    3.4
    トムとイザベルが結婚するまでは良かった。 2度流産して子どもを失った悲しみを知っているイザベルがなぜグレース(ルーシー)を実母に返そうとしなかったのか。 なんて傲慢な女なんだという気持ちが最後まで消えず。 それでもグレースがどちらの親からもたっぷり愛情を注がれ、あのラストになったことでホッとした。
  • せれな
    3.9
    泣けた、、、 "一度赦すだけで良い" 言うのは簡単だし、こうやって言葉になってると、簡単なことに思えるのに 正しい正しくない、悪い悪くないの話ではなくて、登場人物みんなの気持ちが理解できるし納得できるから、なかなか辛かった 2023年227本目
  • Heisenberg
    4.5
    23 113
  • sococo
    3.4
    過去記録
  • レオン
    4.7
    書いてたんやけど 良さをわかってなかったのか 点数も低くしてたし 書き直し⭐ すっごいいい話。 旦那さんの人の 深い愛。 赤ちゃんの本当のお父さんの 『1度赦すだけでいい』 すっごい深い言葉。 大好きな映画の 1つになった⭐
光をくれた人
のレビュー(7672件)