ウェス・アンダーソン、『犬ヶ島』でベルリン映画祭2作品連続受賞!

全編日本を舞台にしたストップモーションアニメとして、公開前から大きな注目を浴びているウェス・アンダーソン監督の最新作『犬ヶ島』が、第68回ベルリン国際映画祭にて銀熊賞(監督賞)を受賞した。

犬ヶ島

ベルリン

【イラストで解説】3分でわかる!ベルリン国際映画祭(オススメ受賞作も紹介!)

これは、前作『グランド・ブタペスト・ホテル』(14)の銀熊賞(審査員グランプリ)とあわせて2作連続受賞の快挙となる。

犬ヶ島』は“犬インフルエンザ“の大流行によって「犬ヶ島」に隔離されてしまった愛犬をさがす少年と犬たちの壮大な旅と冒険の物語。第68回ベルリン国際映画祭ではオープニング作品として上映された。

超豪華なボイスキャストも話題で、ハリウッドからはビル・マーレイをはじめ、ジェフ・ゴールドブラムエドワード・ノートンティルダ・スウィントンといったウェス組の常連俳優陣に加え、スカーレット・ヨハンソングレタ・ガーウィグヨーコ・オノといった売れっ子スターや有名アーティストが集結。

また、日本からもRADWIMPSのヴォーカル・野田洋次郎村上虹郎渡辺謙夏木マリといった多彩なキャスト陣が名を連ねている。

現地時間24日に行われた授賞式では、アンダーソン監督に代わりビル・マーレイが登壇。熊がかたどられた銀色のトロフィーを手に「俳優として犬を演じ、熊を連れて帰ることになるとは思ってもみませんでした」と、ジョークを飛ばした。

第68回ベルリン国際映画祭そのほかの受賞作品は以下

金熊賞:『タッチ・ミー・ノット(原題)

銀熊賞(審査員グランプリ):『Mug(英題)

銀熊賞(アルフレッド・バウアー賞):『The Heiresses(英題)』

銀熊賞(監督賞):ウェス・アンダーソン『犬ヶ島

銀熊賞(最優秀女優賞):Ana Brun『The Heiresses(英題)』

銀熊賞(最優秀男優賞):Anthony Bajon『The Prayer(英題)』

銀熊賞(脚本賞):Manuel Alcala、アロンソ・ルイスパラシオス『Museum(英題)』

【あわせて読みたい】
※ 【イラストで解説】3分でわかる!ベルリン国際映画祭(オススメ受賞作も紹介!)
※ 【実写では叶わない映像体験】人々を魅了するアニメーション作品5選
※ 『グランド・ブダペスト・ホテル』と珈琲なのに“ワイン”ブレンド?【映画と楽しむ1杯の珈琲 】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 4
    ウェスアンダーソン様、日本が舞台の映画をつくってくれてまじであざっす!!!!という気持ちでずっと見ていた、全てのデザインが最高、眼福です
  • 月明かりうさぎ
    5
    最高すぎる。ウェス・アンダーソン作品が大好きだけど今作は日本の話ということで、期待を裏切らない素晴らしい出来でした。キャラクターの動きや台詞が可愛くてクスッと笑えて細かいところまで楽しめるので、何度でも観たい大人のためのアニメーション作品。
  • みーさん
    4.2
    ストップモーションってこんなに自然に動くんだなぁと感動した。  犬たちの会話を聞いていると、さっぱりとしていてお互いを尊重し、すこし羨ましくなった。こんな風に真っ直ぐに考えられたらきっともっと自分らしく誠実に生きられるんだろうな‥見習いたい。そして自分たちを捨てた人間への健気な優しさにやられた。
  • Sakua
    4
    記録
  • ますみ
    4
    犬インフルエンザが犬たちに流行した近未来の日本で、人間への感染を恐れた政府が犬たちを埋め立て地で作られた犬ヶ島へ隔離する。 12歳の少年が犬ヶ島へ送られた愛犬を救うために革命を起こすストップモーションアニメ。 近未来の日本のお話だけど、ウェス・アンダーソンの頭の中を経由した日本っていう世界観が新鮮だった。たぶん日本からはこういう街並の世界は作り上げられなさそうだなと思う。 そしてウェス・アンダーソンだからゴミの埋め立て地ですらかわいい。 この映画はウェス・アンダーソンが黒澤明の影響を受けて作られたってことを聞いて、きっと古い日本映画にもっと詳しければもっとこの映画も楽しかったんだろうなと思いました。 犬たちの表情がみんな違ってみんな可愛かったし、犬たちそれぞれの人間への感情だったり、野良犬には野良犬なりの美学があってそこが超かっこよかった。 飼い慣らされた犬なんてつまらないわ。 The West Coast Pop Art Experimental Band / I Won't Hurt You
犬ヶ島
のレビュー(28076件)