ウェス・アンダーソン、『犬ヶ島』でベルリン映画祭2作品連続受賞!

全編日本を舞台にしたストップモーションアニメとして、公開前から大きな注目を浴びているウェス・アンダーソン監督の最新作『犬ヶ島』が、第68回ベルリン国際映画祭にて銀熊賞(監督賞)を受賞した。

犬ヶ島

ベルリン

【イラストで解説】3分でわかる!ベルリン国際映画祭(オススメ受賞作も紹介!)

これは、前作『グランド・ブタペスト・ホテル』(14)の銀熊賞(審査員グランプリ)とあわせて2作連続受賞の快挙となる。

犬ヶ島』は“犬インフルエンザ“の大流行によって「犬ヶ島」に隔離されてしまった愛犬をさがす少年と犬たちの壮大な旅と冒険の物語。第68回ベルリン国際映画祭ではオープニング作品として上映された。

超豪華なボイスキャストも話題で、ハリウッドからはビル・マーレイをはじめ、ジェフ・ゴールドブラムエドワード・ノートンティルダ・スウィントンといったウェス組の常連俳優陣に加え、スカーレット・ヨハンソングレタ・ガーウィグヨーコ・オノといった売れっ子スターや有名アーティストが集結。

また、日本からもRADWIMPSのヴォーカル・野田洋次郎村上虹郎渡辺謙夏木マリといった多彩なキャスト陣が名を連ねている。

現地時間24日に行われた授賞式では、アンダーソン監督に代わりビル・マーレイが登壇。熊がかたどられた銀色のトロフィーを手に「俳優として犬を演じ、熊を連れて帰ることになるとは思ってもみませんでした」と、ジョークを飛ばした。

第68回ベルリン国際映画祭そのほかの受賞作品は以下

金熊賞:『タッチ・ミー・ノット(原題)

銀熊賞(審査員グランプリ):『Mug(英題)

銀熊賞(アルフレッド・バウアー賞):『The Heiresses(英題)』

銀熊賞(監督賞):ウェス・アンダーソン『犬ヶ島

銀熊賞(最優秀女優賞):Ana Brun『The Heiresses(英題)』

銀熊賞(最優秀男優賞):Anthony Bajon『The Prayer(英題)』

銀熊賞(脚本賞):Manuel Alcala、アロンソ・ルイスパラシオス『Museum(英題)』

【あわせて読みたい】
※ 【イラストで解説】3分でわかる!ベルリン国際映画祭(オススメ受賞作も紹介!)
※ 【実写では叶わない映像体験】人々を魅了するアニメーション作品5選
※ 『グランド・ブダペスト・ホテル』と珈琲なのに“ワイン”ブレンド?【映画と楽しむ1杯の珈琲 】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • UETYA
    4
    良く作り込まれていて、観ていて楽しかった 所々に日本に対するリスペクトを感じて、それもまた日本人として好感度高かった ストーリーも面白くて、総じて良かった
  • よしえ
    3.3
    独特な世界観。 ちょっとこわい。 犬飼ってるせいもあり持っていかれそうになりながらも。
  • ぼーりー
    4.2
    先生のおすすめ。 ストーリーはそれほど深くもなく浅くもなくと言った感じだけど奇妙な雰囲気が終始漂ってて飽きなかった 登場人物一人一人(一匹一匹)可愛い🥰 太鼓叩いてた人たちが好き
  • YURINA
    -
    最近はどうも集中力がなくって映画を観ていても途中で飽きてしまうことが多くよくないなぁと思います。 ウェスアンダーソン監督の『犬が島』。 特徴的なシンメトリーの画面と日本愛は最初こそ見ていて楽しかったものの、ハッとするほどのものはなく途中で飽き…… あらすじは理解しているけれど、この映画、おそらくあらすじ云々ではなく画面づくりや余白を楽しむ映画なのかなと。 気持ち的に落ち着いている時にまた観ようかな。
  • スズシロ
    4.2
    これまた、雰囲気、世界観がすべて好き。犬へのリスペクトに満ちあふれていた!!子犬が…可愛くてキュンキュンした。
犬ヶ島
のレビュー(26637件)