ウェス・アンダーソン、『犬ヶ島』でベルリン映画祭2作品連続受賞!

全編日本を舞台にしたストップモーションアニメとして、公開前から大きな注目を浴びているウェス・アンダーソン監督の最新作『犬ヶ島』が、第68回ベルリン国際映画祭にて銀熊賞(監督賞)を受賞した。

犬ヶ島

ベルリン

【イラストで解説】3分でわかる!ベルリン国際映画祭(オススメ受賞作も紹介!)

これは、前作『グランド・ブタペスト・ホテル』(14)の銀熊賞(審査員グランプリ)とあわせて2作連続受賞の快挙となる。

犬ヶ島』は“犬インフルエンザ“の大流行によって「犬ヶ島」に隔離されてしまった愛犬をさがす少年と犬たちの壮大な旅と冒険の物語。第68回ベルリン国際映画祭ではオープニング作品として上映された。

超豪華なボイスキャストも話題で、ハリウッドからはビル・マーレイをはじめ、ジェフ・ゴールドブラムエドワード・ノートンティルダ・スウィントンといったウェス組の常連俳優陣に加え、スカーレット・ヨハンソングレタ・ガーウィグヨーコ・オノといった売れっ子スターや有名アーティストが集結。

また、日本からもRADWIMPSのヴォーカル・野田洋次郎村上虹郎渡辺謙夏木マリといった多彩なキャスト陣が名を連ねている。

現地時間24日に行われた授賞式では、アンダーソン監督に代わりビル・マーレイが登壇。熊がかたどられた銀色のトロフィーを手に「俳優として犬を演じ、熊を連れて帰ることになるとは思ってもみませんでした」と、ジョークを飛ばした。

第68回ベルリン国際映画祭そのほかの受賞作品は以下

金熊賞:『タッチ・ミー・ノット(原題)

銀熊賞(審査員グランプリ):『Mug(英題)

銀熊賞(アルフレッド・バウアー賞):『The Heiresses(英題)』

銀熊賞(監督賞):ウェス・アンダーソン『犬ヶ島

銀熊賞(最優秀女優賞):Ana Brun『The Heiresses(英題)』

銀熊賞(最優秀男優賞):Anthony Bajon『The Prayer(英題)』

銀熊賞(脚本賞):Manuel Alcala、アロンソ・ルイスパラシオス『Museum(英題)』

【あわせて読みたい】
※ 【イラストで解説】3分でわかる!ベルリン国際映画祭(オススメ受賞作も紹介!)
※ 【実写では叶わない映像体験】人々を魅了するアニメーション作品5選
※ 『グランド・ブダペスト・ホテル』と珈琲なのに“ワイン”ブレンド?【映画と楽しむ1杯の珈琲 】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • シェリー
    5
    メ ガ 崎
  • スルガ
    4.2
    ストップモーションアニメが素晴らしい。 犬インフルエンザが流行するメガ崎市で市長がすべての犬を犬ヶ島(通称ゴミ島)に追放される話。 アタリとチーフの関係性がとにかく最高だった。ノラ出身のチーフがアタリと交流していくにつれ心が変わっていく様が素敵だった。日本の文化も緻密に描かれていてウェス・アンダーソン監督が日本が好きなことがすごく伝わってきた。
  • M
    4
    制作期間6年の傑作... 冒頭から惹き込まれる映像であっという間に終わっちゃった〜〜
  • ティモ
    4
    その撮影期間合計日数、実に445日。総勢670人のスタッフが稼働した。パペット製作に携わっただけでも、彫刻、モールディング、アーマチュア、ウィッグ&ヘア、ファー、コスチューム、ペイント、メンテナンスなど多岐にわたる部門にて70人が参加。各パペット製作に費した時間は約16週間。中でもナツメグの人形には6ヶ月をも要した。作られた人形の数は全部で1,097体だという。 アニメ撮影には、アシスタントを含めて38人。撮影のためのセットは240も組まれた。100分の映画を作るために撮られた静止画はなんと144,000。そのデータ数は修正分含め41TBにもおよぶという。 これを知り驚いた。 日本人のみなさん! 見るべきです!!!!!! お寿司のシーン好き ずっと見てられる。 【参考文献】 THE RIVER編集部(2018)."映画『犬ヶ島』メイキング写真を一挙掲載 ─ 総勢670人スタッフの汗と努力の結晶" https://theriver.jp/isle-of-dogs-making/?amp (2022.1.29)
  • hytark
    -
    アタリくん可愛いすぎてしんどい
犬ヶ島
のレビュー(31217件)