ウェス・アンダーソン、『犬ヶ島』でベルリン映画祭2作品連続受賞!

全編日本を舞台にしたストップモーションアニメとして、公開前から大きな注目を浴びているウェス・アンダーソン監督の最新作『犬ヶ島』が、第68回ベルリン国際映画祭にて銀熊賞(監督賞)を受賞した。

犬ヶ島

ベルリン

【イラストで解説】3分でわかる!ベルリン国際映画祭(オススメ受賞作も紹介!)

これは、前作『グランド・ブタペスト・ホテル』(14)の銀熊賞(審査員グランプリ)とあわせて2作連続受賞の快挙となる。

犬ヶ島』は“犬インフルエンザ“の大流行によって「犬ヶ島」に隔離されてしまった愛犬をさがす少年と犬たちの壮大な旅と冒険の物語。第68回ベルリン国際映画祭ではオープニング作品として上映された。

超豪華なボイスキャストも話題で、ハリウッドからはビル・マーレイをはじめ、ジェフ・ゴールドブラムエドワード・ノートンティルダ・スウィントンといったウェス組の常連俳優陣に加え、スカーレット・ヨハンソングレタ・ガーウィグヨーコ・オノといった売れっ子スターや有名アーティストが集結。

また、日本からもRADWIMPSのヴォーカル・野田洋次郎村上虹郎渡辺謙夏木マリといった多彩なキャスト陣が名を連ねている。

現地時間24日に行われた授賞式では、アンダーソン監督に代わりビル・マーレイが登壇。熊がかたどられた銀色のトロフィーを手に「俳優として犬を演じ、熊を連れて帰ることになるとは思ってもみませんでした」と、ジョークを飛ばした。

第68回ベルリン国際映画祭そのほかの受賞作品は以下

金熊賞:『タッチ・ミー・ノット(原題)

銀熊賞(審査員グランプリ):『Mug(英題)

銀熊賞(アルフレッド・バウアー賞):『The Heiresses(英題)』

銀熊賞(監督賞):ウェス・アンダーソン『犬ヶ島

銀熊賞(最優秀女優賞):Ana Brun『The Heiresses(英題)』

銀熊賞(最優秀男優賞):Anthony Bajon『The Prayer(英題)』

銀熊賞(脚本賞):Manuel Alcala、アロンソ・ルイスパラシオス『Museum(英題)』

【あわせて読みたい】
※ 【イラストで解説】3分でわかる!ベルリン国際映画祭(オススメ受賞作も紹介!)
※ 【実写では叶わない映像体験】人々を魅了するアニメーション作品5選
※ 『グランド・ブダペスト・ホテル』と珈琲なのに“ワイン”ブレンド?【映画と楽しむ1杯の珈琲 】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • はぐれけんきゅういん
    4
    犬と少年の、ご家庭で楽しめるほんわかストップモーションアニメ…と見せかけて、いつものスタイリッシュさ健在でシリアス感たっぷりな作品。いやちょっと終盤の畳み掛けは「雑じゃないですかね!?」と思ってしまいましたけども。 映像は本当に細部までこだわってて、なのに急に漫画的な謎演出(喧嘩し始めると砂ぼこりがモワモワ舞うみたいな)に笑わされました。 そして何と言っても、日本人からすると違和感そこそこな独特の世界観。この「ちょっと違うんだなー」がパラレルワールド感生み出してて逆に丁度良い。しかしウニ県って何よ。せっかく音楽かっこいいのにウニ県て。 一時期邦画でよくあった「犬と子役の感動のストーリー」からは大幅に外れますが、監督の犬愛がこれでもかと伝わってきます。人類と犬が共に紡いできたながーーい歴史を振り返りながら楽しめます。猫派の方もぜひ。
  • b
    4.5
    映画館で見たくて悔しくてなかなか見てなかったこの作品をやっと見た! 少し前の日本を舞台にしていて、その演出も凝って作られていて、日本人が見ても海外の方が見ても面白い作品になっていたと思う。やっぱりアニメになってもウェスアンダーソンの良さはそのまま! さらに今回は日本語で喋るキャラクターも日本の俳優を起用したり、シーンごとに分かるように英語字幕ふったりと本当に細かな部分も作られていて面白かったな〜! 個人的にも犬を飼っているので犬を保護せず乱雑に扱うようなことがこれ以上増えないで欲しいなと見ながらも思った。
  • ヤスヤス
    3.7
    ウェス・アンダーソン監督の近未来日本を舞台にしたストップモーション・アニメ。 声優がアンダーソン組常連に加え、スカーレット・ヨハンソンやオノ・ヨーコなど、かなり豪華。 世界観にストップモーション・アニメがぴったりハマっている。英語と日本語が飛び交い、片言な感じも作品に合う。 ストーリー的には、平凡にも思うが、和食、相撲、歌舞伎、俳句、浮世絵、神社などの日本文化の描写は、監督の日本愛が感じられ、観ていて楽しい。(苦笑する部分もあるが、ご愛嬌レベル) 監督本人が語るほど、黒澤明や宮崎駿の影響は感じなかったが、これは自分の知識不足なのだろう。(それでも、「七人の侍」の音楽にはテンションが上がった。)
  • tktk
    -
    記録
  • 哲也
    2.9
    いつやったか忘れたけど観た。
犬ヶ島
のレビュー(27015件)