<東京・名古屋>35mmフィルム上映『シティ・オブ・ゴッド』チケット販売中【Filmarksの上映企画・プレチケ】

Filmarksの上映プロジェクト

プレチケ

映画館で名作を観るプロジェクト・プレチケで『シティ・オブ・ゴッド』製作20周年記念の上映を企画。

シティ・オブ・ゴッド』上映イベント詳細

当時、無名にも等しい存在だったにも関わらず、“第2のスコセッシ”、“タランティーノを超えた”と絶賛される見事な手腕を発揮したフェルナンド・メイレレス監督の名作『シティ・オブ・ゴッド』を、35mmフィルムでの貴重な上映形式で特別上映します。

ブラジル、リオデジャネイロ郊外に「神の街」と呼ばれる貧民街があった。絶え間ない抗争が続き、子供たちが平気で銃を手にする悲惨な街で、逞しく生きる少年ギャングたち。ブスカペは写真家を目指し、リトル・ゼはギャングの道を選び、ベネは恋人と街を出ることを夢見る・・・。1960年代から80年代、激動のリオ・スラム社会を舞台に、一大クロニクルが繰り広げられる。

東京上映詳細

■上映作品:『シティ・オブ・ゴッド
■日時:2022年8月30日(火)20:00  開映
■価格:1,600円
■上映時間:130分
■会場:目黒シネマ(東京都品川区上大崎2丁目24−15

名古屋上映詳細

■上映作品:『シティ・オブ・ゴッド
■日時:2022年8月24日(水)19:00  開映
■価格:1,600円/2,400円(プレミアムシート)
■上映時間:130分
■会場:ミッドランドスクエア シネマ(愛知県名古屋市中村区名駅4丁目7−1

※システム利用料160円がかかります

プレチケとは

「プレチケ」とは、国内最大級の映画レビューサービス・Filmarksが企画する、映画館での上映サービスです。「あの名作をまた映画館のスクリーンで観てみたい」、そんな映画ファンの想いを映画館・配給会社と協同して形にします。一定数以上の購入枚数を達成すると開催が決定します。

公式サイト:https://premium-ticket.filmarks.com/
公式Twitter:https://twitter.com/Filmarks_ticket(@Filmarks_ticket)

(C)O2 Filmes curtos Ltda. and Hank Levine film GmbH 2002.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Miki
    -
    記録
  • ユメコチャン
    4.5
    明るい地獄
  • ラダ
    4
    リオのスラムの現実は、のほほんと生きる日本人にとってはあまりにも非現実的。 乾いた世界感と軽快なリズムが「神の街」をスタイリッシュに見せてはいるが、リオ独特の色や音が現実の恐さや悲しさを浮き彫りにしてたり、してなかったり。 「おもしろかった!」ではなく「凄かった!」と思った心に残る作品。
  • ちちうえ
    4.5
    ◉殺人やクスリが日常茶飯事の“神の街” ブラジルのリオデジャネイロ郊外に広がるどこまでも画一的な住宅がならぶ“神の街”。 ここは政府による住宅供給によって行き場のない人が集められてくる貧民街。 当然のことながら犯罪の巣窟となる。 ここに育つ子供たちにとっては犯罪が日常であり、まだ小学生ぐらいの年齢の子供が銃を持ち殺人や強盗を行う。 ストーリーは“神の街”に住む優しい3人組の話から始まる。 青年3人組は、リトル・ダイスという少年とともにモーテルを襲撃する。3人組が強奪した後にリトル・ダイスが従業員や客を殺戮しまくる(笑いながら銃をぶっ放すのが恐ろしい) 3人組は、一人は足を洗い教会へ、一人は警官に射殺され、もう一人はリトル・ダイスに射殺される。 リトル・ダイスに射殺された青年の弟はカメラマンを目指している。 リトル・ダイスはやがて青年になってリトル・ゼと名乗り、多くの人を殺して街の大部分を制圧する。 リトル・ゼの相棒のベネは犯罪者でありながら多くの人に好かれていたが、美しい恋人と出会ってから街を出ることを考えるようになる。 やがて、リトル・ゼと対立するギャングとの抗争が激化していき、ベネも殺されてしまう。 そして、次世代のさらに凶悪なギャング少年たちがリトル・ゼを狙っていて・・・。 中心の語り部はカメラマンを目指している青年ブスカベ、彼はこの神の街にいながらギャングに加わらない真面目な青年で童貞、途中、何回も強盗しようとして相手がことごとく“いい人”で、断念してしまうのが、この凄まじい犯罪映画の中の唯一の微笑ましいエピソード。 監督のフェルナンド・メイレレスのデビュー作。最初と最後が見事につながる構成、テンポのいい編集や独特のカメラアングル、ジャンプカットなど、これが初監督作品とは思えない非凡さ。 実話を元にドキュメンタリータッチで描かれ、出演者も大部分は実際に貧民街に住む少年たち。 DVDのメイキングではスラム街に住む素人の少年たちに対する演技指導の様子が収められており、時間をかけて少年たちが連帯し自然な演技ができるようになるまでの過程が収められていて興味深い。また「シティ・オブ・ゴッド」の撮影前に習作として撮影された短編と、未公開シーンも収められている。 この映画を見ていて思い起こすのは「ゴモラ」と「グッドフェローズ」という二つの映画だ。 イタリアの貧民街を描いた「ゴモラ」にも青年たちの犯罪は出てくるが極悪な犯罪組織は大人が作ったものだし、「グッドフェローズ」の主人公は自分からマフィア組織にあこがれて組織に入っていくが、この映画の少年たちは殺人も銃もクスリも生まれた時からあり、既存の犯罪組織などなくても自然にギャング化してしまうのが恐ろしい。 途中のどう見ても小学生ぐらいの子供が集団で店を襲い商品を強奪し、その子供たちが青年ギャングに足を撃ち抜かれ泣き叫び、挙句は子供同士で相手を銃で殺させる場面は衝撃的だ。 事実に基づいており、治安のいい日本では考えられない。 そして、「ジュラシック・パーク」のように子供をピンチを招く道具に利用しながら、決して殺さないハリウッドでは永遠に作れない映画。 DVD吹替えで鑑賞。
  • tych
    3.9
    CITY OF GOD 2002年 130分。ブラジル、リオデジャネイロ郊外の「神の街」と呼ばれる貧民街が舞台の実話に基づく物語。1960年代~80年代、この街では 子供の頃から銃を身につけ、ドラッグに盗みそして抗争。街はやがてリトル・ゼ 一派とセノーラ一派に別れ抗争が激化していく。、、子供らが嬉々として犯罪行為に飛び込んで行く様に慄然とした。
シティ・オブ・ゴッド
のレビュー(16703件)