話題の新作ホラー『きさらぎ駅』チケット販売がスタート【Filmarksの上映企画・プレチケ】

Filmarksの上映プロジェクト

プレチケ

映画館で名作を観るプロジェクト・プレチケで『きさらぎ駅』の上映を企画。

きさらぎ駅』上映イベント詳細

2004年1月8日、「はすみ」と名乗る女性がこの世に存在しない「きさらぎ駅」という異世界駅に辿り着いた体験を匿名掲示板「2ちゃんねる」に投稿し、ネット上で様々な意見が交わされ、やがて現代版「神隠し」と呼ばれるほどの話題に。十数年経過しても各種メディアやSNSでのトレンド入りなど人気が衰えないこの怪談を映画化した『きさらぎ駅』をプレチケで特別上映します。さらに、本編上映後には、監督・キャストによる登壇イベントも実施予定です。

「きさらぎ駅」の謎に迫る堤春奈を演じるのは、『凪待ち』(2019/白石和彌監督)『タイトル、拒絶』(2020/山田佳奈監督)や『全裸監督season2』(2021/武正晴、後藤孝太郎監督)でヒロインを務めるなど、話題作への出演が続き注目される恒松祐里。彼女にとって本作が映画初主演となる。他にも女優、フィギュアスケーターとしても活躍する本田望結、tiktokで絶大な人気を誇り、モデル・女優として活躍し、ドラマ『ファイトソング』(22 /TBS)など話題作へ立て続けに出演する莉子、『ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA』で主演を務めた寺坂頼我、『魔進戦隊キラメイジャー』で人気を博した木原瑠生などが登場。そして、物語の鍵を握る葉山純子は佐藤江梨子が演じる。メガホンを取るのは「真・鮫島事件」を始めとするネット都市伝説を元にした映画化で定評のある永江二朗。

大学で民俗学を学ぶ堤春奈(恒松祐里)は、卒業論文で十数年来、ネットで現代版”神隠し”と話題になっている都市伝説「きさらぎ駅」を題材に取り上げることにした。リサーチの結果、「きさらぎ駅」の原点となった書き込みの投稿者『はすみ』ではないかとされる葉山純子(佐藤江梨子)という女性の存在を知る。ようやく純子への連絡先を知り、数ヵ月にわたりメールでやり取りした結果、春奈は遂に純子と会う約束を取り付ける。指定された場所は「きさらぎ駅」の舞台となった路線にある一軒家。春奈を出迎えた純子はどこか影のある雰囲気を持つ女性。部屋へ案内され、早速、ネットで噂される『はすみ』本人との真偽を確かめる春奈に対して、純子はどこか謎めいた笑いを浮かべながらも春奈からの問いかけに静かに頷く。続けて、純子から「きさらぎ駅」へたどり着いた経緯、その後の出来事などを聞いた。その内容は春奈には到底信じられるものではなかったが、純子の話の中で春奈はなぜ純子だけが「きさらぎ駅」へたどり着くことができたのかのヒントに気づく。純子と別れた春奈は自然に「きさらぎ駅」の舞台となった遠州鉄道の駅へ向かう。この選択が春奈の運命を大きく狂わせることになってゆく・・・。

■上映作品:『きさらぎ駅
■日時:2022年9月5日(月)18:30  開映/上映後に監督・キャスト登壇予定
■価格:1,800円
■上映時間:82分
■会場:新宿ピカデリー(東京都新宿区新宿3丁目15−15

※システム利用料160円がかかります

プレチケとは

「プレチケ」とは、国内最大級の映画レビューサービス・Filmarksが企画する、映画館での上映サービスです。「あの名作をまた映画館のスクリーンで観てみたい」、そんな映画ファンの想いを映画館・配給会社と協同して形にします。一定数以上の購入枚数を達成すると開催が決定します。

公式サイト:https://premium-ticket.filmarks.com/
公式Twitter:https://twitter.com/Filmarks_ticket(@Filmarks_ticket)

(C)2022「きさらぎ駅」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • けーすけ109
    4
    きさらぎ駅に辿り着いてはならない そこは何かに追われる場所だから 音が鳴り響いた時は立ち止まってはならない それは何かが近づいて来る合図だから 助けを求めて近づいてならない その町の永遠の住人になってしまうから 都市伝説として名高い「きさらぎ駅」 その駅に行った事があるという女 そしてその都市伝説に興味を示す女 一本の決められた道筋 そこに現れ導く輝きの光の扉 きさらぎ駅は本当に存在するのか 生還者の話とそれの真偽 主人公の行く末やいかに
  • マリア
    1
    金返してくれ❕❕❕❕❕❕❕
  • eri
    3.5
    ストーリーがわかりやすくしっかりしており、楽しめました!そして、描き方も斬新! 実際にこんなことがあったらすごい怖い😱
  • aKircrazy
    -
    都市伝説。 追求、検証。 好きなタイプのホラーだ。 異世界エレベーター。 ある条件を満たすと行ける、きさらぎ駅。 恒松さんの無双かと思ったけど、読めない展開になっていき、たいへん面白かった。 あの世界にいた人たちはみんな同じ条件でってことか。 姪の娘がどうしたいのか… 1番謎だ…。 2023.1.24
  • セガールおぢさん
    3
    電車寝過ごしたら廃村に着いた話。 寝過ごしメンバーはDQNアベック、アベックのパシリ♂、ワンカップ命おじさん、JK、女教師と、素晴らしい男女比で、且つどの層のコンパのニーズにも見事に応えた、愉快な面々である。 なんならDQNはすでにカップルが成立してるので、おっさんや冴えないパシリの兄ちゃんでもJKを狙える、夢のある陣営である。 個人的に一番お気に入りはDQN♂で、パシリに「お前なんで俺を起こさねえんだよ!」と文句を浴びせるんですが、友達と遊びに行く日にお母さんに起こしてもらえなかった中学生とやることが一緒で、私の母性本能はくすぐられまくりでした。 この手の映画はクソだと相場は決まっているし、題名に「駅」ってついてるのにすぐ駅から出るし、嫌な予感がえげつなかったんですが、期待はいい意味で裏切られ、初代プレステぐらいのCGを差し引いても、(中盤ぐらいまでは)メリハリのある起承転結と捻りのある話運びが光り、総合的に満足度は高かった。 若い子いるよ、って言われて入ったスナックの一番若い子が50代だったんだけど意外と話は合うし明朗会計だし、なんやかんや70点、みたいな悔しい感じに落ち着いてしまいました。 文句があるとすれば、この映画に限った話じゃないんだけど、カップルの片方が死んで、片割れが悲しみから回復するまでの早さ、あれなんとかならんのかね。 本作において彼氏が(文字通り)破裂するシーンがあるんだけど、女の子が数分で笑顔取り戻してたからね。 あと私は子供の頃から、電車でワンカップ飲むおっさんには絶対になるまいと思って力強く生きてきたけど、駅のホームで蓋を開ける瞬間のたまらなさを知ってしまうと、最早後には戻れないので、小さい子が家にいる方はそのあたりを、お子様にあまり彼らを迫害しすぎないように教えてあげてください。 「見ちゃだめ」って言われて傷つかない人間はこの世にいないのですから。
きさらぎ駅
のレビュー(2964件)