映画『家族のはなし』あらすじ・キャスト・原作情報【鉄拳・感動のパラパラ漫画実写化】

トラウマ映画は「鳥」だけど焼き鳥大好き

taco

夫婦の絆を描いた『振り子』(14)に続き、鉄拳の代表作・感動のパラパラ漫画「家族のはなし」が、岡田将生主演で実写化されることが決定した。

家族のはなし

​鉄拳をアートディレクターに迎え、物語のキーポイントで今回のために新たに書き下ろしたパラパラ漫画と実写映像を融合した演出も。温かみ溢れるタッチで描かれたパラパラ漫画とのコラボレーションに期待が高まる。

映画『家族のはなし』あらすじ

ある挫折をきっかけに自分の進むべき道を失った主人公・小林拓也(岡田将生)は、リンゴ農園を営む田舎の両親の元を離れ、東京で仕送りを受けながら、大学生活の傍らバンドに熱中しプロを目指すようになる。さまざまな挫折を経て家族の温かさを再発見しながら成長していく、人生を必死に生きる主人公と、それをそっと支える両親との切なくも心温まるストーリー。

映画『家族のはなし』キャスト

主人公・小林拓也を演じるのは、『重力ピエロ』(09)、『悪人』(10)、『告白』(10)、『何者』(16)など数々の話題作に出演してきた岡田将生。

家族のはなし

​本作では思春期に挫折をし、次第に両親とすれ違っていく多感な時期の主人公を演じている。またバンドマン役ということで、金髪姿でギター演奏に初挑戦。劇中の迫力溢れる演奏シーンには注目したい。

岡田将生コメント

台本を読む前に鉄拳さんのパラパラ漫画を見させていただいたのですが、とても素敵な話で映画になるなら是非参加させていただきたいと思いました。僕が演じるのはなかなか目が出ないバンドマンで、売れたいという気持ちで焦り、壁にぶつかっている役です。そんななか親の温かい気持ちを知り、改めて親の存在を考えます。とても温かい映画になったと思います。是非楽しみにしていただけたら幸いです。

映画『家族のはなし』監督

海洋科学技術の圧倒的なリアリティと驚異的な深海美で描いたヒューマンドラマ『海に降る』(15)、東日本大震災で被災した牧場の家族が、様々な困難に直面しつつも残された子馬を競争馬に育てあげる姿を追った『絆~走れ奇跡の子馬~』(17)など、数々のテレビドラマを手掛けてきた山本剛義監督。

映画『家族のはなし』原作

原作「家族のはなし」は2013年に信濃毎日新聞との企画として発表され、第17回アジア太平洋広告祭でフィルム部門・プレス部門をW受賞。涙が止まらないとネット上をはじめ各所で話題を集めた家族の大切さをストレートに表現した感動の話題作。

鉄拳コメント

「家族のはなし」は、パラパラ漫画作品の中で隠れた名作だと思っていたので映画化される事はとても嬉しいですし、主人公を岡田将生さんに演じてもらえると聞いたときに、僕の中で奇跡的に主人公に合っていたのでとても光栄で嬉しかったです。映画は沢山の方に観てもらいたいですが、特に親元から離れ都会で挑戦している若い方に是非、観てもらいたいです。

鉄拳
日本のお笑い芸人、イラストレーター。2012年に、左右に揺れる時計の振り子をフレームに夫婦の半生を描いたパラパラ漫画『振り子』を番組の企画で発表しYoutubeにアップロードされたことで、その感動的なストーリーと優しく素朴なタッチが多くの世代の共感を呼び話題となった。また、イギリスのロックバンド・Museの「エクソジェネシス(脱出創世記):交響曲第3部(あがない)」がBGMとして使用されたが、それがMuse関係者の目に留まり、公式プロモーションビデオとして採用されることに。現在も世界中で配信されている。その後も作品を次々と発表しており、第42回日本漫画家協会賞特別賞を受賞するなど、漫画家として高く評価されている。

「振り子」

『家族のはなし』作品情報

家族のはなし

2018年全国ロードショー
配給:KATSU-do
公式サイト:kazokunohanashi.official-movie.com
(C)「家族のはなし」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • えりみ
    3.1
    鉄拳のパラパラ漫画は好き♪ 岡田クンも我々庶民が気軽に利用する近所の寿司屋で一度だけ見かけてから好感を持っている🍣😅のでWOWOW録画。 …えーっと、実写化する必要あった❓ 長野県出身の鉄拳が2013年に信濃毎日新聞創刊140周年記念として企画制作したパラパラ漫画が原作、1918コマあるとか😲 エンディングに披露されます(本編中にも差し込まれたような気もする)。 これだけで十分泣ける😢 その前の80分の本編要らんわ😓 長野県の地域振興に貢献してればええんやけど🍎 林檎といえば青森県でしか作ってないって勝手に思ってたけど、長野県はシェア18%で全国生産量第2位なのね😲 秋映(あきばえ)、シナノスイート、シナノゴールドの3つを合わせて信濃「りんご三兄弟®」と呼ぶんやって🍎 9月上旬から11月にかけて出荷されるとか✍ 今年買ってみようかな🍎 「家族は面倒くさい幸せだ」がテーマ こんな田舎で家業を継ぐのは負け犬ダッ 音楽で有名になってヤル❕と都会に出ていく若者…うちの本家の従兄弟達もその息子もこんな感じで一度はトーキョーに出て夢を追い、今では全員故郷に戻って頑張ってますわ(彼等の名誉の為に言うとくと、ここまで酷いスネの齧り方はしてない)♨ 成海璃子が長野のJA職員として登場、予想外にハマってるw JA共済のCMは彼女を起用するべき📺 主人公の音楽性と実家の部屋にデカデカと貼ってあったグレイトフルデッドのポスターに連続性が見い出せず違和感😑 だって3ピースバンドの名前「超未来戦士」やで😨 このバンド名でメジャーデビュー😲してCD2枚も出して😲😲解散が小さくても新聞記事になるって、奇跡のリンゴばりに大成功やと思うわ📰 (でもやっぱり母校の凱旋公演では1コーラスも持たない…監督の演出力かも知れへんけど🚬) 兎に角お父さん(時任三郎)がええ人過ぎる👨 取り敢えず息子はバスから呑気に手ぇ振ってやんと、バスから直ぐ降りて土下座してから並べてくれたりんご全部拾えやっ💢🚌🙇
  • シグナス
    3.7
    鉄拳のパラパラ漫画を実写映画化。ベタな話ですが、ほろほろしました。岡田将生さん、時任三郎さん、共演者のみなさんの力だなあと思います。
  • 愛野弾丸
    4
    お笑い芸人・鉄拳が原作の…ってことで油断してましたが、 思ってた以上に心にグッとくる内容で不覚にも泣いた。 家族の優しさ、ありがたみが切実に感じられる映画。 鉄拳のイラストもいい塩梅のスパイスとなってます。 何かに挫折や、上手く行かなかった人にも観てほしい内容。 贅沢を言えば、時間とボリュームがもうひと押し欲しいかなと言ったところ。
  • かんた
    3
    230作品目
  • ERI
    3.3
    録画リストに溜まってた「家族のはなし」、なんだっけ?と特に調べもせず再生ボタンを押す。冒頭ギターのインストの音にゆったりと映画の世界に入る。あ、岡田将生くんのやつ。色白美肌に金髪、可愛いなぁ。 映画的によくあるお話ではあるけれど、80分と肩肘張らずに見るにはちょうどよく旅に行けない4連休にまるで田舎にショートトリップした心地よさ。 鉄拳さんのパラパラ漫画が原作なんだね。要所要所にパラパラ漫画が出てくる。 親子モノに弱すぎるので、時任三郎さんが手袋外しながら登場シーンにもう泣きそう(なんで)。親のよくわかんないダジャレとかやたらとテンション高いとか、うざいなぁって気持ちわからなくもない。 田舎が退屈でやりたいことをやるために家を出て急になにもない自分に引き戻される感覚は身に覚えがある。 鈴木先生に呼ばれて式典に出ることになった。8年前に陸上選手として有望視されていた拓也は怪我で走れなくなった。その頃から親に背を向けて生きてきた。 この地元の友達のあすかちゃん、めちゃくちゃいい友達だね。こんなにはっきり言ってくれる人、なかなかいない。こういう人を大事にした方がいい。 私も上京組で、もう数え切れないぐらい親からの段ボールを受け取ってるからか、手紙が入ったリンゴジュースに、もう号泣。 豪雨があって今年はリンゴが届かなかったけど、父はただじゃ起きない。落ちたリンゴでジュースを作って、頑張れなんて言ってないけど、こんなにも頑張れって聞こえてくる届けものほかにない。 解散したバンド仲間に頭を下げて、式典に一緒に出てくれないかとお願いをして。金子大地くんのボーカル、好きだな。 バスを見送るパパの存在にどれだけ励まされるだろう。親ってすごい。いくつになっても、背中が小さくなってもそれでも、いやだからこそ親ってすごい。 途中レコード会社の担当さんで和牛の水田さん出てきてびっくり。
家族のはなし
のレビュー(416件)