映画『教誨師』あらすじ・キャスト情報・特報【大杉漣・最後の主演作】

トラウマ映画は「鳥」だけど焼き鳥大好き

taco

2018年2月21日に急逝した名バイプレイヤー・大杉漣主演の映画『教誨師』が、10月6日上映される。
本作は大杉漣にとって最後の主演作であり、また唯一のプロデュース作品となった。

教誨師

映画『教誨師』あらすじ

6人の死刑囚と対話する一人の男……。“教誨師(きょうかいし)”とは、受刑者に対して道徳心の育成、心の救済につとめ、彼らが改心できるよう導く人。そして本作の主人公は、死刑囚専門の教誨師である牧師、佐伯(大杉漣)。

独房で孤独な生活を送る死刑囚にとって、教誨師は良き理解者であり、唯一の話し相手。真剣に思いを吐露する者もいれば、くだらない話に終始したり、罪を他人のせいにする者もいる。皆、我々と変わらない人間でありながら、どこかで道を誤ったり、ちょっとしたボタンの掛け違いによって、取り返しのつかない過ちを犯した人々。一方の佐伯は、彼らに寄り添いながらも、自分の言葉が本当に届いているのか、死刑囚たちが心安らかに死ねるよう導くのは、果たして正しいことなのか苦悩する。その葛藤を通して、佐伯もまた、はじめて忘れたい過去と対峙し、自らの人生と向き合うことになる……。

ほぼ教誨室での会話劇ながら、息つく暇もない約2時間、ベテラン役者たちの緊張感溢れる演技と時ユーモアを交えながら展開する“死”の側からとらえた強烈な“生”の物語。

映画『教誨師』キャスト

本作の主人公、教誨師・佐伯役は大杉漣が務める。大杉はピンク映画でデビューし、以後『HANA-BI』(97)、『BROTHER』(00)、『アウトレイジ 最終章』(17)をはじめとする北野武監督作品の常連である一方、『オーディション』(00)、『アイデン&ティティ』(03)、『箱入り息子の恋』(13)、『シン・ゴジラ』(16)など様々なジャンルを行き来し、幅広い役を演じていた名優。本作では膨大なセリフ量とユニークな内容ゆえ、「役者にケンカを売ってるのかと思った」と評したオリジナル脚本を見事に体現、複雑な人物像を圧倒的な存在感で演じきったという。是非その姿を劇場で見届けたい。

死刑囚役には、『めがね』(07)、『共喰い』(13)、南瓜とマヨネーズ』(17)など、大杉と並びあらゆる日本映画に出続け、大杉との共演作であるドラマ「バイプレイヤーズ」も記憶に新しい光石研や、『祈りの幕が下りる時』(17)の烏丸せつこ(からすま せつこ)、『淵に立つ』(16)の古舘寛治といったベテラン俳優が務めるほか、映画初出演となる劇団“柿食う客”の玉置玲央が脇を固める。

映画『教誨師』監督

死刑に立ち会う刑務官を描いた『休暇』(07)、『アブラクサスの祭』(10)の脚本、『ランニング・オン・エンプティ』(09)の監督を務めた佐向大がメガホンをとった。

佐向大監督コメント

いい加減で適当で、できるだけ責任から逃れたい。私はそんな人間です。おそらく死刑囚もそうだと思います。じゃあ何故私は彼らじゃないのか。罪を犯した者と犯さなかった者はどこが違うのか。なんで死ぬのは嫌なのか。何故生きたいのか。そもそも死者と生者の境界は何か。ひょっとしたら何も違いはないし、何の理由もないのかもしれません。だったら自分が日頃大切に思っていることや、しがみついているものは一体何なのだろう?そんなことを私自身もこの作品を通して知りたいと思いました。

3年前、小さな喫茶店で、この企画を一番最初に話したのが大杉さんでした。「いいね、やろうよ」。その一言をきっかけにこの作品が生まれました。私にとって主演俳優以上の存在だった大杉さんの訃報を前に、全く心の整理がついていません。ただこれだけは言えるのは、人生は限りがある。だからこそ、かけがえのない時間を、かけがえのない仲間とともに、どんなお仕事でも遊びでも手を抜かず、一瞬一瞬を精いっぱい全力でやられていた方だったのではないか。あの優しさ、包容力、エネルギーはそんなところからきていたのではないか。今はそんな気がしています。この作品で大杉漣という役者の凄みを改めて目の当たりにしました。おそらく皆さんも同じ思いを抱くのではないかと思います。

映画『教誨師』特報

映画『教誨師』作品情報

2018年10月6日(土)より、有楽町スバル座ほかにて公開公開
配給:マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム
公式サイト:kyoukaishi-movie.com
(C)「教誨師」members

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • もこ
    3.3
    なんとなく、ふわふわ~と鑑賞してたけど ホームレスのおじさんの一文にグッときた あのおばさん怖くて苦手 人懐っこく話しかけてきたと思ったら 急に豹変するタイプ 演技がリアルやった、、笑
  • みこしば
    4.5
    教誨師と6人の死刑囚 ずーーっと会話。 死ぬほど反省してるおじさんとインテリ若者のシーンは目が離せなかった。
  • きらきら
    3
    難しいことに挑戦してた
  • P
    2.5
    罪とは何か、人が人を裁くということの矛盾と重さについて考えさせられました。会話劇だけでここまで迫力ある作品に創り上げられる役者さん達の力、圧巻です。
  • みほみほ
    3.8
    ✝︎2021年97本目✝︎ 大杉漣の遺作となった本作、やっと観れました。 この手の作品では 「人を殺すのも人、人を裁くのもまた人である」という矛盾に いつも心苦しさを感じるが、今作はそれと同時に 人それぞれの受け入れ方があるのだなと興味深かった。間接的に物凄く考えさせられる作品で、鑑賞後はピタリと固まってしまった。 題材からして重そうだけど、メインは教誨師と死刑囚の対話なので、平常心を保ちながらじっくりと見ていられた。どんな内容の話に対しても、決して批判したりせず、どっしりと構えてじっくりと聞いている教誨師の姿がむしろ神様に思えたし、自分も何かを抱えながら人の苦しみを聞く事が出来るなんて…と尊敬の念を抱いた。(実際の教誨師さんは色々な人がいるのだろうけど。) 一括りに死刑囚と言っても、それぞれが多種多様な人生を生きていて、どうしてここに居るのかと不思議に思ってしまう人も居るくらいだったので、人生生活のうちで取り返しのつかない過ちを起こしてしまう事の恐ろしさを知った。虚栄心や過度の不器用、身勝手な選別、異常な思い込みや妄想など様々な姿を見れた。人間って一体何なんだろうな… 死刑囚の中には、言い分を聞いてるだけで気分が悪くなるような者も居た。モデルは相模原の事件の彼である事はすぐに分かったが、あの手の人間の気持ちは一生掛かっても理解できない事だと思う。人間の嫌な本質を突いてきて、人を論破しながら人間の矛盾を楽しんでいる悪趣味さと、それを正義だと信じてしまう危険思想… 顔を見るのも嫌になっていたが、どうしたらああいう風な行動に至るまでの人格を形成してしまうのかという部分が凄く気になった。 自分をコントロール出来ない事が1番恐ろしい事だと言った者がいたが、自分の犯行についてはどうだろうか?ナチスを狂気の沙汰だというか、己の犯行は?!とそんな矛盾さえも、教誨師の大きな心で包み込まれていて、ただ漠然と異常者を見せられながら、最後の死刑執行には心傷んで、何だかよく分からない感情になった。 私は死刑制度には賛成だし、それが無かったら抑止になるものが無くなって、もっと凶悪な事件が増えると思うので、無くす事には反対。それは別に死刑を楽しんでる訳でもないし、むしろそんな凶悪事件が起きなければ良いと思う気持ちからなのだが、あの相模原モデルの言い分を聞いていたら、嫌な本質に斬り込んでくるもんだから、答えが分からなくなってしまったのが本音。(一生教育、一生隔離なんて選択肢を聞いて、なるほどなと思ったけど、殺された人は命を奪われて浮かばれないよなと思ってしまう。) 誰かの命を奪う事は許されて、その人間を死刑執行するのは野蛮?!は?!なにそれ?って感じなのに、世界では廃止してるところも多くて、被害者と遺族は泣き寝入りなのかよ…と怒りが湧く。 死刑判決を受けるような複数人の人殺しをした者が、自らの死刑執行を恐れ足掻く姿もまた人間の身勝手さと自分可愛さを表す部分だと思うんだけど、この世に人間がいる以上はきっと、こんな風に繰り返されていくのが世の常なのかな…と虚しくなりました。 悔しくも大杉漣の遺作となった本作ですが、彼を名脇役としてでなく、主役としてじっくり堪能出来る貴重な作品でしたし、彼が居るだけでやっぱりスクリーンの中が締まって落ち着くなぁという気持ちになり、改めて存在が恋しくなりました。 光石さんも古舘さんも良かった。 大杉漣はどんな役で出ていても、何故か安定感と優しさに溢れて、暴力的な役も怪演も出来てしまうバラエティ豊富さに何度も楽しませてもらいました。(うずまきやエクステの怪演は一生忘れません。) ランチをしている時に好きな俳優は誰?と友人に聞かれ、明るく 大杉漣!と答えた翌日に飛び込んだ訃報、その衝撃と悲しみは今も忘れません。 日本の父、大杉漣。こうして死後も作品に生き続け、作品を観ることで存在を改めて感じる事が出来、永遠に愛され続けるのが俳優人生の素晴らしいところだと思います。 映画よりもドラマでの活躍の方が激しかったとは思いますが、どちらで拝見した姿も今や宝。これからも定期的に作品を通じて、大杉漣を感じ続けたいと思います。ありがとう、大杉漣。 (⚠primeは見放題配信されてるかのような表記なのですが、現在はされていません)
教誨師
のレビュー(2233件)