【マンガ解説】映画『孤狼の血』をざっくりあらすじ紹介!役所広司のかっこよさに度肝抜かれる人続出じゃけぇ!

右脳と左脳を使って映画を観たい

妖介

昭和が終わろうとしている昭和63年、広島の呉原市(架空の都市)で2つの暴力団が長年に渡り対立し、ある金融マンの失踪事件をきっかけにその緊張状態は爆発寸前まで加熱……という、昭和のヤクザ映画の雰囲気を強く残す映画『孤狼の血』。主演・役所広司、共演に松坂桃李。さらに滝藤賢一江口洋介ピエール瀧竹野内豊石橋蓮司嶋田久作伊吹吾郎など錚々たる強面が集結した本作。原作は柚月裕子先生の同名小説です。

豪快な役から朴訥な役まで様々な役をこなす役所広司が、今回は2つの暴力団相手に一歩も引かず渡り合う超無頼漢刑事を演じています。ひーっカッコいい、ひーカッコいい。

狐狼の血1

狐狼の血2

と、ざっくりいうとこんな内容です。ところどころ「あれこれひょっとして凄いシモネタ?」なところもありますが、映画でも実際ものすっごいシモネタです、割と己の目と耳を疑うシモネタ連発されますよこの映画、だってR15だから!!(ヒャッハー)
R15なので冒頭から「あ、豚……あ……ああぁあああああぁっっ」なシーンで容赦なく観客の度肝抜いてくるので、上映前にみぞおちに気合い入れてから観てね!!

そして私の漫画を読むとお分かりの通りこの作品、ヤクザ(vs警察)映画なだけでなく、汚いことも平気でやる叩き上げ刑事と、理想に燃える若手刑事のバディ物としての側面もかなり強く、ワイルド役所に振り回されまくるインテリ松坂(ただし空手有段者)のやりとりや関係性の変化もみどころのひとつです。ネタバレになっちゃうので詳しいことは書けませんが、この映画を観終わったあとは皆、役所広司のことがこれまで以上に好きになります、真珠を賭けても良い。イボイボ。

『狐狼の血』ただいま全国映画館で絶賛公開中です!

【あわせて読みたい】
※ 映画『孤狼の血』初日満足度ランキング1位獲得
※ 代表作を更新し続ける白石和彌監督「物語が撮らせてくれた」神様がくれた時間とは
※ 是枝裕和が思う「日本で一番うまい役者」役所広司と福山雅治の真剣勝負『三度目の殺人』

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • みどり
    4
    かっけえ〜〜ー!! 役者が全員かっこよすぎた 松坂桃李君が豚小屋で人殴る時の顔が最高だった
  • 悟空
    3.8
    役所広司渋すぎうますぎ。。内容もおもろいし、いい邦画でした。 チョイ役の記者役で中村獅童は最高。広島の話し方してまいそう。
  • まる
    3.5
    ゴルァァァ
  • MK
    3.8
    Memory 2020年 69本目 役所広司、渋い。破天荒。義。 かっこいいと思ってしまう。 『暴力』『腕力』『権力』『演技力』 『欲望』『絶望』『葛藤』『過去』 『ドロドロ』『血みどろ』『糞塗れ』 『取って喰わして酒まみれ』 『美人にハマるは落とし穴』 出演者がとにかく豪華。 アベンジャーズかと思う。 それにしても 胸糞悪くなる!!演技力!!!
  • レイ
    3
    ヤクザ同士の抗争、事件の解決に奔走、そして男の謎。 ハードボイルドな内容であり、正義の在り方で対立する師弟の関係が描かれている。 しかし、松坂桃李のタガが外れたらヤバい男の芝居は震える。 本当に殺しそうなのが好き。 広島で生き、疎まれつつも女を助け、他者からは非難されようと、己が泥をかぶろうと必死に生き抜いた男を演じる役所広司も熱い。 というか、ほぼほぼ彼のための映画である。
孤狼の血
のレビュー(22513件)