<4コマでざっくり紹介>乙女心てんこ盛り映画『シェイプ・オブ・ウォーター』

右脳と左脳を使って映画を観たい

妖介

パシフィック・リム』で巨大ロボットと怪獣のプロレスを、ハリウッド映画でガチにやって全世界の「少年の心を持つ」層を大歓喜させたギレルモ・デル・トロ監督作品の最新作『シェイプ・オブ・ウォーター』。今作では「人間と半魚人との禁じられた恋」という「乙女の心を持つ」層のハートを直撃です、さすがです。

大アマゾンの半魚人』の半魚人を幸せにしたくて作った作品ということで、ギレルモ監督の半魚人(不思議な生き物)への暖かい眼差しが全編に渡って感じられます。

そんなロマンティックな『シェイプ・オブ・ウォーター』をまだ観ていない方のために、大雑把ですがあらすじを4コマで描いてみました。

シェイプオブウォーター

いかがでしょう。劇中では「不思議な生き物」とイライザとの交流が丁寧に描かれていて「半魚人て見た目怖いしヌメっとしてそうだし、恋愛対象としてはちょっとなー」と思われてる方も、観たあとは「ちょっと卵茹でてくるわ」と言うこと請け合いです。『シェイプ・オブ・ウォーター』、現在大ヒット上映中なのでぜひご覧ください!

【あわせて読みたい】
※ 最高の名誉「アカデミー賞」&キャリアの汚点「ラジー賞」ノミネート作品一挙発表!
※ アカデミー賞最有力候補!ギレルモ・デル・トロ監督のおすすめ作品を紹介【日本から受けた影響・人物とは?】
※ これを観ずして映画は語れない?鬼才ギレルモ・デル・トロの魅惑の世界を徹底解剖!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • MAHOZHA
    -
    なんだか私には最初から最後まで怪訝で艶やかなものを感じる作品で、最後まで眉間に軽くシワが寄ってる感じでした笑 この空気感は簡単には出せないと思うし人気なのかなぁ 評価しずらいので無しです。
  • masa
    3.8
    映画『大アマゾンの半魚人』などに着想を得た作品 1962年の冷戦下のアメリカが舞台 発声障害を負った女性と捕獲された半魚人のラブストーリー 映像美でみせる現実と幻想を融合させたおとぎ話のようなラブファンタジー 緑と赤の色の変化の演出が上手 愛と水は決まった形がないもの
  • rust
    3.8
    舞台を観てるような不思議な感覚になる映像も音楽も綺麗で素敵な映画だった
  • ねぎま
    5
    視覚も聴覚も終始癒される、、、、 予告だと神の姿映らないのだけれど、案外かわいい。。 言葉なんて要らないんだと思わされる、歴代史上最も本当に美しい、、、官能美🙈
  • Hani
    3.5
    序盤からのエロさ加減にびっくりしたけど綺麗な世界観だった 言葉にできるものが全てじゃなく、想いが通い合う瞬間が1番素敵だと思う めちゃくちゃおすすめするかって言ったらそうじゃないけど、なんとなく惹かれる物語でした。
シェイプ・オブ・ウォーター
のレビュー(89441件)