<来場特典発表>劇場公開10周年記念企画『桐島、部活やめるってよ』

Filmarksの上映プロジェクト

プレチケ

Filmarks(フィルマークス)主催の上映プロジェクト・プレチケにて、全国23館で上映される『桐島、部活やめるってよ』の公開10周年記念上映で、来場者特典の配布が決定いたしました!11月29日(火)限定でオリジナルチケットを配布します。

監督・キャストコメントが到着
プレチケ公式Twitterにて掲載中

11/25(金)に上映開始を控える『桐島、部活やめるってよ』。10周年を迎える本作への想いを当時の監督やキャストの皆さんよりいただきました。

プレチケ公式Twitter(@Filmarks_ticket)にて上映開始のカウントダウンと共にご紹介しています。

上映情報詳細

公開日:2022年11月25日(金)より公開
チケット販売:各劇場サイトにて順次販売
料金:1600円均一(各種サービスデーや他の割引サービスはご利用いただけません)
公開劇場:全国23館

北海道

札幌シネマフロンティア

宮城

MOVIX仙台

東京

新宿ピカデリー
MOVIX亀有
池袋HUMAXシネマズ
109シネマズ二子玉川
109シネマズグランベリーパーク
ヒューマントラストシネマ渋谷

神奈川

109シネマズ川崎
109シネマズ港北
ムービル

千葉

ユナイテッド・シネマ幕張
MOVIX柏の葉

埼玉

MOVIXさいたま
MOVIX川口

愛知

ミッドランドスクエアシネマ

大阪

なんばパークスシネマ
MOVIX堺

兵庫

kino cinema神戸国際
MOVIXあまがさき

京都

MOVIX京都

熊本

熊本ピカデリー

福岡

ユナイテッド・シネマ福岡ももち

企画・主催・配給協力:プレチケ(Filmarks)
配給:ショウゲート
協力:2012「桐島」映画部

『桐島、部活やめるってよ』劇中で映画部が自主制作している8ミリ映画「生徒会・オブ・ザ・デッド」のチケットをプレゼント!

劇中で神木隆之介演じる映画部の前田涼也たちが撮影している自主制作映画には、実はタイトルがついており、それが「生徒会・オブ・ザ・デッド」。今回「もしこの映画の上映会があったら、こんなチケットだったかも?」というテーマでオリジナルチケットを作成しました。屋上で行われるクライマックスシーンの撮影日付が11月29日(火)ということで、11月29日に来場された方”限定”で、「生徒会・オブ・ザ・デッド」のチケットを来場者特典として配布いたします。

※画像はイメージです
※お一人様につき1枚の配布

本作は、時間軸と視点を変えて「金曜日」の放課後を何度も繰り返して進むストーリーが特徴で、劇中で映し出される教室の黒板に書かれた日付から、11月25日(金)であることが分かります。

さらに劇場公開から10周年を迎えた、2022年11月25日がちょうど「金曜日」であることから、今回の記念上映が企画されました。

※劇中でのシーンから再現

桐島、部活やめるってよ』作品情報

朝井リョウの同名小説を、『紙の月』『騙し絵の牙』などの吉田大八監督が映画化。ある日、バレー部のキャプテンを務める桐島が突然部活を辞めたことをきっかけに、各部やクラスの人間関係に徐々に歪みが広がりはじめ、それまで存在していた校内のヒエラルキーが崩壊していく。地味でさえない高校生・前田涼也を熱演した神木隆之介、前田があこがれるバトミントン部のかすみを橋本愛が演じる。そのほか、当時まだ若手俳優だった松岡茉優、東出昌大、太賀(現・仲野太賀)、山本美月、鈴木伸之、前野朋哉らが出演。第36回日本アカデミー賞で最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀編集賞の3部門を受賞したほか、数々の映画賞で旋風を巻き起こした、2010年代を代表する青春映画の傑作。

2012年/日本/103分
監督:吉田大八
原作:朝井リョウ
主題歌 高橋優「陽はまた昇る」
キャスト:神木隆之介、橋本愛、大後寿々花、東出昌大、清水くるみ、山本美月、松岡茉優、落合モトキ、浅香航大、前野朋哉、高橋周平、鈴木伸之、榎本功、藤井武美、岩井秀人、奥村知史、仲野太賀(太賀)

プレチケとは

「プレチケ」とは、国内最大級の映画レビューサービス・Filmarksが企画する、映画館での上映サービスです。「あの名作をまた映画館のスクリーンで観てみたい」、そんな映画ファンの想いを映画館・配給会社と協同して形にします。一定数以上の購入枚数を達成すると開催が決定します。

公式サイト:https://premium-ticket.filmarks.com/
公式Twitter:https://twitter.com/Filmarks_ticket(@Filmarks_ticket)

(C)2012「桐島」映画部 (C) 朝井リョウ / 集英社

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • 正行
    3.5
    10周年記念上映 初公開当時はそのポスターから神木くんが桐島だと思ってた(笑) 学校で「映画秘宝」を読んでいる彼は、「スターログ」や「宇宙船」を読んでいた自分に重なる。 いちばんショックなのは、淡い恋心を抱いていた橋本愛があんなことを思っていたなんて。のシーン。ロメロも田口トモロヲもビックリ。
  • たくみ
    3.6
    劇場公開10周年記念でのリバイバル上映。 どうせ初めて観るなら映画館で、と思い鑑賞してきました。 よくこんなにも高校生活のリアルな空気間を醸し出せるなというのが第一印象でした。 今から10年前、ちょうど高校生だったのであの時の景色がフラッシュバックしてきました。 携帯電話がガラケーからスマホに変わりだしたタイミングだったし、女子はピンクパンサーでも殺したんかというくらいピンクのファーが付いた鏡使ってました。 高校生という人生でも特殊なヒエラルキーやルールの中で生きていた時間が生々しく描かれていました。 いわゆる「一軍」と呼ばれる人たちがいて、その人たちの顔色を伺いながら過ごす学生生活。 一軍がYESと言えばみんな褒めるし、NOと示せばどんなに中心にいた人間だって排除されてました。 自分が高校一年生の時に急に弾き出された男子がいたので、忘れたくても忘れらない空気感があります。 (僕は圧倒的二軍だったので平和に暮らしてました) 作中のクラスではおそらく梨紗と桐島を中心に回っていて、みんなが梨紗の顔色を伺っている感じがリアルでした。 桐島という“中心”を無くしたことで、後半一気に崩れていく関係性。 まさに、あのまんまの事が高校一年生の時に自分のクラスで起きました。 学年が上がるまでの3か月の異様すぎる雰囲気。今となっては良い思い出です。 なんなんでしょうね、あの意味の分からないルールが適応される感じ。 好き勝手やってた奴らも、大人になったら澄まし顔で生きているんだから本当に不思議です。 どの人物に感情移入するかで見方や抱く感情も変わると思います。 自分は風助かな(あんなに部活頑張れてなかったけど)。 絶対に部活でスタメンにはなれない事に薄々気付きながらも続けてました。 中途半端な気持ちで続けていたから、突然試合に出されても大した結果も出せなかったです。 ああやって頑張り続けるのが正解だったんだなと大人になってからだと思いますね。 そういった事に気付きそうな存在が東出昌大さん演じる宏樹なのだと思います。 彼だけエンドロールの()が空白です。 まだ何物にもなれていない。 そのまま家に帰るのか。桐島のもとに向かうのか。野球部に戻るのか。 空白である彼が何を選ぶのか明示されないまま終わるラストが好きでした。 クラスでも部活でもイマイチパッとしないと決めつけていた事がいかに勿体なかったのか。 今となってはですが、あの時はあれが社会そのものだったから仕方なかったのかもな、とも思いました。 とりあえず近々『鉄男』観ます。 【その他メモ・独り言】 ・女子の横に座る素振りすらみせない前田。 ・梨紗だけスマホ。最先端の物を持っている一軍感。
  • 抱き枕
    3.9
    学園のヒーロー、『桐島』が部活を辞めた−。その噂から学校に一切姿を見せない桐島。彼が何も語らずに消えてしまったことで、どんどん変化していく彼らの関係、その一週間を描く青春劇。 登場人物は皆、等身大で『こんなやついたな〜』と共感できる人物ばかり。 普遍的で、誰もが感情移入でき入り込みやすいストーリーではないだろうか。 主人公は映画部に所属する前田。クラスのカーストは低く、後ろ指を刺され笑われて生活している。 そんな彼が、終盤苛つくバレー部主将に映画部の小道具を蹴飛ばされ、「謝れ」と立ち向かう。好きなものに対する熱意や真剣さが伝わり、それが野球部幽霊部員の広樹の心を動かしていく。 前田も野球部主将も、バレー部の主将も皆何かに真剣に向き合って、諦めきれなかったり意地になってしまっている。高校生の頃はそれが気恥ずかしかったり、ダサいと思っていた。 しかしそれは、広樹と同じで、真剣に向き合えない自分から逃げているだけだったと思う。今は彼が眩しく見え、羨ましささえ覚える。 もしかしたら桐島も、バレーに熱中する自分を恥ずかしく思い、退部したのかもしれない。それによって広樹は、結果が出なくても、真剣に向き合う前田と野球部主将の姿に触れることができ、心動かされ涙を流したのだと思う。
  • Yoshi
    3.7
    10年経っても桐島はいない
  • unfemailiar
    3.7
    映画本編のクライマックスと同じ11月29日火曜日に映画館で復活上映中の「桐島」を鑑賞。 10年前の中学生時代に一度この映画を観ていたけど正直な感想としてよく分からなかった。っていうのが印象として残ってた。 社会人になってから観るとキャラクターに対して理解できたり今起きてる事柄に対して冷静に頭の中で処理して観ることが出来た。 なんであんなに苦手な映画と思ってたんだろう?と思うほどに。 映画のタイトルになってる「桐島」が一度もちゃんと出てこないっていうのもこの映画の中ではめちゃくちゃ味になってる。 視聴者は「桐島」という人物を知ることなく「桐島」を知る周りの人物だけを見て「桐島」という人物像が浮かび上がってくるというのが実に面白い。
桐島、部活やめるってよ
のレビュー(113935件)